大衆酒場ベスト1000

2018年09月25日

第60回「トイレーベル」/ #60 "TOY LABEL"

これぞネタモノテクノ!
This is sampling techno!

もうそろそろ今年の終わりも見えて来ました。
引き続き「ナードコア大百科」もガンガン製作中なんですが、そんな時こそ連載を休む訳にはいかない!
今までの、そしてこれからの連載の記事が「ナードコア大百科」の一部となりますので、最後まで一生懸命やりますよ。
ということで、今回のグループはサイケアウツなんかと同じぐらい長い歴史を持つ「トイレーベル」です。
色々と面白い話もしつつ、最後には重要な告知もありますので是非とも最後までお付き合いください。

The end of the year is right around the corner already.
I'm still hard at work on the Nerdcore Encyclopedia, but that doesn't mean I can slack off on updates here!
In fact, these entries will form the basis for some of the content of the book, so they'll keep coming right up to the end.
With all that in mind, this month's article focuses on another group that's been around for as long as even Cycheouts: Toy Label.
Plus, there's an important announcement at the end, so be sure to read the whole thing!





背景
Background

トイレーベルは 1994年に中島敦と小野寺隼平により設立されたテクノレーベルです。
設立当初はカセットから始まり、CD、DVD、アナログ等で 60作以上をリリースしています。
トイレーベルからリリースされている音源にはサンプリングが多いため、ナードコアだと思われることも多いですが、多分ナードコアと言われる音楽の中では一番「テクノ」っぽさが強いのではないかと感じます。
活動の幅が広がった2002年ぐらいまでは特にそのイメージが強いと思います。

Toy Label was founded by Atsushi Nakajima and Junpei Onodera in 1994.
Starting with cassette releases, they went on to put out music on everything from CD to DVD, analog, and even more, with over 60 releases in total.
As much of the music released on Toy Label has a lot of sampling, it does fall into the "nerdcore" category fairly well, but it's probably the most "techno"-y label within that category.
This is especially true of their earlier releases, from the label's start up through 2002.





当初はイベントを主催したり、レーベルとしてライブ活動を行っていましたが、基本的にメンバーはそれぞれ自身の活動をメインにしていました。
レーベルとしての活動の中で最も知られているのは間違いなくカラテクノのライブでしょう。
ライブパフォーマンスではテクノやガバのリズムに合わせて、空手の演舞的なものをするのは本当にユニークですし、インパクトがすごいです。

Originally the label held events and performed live as a group, but for the most part the various associated groups had their own live acts.
Likely the most well-known live act associated with Toy Label is Karatechno.
Their performance mixing techno and gabber music with real, legitimate karate demonstrations is a quintessential example of the uniqueness of nerdcore.






こんなの他にはないです! / This really is a one-of-a-kind act!





トイレーベルと私の出会い
My introduction to Toy Label

私が初めて聴いたトイレーベル関連の楽曲は BUBBLE-B feat. Enjo-G の「走りのセダン 〜Driving Pleasure〜」でした。
GUHROOVY の特典 CD に入っていて、当時はまだハードコア方面の音楽しか聴いていない頃だったので、こんな曲が混ざってて驚いたものです
DDR はプレイしていましたので、ユーロビート自体は聴き慣れていたのですが、そんな曲であの歌詞であんなにテンションが上がったのは初めてでしたね。

The first Toy Label-related track I came across was BUBBLE-B feat. Enjo-G's "走りのセダン 〜Driving Pleasure〜".
It was included on a promotional CD from GUHROOVY, and when I first listened to that I was still more into the hardcore/J-core side of things, so the song really stood out.
I was familiar with the eurobeat style from playing DDR and the like, but BUBBLE-B's unique spin on the sound was the first time something from the genre grabbed me so quickly.






知らない人には是非聞いてほしいです / Definitely check this one out if you haven't heard it before.





そして、同じ頃、JAKAZiD さんに勧められて BUBBLE-B のソロ曲の MV を色々と見るようになり、そちらも好きになっちゃったんです。
これは私が作っていたサイバー長介の映像に大きな影響を与えてくれたと思います。
また、これらはトイレーベル関連の中で一番強くナードコア感が漂うところでしょうね。

Around that same time, I also saw a few of BUBBLE-B's solo music videos, thanks to a recommendation from JAKAZiD, and really enjoyed those too.
In fact, BUBBLE-B's videos are one of the main things that inspired the visual component of my Cyber Chosuke act.
They're probably the most nerdcore-centric aspect of Toy Label's output.






JAKAZiD が BUBBLE-B などの影響で作ってた映像作品も必見です / While we're at it, you should also take a look at this project JAKAZiD made with inspiration from BUBBLE-B.





トイレーベルの歴史
History of Toy Label


● カセット時代 / Cassette Era
1994年後半には関西の高校生である小野寺純平中島敦が音楽雑誌「キーボードスペシャル」をきっかけに知り合いました。
そして初めて対面した日にはレーベルを作る話が上がり、何故か「トイレレーベル」という名前を経てから「Toy Label(トイレーベル)」が設立されました。
翌年 1995年 3月には最初の作品となるコンピレーションカセット「TOWER TYPE」をリリースしました。
主に小野寺が主体となり作られ、その小野寺自身は別名義「CHRONO」、そして中島の「Z80A」等のアーティストが参加しました。

In the second half of 1994, Kansai high schoolers Junpei Onodera and Atsushi Nakajima met thanks to a musical connections page in the magazine "Keyboard Special".
On the day they first met, they discussed starting a label and, after shortening from it's original name "トイレレーベル" ('toire reeberu', "Toilet Label"), Toy Label(トイレーベル) was formed.
Their first release came the next year, in March of 1995, in the form of the compilation cassette "TOWER TYPE".
The main planning for this, and most early Toy Label compilations, was done by Onodera, and both members contributed tracks, with Nakajima under the alias Z80A and Onodera using the name CHRONO, among other artists.





初期の作品は当然といえば当然ですが、本人たちが自分たちでテープをダビングしたり、コピー機でジャケットを印刷したりして作っていたようです。
この頃の作品はほとんどサンプリングがなく、ベーシックなテクノでした。
本人たちとしては、初期の TRANSONIC RECORDS を目指して作られたとのことです。

These early releases were, unsurprisingly, hand-printed and recorded cassettes, with jackets being photocopied at the local convenience store and cut out at home.
Many of the earliest works were also relatively free of heavy sampling, and took the form of more traditional techno music.
The artists themselves have said that at this point they were aiming to emulate the early output of TRANSONIC RECORDS and the like.






確かにナードコアな感じはしないですよね / Indeed, this doesn't quite scream "nerdcore" just yet.





TOY-002 「through?」からはハイパーリッチにも参加していた「CuePlus」名義の neji も数回トイレーベルのコンピに参加しました。
その CuePlus の曲は他の曲と比べて BPM がずいぶん早く、初期のトイレーベルの中では一番ナードコアっぽい感じがします。
ちなみに上述の「through?」は 2作目のはずでしたが TOY-003 である「Believe in the hand power」より後になってリリースされたらしいです。

Beginning with the compilation tape TOY-002 "through?", CuePlus (also known as neji and later a member of Hyper Rich) participated in a number of Toy Label releases.
These CuePlus tracks were of a much faster style than most of the rest of the releases, and the first hints of "nerdcore" on Toy Label.
Incidentally, "through?" was intended to be the label's second release, but in fact came out after Believe in the hand power (TOY-003).






これはまた少しナードコアっぽいんじゃないでしょうか / This certainly does evoke the "nerdcore" sound much more.





小野寺と中島はそれぞれ多くの別名義を使い分けていました。
小野寺は「CHRONO」とともに「02-Compute」、「Ult-CluClu」なども使っていた、今では「Asohgi(あそうぎ/阿僧祇)」という名前で活動しています。
中島は「Z80A」の他に「MutingMute」、「JOHNMELON」、「パワフル湿気とり」そして「ネタモノテクノ」等の名前で曲を出していました。
また、トイレーベルの初のアルバムはその MutingMute による「PAJERO」でした。

Since these early days, both Onodera and Nakajima have released music under a number of different aliases.
In addition to CHRONO, Onodera also used 02-Compute, Ult-CluClu, and more, and currently mainly goes by Asohgi(あそうぎ/阿僧祇).
Nakajima has used aliases including Z80A, MutingMute, JOHNMELON, パワフル湿気とり, and ネタモノテクノ.
Toy Label's first solo album release was from Nakajima under the MutingMute alias, PAJERO.





前述の TOY-003「Believe in the hand power」などから Nebulizer というアーティストとの関わりが大きくなり、その後、トイレーベルからも数枚のアルバムをリリースしています。
その後、リリースされた TOY-007「ROBOTCH」はトイレーベルでは初めてだと思われるナードコアと言える作品でした。
まだまだテクノ感も強いですが、サンプリングも多用されており、それ以降の作品(特にコンピレーション)も同様の流れをくむようになります。

Around the time of the above-mentioned "Believe in the hand power", another artist called Nebulizer also became a frequent Toy Label collaborator, eventually releasing several albums on the label.
The label's first release that could truly be considered nerdcore was ROBOTCH (TOY-007).
While still very influenced by traitional techno, there was much more sampling to be heard, and future releases (especially compilations) would follow suit.






いやー、これはすごいですね / Now that's what I'm talking about.





1995年頃からはトイレーベル主催のイベントとして「テクノスペシャル」や「PHOZON」などを開催していました。
ほとんどの場合、京都や大阪周辺でやっていたらしいです。
1998年からはしばらく開催していないのですが、ちょうどその頃 SPEEDKING などのイベントが開催されるようになり、メンバーはそれぞれでライブ活動を色んなイベントで行っていました。

Beginning in 1995, Toy Label organized events including "Techno Special" and PHOZON.
Most were held in the Kyoto and Osaka areas, with Toy Label members and other similar acts playing.
These events died out around 1998, but around that time other events such as SPEEDKING began to crop up, often featuring Toy Label artists.





0922_01.jpg
その頃のイベントフライヤーをご覧下さい / One of the earliest Toy Label event flyers.





同じ頃の作品として、コラボレーションアルバムを2つほどリリースしています。
TOY-014「妨害電波新聞社」は、CuePlus こと neji の neji recordings とのコラボレーションでした。
そして、TOY-017「風のアルペジェーター」は Neuro Net Recordings(NNR)というテクノレーベルとのコラボレーションでした。
この NNR は当時カセットでリリース(レオパルドンとかも参加)していたのですが、同時にネットでも配信しており、今では多くなりましたがネットレーベルの前身とも言える活動をしていました。

During that same period, Toy Label also put out two collaboration releases.
The first, 妨害電波新聞社 (TOY-014), was a collaboration with neji (CuePlus)'s neji recordings.
The other was 風のアルペジェーター (TOY-017), a team-up with techno label Neuro Net Recordings (NNR).
NNR was also releasing cassette compilations at the time (featuring artists such as Leopaldon), but they actually released this music online simultaneously, vastly predating the current netlabel boom.






「風のアルペジェーター」からの Warping Allergen の「untitled」がかなり好きです / Check out Warping Allergen's untitled track from 風のアルペジェーター!





TOY-018 をもって小野寺はトイレーベルの企画から離れました。
それ以降、ほぼすべての企画などは中島一人でこなすようになり、小野寺は別レーベルである「inprinting north release」で活動を開始します。
また、ちょうどその頃、中島は「カラテクノ」を結成します。
最初はネタモノガバユニットみたいな感じで、カセットのアルバムを一枚リリースしましたが、その後は空手関連のサンプリングを中心とした曲をメインとするようになりました。
さらにライブでは空手着姿のメンバーが曲に合わせて空手の演舞的なものを行うスタイルで活動しています。

TOY-018 marked Onodera's final major involvement in Toy Label release planning.
Following that, Nakajima has handled Toy Label pretty much single-handedly, with Onodera starting his own label inprinting north release.
At just about that time, Nakajima also began to produce and perform as カラテクノ (Karatechno).
While it began as simply a sampling gabber unit, with one cassette release during this early period, Karatechno became an act focused on Karate-related sampling.
Not only that, but their live evolved into a real karate demonstration set to Karatechno's music.






これもセンスがいいですよね〜 / You can really feel the karate love from Karatechno's tracks.





● CD 時代 / CD Era
カラテクノのファーストアルバムがトイレーベルによる最後のカセットリリースとなり、その後は CD でのリリースに移行します。
CD リリースの第一弾は 1998年の TOY-022「Believe in the biliquen power」でした。
これは初期からリリースしている「Believe in the〜」シリーズの完結版で、その名前は福岡のテクノレーベルの「Believe In The Frequency Power」からのオマージュでした
レオパルドンや DATゾイドなども参加しており、トイレーベルが間違いなくナードコア界隈のプレイヤーとして存在していたことが分かります。

Karatechno's above-mentioned first album was Toy Label's final cassette release, after which they transitioned to primarily CD releases.
Their first CD release was the 1998 CD-r compilation Believe in the biliquen power (TOY-022).
Continued from the label's early days, this was the final release in the "Believe in the...power" series, which was inspired by a Fukuoka techno label's compilation Believe In The Frequency Power.
With tracks from artists including Leopaldon and DATゾイド, Toy Label had undeniably become part of the nerdcore scene at this point.





1998年から 1999年の間は主にソロアルバムのリリースしつつ、カラテクノや小野寺、Nebulizer のアルバムもリリースしています。
中島のハードコアユニット「PhRoZeN CReW 97」のアルバムもリリースしており、また同名義にて大阪の「エボラオブコア」というイベントに数回出演していました。
1999年のカラテクノの 4作目「The GODHAND Experience」がトイレーベルの初のプレス CD となりました。
その時点の 5年間で 概ね 30作品以上をリリースしており、かなり早いペースでアウトプットを行う活動続けていました。

From 1998 to 1999, Toy Label focused on releasing solo albums, including ones from Karatechno, Onodera, and Nebulizer/
Nakajima also put out an album from his hardcore unit PhRoZeN CReW 97, a group that also performed a few times at Osaka's Ebola Of Core parties.
Karatechno's 4th album アンチ・ナードコアEP」シリーズを出していた)

However, in fall of 2000, Karatechno went on temporary hiatus, and Nakajima began using "BUBBLE-B", a name he'd been using to DJ since 1998, as his main alias.
The name originated from Nakajima's tendency to play tracks from Japan's early-90s economic "bubble" when DJing.
Actually, as a musical act, BUBBLE-B was originally a unit consisting of Nakajima and IQ300 (of Hyper Rich and Nihonkokumin), but IQ300 only wrote a single track ("おまえとボンバヘッド") as part of the group.
The BUBBLE-B project's main concept was this: instead of sampling popular otaku songs or things he was a fan of, he would sample things he had no interest in, and instead of combining them with hardcore or gabber, he would make low-key traditional techno - essentially the antithesis of what was popular as "nerdcore".
(In fact, under the name ネタモノテクノ ('netamono tekuno', "Sampling Techno"), BUBBLE-B put out a series of "Anti-Nerdcore EPs".




BUBBLE-B のライブは活動を開始した当初から現在の様に曲に合わせて作られた映像を流すスタイル(初期は「VHS LIVE」という)で行っていました。
そんな映像はビデオ化して「B-1 GRANDPRIX'90」となり、2000年にリリースされました。

BUBBLE-B's live act mainly consists of the performance of his songs set to videos of the media being sampled synced up to the music's samples.
A VHS of many of these videos, B-1 GRANDPRIX'90, was released in 2000.






こんなネタでも面白い / Even if the original media wasn't that popular or interesting, it can still make for some good music.





2001年には「ROBOTCH」の続編となる「ROBOTCH2001」というコンピレーションを出しました。
当初目標としていた TRANSONIC RECORDS からは Fuzita Blender などが参加し、タワーレコードや HMV などでも流通されました。
しかし、それがトイレーベルの最後のコンピレーション CD となってしまいました。

In 2001, a follow up to ROBOTCH was released, ROBOTCH2001.
Featuring a number of artists, including Fuzita Blender of the very same TRANSONIC RECORDS Toy Label originally aspired to emulate, the compilation was distributed to a number of record stores including Tower Records and HMV.
Nonetheless, ROBOTCH2001 ended up being Toy Label's final compilation release.





翌年の 2002年に BUBBLE-B 最初の歌ものオリジナル作品「BUBBLE FEVER」のミニアルバムがリリースされました。
天誅の魔王源がヴォーカルで、スマイルハンターズや DJ SHIMAMURA のリミックスなども収録されています。
同じく 2002年末にはスマイルハンターズの Enjo-G がメインヴォーカルを務める「ぞっこん!バーベキュー」がリリースされました。

The next year, in 2002, BUBBLE-B released a mini-album featuring his first original vocal track, BUBBLE FEVER.
With vocals from 天誅's Maou-Gen, the CD featured remixes from artists including Smile Hunters and DJ SHIMAMURA.
Later that same year, another vocal mini-album was released: ぞっこん!バーベキュー (Zokkon! Barbecue), this time with Enjo-G of Smile Hunters on vocals.






「ぞっこん!バーベキュー」の MV も見ましょう! / Yet another one you can't miss: the music video for Zokkon! Barbecue.





2003年には一時期、BUBBLE-B が Fantastic Explosion のメンバーとなるのと同時にトイレーベルからのリリースはしばらくなくなりました。
2003年から 2006年の間に限っては BUBBLE-B の DVD 作品「Good Evening, BUBBLE-B」しかリリースされていません。
しかし、その DVD には Enjo-G 参加の新曲「Enjoy!中華」や「セットでドリンクバー」なども入ってて、何もやってなかった訳ではないようでした。

From 2003, BUBBLE-B temporarily became a member of Fantastic Explosion, which coincided with a lapse in releases from Toy Label.
In fact, the only Toy Label release from 2003 through 2006 was BUBBLE-B's DVD Good Evening, BUBBLE-B.
However, the DVD featured a number of new tracks with Enjo-G, like Enjoy!中華 (Enjoy! Chuuka) and セットでドリンクバー (Set de Drinkbar), so it's not like they were doing nothing at all.





2007年にはこれまでのほぼ全作品と未発売曲、また解説なども加えた「Toy Label Archives 1994-2007」が発売されました。
そして同年には 2005年にライブ活動を復活させていたカラテクノの新アルバムもリリースされてトイレーベル自体もある程度の復活を遂げています。
以降、年に一回ぐらいのペースで BUBBLE-B メインのアルバムをリリースしつつ、「BUBBLE-B feat. Enjo-G」名義でライブ活動を行うようになっていました。
同時に 2008年からは BUBBLE-B が「SPEEDKING PRODUCTIONS」というレーベルを設立し、「SPEEDKING」というデステクノコンピシリーズのリリースを開始します。
その SPEEDKING PRODUCTIONS では BUBBLE-B が 2008年から 2011年までレオパルドンの政所高野と「BUBBLE-B・政所のSPEEDKING RADIO Vol.1」というポッドキャストを行っていて、2011年には「BUBBLE-B・m1dyのこれ、食えますか?」としリニューアルされ、現在も継続してされています。

In 2007, Toy Label released a DVD-ROM compendium of nearly all of their works up to that point, Toy Label Archives 1994-2007.
Karatechno, who had re-formed earlier in 2005, also released a new album, and Toy Label began a bit of a comeback.
Following this, the label put out about one release a year, and BUBBLE-B feat. Enjo-G began to perform live often.
Additionally, in 2008 BUBBLE-B started a new label called SPEEDKING PRODUCTIONS, and began releasing the SPEEDKING "death techno" compilation CD series.
SPEEDKING PRODUCTIONS also produced a podcast featuring BUBBLE-B and Takano Mandokoro of Leopaldon, "SPEEDKING RADIO", from 2008 to 2001. The podcast was then re-formed with m1dy replacing Mandokoro, under the new title BUBBLE-B・m1dyのこれ、食えますか? (BUBBLE-B & m1dy's Can You Eat This?).






これ食えに私も出演していますので是非聞いてください〜 / If you know Japanese, check out my appearance on the podcast!





2012年に BUBBLE-B feat. Enjo-G の初フルアルバム「レジャーやくざは君に語りかける」をリリースしてからはトイレーベルとしての活動がほぼほぼ無くなっています。
BUBBLE-B が SPEEDKING PRODUCTIONS の方やライブ活動を行っており、また最近はイベントも主催することが多くなっているためではないかと思われます。
ただ、去年は久しぶりの新作「爆走ミニバン 〜Highway Star〜」もリリースしていますのでトイレーベルは休止や終了している訳ではないようです。
小野寺も、「anecdote」というレーベルを設立し、Bandcamp で音源を続々とリリースしていますので是非チェックして見て下さい!

2012 saw the release of BUBBLE-B feat. Enjo-G's first album, レジャーやくざは君に語りかける, and the last release on Toy Label for a long while.
BUBBLE-B mainly focused on SPEEDKING PRODUCTIONS and live work, and has also started to organize live events again recently.
However, Toy Label did release a new BUBBLE-B feat. Enjo-G track last year, 爆走ミニバン 〜Highway Star〜 - so the label's not done for yet!
Junpei Onodera is also still active, releasing music on his new label anecdote on Bandcamp, so be sure to check that out as well!





最後に
The Last Word

「ナードコア大百科」がまだまだこれからもガンガン製作中ですが、
盛り上がらせたいと思ってなんと表紙だけは先行して公開しちゃいます!!

There's still a lot of work to be done on the Nerdcore Encyclopedia, but there is one thing I can give you a peek at right now!




0922_02.jpg


これぞ!!デザインでおなじみケチャップアーツ作です!
こんな素晴らしい表紙にかなうような内容で 200ページ以上で作りますので是非ご期待下さい!
次回は中身のチラ見せもできるかな?!それではお楽しみに!



Here's the cover of the book, designed by none other than Ketchuparts!
I've got over 200 pages of content planned that should live up to this cover design, so there's a lot to look forward to!
Maybe I can even give you a little peek next month? Stay tuned!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。