大衆酒場ベスト1000

2018年06月24日

第58回「日本國民」/ #58 "Nihonkokumin"

エロゲは好きですか?
Do you like eroge?

私はちょうど 2年前からになりますが、エロゲの開発を行っている会社で働いています。
ホント偶然な形でエロゲ業界に入ったんですが、それとは別に初期の頃からネードコアとエロゲはつながりが強いですよね。
シャープネルはエロゲのサンプリングから始まっていますし、Blasterheadとかもエロゲ業界に深く関わってきました。
今回はそんな中でも一番エロゲ成分が高いと言われるグループである「日本國民」について紹介していこと思います。

I've been working at a company that makes eroge for just about two years now.
It was actually a total coincidence that I came to be working there, but nerdcore has a lot of links to eroge.
Among other things, DJ Sharpnel's very first track sampled an eroge, Blasterhead used to compose for adult games, and that's just scratching the surface.
This month, we'll be looking at perhaps the most eroge-influenced nerdcore circle of all: Nihonkokumin.





背景
Background

今まで紹介してきたグループやレーベルはあくまでも音楽集団でしたけど、日本國民はそれらとは違い、音楽については活動の一部。
何より日本國民の特徴は音楽よりも、null500 が担当していたデザインだということです。
アレンジ CD はありますが、それよりも Tシャツや同人誌、壁掛け時計にさらには団扇など幅広い商品を販売していました。
そしてそのほぼ全てがエロゲネタだった訳です。

So far, the circles and labels I've talked about have been primarily music-focused, but music was actually just one facet of Nihonkokumin's varied output.
In fact, I'd say that if anything, what sets Nihonkokumin apart is null500 design works.
Along with CDs, they released everything from t-shirts to artbooks, and things like wall clocks and fans.
Impressively, virtually all of these items were eroge-themed or inspired.





0625_001.jpg
エロゲじゃないものもありましたが、これもかなりナードコアですね。 / On the other hand, this isn't quite eroge, but it sure does show off the sampling spirit.





音楽の面では、代表の(ようだった?)Tabemono と後にスピードコアで有名になった m1dy のアルバムとともにたくさんのコンピレーション CD を出していました。
これらの CD も、もちろんほぼ全てがエロゲネタで、主題歌だけではなく、ゲーム内の BGM とか音声部分をベースにしている楽曲などが多かったです。
そしてそれらの曲にテクノ・ブレイクを載せて、意外性のあるサンプリング(シンプソンズとかイーグルスの「Hotel California」など)を混ぜ込んだリミックスに仕立てていました。
また、グループのリーダーであった Lou のカヴァーボーカルを入れたものも稀にあったりします。

In terms of musical output, Nihonkokumin released a number of albums from both resident breaks-maker tabemono and current Japanese speedcore king m1dy, as well as a large number of compilation CDs.
These of course also focused on eroge, and somewhat uniquely featured remixes of not just vocal opening/ending songs, but instrumental game BGM tracks too.
A lot of this music also involved sampling you might not expect, like vocal clips from The Simpsons or a verse from The Eagles' Hotel California.
In addition, circle leader LOU contributed vocals to both covers and original tracks released on the label.






tabemono の「PUMPACTION」が日本國民の代表的な 1枚なので是非聞いてください。特に「breaks,bleeps&discrimination」を! / tabemono's PUMPACTION gives a great overview of the Nihonkokumin sound, so check it out - especially "breaks,bleeps&discrimination".





日本國民と私の出会い
My introduction to Nihonkokumin

最初の最初に聞き出した日本のネタものハードコアはシャープネルと m1dy でした。
最近こそ違いますが、その当時の英語圏では J-Core = DJ Sharpnel & m1dy という認識が強かったんです。
私も一時期「sharpnel.m1d」というハンドルネームを使っていたほどです。(笑)
その m1dy の知名度は高く、私がこのハードコアシーンに入った当時でも日本國民は m1dy が所属しているレーベルとしても知られており、私もそこを通じて日本國民を知るようになりました。

The very first Japanese hardcore music I heard was from DJ Sharpnel and m1dy.
While the understanding of J-Core overseas has grown in recent years, in those days it was pretty much commonly accepted that Sharpnel and m1dy were J-Core.
In fact, for a little while I was using the screenname "sharpnel.m1d" myself, haha.
Because m1dy was so well-known overseas even then, Nihonkokumin also gained some recognition, which is how I discovered it.





0625_002.jpg
ホームページに英語のプロフィールを掲載していた時期もあり、また当時のナードコアでは珍しく英語版サイトまでありました。 / Not only did Nihonkokumin put up an English profile on their home page, they had an entire English site - very much a rarity for a niche doujin circle.





初めて聞いた日本國民の作品はおそらく「ベルリソ」だったと思うのですが、その頃、シャープネルもリミックスしていた「鳥の詩」がスキだったので「Too Young To Die」はすぐにお気に入りになりました。
その曲自体は自分が知っていた m1dy 同様にスピードコアだったんですが、「ベルリソ」に収録されているその他の曲とか「IN BASS WE TRUST」なんかを聞いて、ジャンルが全然違うんですがこっちもかっこいいなぁと感じていました。
さらにシャープネルも日本國民の多くのコンピレーション CD に参加していて、それらも聞きまくったのですが全部好きでしたね。ただ、当時はつながりがあることを知らなかったのですが、AIR アレンジ CD「NEVERMORE」に収録されている、サイケアウツのメンバーでもある赤城エンタープライズ41 の「鳥の詩 (Drug Of The こくみんラスカルズ風 Edit)」がずーっと好きでしたね。
あと、ちなみにですが、日本で初めて DJ をした時に流した一番最初の曲を tabemono の「dirtchmber」にしましたね。

Most likely the first Nihonkokumin release I heard was m1dy's "ベルリソ" ("Berliso"), and the Tori no Uta remix "Too Young To Die" really stuck out, since I'd already heard Sharpnel and The Speed Freak remix the same thing.
That track is actually some pretty "traditional" m1dy speedcore, but after hearing the more comparatively mellow and poppy tracks on both Berliso and IN BASS WE TRUST, I came to enjoy this other side of m1dy as well.
On top of that, DJ Sharpnel also participated in a lot of Nihonkokumin's compilations, which led me to check out and enjoy a good chunk of their output. I didn't realize the connection at the time, but one of my favorite tracks early on was "鳥の詩 (Drug Of The こくみんラスカルズ風 Edit)" on the Air remix compilation "NEVERMORE", by 赤城エンタープライズ41 - AKA Cutter Hell of Cycheouts.
As a matter of fact, tabemono's "dirtchmber" ended up being the first track I ever played DJing in Japan.





日本國民の歴史
History of Nihonkokumin

1998年には、コスプレとアニメとゲームのアパレルメーカー「コスパ」とゴシックファッションブレンド「beauty:beast」がコラボレーションして「COSPA vs beauty:beast」が立ち上がりました。
コスパのメインデザイナー null500(現在は副社長)と beauty:beast の山下隆生により、たくさんのオシャレアニメファッションを生み出していました。

In 1998, cosplay and anime/game apparel maker COSPA and gothic fashion brand beauty:beast teamed up to form a new brand, "COSPA vs beauty:beast".
COSPA's chief designer (now executive vice-president) null500 and beauty:burst designer Takao Yamashita used the brand to put out a wide range of fashionable, anime-inspired items.





0625_003.jpg
COSPA vs beauty:beast の大人気作品 / One of the most popular COSPA vs beauty:beast items.





そんなきっかけもあり、null500 と当時 beauty:beast のデザイナー兼広報をやっていた LOU は出会ったそうです。
二人はファッションだけではなく、mixed culture を通じて日本の国民として、自分たちが考えている日本の文化を世界に突き刺してやろうと、2001年に「日本國民」というグループを発足しました。
「国」ではなく「國」が使われている理由は不明ですが、日本という国の長い歴史に対して、さらに念を押す意味合いがあるんじゃないかと思っています。
最初は KeyLeaf などをモチーフにした Tシャツやステッカー、缶バッジなどを作っていました。

Through this venture, null500 met beauty:beast designer and head of PR LOU.
The two teamed up to create a new circle not limited to just fashion, but dedicated to spreading their own idea of Japanese culture throughout the world in all forms of media, and in 2001 "日本國民" ("Nihonkokumin", literally "Japanese citizens") was born.
The label name in fact uses an old, disused version of the kanji for "country", 國 (rather than 国); perhaps this is meant to indicate the circle's goals to promote the long and rich history of Japan.
The circle began by selling original t-shirts, stickers, buttons, and more, mainly inspired by Key and Leaf games.





0625_004.jpg
AIR のみちるとか / Michiru from AIR, for example.





多くのグッズを作っている同人サークルなのでまぁ当然なのかもしれないのですが、それでも少し意外なのが CD だけではなくてすべての作品にカタログナンバーが振られていることです。
そんな日本國民の作品の中でも最初の音源といえば、33作品目になる Z BREMEN というアーティストの AIR/雫アレンジ CD「銀電」でした。
Z BREMEN は beauty:beast の山下隆生の別名義だったりするので、日本國民が COSPA vs beauty beast の後身のように感じられます。
また、ヴァーチャコア後編でも少し触れましたが、日本國民として活動していた同時期に山下隆生はインダストリアル同人音楽グループである「NEVEN」の活動も行っていました。
NEVEN と日本國民は山下隆生本人、あと LOU とか赤城エンタープライズ41 などの共通メンバーが数人いて姉妹グループのような関係だったのではないかと思います。(「銀電」のジャケットに NEVEN のロゴが入っています。)

While it's not too surprising coming from a circle making so much more than just CDs, it is interesting that all of Nihonkokumin's products had catalog numbers.
Their first CD was actually Nihonkokumin's 33rd product, an AIR and Shizuku remix CD by Z BREMEN called "銀電".
Z BREMEN is in fact an alias of beauty:burst's Takao Yamashita - Nihonkokumin's beginnings can almost be seen as a direct continuation of the COSPA vs beauty:burst line.
I also touched on this briefly in the second half of my Virtuacore entry, but at roughly the same time Nihonkokumin was active, Yamashita also had his own industrial doujin music circle, "NEVEN".
NEVEN and Nihonkokumin shared a lot of collaborators - LOU, 赤城エンタープライズ41, Yamashita himself - so in a way they were almost like sister labels. (Indeed, the aforementioned "銀電" features the NEVEN logo on the artwork.)





0625_005.jpg
M3 でほぼ隣だったこともありました / They were practically neighbors at one M3, too.





上述しましたが、最初のコンピレーション CD「NEVERMORE」以降、m1dy、tabemono、シャープネル、赤城エンタープライズ41 が日本國民の定番アーティストになりました。
tabemono は、ハイパーリッチにも所属していた IQ300 の「ほぼ日本國民専用」の名義で、この名義において、アルバムを 4枚出しており、また、ほぼすべてのコンピレーション CD に参加していました。
日本國民のほとんどの CD はネタモノ系でしたが「ミラーボール」ってオリジナル曲のミニアルバムも出してました。曲が¥Cuスタ平、作詞が桑島由一、そして歌が LOU という、すごいメンバーでワタシ的には名作だと思っています。
あと、普段はデザイナーのみを担当していた null500 のミックス CD シリーズ「マニア録null500」というのもあり、日本國民の曲と全世界のレイブ・テクノやヒップホップな曲が混ざりまくっていて聞いているとスゴくアガっちゃいます。

Beginning with the circle's first compilation CD, "NEVERMORE", m1dy, tabemono, DJ Sharpnel, and 赤城エンタープライズ41 became regular participants in Nihonkokumin's musical output.
tabemono, incidentally, was also a member of Hyper Rich under the name IQ300, and put out four albums on Nihonkokumin in addition to participating in nearly all of the compilations.
As mentioned, most of Nihonkokumin's CDs were eroge-themed, but they actually also put out one entirely original release: "ミラーボール" ("Disco Ball"). The mini-album featured three original songs with music by ¥Cuスタ平, lyrics by Yoshikazu Kuwashima, and vocals from LOU - an all-star lineup if there ever was one!
While he mainly acted as a designer and illustrator, null500 also put out a series of extremely hype mix CDs mashing up Nihonkokumin tracks with hip-hop and rave hits from around the world.






これは本当にたまらないですよ / No really, you gotta check this out.





NEVEN のイベントで数回ですが「日本國民CREW」としてライブ出演しました。
null500 と tabemono の DJ & スクラッチに加え、LOU の生歌、そして m1dy や ¥Cuスタ平のゲスト出演という感じだったらしいです。
そしてシャープネルの回でも紹介しましたが、OTAKUSPEEDVIBE のもう一方の主催が日本國民で、ライブとともに販売会ブース再現物販もやっていました。
日本國民からは OTAKUSPEEDVIBE オフィシャルTシャツも発売されました。

Nihonkokumin played live as the "Nihonkokumin CREW" at a number of events held by NEVEN.
From what I can tell, their live performance seems to have generally consisted of null500 and/or tabemono DJing with LOU on vocals, sometimes joined by guests like m1dy or ¥Cuスタ平.
Nihonkokumin also co-sponsored the original OTAKUSPEEDVIBE events with DJ Sharpnel, and had a full-size merch booth in addition to their musical performance.
The offical OTAKUSPEEDVIBE t-shirt was also a Nihonkokumin item!






2002-10-18 の OTAKUSPEEDVIBE VOL.2 のライブ映像を是非見てください / A rare treat, you can watch Nihonkokumin's full live set from OTAKUSPEEDVIBE VOL.2 on October 18, 2002.





2003年8月のコミケ64 をもって「第一期日本國民」が終了となり、第二期になったとの発表がありました。
その後は同じような感じで CD や Tシャツなどを発売しながら 2004年まで活動を続けます。
明確な解散宣言などはありませんでしたが、メンバーの個人的な出来事などがあり、活動は停止しています。
その後も相変わらず、コスパのチーフ クリエイティブ オフィサー null500 と和田洋介によって、カッコいいデザインのアパレルを出し続けていますので是非コスパも応援してほしいです!
そしてまたいつか tabemono が最高な曲を発表してくれたら嬉しいなぁと思っています。

After Comiket 64 in August of 2003, Nihonkokumin announced the end of "phase one" and beginning "phase 2" of the circle.
CD and t-shirt releases continued during phase 2, and the circle was active until 2004.
While there was never an offical disbandment announcement, it seems the circle stopped mainly due to personal life events of some of the members.
Yousuke Wada, AKA null500, continues to put out tons of great clothing through his work as COSPA's Chief Creative Officer, so please give them your support!
And it sure would be nice to hear tabemono put out some more music someday.





ミニインタビュー
Mini-interview

今回は日本國民のデザイナーこと null500 さんにミニインタビューをさせていただきました。
ぜひ読んでください!




― 当時(1996年から 2002年)のナードコアシーンを今振り帰って、どのような想いがありますか。

― What thoughts and feelings do you have now, looking back on the "nerdcore" scene (from 1996~2002)?



null500
誰でも「自分の世代は重要な時代の転換点だった」と主張したいはずなのでそういった発言には非常に用心深くなってしまいますね・・・・・・
思い起こせば、あれは油断している方向から全力で叩くダーティなやりかたですよね。
迷いなくそういうやりかたを選択するプレイスタイルのことをハッキングと呼びます。
常にそういうスタンスでやりたいですね。

null500
Most people have a tendency to feel that their generation is a major turning point in history, so I'm hesitant to say anything that bold.
Looking back, people were doing what they wanted without worrying about consequences or reputation.
Taking that approach without questioning yourself essentially conforms to the philosophy of hacking.
That's the kind of standard I try to hold myself to.





― エロゲとテクノを混ぜたものがコンセプトとなる「日本國民」を発足したきっかけを教えてください。

― Tell us a little about the idea behind mixing techno and eroge as the basis of "Nihonkokumin".



null500
カウンターカルチャーとしてのエロゲが強烈すぎました。「こうしちゃいらんねぇ!」という感じです。
そもそもの日本國民発起人のLOUを震源地として「オタクによる暴動」のようなテーマを起点に制作活動を始めた日本國民に、これまたLOUを中心としたコネクションを経由して、ハイパーリッチレーベル周辺の音楽系クリエイターが力を貸してくれて、あのような音楽活動に拡大していった流れです。
最終的にはジャマイカ風のサウンドシステムを載せた街宣車を作りたかったですね。

null500
Eroge had become far too counter-culture - "You're doing it all wrong!", we said.
LOU started Nihonkokumin around the idea of an "otaku revolution", and through her connections a number of musicians from Hyper Rich joined the project, leading to the musical collective Nihonkokumin became.
I really wanted to take it to the point of having a propaganda truck decked out with a Jamaican-style sound system.





― null500 さん自身にとって、今までの(音楽に限らずの)活動で一番良かった出来事は何ですか。

― What is your personal proudest achievement through your works, musically or otherwise?



null500
枠組みがない中を手探りで構築していくような事が常に最高です。

null500
Creating things by simply grasping around in the ether has always been one of life's greatest pleasures.





さて、待ちかねのあの告知を出しましょうかね?!
実は現在、この連載に書いている内容や自分で集めてきた色々な素材なんかを元に「ナードコア不完全大百科」を年内発売を目標に鋭意製作中です!
内容に関してはリリースまで毎回ちょっとずつ見せて行きたいと思っていますので是非お楽しみに。
それではまた次回〜(ヒント:ビールを準備してね)

Alright, shall we finally get to that announcement I've been teasing?
Based on these articles, I'm currently working on a book: "The Nerdcore Encyclopedia", hopefully releasing at the end of the year!
I'll continue sharing more details here each month as the release gets closer, so keep an eye out!
With that, I'll see you next time! (Hint: bring a beer.)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。