大衆酒場ベスト1000

2018年05月25日

第57回「はんだやレイブ等」/ #57 "Handaya Rave & Co."

生れた時からどんぶりめし
Have you ever eaten at Handaya?

先月、私の両親が人生二度目となる日本への旅行に来ていたのですが、恐らく色々な文化違いを経験したんじゃないのかと思います。
両親には私がどの様な音楽界隈で活動をしているかを少しだけ説明していたのですが、今回はなんと M3 に連れていって直接どんなことをしているかを見せてみました。
また、M3 だけではなく、仙台で毎年開催されている「はんだやレイブ」というイベントにも一緒に行ってみました。
今回はその「はんだやレイブ」の歴史について調べてきましたので、お話していきたいと思います。

Last month, my parents came to vacation in Japan (their second time visiting), and I'll bet they experienced a lot of cultural differences.
I've told them a little bit here and there about my involvement in the techno scene here, but this time, I decided to give them a closer look, and did things like take them to M3 for a bit.
Not only that, but we also went to a music festival held twice yearly in Sendai: Handaya Rave.
For this month, I took a look into the history of Handaya Rave and wrote up what I found, so let's take a look!






背景
Background

はんだやレイブ」というのは、イベント名かつグループ名で、簡単に言えばそのグループとイベントを主催している団体の名前と言ったところでしょうか。
名前の由来は仙台を拠点とし、東北地方を中心にチェーン展開している飲食店「半田屋」。
また、その半田屋という食堂の大衆感のようなものをコンセプトとしています。
2004年に開催されたイベントを始めに、いまだ活動が続いているグループなんですが、実は前身となる 2つの団体が存在していました。
それが「XROGER」と「八卦商会」で、はんだやレイブの歴史に深く関わってきているのでこれらについても今回紹介していきます。

Handaya Rave refers to both an event and a music label, so to put it more simply, it's the name of the collective behind both of those things.
Handaya Rave takes its name from a Sendai-based cafeteria-stlye restaurant chain, Handaya.
The cafeteria spirit was also a direct inspiration for a lot of what the group does.
Handaya Rave began with their first event in 2004, but in fact th group had existed before then, under two different names at different points in time.
The story of those Handaya precursors, XROGER and Hakke Shoukai, are very important to the formation of Handaya Rave itself, so we'll be taking a look at them, too.






はんだやレイブのイベントは野外でこういう感じです。 / This should give you a good idea of what Handaya Rave's outdoor events are like.





はんだやレイブのコンピレーションアルバムに収録されている音楽は一言で言えば「かわいい」ですね。
大衆食堂がコンセプトになっているのでジャンルもサンプリングネタも幅広いのですが、アニメの音声のサンプリングが多く、ガバをある一定の基準にしているのではないかというイメージです。
しかしながら、チルからノイズまで、本当に何でもありではあります。ただそれも「かわいい」感は除かれていないのだと思われます。
ちなみに、最近はその「かわいい」という言葉が海外でまた別の日本発のテクノとして使われていますが、これは全然違うものだと思います。
何が違うかと言えば「まじめなかわいい」と「ふざけたかわいい」という感じを個人的には感じています。

If Handaya Rave were to sum up the music they put out on their compilation CDs in one word, it would probably be "kawaii".
In keeping with the cafeteria concept, the CDs feature a smorgasboard of both genres and inspirations, but the real essence of Handaya Rave comes down to two things: anime sampling and gabber music.
That being said, tracks range from chill to noise and everything in between, all retaining that element of cuteness.
Now, recently "kawaii" has been used by an assortment of electronic artists from Japan, but that music is very different from Handaya's, and they really only have the word in common.
To put it another way, rather than being "serious" cute music, Handaya Rave is putting out "goofing off" cute music.





はんだやレイブと私の出会い
My introduction to Handaya Rave

ハッキリとは覚えていないのですが、確かナードコアを初めて知った頃(2009年頃)には はんだやレイブの「ていでん」を GUHROOVY でジャケ買いしていました。(注文だけど)
いくつかの曲が気に入ったので、その後は新譜が出るたびにほぼ毎回ゲットしていたものです。
その後、日本に住み始めてからの 2014年には何の前知識もなく はんだやレイブ'14春に遊びにいったのですが、そこでは私は本当にスゴイ体験をしました。
それは野外での DJ プレイやライブなどとともに食事が配られるという斬新なもの。とは言え、よく考えてみるとスゴくアメリカンな感じも受けました。

I don't remember exactly when it was, but around when I first became familiar with nerdcore (2009 or so), I picked up Handaya Rave's ていでん from GUHROOVY, not really knowing much about it.
I enjoyed a lot of the tracks, so I started picking up Handaya's new CDs as they came out.
After moving to Japan, in 2014 I decided to go to the spring Handaya Rave, again not knowing what to expect, and it was unlike any event I'd been to in Japan.
Being held outdoors at a park was one thing, but people preparing and distributing free hot food the whole time is pretty unique...for Japan, at least - thinking about it, for me it kind of reminds me of home!





0525_01.jpg
何故かその場で販売されていたサイバー長介の DVD が少しだけ VJ で使用されていました(笑) / One of my Cyber Chosuke DVDs (which I was selling during the event) even go to cameo a little bit thanks to the VJs, haha.





そして 2015年には出演者募集に申し込み、サイバー長介として初めて はんだやレイブに参加する事となりました。
(仙台への道中、東北新幹線ではなく山形新幹線に間違って乗ってしまった事が少しだけ話題になりました)
その後、毎回ではありませんが、度々 はんだやレイブには遊びに行ったりしています。
あと、普段ほとんど音作りをしない私ですが、はんだやレイブ参加の条件だったため、2回ほど はんだやレイブのコンピレーション CD にオーディオコントみたいなやつで参加しています。

Handaya takes applications for guest DJs for each event, so the next year, in 2015, I put my name in the hat and had a chance to perform at Handaya Rave (as Cyber Chosuke).
(On my trip out to Sendai, I accidentally got on the wrong shinkansen and ended up going halfway to Yamagata instead!)
I haven't gone to every single one since then, but I try to make it out to Handaya Rave at least once a year.
Also, usually I don't actually make music, but one of the requirements for playing at Handaya Rave is that you also contribute to the next CD, so I've made two short audio skits for them.






一応こういうのを作っています。 / Just some silly little jokes like this.





XROGER
XROGER

まずはすべての始まりであるXROGERについて話さなくてはいけません。
1996年に SK1 という人物(当時は「野幌masters」や「品川masters」などの名義も使用していた)がデモテープを作成し、hub master という人物に聴かせました。
内容はロッテルダムテクノの曲に「水色時代」の声優のサンプリングを載せた曲で、それがキッカケとなり、XROGER というレーベルが発足したようです。
名前の由来は「XScreenSaver」という Unix のアプリで、当時そのアプリのロゴ関連ファイル名である「xroger」というものがあり、それをそのままレーベル名としたようです。
このロゴは海賊のドクロをモチーフにしており、海賊のドクロは英語で「jolly roger」、それをモジって「xroger」としたのではないでしょうか。

To start things off, we have to talk about where everything began: XROGER.
In 1996, SK1 (at the time also using names like 野幌masters and 品川masters) made a demo tape and shared it with another musician, hub master.
The tape contained a rotterdam techno-style track with voice samples from anime Mizuiro Jidai, and was the impetus for the creation of XROGER.
XROGER took its name from xroger.c, a script file for the program XScreenSaver which drew the program's logo.
The logo features a skull and crossbones - also known as a "jolly roger", explaining both the filename and perhaps also the inspiration behind using it.





0525_02.jpg
そして音楽の方の XROGER はその元のロゴもそのまま使っていました。 / After all, XROGER used the logo itself as-is too, as far as I can tell.





XROGER の最初の CD が「偽・水色時代」というもので、この CD のジャケットのイラストは元となっている水色時代の単行本の表紙に「偽」の文字とロゴなどを載せただけのものでした。
発足当時は前述の SK1 は hub master の2人だけでしたが、その後、仙台の FOXYUN という人物が加入、TAQ、ysano なども加えていき、1996年から 1999年までの間にアルバムを 10枚ほどリリースしました。
なお、XROGER は 1999年に解散しましたが、その後も引き続き不定期ではあるものの CD をリリースしており、解散前最後のアルバムの製品番号が XR-009 で、そこから XR-009.5、XR-009.75、XR-009.9921875 という風に続いていき、XR-010 には永遠に辿り着かないような演出がされていました。

XROGER's first CD, 偽・水色時代 ("Fake Mizuiro Jidai"), simply took the cover of a volume of the Mizuiro Jidai manga and dropped the XROGER logo and the "Fake" on it for the artwork.
At the beginning, XROGER was just SK1 and hub master, but soon after its formation FOXUN from Sendai joined, along with a number of other artists such as TAQ and ysano, and between 1996 and 1999 they released a total of 10 CDs.
XROGER claims to have broken up in 1999, however, they've continued to sporadically release 3-4 track CDs since then.
The final XROGER album's catalog number was XR-009, and these later CDs have had catalog numbers of XR-009.5, XR-009.75, all the way up to most recently XR-009.9921875 - they seem to be making the point that there will never be an XR-010.






XROGER 時代の名曲 / A classic track from the XROGER era.





XROGER時代からは野外イベント等も行っていました。発足当時の1996年には、仙台中央通りのアーケード街でゲリラレイブをやっていたそうです。
そして 1998年5月4日に仙台の勾当台公園にて初のゲリラ的ではない合法的なレイブが開催されました。
当時、SK1 と hub master は千葉に住んでいたようで、千葉でも仙台でもイベントを開催していました。

Even all the way back in the XROGER era, they were doing outdoor events, with unsanctioned performances in Sendai shopping arcades as early as 1996.
On May 4, 1998, what was likely the first "official" XROGER event was held at Sendai's Kotodai Park.
From what I can tell, in these days SK1 and hub master lived in Chiba, and XROGER put on events in both Chiba and Sendai.





0525_03.jpg
最初のではないですが 2回目のイベントのフライヤー / The flyer for XROGER's second official event.





0525_04.jpg
こんな地図にもレーベルロゴ使われていますね(笑) / They were even dropping the XROGER logo on their venue maps, haha.





前述しましたが、1999年8月21日に「XROGER 解散レイブ」が開催されて、レイブ終了とともに解散したようです。
しかし、その後はほぼ同じメンバーで「八卦商会」と名乗り、活動を続けていきます。

I mentioned it before, but on August 21, 1999, the "XROGER Breakup Rave" was held, and XROGER disbanded when it ended.
However, very soon after the same members continued under a new name: Hakke Shoukai.





0525_05.jpg
XROGER 解散ライブの写真 / A photo from the XROGER Breakup Rave.





八卦商会
Hakke Shoukai

何故、XROGER から八卦商会に移り変わったのか、その理由は不明なのですが、XROGER 解散の 2ヶ月後にはすでに八卦商会としてイベントを開催していました。

It's not entirely clear what prompted the rebranding from XROGER to Hakke Shoukai, but just two months after XROGER disbanded, Hakke Shoukai's first event was held.




0525_06.jpg
八卦商会最初のイベントのフライヤー。色々とやばいです。 / What a flyer.





この「八卦商会電子音楽発表会」というイベントはシリーズ化され、2004年まで野外において合計 10回ほど開催されたそうです。
そして、この頃は野外だけではなく、東京などのクラブで「CLUB八卦」というイベントも同時に数回ほど行われていたそうです。

This new event series, the 八卦商会電子音楽発表会 ("Hakke Shoukai Electronic Music Recital"), was held a total of 10 times between 1999 and 2004.
Additionally, during this period Hakke Shoukai also put on a few indoor club events in Tokyo and elsewhere called "Club Hakke".





八卦商会時代も XROGER 時代から引き続きコミケと M3 でコンピレーション CD を出していました。
XROGER 時代に出されたコンピレーション CD は全部 CD-R でしたが、八卦商会時代からはプレス CD で出すようになりました。
この頃、かなりの勢いだったようで「サンポーノレ」などが数百枚売れたそうです。
そして、ナードコア界隈では珍しいアナログ版「ファック!マルチね☆彡」もかなりの名盤となっています。

Just as they had as XROGER, Hakke Shoukai continued to release compilation CDs at Comiket and M3.
During the XROGER days, these were CD-Rs, but beginning with the Hakke Shoukai era they started releasing on pressed CDs.
Their releases came to be quite popular, with many such as サンポーノレ selling as much as 500 copies.
They also put out ファック!マルチね☆彡, a "collaboration" with XROGER and a rare analog nerdcore release, which has since become a very sought-after item.





0525_07.jpg
これは確かにヤバそうで、売れちゃいそうですよね。 / The artwork is certainly attention-grabbing, so it's no wonder CDs like these sold so well.





ちなみに、八卦商会の「八卦」はおそらく古代中国の占いの意味と共にオランダのガバ専用ダンス「hakken(ハッケン)」を指しているのではないでしょうか。
XROGER 時代にもアルバム名「ふしぎ八卦」で使っていました。(もちろん「日立 世界・ふしぎ発見!」もかかっていますが)

The "Hakke" (八卦) in Hakke Shoukai literally refers to the Bagua, but it seems likely that it's also a reference to hakken given their musical leanings.
They'd actually made this joke back in th XROGER days: XR-008 is titled ふしぎ八卦 ("Fushigi Hakke", a plan on Japanese variety show Fushigi Hakken).
Incidentally, the "Shoukai" (商会) part of the name simply means "company" - "Hakke, Inc." basically.



八卦商会はその後、特に解散などの発言もなく、2004年12月には最初の はんだやレイブが開催されて以降、その名前は聞かれなくなりました。

While Hakke Shoukai never officially annouced an end of activites, in December 2004 the first Handaya Rave event was held, and Hakke Shoukai has been inactive ever since.




はんだやレイブ
Handaya Rave

2004年12月4日には はんだやレイブとしての最初のイベント「はんだやレイブ1(2004冬)」が仙台市勾当台公園で開催されました。
後に春と秋のみの開催となりましたが、2004年と 2005年だけは冬のみ開催されました。
はんだやレイブの特徴としては、DJ、VJ だけじゃなくて MJ(飯ジョッキー)もいて、イベント中にフリー料理を配布しています。

On December 4, 2004, Handaya Rave's first event, "Handaya Rave 1 (Winter 2004) was held, again at Sendai's Kotodai Park.
It's since become tradition for Handaya Rave events to take place in spring and autumn, but for the first two years they were held only in winter.
One thing that makes Handaya Rave unique is that, inaddition to DJs and VJs, they also have MJs (Meal Jockies) preparing and distributing free food throughout the event.





0525_08.jpg
BJ(ビールジョッキー)とかもたまにいます / Sometimes there's even a BJ - a Beer Jocky!





そして、はんだやレイブに不可欠なのはきっと「友情」なんだと思います。
私の経験上ですが、はんだやレイブは何度行っても出演者だけではなく、お客さんも馴染みの人たちが多く、スゴく楽しい雰囲気で仲良くなりやすい場になっています。
過去には「はんだやツーリスト」という、東京から仙台までを団体でドライブし、途中で観光をしたりする人たちまで現れ、このイベント特有のコミュニティーが生まれたりもしています。
これらは多分他の日本のイベントと違うところなんでしょうが、私にとっては何となくアメリカでよくありそうな感じのイベントだと感じています。

More than that, though, I think the key element that sets Handaya Rave apart from other events is camaraderie.
This is just from my personal experience, but if you go to their events a few times, you'll become familiar with not just the musicians, but also a lot of the attendees, all of who are extremely friendly.
Not only that, but in the past attendees have organized "Handaya Tourist" trips: group road trips from Tokyo to Sendai for the event, with sightseeing and the like along the way. That's just one example of the community that's built up around the event.
Again, I think all of this is rather unique for an event held in Japan, but it almost feels similar to a local town event you might find yourself at somewhere in the states.





はんだやレイブも 2004年のイベントのあと、その参加メンバーによるコンピレーション CD「はんだやレイブ'04」を筆頭に、ほぼ毎年新作 CD を1〜2枚リリースし続けています。
全ては はんだやレイブクルーというレギュラーメンバーに加え、はんだやレイブにゲストで参加した人たちで構成されています。
そのため、大久保博さんとか sanodg などのビックネームも加わってたりしています。
各コンピレーション CD にはイカ娘とかアイカツとかのテーマがあるんですが、収録曲の全てかそのネタを使っている訳ではなく、「このテーマが好きならこの曲は気に入ってくれそうだ」なんて感じでやっているのではと想像しています。

Unsurprisingly, Handaya Rave also began putting out CDs, starting with "Handaya Rave '04 and coming out at a rate of one or two a year.
Handaya's compilations regularly feature the Handaya Rave crew alongside guest contributions from artists who have appeared at recent Handaya Rave events.
They've even attracted some pretty big names, like Hiroshi Okubo and sanodg.
While each CD features a loose theme, such as Ika Musume or Aikatsu, the music contained doesn't necessarily sample whatever the theme is; it's more of a way for them to say "if you like this thing, you'll probably enjoy this CD!".






最近は公式のサウンドクラウドも作られましたー / Handaya also recently started an official Soundcloud account!





現在でも XROGER 初期メンバーである hub master と FOXYUN が はんだやレイブの中心メンバー。(hub masterは別名義で)
ysano は常に出演しています。また状況は分かりませんが TAQ とか SK1 の名前はあまり見なくなってきています。
そして最近は割と新しい Bee.Bee.II-L (あと自分もそうですけど)が定番メンバーとなってきている感じ。
はんだやレイブ自体は少しずつ変化しているものの本質は 20年前から変わっていない気がします。

Founding XROGER members hub master and FOXYUN remain core members of the Handaya Rave Crew (hub master under a different name).
ysano is a prominent member as well, but some other names that were common in the early like TAQ and SK1 have seemed to fade away for the most part.
On the other hand, recently a few new regulars like Bee.Bee. and II-L have become part of the Handaya family (I suppose I count, too).
Still, even if Handaya Rave has changed a bit here and there, it seems like it still has the same spirit it did more than 20 years ago!





今回は以上となりますが、次回も是非読みに来て下さい。
そろそろデカイ告知を出そうかなーと・・・。
それも楽しみに待っていて下さい!

That's all for this month, but there'll be more soon, so be sure to come back!
Oh, and I might have a big announcement sometime soon...
Keep an eye out for that, too!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。