大衆酒場ベスト1000

2018年11月26日

第62回「レオパルドン」/ #62 "Leopaldon"

ケーキと女、どっちが好き?
Cake or Girl?

2018年も残り一ヶ月となりました。
私は相変わらず「イアンのナードコア大百科」をガンガン編さん中です。
しかも、それをやりながら他にもいくつか企画中でして、その中の一つは最後に告知したいと思います。
そして今回紹介するアーティストもその告知に関わりがあったりする、ナードコア最後の大物「レオパルドン」となります。

We're down to just about the last month of 2018, huh.
I'm still hard at work on the Nerdcore Encyclopedia.
Actually, though, I've been putting together a couple other things as well - more on that at the end!
As you'll soon see, this month's group and the new announcement aren't entirely unrelated; read on to learn all about Leopaldon!





背景
Background

レオパルドンは 1995年に結成された音楽ユニット。
結成から現在までにサウンドもメンバーもかなり変遷していますが、当初よりこれぞナードコアといった活動を続けています。
それはまさにナードコアらしく、テクノサウンドにレオパルドン然としたサンプリングを乗せ、ユニークなパフォーマンスを作り上げました。
そして、レーベルを立ち上げたり、お店を開いたりとかなり幅広い活動をしています。

Leopaldon is a techno group originally formed in 1995.
From the group's origins through to today, both their lineup and sound has undergone significant changes, but has always retained a certain amount of "nerdcore" spirit.
As is true of many nerdcore groups, Leopaldon fuses familiar techno music with a sampling style and oeuvre all their own.
In addition to musical work, the members of the group have also started their own label, opened up a DJ bar, and more.





1126_001.jpg
レオパルドンの最新メンバーでのアーティスト写真、左から GUNHEAD、政所高野、Doramaru。/ Leopaldon's most recent lineup: GUNHEAD, Takano Mandokoro, and Doramaru.





初期のレオパルドンのサウンドはハードコアブレイクビーツと言った感じのものが多く、少し落ち着いた感じの曲もちょこちょことありました。
サンプリングは、自分たちの好きな作品というよりはセリフが面白い感じのものをよく使っていた印象です。
外国人でもネタが理解しやすい「スパルタンX」などがある一方で、「俺は立花藤兵ェだ」や「俺ら東京さ行ぐだ」までもありました。
加えて、MAD みたいなサンプリングのカットアップなどを上手に使い込んでいるのが特徴だと思います。

Leopaldon's early sound mainly consisted of hardcore breakbeats, with occasional more mellow tracks.
Often, Leopaldon's choices for sampling would be based mainly in things that sounded interesting or amusing, rather than specifically targeting works they were a fan of.
Indeed, they've remixed everything from the relatively well-known game "Kung Fu" to the somewhat obscure (outside of Japan) Tachibana Tōbei and Yoshi Ikuzo.
Another notable feature of Leopaldon's work is their skill with MAD-like cutting-and-pasting of samples.






特撮などにはこんな音楽が超あいますよねー / Tokusatsu quotes and hardcore music really do go hand in hand.





レオパルドンと私の出会い
My introduction to Leopaldon

私がレオパルドンを初めて知ったきっかけは「UPSURGE vs RUSH HOUR II」というイベントのライブ DVD を見た時です。
当時の私は J-CORE にハマっており、それを目的に見ていたのでレオパルドンについてはそこまで気にしていなかった感じです。
ただ、もちろん記憶には残っており、後にゴリゴリのナードコア時代の曲を聴いた時は、同じアーティストなのか?とビックリしたものです。
だけども当時を振り返り、その DVD の映像を見てみると、「いや、やっぱり同じなんだ!」と感じるんですよね。

I first became familiar with Leopaldon after watching the ライブ DVD of UPSURGE vs RUSH HOUR II.
At the time, I was still mainly familiar with J-Core and hadn't yet been introduced to nerdcore, and Leopaldon were at this point solidly in their hip-hop phase, so I didn't pay too much attention to their performance.
However, I definitely did remember it, and when I later first heard some of Leopaldon's early work, I almost couldn't believe they were the same group.
That said, rewatching now it's very easy to catch the remaining nerdcore influences, and a treat to get to see an enitre live show.






こんな感じのドリフネタの曲も収録されてるので間違いなくナードコアなんじゃない? / This track (also included on the DVD) samples The Drifters, and what's more nerdcore than that?





レオパルドンの歴史
History of Leopaldon

レオパルドンは 1995年に活動を開始した高野政所を中心としたテクノユニットです。
名前の由来は東映版スパイダーマンに出現するロボットの名前です。
初期の頃はソロユニットで、メンバーとしての高野政所は「LPD」や「高野MEN」などの名前も使っていました。
ちなみに色々なメディアでは 1996年結成と紹介されていますが、「STUDIO VOICE」(1999年 8月号)の SPEEDKING 特集では 1995年と紹介されています。

Leopaldon was originally created in 1995 by Takano Mandokoro as a solo techno unit.
The name "Leopaldon" is taken from the name of a robot in Toei's adaptation of Spider-Man.
As a member of Leopaldon, Takano often went under the names "LPD" and "Takano MEN".
Incidentally, most online sources list Leopaldon as debuting in 1996, but the SPEEDKING feature in the August 1999 issue of STUDIO VOICE cites the group as forming in 1995.





1126_002.jpg
初期のアーティスト写真 / One of Leopaldon's earliest official artist images.





最初にレオパルドンとして自主制作した音源としては1997年頃に「JUMBO POWER KING RECORDS」というレーベル名でカセットアルバムを 2〜3枚リリースしています。
そして、同じ年には Neuro Net Recordings のコンピレーションカセットに参加したり、ソロアナログで「電人EP」もリリースしたりしています。
また、当時は音楽活動と並行して香港映画の紹介サイト「レオパルドンの秘密基地」も運営していました。

Leopaldon's earliest releases came in the form of a series of 2-3 cassette tapes released on "JUMBO POWER KING RECORDS" around 1997.
Also in 1997, Leopaldon contributed to a number of Neuro Net Recordings cassete compilations, and event released their first analog record "電人EP" on the label.
In these early days, the group also ran a fansite for films from Hong Kong called "レオパルドンの秘密基地" ("Leopaldon's Secret Base").





1998年にはレオパルドンの新レーベル「ACID PANDA MUSIC」を設立。
約 1年間でレオパルドンのアナログ EP を 4枚リリースしています。
2001年にはファーストアルバム「Cake or Girl?」をリリースし、タワーレコードインディーズ新宿店のチャートにおいて最高 2位を獲得しています。
その頃には何度か「Quick Japan」や「STUDIO VOICE」などの雑誌にも取り上げられたりしていました。

In 1998, Leopaldon launched their own new label: ACID PANDA MUSIC.
Over the course of about a year, the label put out four Leopaldon EP records.
In 2001, Leopaldon's first CD album "Cake or Girl?" was releasd on ACID PANDA, and hit the #2 spot on the Tower Records Shinjuku Indies chart.
The group was also featured a number of times in magazines such as Quick Japan and STUDIO Voice during this time.






これがレオパルドンで一番有名な曲かなー / This might be Leopaldon's most well-known song.





1999年頃にはライブメンバーとして DJ急行がレオパルドンに加入しました。
当時のライブでは DJ急行の MC に加え、「馬殴り」というパフォーマンスが定番だったらしいです。
過去、数枚の写真でしか見たことはありませんが、色々と面白そうで凄い感じはします。

Around 1999, DJ Q-Ko joined Leopaldon as a live support member.
In addition to Q-Ko's MCing, Leopaldon's early live performances regularly featured a "horse-beating" routine.
While all that remains of these early shows are a few photographs, they seem to have been quite the specatcle.





1126_003.jpg
当時のレオパルドンのライブ写真(クイックジャパン Vol.23 より) / A rare look at an early Leopaldon live appearance (from Quick Japan Vol.23).





2000年には海外においても人気を得て、SONY MUSIC を通じて韓国の DMS Trax というレーベルのコンピレーション CD に 3回参加。
そして同じルートで ACID PANDA MUSIC から韓国の Gazaebal というユニットのアナログ「Talk EP」をリリースしたりしています。
2001年の年明けには当初よりマスタリングなどを担当していた [232COMIT] がレオパルドンの正式メンバーとなりました。
これらのメンバーでは約 1年間の間は順調なライブ活動を行っています。

Beginning around 2000, Leopaldon started to gain recognition overseas, and, through Sony Music, participated in a number of compilation CDs on South Korea's DMS Trax.
In return, South Korean artist Gazaebal released the record Talk EP on ACID PANDA MUSIC.
After having handled the group's mastering since early releases, [232COMIT] became an official member of Leopaldon in early 2001.
The group continued to perform live with this lineup for about a year.





1126_004.jpg
2001年の 3人編成時の写真(shop33のフリーペーパーより) / A photo of the group in 2001, from a shop33 newsletter.





2002年 2月に DJ急行がレオパルドンから脱退しました。
同時期に MELTY と MB譲二がヴォーカルメンバーとして加入、その編成でセカンドアルバム「去年出たやつ」とサードアルバム「ヤバコプター」がリリースされました。
この時期にサウンドの方向性を変え、明らかにナードコアから決別するようになります。
ベースにテクノやエレクトロのサウンドが多いですが、サンプリングの代わりに高野政所や MB譲二のラップ、MELTY の歌が入った曲が多くなり、ナードコアとは一線を画すようになります。

DJ Q-Ko left Leopaldon in February of 2002.
Soon after, new vocalists MELTY and MB譲二 joined, and under this lineup the group released both their second album, "Released Last Year", and their third, "Yabacopter".
Q-Ko's departure also marked a change in Leopaldon's musical style, brought about by a conscious desire to move away from their earlier nerdcore works.
While the music itself remained within similar techno/electronic subgenres, instead of sampling, most of their songs now featured original rap or vocals from Takano, MELTY, and MB譲二.






ただ、完全にナードコアから離れた訳ではないようです(「去年出たやつ」収録の CM リミックス) / Still, they couldn't leave their nerdcore roots behind entirely - "Released Last Year" includes this zoo commercialremix.




2004年に高野政所が東京・大岡山に DJ & ゲームバー「ACID PANDA CAFE」(通称「アシパン」)を開店しました。
その後、しばらくはリリースがなくなり、ライブ活動とアシパンの経営に注力していたようです。
ただ、2005年には ACID PANDA MUSIC のサブレーベルである「BearKnuckle Records」からアナログシングル「We Print You Dis」をリリースしています。
また、この頃には高野政所は BUBBLE-Bサワサキヨシヒロと「044STYLAZ」というユニットを組んで、たまにライブをやったりしていました。

In 2004, Takano opened a DJ & game bar called "Acid Panda Cafe" in Ōokayama.
Leopaldon's releases slowed greatly for a while following this, focusing mainly on live shows as well as managing the cafe.
They did have one major release in 2005, an analog single called "We Print You Dis" on the ACID PANDA MUSIC sublabel BearKnuckle Records.
Additionally, during this period Takano performed live sporadically in a group with BUBBLE-B and Sawasaki Yoshihiro called "044STYLAZ".





2006年にはレオパルドンに新メンバー GUNHEAD が加入しました。
そして翌年には4枚目のアルバムとなる「HOMECENTER 2 GAMECENTER」が「Electric Punches」というレーベルから発売されました。
サウンドがまだまだテクノでかっこいいのですが、間違いなくヒップホップなサウンドが強くなってきています。
ちなみにこの頃(2008年)にアシパンが自由が丘へ移転します。

Leopaldon gained another new member, GUNHEAD, in 2006, essentially replacing MELTY and MB譲二.
A year later, the group's fourth album HOMECENTER 2 GAMECENTER was released on the label Electric Punches.
Leopaldon's shift in sound continued with this album, with further hip-hop influence on display and a guest appearance from Canadian rapper Rennie Foster.
Incidentally, Acid Panda Cafe moved to Jiyugaoka in 2008.






でも、やっぱりレオパルドンはナードコアスピリットを捨てることはできない / And yet, the nerdcore spirit also lived on.





2009年前後には [232COMIT] (現在の名義はフランク重虎)がレオパルドンを脱退し、新たに Doramaru が加入します。
同年にはベスト盤「レオパルドンのびっくり音楽せいぞろい Best Of Leopaldon Classics + Remixies 」が発売されました。
現在も以上の編成で存在していますが、音源はほとんど出しておらず、2009年頃から現在にかけて高野政所が DJ JET BARON 名義でインドネシアのファンキーハウスジャンル「ファンコット」を日本に輸入し、レオパルドンとしては 2011年以降ライブも行っていません。
アシパンについては、2011年に渋谷・道玄坂へ移転しますが、2015年には閉店してしまいます。

In 2009, [232COMIT] (who now goes by the name Franck Shigetora) left the group; soon after, his place was taken by Doramaru.
Leopaldon released a best-of CD featuring their early nerdcore works that year: レオパルドンのびっくり音楽せいぞろい Best Of Leopaldon Classics + Remixies .
The group technically still exists with the lineup mentioned above, but in 2009 Takano began to focus on spreading Indonesia's "funky kota" style of house music under his DJ JET BARON alias, and Leopaldon hasn't released music or performed live since 2011.
Acid Panda Cafe moved to Shibuya in 2011, and closed permanantly in 2015.






PS3 ソフト「塊魂TRIBUTE」収録のこの曲が、おそらく発表されているレオパルドンの最新ヒップホップサウンドとなります / In fact, it seems that this contribution to the Katamari Forever soundtrack is to-date Leopaldon's final hip-hop style track.





「レオパルドン」が現在ほとんど活動していないと言いましたが。2010年〜 2011年には、再び DJ急行とタッグを組んで「ドン=レオパル」名義でナードコア時代のレオパルドンの曲でライブを 2回だけ行っています。
上記の時期と 2013年にはサウンドクラウドにおいても、ナードコア曲をアップしており、ナードコアコンピ「MAD BEATZ CONNECTION Vol.1」にも参加していました。
さらに、2017年には高野政所が新しく作ったデジタルレーバル「やばさ RECORDINGS」より Bandcamp で新曲を加えた未発表曲集「レオパルドンのナードコア墓場1998​-​2000」もリリースしました。
(実はその昔、「ドン・レオパル」という名義で一回だけトイレーベルのコンピレーションに使用しています)

While "Leopaldon" hasn't been active, in 2010 and 2011 Takano and Q-Ko teamed up again as "DON=LEOPAL" and performed Leopaldon's nerdcore-era music live twice.
A number of tracks under the alias have also been posted on Soundcloud, as well as a contribution to the compilation CD "MAD BEATZ CONNECTION Vol.1".
Furthermore, in 2017 Takano released a collection of unreleased early Leopaldon tracks, "レオパルドンのナードコア墓場1998​-​2000", on his new digital label やばさ RECORDINGS.
(Actually, the DON=LEOPAL alias originates from a one-time use on a Toy Label compilation CD.






いやー、これは自分も見たかったなー / I'm sure this was really exciting to experience.





さて、冒頭の告知予告ですが、気になる方は続きを御覧下さい。

So where does that leave us? Read on to find out!




最後に
The Last Word

そうだ!!「イアンのナードコア大百科」リリースパーティー、大決定!!

Newsflash! It's the release party for the Nerdcore Encyclopedia!





1126_005.jpg

「ナードコア・テクノ」の夕焼け
「イアンのナードコア大百科」発行記念スペシャル

開催日時:2018年12月31日
開催時間:14:00〜21:00
開催場所:中野 heavysick ZERO
当日料金:3000円(1ドリンク付)
「イアンのナードコア大百科」(サイン入り)付き前売予約料金:5,000円(1ドリンク付)

出演者:
【メインフロア (B1)】
・RaverzProject!
・サイケアウツG
・ラムダブラー
・ドン・レオパル
・AV幼稚園
・DJ急行
・DJ Die (全日本レコードセット)
・DATゾイド
・ディスク百合おん
・ENDOWS NT aka DJイオ
【サブフロア(B2)】
・リョウコ2000(DJ酒井法子×ピアノ男)
・Traffic Jammies
・にしかわっち
・totsumal
・FOXYUN
・邂逅の日
・DJスギノヤ (当時のナードコアセット)
・low poly prince
・古町MOI

VJ:
・かっか(NC帝國)
・セーラーチェンソー
・バッドガイ☆ナベ






メンツが豪華ですしイアン帰国前に会える最後のチャンスかもしれない?!のでお見逃しなく!
「イアンのナードコア大百科」付き特別前売予約もございます、受付は info@allkore.com までお願いします!

With a lineup like this, and perhaps the last chance to see me before I head back to the states, you won't want to miss it!




そんで、これからもすごく忙しいんです。
来月は大百科発売前になんとかこちらも更新します!
どうなるかはお楽しみにということで、とにかくコミケとリリパでお会いしましょう!!

Well, I'd better get back to work.
I will be back next month with a little something before the encyclopedia releases, though!
We'll see what it ends up being - until then, thanks for reading!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。