大衆酒場ベスト1000

2018年04月27日

第56回「海外のナードコア」/ #56 "Nerdcore Outside of Japan"

ナードコアはどこにだってある!
Nerdcore is everywhere!

この一連の記事をはじめて以来、日本のアーティストを中心に書いていましたが、連載タイトルは「謎の文化チガイ」のまま。
第51回にてちょっと別方面から「海外のナードコア」を見てみましたが、今回は詳しめに「海外のナードコア」を紹介したいと思います。
つまるところ今回は激レアかつ知名度が全然ないけど、間違いなく存在はしている海外のネタものテクノについて色々と調べてみました。
早速どんな奴らがいるのか、日本のとはどう違うかを見ていきましょう!

While I've repurposed this column (for the time being) as a place to talk about nerdcore, the title is still "Enigmatic Cultural Differences".
In entry #51, I talked a bit about one kind of foreign "nerdcore", but this time around we're going to take a look at actual "nerdcore" from overseas.
There aren't a lot of artists outside of Japan that exemplify "nerdcore", but they do exist, so I dug up as much info as I could find.
Let's take a look at the results, and how they compare to artists within Japan!





英語圏のインターネットに存在しているナードコア
Nerdcore on the English internet

日本もそうでしたが、ナードコアはやはりインターネット上においてもっとも栄えていると言えます。
1990年代のインターネットがまだ黎明期だった頃、日本のナードコアのようなライブを中心としたリアルなシーンはアメリカでは存在しにくかったと思います。
アメリカだと国土が広いという問題もあったり、それぞれの国における法律による縛りの強弱も関わっていたように思えます。
ただ、2000年頃からはインターネットの広がりとともに海外でもポップカルチャーのサンプリングを中心とした作品作りをするテクノアーティストが増えてきました。

This was the case for Japan as well, but niche genres like nerdcore really thrive best on the internet.
Before the internet became widespread, it was still feasible for a scene to arise in Japan thanks to the close proximity of major cities and large concentrations of people, but the same wasn't true of, for example, the US.
Apart from the obvious size and distance issues, the more strongly (perceived as) enforced copyright laws in other countries like the US may have also played a role.
However, once the internet gained a foothold in the early 2000s, a number of musical artists making heavy use of pop culture sampling did pop up.





ほとんど記録もなく、知識もほぼ皆無という状況ではありますが、英語圏で初めて大きく取り上げられたと思われるネタものテクノユニットといえば「The Laziest Men On Mars」ではないかと思います。
そんな中、2000年、間違いなく最も有名なナードコアの楽曲といえば Invasion of the Gabber Robots ですね。
それ以外にもアメリカのコメディ番組「Mystery Science Theater 3000」(ユニット名も由来してる)をネタにしたものをたくさん作ってました
これらは日本のナードコアを作っていた人たちと同じ考え方で行っていたのではないかと強く感じました。

While many such artists have likely now vanished without a trace, I would cite The Laziest Men On Mars as one of the earliest, and most well-known, examples of musicians outside of Japan with a "nerdcore" leaning.
Most internet users are likely familiar with Invasion of the Gabber Robots, perhaps better known as the "All Your Base" song - already a prime example of pop media mashed humorously with techno music.
In fact, the group took their name from Mystery Science Theater 3000, and released a number of tracks sampling some of the classic B-movies featured in the show.
In listening to a few of these, I can definitely see them as having been produced with the same inspirations that sparked the nerdcore movement in Japan.






本当にお馴染みな感じのするサンプリングである / This sampling is just like in my Japanese nerdcores!





2000年代前半、海外のインターネット界隈では他にもポップカルチャーからサンプリングしているテクノ音楽があったと思いますが、多分それらは「音楽」ではなく、単なる「ギャグ」として作られたものがほとんどだったと思います。
そういうのを作っていた人たちは、同様の活動を続けることは無かったためか、音楽のシーンとして形成されることはなかったと思います。
ただ、一つだけ 1999年に作られ、いまだ結構な人気のある「OC ReMix」といサイトがあります。
テクノだけではなくゲーム音楽など様々なジャンルのリミックスを集めいているコミュニティーサイトで現在 3,500曲以上のアーカイブを有しています。
楽曲制作者が自由に自分の好きなゲームをリミックスしていたりするのはナードコアの味わいに近い感じがします。

While there were a lot of other examples of pop culture remixing online in the early 2000s, a lot of these seem to have been made not as "music", but more as a context for "funny internet videos".
Not many of these people aggresively pursued music production, and as a result, a fully-fledged "scene" never formed like it did in Japan.
However, all the way back in 1999 a site was launched that's still thriving today: OC ReMix.
While not limited to just techno, OCReMix is a community of musicians remixing game music, with over 3,500 compositions hosted on the site.
A large group of musicians sampling and remixing media they love certainly feels quite in tune with the nerdcore spirit.






この曲が好きです。 / One of my favorite tracks on the site.





2008年頃からは、おそらく日本の影響を受けて、英語圏のインターネット界隈でも(日本のものも含めて)サンプリングテクノ系ネットレーベルや集団がすごく増えてきました。
例えば「Bubblegum Luv」や「DQN Electronics」など、割とたくさんのサイトがあります。
これらの周辺では方向的に「ロリコア」というまた別のジャンルに移り変わっているのですが、当初はナードコアだったと思います。
そして最近では「外人コア」というサイトなども生まれており、それらもまた別の何かに変質していくかもしれませんが核心的な部分はネタもののサンプリングなのは間違いないところです。
ちなみにこの辺の人たちは「J-Core Masterz」というコンピレーションシリーズにもよく参加してました。

Sometime around 2008 or so, and likely as a result of influence from Japan, a number of English-language sampling-oriented (of both Japanese media and otherwise) netlabels began to pop up.
Groups like Bubblegum Luv and the compilation series DQN Electronics are just a couple examples.
As these netlabels grew and multiplied, many of them have tended to fall more into the category of "lolicore", something else entirely, but in the early stages some were quite reminiscent of nerdcore collectives.
Even more recently, Gaijincore has become a popular tag for foreigner-produced hardcore with Japanese sampling, and is likely to evolve into something yet again different, but the key elements remain the same.
Incidentally, a number of artists from some of these early netlabels went on to become mainstays of the J-Core Masterz compilation series.






「PynkXP」もありましたー / PynkXP was another important early "non-Japanese J-Core" netlabel.





最後は、おそらく日本の影響を受けること無く発生した「nightcore」というもの。
Nightcore は簡単に説明すると、ポップなどの曲を 1.25倍早回ししただけの「ジャンル」です。
元々はそう言ったことをやっていた二人組ユニットの名前だったんですが、現在では言葉だけが使い回されている状態です。
正直ナードコアとはあまり関係性はないのですが、ナードコア自体を知らない人はナードコアの楽曲を聴いた時、Nightcore の楽曲かと勘違いする可能性は低くありません。

Finally, let's take a quick look at something probably not as directly influenced by Japan: nightcore.
Nightcore is a style of music created by essentially playing an original pop song at 1.25 times the original speed.
Originally, "Nightcore" was the name of a team of two Norwegian DJs producing music in that manner, but has become an umbrella term to refer to any similar music.
While it's not quite relevant to nerdcore directly, someone entirely unfamiliar with nerdcore very well could hear a "nerdcore" track and confuse it for nightcore.






これもいわゆるナイトコアか? / I guess this must be nightcore too, huh.





リアルでの海外ナードコア
Overseas Meatspace Nerdcore

海外ではインターネットの世界を抜け出て、リアルなライブ活動などをする人たちは少ないと思いますがその中でも何人か重要なアーティストがいます。
日本のナードコアとの関係性が高いアーティストといえは The Speed Freak でしょうね。
「ナードコア」というものができる以前からナードコアの様な楽曲を作っており、日本のテクノシーンにも影響を与えていました。
もちろん彼が作っている楽曲のすべてがネタもののテクノではないのですが得意なジャンルと言えるでしょう。
2010年には Rex Buron と一緒に「NiTEFLARE」という日本のナードコアの作品もたくさん出しているレーベルを立ち上げました。

Until quite recently, very few examples of "nerdcore" outside of Japan made it off of the internet and into the real world, but there are a few very important ones to mention.
Probably the most important to mention is someone who's also had a big impact on the Japanese hardcore scene himself: The Speed Freak.
The Speed Freak has been producing sample-heavy hardcore techno music since before "nerdcore" was even a term in Japan, and was likely a direct contributor to its beginnings.
What's more, in 2010 he formed a label with Rex Buron called NiTEFLARE with the express purpose of releasing music from Japanese hardcore and nerdcore artists overseas.






ナードコアかどうかは別にしてもサンプリングのセンスがかなりいい / Whether it's nerdcore or not, his skillful use of sampling is unmatched.





The Speed Freak 以外にもヨーロッパのハードコア系音楽界ではネタもののサンプリングが割と数が多いんです。
映画とかのセリフをサンプリングするだけならテクノであれば普通だと思いますが、そんな中でも 1990年代や 2000年代のガバ・ハードコア界隈ではネタものの楽曲が結構な数出ていました。
その中でも、日本とイギリスのネタものテクノをつないだ Luna-C の名曲「Ataru」の影響が相当大きかった気がします。

Apart from The Speed Freak, a number of other European hardcore artists also fit the bill to one extent or another.
While sampling of movies and TV shows is common in techno in general, it seems to have been especially prevalent in gabber and hardcore of the 90s and 2000s.
Luna-C's "Ataru" is another important early example of a link between the hardcore scenes of Japan and Europe.






こういう曲が海外で作られていたというのはスゴイことですね。 / It's pretty impressive that this was released on a UK hardcore label in 2003.





で、また少し自分の話になりますが。私も海外にいた頃はナードコア的な音楽をやっていました。
友達の DJ Melancholia とよく J-Core の話をしていて「あのサークル、クロノ・トリガーのリミックス CD 出したらいいのになぁー」と二人で話していたのですが、そのサークルが結局そういうのを出さないので「じゃぁ、自分たちで作っちゃいましょう!」と決めて「Allkore」というレーベルを発足したんです。
最初のリリースは作曲もイラストも適当に友達に頼んだり、自分たちで CD-R に焼いたり、買ってきた CD ケースに CD を入れたりという超絶ナードコアな作業でした。
そして、そんな最初のリリースである「Arc Impulse」はアニメコンベンションで手売りだったのですがほぼ完売といった状態でこの先も作り続けていこうというモチベーションになりました。

Alright, it's time to talk a little bit about myself again, and my own experience with nerdcore outside of Japan.
Back in late 2008 or so, I'd talk to my friend DJ Melancholia a lot about J-Core, and we always said we hoped a certain label would put out a Chrono Trigger remix cd (to match their popular Mother- and Final Fantasy-themed releases). They never did, so we decided, let's do it ourselves, and Allkore was born.
Everything about the first release, from the artwork to the music, was done by a small group of friends, and burned to CD-Rs in my bedroom - the epitome of nerdcore.
That first CD, Arc Impulse, was sold out of a cardboard box at ACen 2009, and we actually managed to sell out, which inspired us to keep going.





0427_001.jpg
手持ちのダンボールから販売してました。 / I lugged this box with me throughout the whole con.





2009年から 2012年までは毎年コンプレーションアルバムを 1〜2枚作って、アニメコンベンションとネットで販売していました。
個人的に CD を出している理由としては「ナードコアを知らない人にこの音楽を聴いてもらいたい!」という思いでした。
そんな思いから、2011年から2012年には Allkore としていくつかのアニメコンベンションでレイブイベントを担当していました。
それ自体が大成功という訳ではありませんでしたが、一人でもこの音楽に引っかかってくれたらそれが成功だと思っていましたし、関連して色々と面白いことも経験できました。

From 2009 to 2012, we put out 1-2 new CDs a year, selling them at anime conventions and online.
My main drive at the time was the desire to get the music into the ears of people who'd never heard something like it before.
With that in mind, in 2011 and 2012 Allkore also hosted live events at a number of cons.
I can't say it was a total runaway success, but if we caught the attention of even one person and got them into some music, then it was definitely worth it.






いや、これは大成功じゃないかな? / Then again, I certainly can't complain about this turnout.





2013年に私が日本に引っ越してきてからは Allkore 自体が「海外のナードコア」ではなくなってしまいましたが、この連載を含めてずっと海外向けに色々とやってこれていますし、これからも海外でナードコア的なものが増えてくれたなら嬉しい限りです。
私が知らないものや気が付いていないものもたくさんあると思いますので何かありましたら是非教えてもらいたいと思います。
そして海外の君たちも気になるようなら是非ナードコアを作ってくれよ!

Since I moved to Japan in 2013, I'm not sure Allkore could still be called "overseas nerdcore" anymore, but I'm still doing a lot of things to share nerdcore throughout the world, including this column, so I hope I can continue to get new people interested!
I'm sure there's plenty of nerdcore-esque music outside of Japan that I'm not aware of, so definitely tell me about anything I may have missed.
And if any of you like what you've been learning about nerdcore, don't hesitate to try your hand at making some of your own!





宣伝コーナー
Promotion Corner

最後に私の宣伝なんですが、以前にも紹介した私が担当している「Stereo Records」が今週末のM3にブースを出します!
サイケアウツG、ゴッドOD、トラフィックジャミーズの新譜 CD、そして新作 T シャツの発売もありますので是非お越しください!

Sorry to continue talking about myself, but it's time for a little marketing: I've mentioned before that I'm managing Stereo Records, and this weekend we have a booth at M3!
We've got new releases from Cycheouts Ghost, God OD, and Traffic Jammies, as well as a brand-new T-shirt, so if your in the area be sure to check it out!








今月はちょっと忙しかったので少し短くなってしまいましたが来月からまたナードコアアーティストの紹介をしますのでお楽しみに!

Things were a little short this month because I've so busy, but I'll be back with another artist profile next month, so keep an eye out!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。