大衆酒場ベスト1000

2018年08月22日

第59回「LBT」/ #59 "LBT"

ファンキー&ビアー!
Funky & Beer

今年の夏は何だかすごく暑いですよね。これだけ暑いとやっぱりビールが飲みたくなっちゃいますよね!
その暑さの中(台風で大雨だった)で、「LBT ハーフ忘年会 2018」というイベントが開催されていましたので、行ってきちゃいました。
ホントのんびりとした忘年会といった感じでしたが、音楽レーベルでそんなイベントを毎年のように開催してるのもすごいですよね。
今回はそんな LBT の歴史などについて調べてきましたので、ビールを飲みながらでも読んで下さい。

This summer has been abnormally hot in Japan. And when it gets this hot, even I find myself craving a frosty beer.
In the middle of all this heat (though it was also pouring rain due to a typhoon), I headed to LBT's Half-Year Party 2018.
It was very much a regular, laid-back party, and the fact that a music label is putting on events like that every year is pretty cool.
This month, we'll take a look at LBT's origins and history, so grab a beer and read on!





背景
Background

LBT(Love Beer Trax)は、2001年に設立されたダンスミュージックレーベルで、「ファンキー&ビアー!」というテーマのもと、メンバーのアルバムやコンピレーションをアナログレコードや CD で多数リリースしています。
初期メンバーはピコカルでおなじみのDJイオTwitter)とパリッコTwitter)で、現在は鼓膜シュレッダーMaeda Kenji も所属しています。
LBT の音楽スタイルを説明すると、とにかく「ファンキー」の印象が強いですね。それにくわえて、ハウスやディスコ、ビッグビート、そしてチルまでと色々なサウンドを出しています。

LBT (Love Beer Trax) is a music label that was founded in 2001. Following their theme of "Funky & Beer!", the label releases albums and EPs from their members, as well as a number of compilations, on both CD and vinyl.
You may recognize the original members, DJイオ (DJ IO) (Twitter) とパリッコ (Paricco) (Twitter) as other contributors to Pico Pico Culture Japan. 鼓膜シュレッダー (Komaku Shredder) and Maeda Kenji round out the current main lineup.
The main distinguishing feature of LBT's music is its "funky"-ness. With that as a foundation, they produce house, disco, big beat, chillout, and other techno sounds.






代表曲は「LBT のファンキーフィーバー」で、LBT の雰囲気が分かりやすく伝わってきます / One of their main "theme" songs, "LBT no Funky Fever" should give you a great idea of the LBT sound.




上述のメンバーで、同じく LBT 名義でライブ活動も行っています。
それとともに、音楽イベントの主催もやっており、さらには忘年会とかポップアップ居酒屋的なイベントも度々開催しています。
また、音楽やイベントの活動以外にもメンバーらがピコカルで連載していたり、書籍や漫画を作っていたりと本当に幅広い活動をしています。
そういった活動のためか、知名度はかなり高いのではないでしょうか。

LBT also performs live as a group, currently mainly with the above-listed members.
They also plan their own music events quite frequently, as well as non-musical events like bounenkais and pop-up izakayas.
LBT's members are quite active outside of music as well - along with columns on this site, they've released books and manga, and are quite prolific in general.
Thanks to this, LBT is among the more well-known of Japan's nerdcore circles.






海の家的な場所でも音楽イベントを開催しています / They've even held music events on the beach, not something you see too often in underground Japanese club music.





LBT と私の出会い
My introduction to LBT

私が来日する前ですが「SPEEDKING Vol. 1」というコンピレーション CD で DJイオの曲を初めて聴きました。
そのSPEEDKING コンピ第二回に入ってた DJイオの「Everybody Needs a RAVE」という曲が、私も大好きな Fatboy Slim の「Everybody Needs a 303」をサンプリングしており、すごく好きになりました。
その後、来日して 2週間ほどたった頃に遊びに行ったWoofer Bomb vol.2 ってイベントで LBT の面々(ディスク百合おんなどの他のナードコアメンツも)と初めてリアルで会いました。

Before coming to Japan, I first heard one of DJイオ's track on the compilation SPEEDKING Vol. 1.
Then, his track "Everybody Needs a RAVE" from the second SPEEDKING compilation sampled Fatboy Slim, and I was really hooked.
When I did finally make it to Japan, the second week I was here I went to Woofer Bomb vol.2, an event LBT was playing at (along with a number of other nerdcore artists, including Disc Yurion), and saw them live for the first time.





0822_001.jpg
実のところ、その時に DJイオさんはいませんでしたけどね / Actually, DJイオ wasn't there for that event, but he made a quick remote appearance.





その後は LBT のみんなと仲良くなって、出演しているイベントによく遊びに行くようになりました。
初来日の 2012年には、パリッコのアルバム「Alcoholic Tunes」の特典 CD「芽が出ない節 Remixes」に、SBZ という名義で人生初の(ちゃんとした)楽曲提供を行いました。
まぁ、初めてというか、そのあともほとんど作ってはいないですけどね。(笑)

Over time I went to a number of LBT's events and became pals with the group.
For Paricco's 2012 album Alcoholic Tunes, I made a remix for the bonus disc 芽が出ない節 Remixes, the first time I'd made a fully-fledged "track".
Well, actually, it's the only time, haha.






「芽が出ない節」の PV には私の姿がこっそり写り込んでいます / You can also catch a quick glimpse of me in the music video for 芽が出ない節!





LBT の歴史
History of LBT

LBT が設立前にも、メンバーはそれぞれがナードコア界隈で活動していましたので、まずはその頃の話から始めていきましょう。

Before starting LBT, the founding members were already active in the nerdcore scene, so let's touch on that history a little bit first.


● LBT 設立以前の活動 / Pre-LBT activities
DJイオは、1998年から 0.244 や SAKURA らと「バードマン」っていうグループでの活動も行っていました。
同じく「バードマン」という名前でパーティを開催していて、2002年まで全部で 12回開催されたようです。
また、コンピレーション CD とともにメンバーのミックス CD、アルバムもリリースしています。

In 1998, DJイオ along with 0.244 and SAKURA, formed a group called バードマン ("Birdman").
They held a recurring event under the same name, for a total of 12 times through 2002.
They also put out a few compilation CDs, along with mix CDs and albums from the members.






DJイオの別名義「ENDOWS NT」というアルバムもリリースしています / DJイオ's first album, under his alias ENDOWS NT, was released by バードマン.




同時期にパリッコも自身のレーベルである「羅刹レコーズ」を主催していました。
1999年ぐらいから、パリッコ名義や別名義の「spiritualtranformation」でアルバム、そしてコンピ CD をリリースしています。
もっと詳しく書きたかったですけど、いつも頼りにしている Internet Archive なんですが、羅刹レコーズの昔のホームページにアクセスできなくなっていたりするんですよね・・・。
数年前はアクセスできた記憶あるんですが、こうなってしまうと色々と困っちゃいますね。

Around the same time, Paricco was in charge of his own label, 羅刹レコーズ (Rasetsu Records).
Starting in 1999, he put out albums as Paricco as well as under his alias "spiritualtransformation", and a few compilation CDs too.
I actually wanted to write more about Rasetsu, but unfortunately the old homepage is no longer available on the Internet Archive's Wayback Machine...
I definitely remember visiting it a few years ago, so it's pretty frustrating that it's gone now.






それでも、羅刹レコーズ時代のパリッコの楽曲「セクシーミュージック」を聴きましょう〜 / Regardless, give a listen to one of Paricco's tracks from the Rasetsu era, "セクシーミュージック"!




● LBT 設立以降 / Following the formation of LBT
2001年7月に、DJイオとパリッコが箱根の温泉に行った時、何かから啓示を受け、日本発の「FUNKY」をテーマにした音源をリリースするために LBT を設立しました。
名前の由来は駅前にあった「LOVE BEER」と書かれたサッポロビールののぼりを参考に「LOVE BEER TRAX」と名付けました。
そのすぐあとの 10月に両A面アナログ「LOVEBEERTRAX000」をリリース。
クラブ雑誌のレビューなどに掲載され、当時はそこそこの好評を得ていました。

In July of 2001, after visiting an onsen in Hakone, DJイオ and Paricco were struck by inspiration, and decided to start a label to release Japanese-produced "funky" music.
Upon seeing a banner for Sapporo Beer with "LOVE BEER" written on it outside the station, they gave their new label the name "LOVE BEER TRAX".
Just three months later, in October 2001, the double-A-side record LOVEBEERTRAX000 was released.
The record was reviewed in a few club magazines, and got quite a good response



2002年1月には LOVEBEERTRAX000 のアナログのリリースパーティ「アーバンユネッサンツアー」を箱根の箱根小涌園ユネッサンで開催しました。
そのイベントでは限定コンピレーション CD を配布していて、それ以降、しばらくの間、LBTイベントはそういったパターンが多かったらしいです。
同年2月には、なんとサッポロビールから商標侵害の訴えを受けてしまい、レーベル名を「LOVE BEER TRAX」から「LBT」へ変更しました。
2002年末には初めて LBT 忘年会を開催し、そこからほぼ毎年のように忘年会か新年会を開催。当時は DJ とかの出演があったようですが最近は本当に普通の忘年会という感じになっています。(笑)

In January of 2002, LBT held a release party for LOVEBEERTRAX000 at Yunessun, a small onsen/resort in Hakone.
They distributed a free compilation CD at that event, starting a tradition that has continued for a number of LBT-organized parties.
The next month, after receiving an official complaint from Sapporo Beer, they changed the label name from "LOVE BEER TRAX" to simply "LBT".
LBT held their first bounenkai, and they've continued to hold them almost every year since. Originally, they were organized as musical events, but in recent years they've become more traditional parties.





0822_002.jpg
2016年の LBT 新年会の様子はこんな感じ / Here's a little peek at the atmosphere from LBT's 2016 bounenkai.





2003年11月にペタンクが LBT の正式メンバーになり、ペタンクのアナログシングル「LBT003」が発売されました。
2004年9月には LBT 初のプレス CD「桃吐マキルベスト2004〜2004」がリリースされました。
漫画家である桃吐マキルとのコラボで漫画付きのセットという、当初からすごいをやっていました。
こちらには LBT のメンツに加え、オーラルヴァンパイアや Shin Nishimura などの豪華アーティストも参加しました。

In November of 2003, LBT added a new member, Petank, and released his debut single as LBT003.
September 2004 saw the release of LBT's first pressed CD, 桃吐マキルベスト2004〜2004, a compilation inspired by the works of manga artist Momoto Makiru and originally sold as a set with an original manga.
The compilation CD also featured a number of artists who have gone on to become quite big names, like Aural Vampire and Shin Nishimura.
Quite the ambitious effort for such an early release!



12月11日には LBT 名義で初ライブがありました。
そして 2005年1月からは(ほぼ)毎月開催されるパーティ「Drinkers High」が始まりました。全部で 9回開催されました。
2006年2月には、DJイオとパリッコによって、漫画「クラブDJストーム」の連載が開始されました。
パリッコが作画担当、DJイオが原作担当として制作され、内容としては主人公の DJストームが DJバトルで成長していくものです。2013年には第1巻の単行本が発売されました。
また、2008年からは関連作品「回せ!DJメガネ君」が新木場のクラブageHaのフリーペーパー「agePa」で連載されていました。

LBT's first group live performance was on December 11, 2004.
For 2005, LBT held an (almost)-monthly event series called "Drinkers High", a total of 9 times through the end of the year.
In February of 2006, DJイオ and Paricco started an online manga series called クラブDJストーム ("Club DJ Storm").
The manga chronicles the journeys of protagonist DJ Storm as he participates in DJ battles, with artwork by Paricco and writing by DJイオ. The first volume of the manga was published in 2013.
Also, beginning in 2008 a spinoff entitled "回せ!DJメガネ君" ("Spin It! DJ Megane-kun") began serialization in "agePa", a free publication from popular Tokyo club ageHa.



2006年8月からはマイケル(現在はDJ MiCLという名で活動中)が約 2年間の面接期間(?)を経て LBT に加入しました。
あと、2007年1月にポワプイという人も 1年間ぐらい参加していました。
そして、2008年1月に現メンバーである鼓膜シュレッダーが LBT に加入しました。

In August of 2006, マイケル (currently active as DJ MiCL) joined LBT for a "trial period" of two years.
Another artist named ポワプイ also joined for a year in the beginning of 2007.
To round out the new additions, 鼓膜シュレッダー became part of the group in January 2008, and remains a member to this day.



2010年の春の M3 には LBT として、7年ぶりに参加し、コンピレーション CD をリリースしました。そのあともほとんど毎回 M3 に参加しており、新作はいつも即完売してしまっています。
また、2011年からは CD・アナログとともにネットでのリリースを開始しました。現在はBandcampにおいても、たくさん出していますのでぜひチェックしてください!
2014年には PORTASOUNDS の腕と Maeda Kenji が LBT に加入、現在のラインナップが完成されました。ライブの時は DJイオ、パリッコ、ツージー(鼓膜シュレッダー)、Maeda Kenji が基本となっています。

For 2010's spring M3 event, LBT participated for the first time in 7 years, releasing a new compilation CD. They've continued to release new CDs at M3 consistently since then, frequently selling out extremely quickly.
Furthermore, in 2011 they began distributing online music releases alongside their CD and vinyl output. They currently have a large catalog available on , so check it out!
In 2014, VJ PORTASOUNDS and artist Maeda Kenji joined LBT, rounding out the current member lineup. Live performances generally include DJイオ, Paricco, 鼓膜シュレッダー, and Maeda Kenji.






LBT の最近のライブはこんな感じです / Here's a little look at what recently LBT live shows are like.






そして、2013年から不定期で YouTube で LBTV というのもやっています。私も出てるので是非御覧ください / Since 2013, LBT has also had an irregularly-updated web series, "LBTV", on YouTube - I'm in this episode, so give it a watch!





2012年にペタンクが LBT の活動を停止します。
2016年頃からはパリッコが「酒場人」という本をはじめ、飲酒・酒場関連の書籍をメジャーな出版社から出版しています。
そして同じ頃にはテレビに数回出演するほどになっています。
Maeda Kenji は最近、いっとまんとライブをしたり、曲を作ったりしています。
そして、DJイオはヴァーチャルユーチューバーになろうとしているようです。あとポケモンが大好きですね。

In 2012, Petank left LBT to focus on other projects.
Since around early 2016, Paricco has been quite active writing about the drinking culture in Japan, including the 酒場人 as well as multiple other major publications.
He's also appeared on TV a number of times thanks to these efforts.
Lately, Maeda Kenji performs and produces music with vocalist いっとまん.
And DJイオ's latest scheme seems to be trying to hit it big as a virtual YouTuber, but he still loves Pokemon!





最後に
Parting Words

最後にちょっと私事になりますが、私イアンは来年頭にアメリカへ帰国することに決めました。
それまでにはこちらでも発表している「ナードコア大百科」の制作を一所懸命やりますのでご応援してください!
ではまた次回、ナードコアの話をしますのでお楽しみに!

This is a little more of a personal announcement, but I've actually made the decision to move back to the US at the beginning of 2019.
Until then, I'm going to be working hard on the Nerdcore Encyclopedia, so be sure to send good vibes!
I'll still be back next month with another column, so see you then!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。