大衆酒場ベスト1000

2018年02月28日

第54回「ヴァーチャコア後編:ゴッドOD、トラフィックジャミーズ等」/ #54 "Virtuacore Part 2: God OD, Traffic Jammies, Etc"

サイケアウツだけじゃない!
Not just Cycheouts!

前回、ヴァーチャコアにおいては、サイケアウツが一番歴史が長く、活動範囲も広いと説明しました。それ自体は間違いないのですがヴァーチャコアとその周辺で活動していたユニットなどは他にもたくさんあって、10年以上に渡って活動を続けている人たちも何人もいます。
当時の「ヴァーチャコア」のみに限定すると紹介できる人たちも少なくなってしまいますので今回はヴァーチャコアのみならず、周辺の界隈から活動をし続けている、それっぽい人たちも含めでみました。
ちょっと一緒くたにしすぎかもとは思いつつ是非続きを御覧下さい。

Last time, we spent an entire article focusing solely on Cycheouts, as the most prolific group out of the Virtuacore crew. It certainly did fill a whole article, but there were also a number of other notable Virtuacore acts apart from Cycheouts.
That said, if we were to stick to just groups that were directly included under the Virtuacore umbrella, it'd be a kinda short article, so I've included a few other artists who were (or are) part of the same general circle, as well.
It makes for a bit of a mish-mash, but please read on anyway!





カストロ
Kastro

0228_01.jpg





大阪がホームとも言えるヴァーチャコア界隈で唯一(?)東京発のバンドといえるのではないでしょうか。
結成がいつなのかは不明ですが、おそらく 1996年頃ではないかと思われます。
リーダーはアツオで初期メンバーはカズオ、EBINE、DJ EVIL、IIJIMA でした。
スタイルはロックをテーマとしたドラムンベース。楽曲はハードコアロックかつサイケアウツと同じような映画やゲームをサンプリングしてよく使用していました。

While most other Virtuacore acts were based in Osaka, Kastro hailed from Tokyo.
I haven't been able to find out exactly when the group formed, but it was likely sometime around 1996.
Along with band leader Atsuo, the original members were Kazuo, Ebine, DJ Evil, and Iijima.
Kastro's sound was a rock-themed drum'n'bass style. If anything, they were like a hardcore rock band, but with the same styling sensibilities as Cycheouts.











1997年には Red Alert Records のコンピレーション CD と「解放戦線」にさんかしており、1998年には同じく Red Alert からミニアルバム「Virtuacore Head-Bangers」を CD とアナログを発売しています。
そのミニアルバムにはサイケアウツがリミックスで参加。そしてデザインが NENDO GRAPHICS と、かなりインパクトの強い作品になっています。
そしてなんと、あの超有名なベックが来日した際にはその CD を購入しており、「We Are Virtuacore Head-Bangers」をニューヨーク・タイムズなどで自分の好きな曲の一つとして紹介されたりしているのです。
同じ頃にはカセットのアルバムライブのビデオもリリースしており、またアツオの個人名義の作品もリリースしていました。
結成から 1998年にかけ、メンバーの入れ替えが何回かあり、最終的なラインアップはアツオ、カズオ、マサキ、タカヒロとなりました。その後、2000年頃に解散しています。
2013年〜2014年にはアツオが「練馬カストロ」として復活させましたが、リハ音源やむかし録音した音源を SoundCloud にあげた程度でライブなどの活動は一度もしていなかったようです。

After appearing on the Red Alert Records compilation as well as "Kaihousensen" in 1997, Kastro put out their own mini-album on Red Alert in 1998, called "Virtuacore Head-Bangers".
With Cycheouts contributing a remix to the release and Nendo Graphics handling the artwork, it seems to have been quite well-received.
In fact, Beck happened to pick up the CD on a trip to Japan, and he enjoyed it so much that he included "We Are Virtuacore Head-Bangers" as one of his favorite songs in a feature for the New York Times.
Around the same period, Kastro was also putting out cassette releases and even live videos, as was Atsuo as a solo artist.
Members changed a few times from the group's formation to 1998, with the lineup ending up as Atsuo, Kazuo, Masaki, and Takahiro. The band ceased activities sometime around 2000.
From 2013 to 2014, Atsuo reformed the band as "Nerima Kastro", but all that came of this was a few rehearsals and some clips uploaded to SoundCloud, most of which are now gone.





スーパーヘル
Super Hell

0228_02.jpg





ヴァーチャルアイドルと呼ばれたヴォーカルのアミンと、プログラミングの姫路城によるユニット
1997年に結成されて、その年に「解放戦線」に初めての音源である 2曲で参加しました。
スタイルはドラムンベース・ジャングルにアミンのアイドルヴォーカルを加えたハイパーサウンドです。
カストロと同様に 1998年に Red Alert から「Hell Nino」というミニアルバムを発売しています。

Super Hell was a group made up of "Virtuacore idol" Amin and programmer Himejijou.
Formed in 1997, their first release was the two tracks they contributed to Kaihousensen.
Style-wise, Super Hell's music took the form of fast-paced drum'n'bass and jungle music complimented by Amin's idol vocals.
Like Kastro, they released a mini-album called "Hell Nino" from Red Alert Records in 1998.











1999年春にはフルアルバムをリリースする予定でしたが何故かリリースされず、そのまま同時期に活動をしなくなっています。
しかし、そのリリースされなかったアルバムである「Amen」が 2007年に Red Alert Records の親会社である Grand Funk から iTunes のみでようやくリリースされました。

While a full album from the group was planned for release in Spring of 1999, it was for some reason cancelled, and Super Hell stopped performing.
However, the unreleased album, "Amen", was unexpectedly released on iTunes in 2007 by Red Alert's parent company Grand Funk.





その他
Others

DV8
0228_03.jpg





Death Scythe Hell と KEITAROOO のドラムンベースユニット。
グライム感もあるダークなサウンドで「解放戦線」に参加したほか、サイケアウツの A-10 Records や beauty:burst のコンピレーションにも参加してました。

Death Scythe Hell and KEITAROOO made up drum'n'bass unit DV8.
DV8 had a darker, deeper sound, and along with their tracks on Kaihousensen they also participated in a few compilations on Cycheouts's A-10 Records as well as beauty:burst.











DV8 は他のヴァーチャコアメンツと同じぐらいのタイミングで解散しており、その後、KEITAROOO は Shadow K という名義でハッピーハードコアの作曲や DJ をやってました。
Death Scythe Hell はゲオ(後述で紹介しています)という名義でトラフィックジャミーズのメンバーとして活動し続けました。

DV8 also split up around the same time as many of the other Virtuacore acts; KEITAROOO would go on to be a happy hardcore DJ and producer under the name Shadow K.
Death Scythe Hell, using a different alias, Geo, became one of the founding members of Traffic Jammies, a group we'll be taking a look at later in this article.





L.L.Cool Junkie
0228_04.jpg





Yoshiyuki Mori と Takefumi Inori のヒップホップとハードコアをミックスしたユニット。
1995年に結成して、Red Alert のコンピレーションに参加。数回のライブを行いましたが 1998年には解散してしまいました。
しかし、その数回のライブの中には、あの Fatboy Slim の Norman Cook と同じイベントに出ているという凄いことをしでかしています。

Yoshiyuki Mori and Takefumi Inori made up hip-hop hardcore group L.L. Cool Junkie.
After forming in 1995, they contributed two tracks to the Red Alert Compilation, one of which Cycheouts remixed for Kaihousensen. Having only performed live a few times, they broke up in 1998.
Despite the group's short lifespan, they actually had the opportunity to play at an event with Fatboy Slim's Norman Cook!





0228_05.jpg





Yoshiyuki Mori は DJ YOSHIYUKI としてハピコアの DJ を現在も続けております。
そして Takefumi Inori ことインリさんは「SUPA DISCO HITTERS」というエレクトロロックユニットや「ざxこxば」というパンクバンドで音楽活動を続けながら、当時から現在にいたるまで「SUPA RESQUE WEARS」というファッションブランドもやっています。
去年閉店しましたが、スーパーレスキュウの大阪の店舗は 20年の間、ずーっとヴァーチャコアの発信源の一つでした。

Yoshiyuki Mori is currently active as DJ YOSHIYUKI, a happy hardcore DJ and party organizer.
Takefumi Inori went on to be a part of electro-rock group SUPA DISCO HITTERS as well as the punk band ZxKxB.
More importantly, however, he's also been running the fashion brand Supa Resque Wears for the past 20 years.
The Supa Resque shop in Osaka closed down last November, but it was always a very Virtuacore place to visit.





0228_06.jpg
こんなお店、本当に他には無いんです! / You certainly don't see a shop like this every day!





2 TERROR CREW
0228_07.jpg





ヴァーチャコアの他のメンツとは雰囲気が違いますが、ヴォーカルありのガバ・ハードコアユニットです。
というか、ヴァーチャコアとの関係性は「解放戦線」に参加ことだけですが、それでもヴァーチャコア的な音の幅広さが感じられます。
また、サイケアウツを除く、他のヴァーチャコアの人たちと違い、2000年代を含む長い期間で活動し続け、Maddest Chick'ndom などのハードコアレーベルにも参加していたりしていました。

With a rather distinct sound as compared to the other Virtuacore acts, 2 Terror Crew was a vocal gabber/hardcore group.
Their only concrete association with Virtuacore at all was their appearance on Kaihousensen, but really that just exemplifies the scope of Virtuacore itself.
Also unlike all of the other groups mentioned thus far (sans Cycheouts), 2 Terror Crew continued to be active into the 2000s, releasing tracks on Maddest Chick'ndom and other Japanese hardcore labels.











ゴッドOD & 最終兵器彼氏
God OD & 最終兵器彼氏 (Saikare)

ここまででおおよそ「ヴァーチャコア」と言われていたアーティストなど、すべて紹介したかなという感じですが、ここからは比較的つながりの深い他のアーティストについて紹介していきたいと思います。

The above-mentioned artists fill out the list of groups that could concretely be considered to have been part of "Virtuacore", but we'll go on to look at some other very closely-related artists as well.




0228_08.jpg





ゴッドOD は、サイケアウツの HAL とジロウという方のブレイクビート・ダブステップユニット。
ヴァーチャコアには入らないと思いますが、2000年からは「Mobile Beats Records」というレーベルを立ち上げて CD をリリースし続けました。
また、当時は A-10 Records の CD に参加したり、ライブでサイケアウツと限定ユニットを組んだりしており、最初からサイケアウツとの関わりが深いユニットでした。

God OD is a breakbeat/dubstep unit made up of HAL from Cycheouts, and Jiro.
While not directly a part of the Virtuacore collective, God OD began releasing CDs on their own label, Mobile Beats Records, in 2000.
They also appeared on a number of A-10 Records CD releases, and performed special join live sets with Cycheouts a few times; the ties between the two groups were quite strong.










2002年には新たに Toshi(ギター)を加え、別名義となる最終兵器彼氏を結成。muzieで活動を開始しました。
ほとんどのは最終兵器彼女ネタの曲で、後からCDにまとめてリリースされました。
また、その muzie なんですが、今やピコ太郎(のプロデューサー)として超有名になっている古坂大魔王がベタ褒めコメントを残していたりするんです!

In 2002, they formed a new side project called 最終兵器彼氏 (Saikare) with Toshi on guitar, releasing tracks on muzie.
The group name, as well as most of the music produced, was Saikano-related. Amazingly, Daimao Kosaka (currently better known as Pikotaro) left a favorable comment on their page!










2007年からは Mobile Beats Records からのリリースがなくなるも、コンピレーション CD に参加したりと活動は続けており、2010年に Freezer という新名義で Murder Channel からアルバムをリリースしたりしています。

While releases from Mobile Beats Records stopped in 2007, God OD continuted to participate in compilation CDs and the like. In 2010, they released an album under new alias Freezer from Murder Channel.









2009年から 2013年頃まではジロウとさっかん(ギター)が「60uppers」というレーベルを作って、Limitbreak という名義で様々なヴォーカリストとコラボ曲を作り、デジタル配信で販売をしていました。
そして、前回紹介しました Stereo Records のプロジェクトにはゴッドOD、Mobile Beats Records も参加しており、過去の音源と共に 2018年には 10年以上ぶりのゴッドOD 名義の新アルバム「O-DIMATION Vol.1」をリリースしました。

From 2009 to 2013, Jiro and guitarist Sakkan created a new group, Limitbreak, and ran the label 60uppers, digitally releasing collaboration tracks with a number of Japanese vocalists.
God OD and Mobile Beats Records are also a part of the Stereo Records project I mentioned in the previous entry, and in January of 2018 the first God OD album in over 10 years, "O-DIMATION Vol.1" was released.










トラフィックジャミーズ
Traffic Jammies

トラフィックジャミーズ」は 2000年に結成されたエレクトロユニット。
初期メンバーが DV8 のゲオとデルこと佐藤マサノリでした。
2人ともトラフィックジャミーズ以前「NIP」というロックバンドのメンバーでした。(ゲオがヴォーカルでデルがベース)
NIP をやってた時代(1995年ぐらい)にはデルとサイケアウツの大橋アキラが知り合い、同じ界隈で活動するようになったそうです。

Traffic Jammies is an electro unit originally formed in 2000 by Geo of DV8 and Masanori Sato, aka Deru.
Both were previously members of the rock band NIP (Geo on vocals and Deru on bass).
While NIP was active (around 1995), Deru and Geo met Oohashi Akira of Cycheouts, and ended up forming the foundation of the soon-to-arise Virtuacore collective.











トラフィックジャミーズは NIP の様なロックではなく、テクノの立ち位置なので別ユニットとして結成されましたが、2000年から 2002年頃には NIP(または NIP Sound System)名義で参加したコンピレーションにおいて、トラフィックジャミーズっぽいテクノミュージックを提供したりしていました。
そして、2003年頃には NIP が解散、トラフィックジャミーズもほぼデルのみのソロユニットとなりました。(ライブではサイケアウツの DJ LUCKY も参加したりしたらしいです)

Wanting to start making electronic music rather than rock, Deru and Geo created Traffic Jammies as a new group separate from NIP. However, between 2000 and 2002, electronic tracks similar in style to Traffic Jammies were released under the NIP moniker (sometimes as NIP Sound System).
In 2003, NIP dissolved, and Traffic Jammes became largely a solo alias for Deru. (DJ Lucky of Cycheouts would sometimes assist in live performances.)










トラフィックジャミーズは 2000年から 2005年までの間、毎年 CD アルバムを 1〜2枚をリリースし続けており、アウトプットはかなり多い方だと思います。
音の感じは少しずつ変わってはいますが、最初の頃はブレイクビーツで段々とエレクトロ・エレポップ感が高まっていきました。
ネタはアニメから J-Pop、お笑い、エロゲ、プロレスなど幅広く取り扱っています。

From 2000 to 2005, Traffic Jammies was very active, releasing an average of two CDs a year.
Though the style of the music was constantly changing, it began as breakbeats and techno, and moved slowly but steadily towards an electro-pop sound.
Traffic Jammies samples everything from J-Pop to eroge, comedy shows to wrestling, and more, making for an extremely diverse and unique sound.










2000年代後半ぐらいには少し活動が減ってきましたが、2010年までの間に年 1回ペースで CD をリリースしていました。
その頃には「DEATH SURF 2000」の UE神と一緒に「EERECTIONN」というエレクトロ・ロックユニットでの活動もしていました。

The act's output slowed beginning in the second half of the 2000s, but album releases continued at a rate of about one per year through 2010.
Around this time, Deru was also a member of electro-rock group EERECTIONN, along with UE-Shin of DEATH SURF 2000.











そして、2011年にはドイツの「NITEFLARE」からベストアルバムをリリースしたり、新しくできた「NODE LABEL」からヴォーカルを加えた新ユニット「MI-LO」の EP もリリースしてました。

In 2011, Traffic Jammies released a best-of album on German label NITEFLARE, as well as an EP on the newly-established NODE LABEL as new vocal unit MI-LO.










2011年に NODE からリリースした「U.F-a.H」以降はトラフィックジャミーズとして作品を出していないけど、NITEFLARE や(著者主催の)「Allkore」などのコンピレーションには引き続き参加しています。
2012年にはサイケアウツの大橋アキラとまた別の新ユニット「Jon&Ponch」を結成し、Bandcamp でサイケアウツG やトラフィックジャミーズのリミックスを出したり、たまにライブなんかもやっていました。
そして 2017年からはボディ・ミニマルユニット BODIL のサポートメンバーとなり、電気グルーブのオープニングアクトに出演したこともありました。
(BODIL のメインメンバーうすいは 1990年に大橋アキラと「NARCISM-SOUND SYSTEM-」というユニットをやってたらしいです)

The most recent release under the Traffic Jammies name was 2011's U.F-a.H, also from NODE.
However, Deru has continued to put out tracks as Traffic Jammies on compliations from labels like Niteflare and my own label Allkore.
In 2012, he formed a new unit with Oohashi of Cycheouts known as "Jon&Ponch", releasing remixes of Cycheouts Ghost and Traffic Jammies tracks on Bandcamp and occasionally performing live.
Additionally, beginning in 2017 Deru became a support member for body & minimal act BODIL, getting a chance to open for none other than Denki Groove.
(Incidentally, the main member of BODIL, Usui, was in the group NARCISM-SOUND SYSTEM- with Oohashi of Cycheouts in the early 90s.)










気づいた方もいるかもしれませんが、トラフィックジャミーズも Stereo Records のメンバーなので、そろそろ新作もリリースしたりするかもしれません!是非期待していて下さい!

If you weren't already aware, Traffic Jammies is also a part of the Stereo Records project - might a new release be coming soon? Keep an eye out!




beauty:burst
beauty:burst

ヴァーチャコアからダイブ離れてきましたが、最後にもう何度も名前が出てきている「beauty:burst」について紹介したいと思います。
まず 1990年に山下隆生が「beauty:beast」というファッションブランドを立ち上げました。
それを見た(?)DJ LUCKY が 2000年に beauty:burst のブランド名(ロゴも含め)のオマージュ(パクリ?)し、サイケアウツの T シャツブランド「beauty:burst」を立ち上げたのです。
(当時は beauty:beast の山下隆生が NEVEN というインダストリアル同人音楽サークルをやってて、ティンガーゲルや赤城エンタープライズが参加してたのでそれなりのつながりはありました)

We've drifted somewhat far from the original topic of Virtuacore, but there's one more label that needs to be cover, one I've mentioned quite a few times already: beauty:burst.
To begin, in 1990 fashion designer Takao Yamashita created the brand "beauty:beast".
A decade later, in 2000, DJ Lucky of Cycheouts came up with the name beauty:burst, in homage(?) to beauty:beast, originally to be used for a line of Cycheouts t-shirts.
(Around this same time, Takao Yamashita of beauty:beast had his own industrial doujin music label, NEVEN. Both Oohashi (as Tinker Gel) and Akagi Enterprise of Cycheouts were part of this label, so there did exist a strong connection between the two entities.)











あと、beauty:burst は T シャツブランドとして立ち上げるに先立ち、音楽レーベルにもなっています。
コンピレーション CD をメインにサイケアウツ、トラフィックジャミーズ、ゴッドOD と共に DJ SHARPNEL や KZS などが定期的に参加しており、ほか様々なゲストアーティストも多数参加していました。
(KZS とは Koyas Production として活動している DJ Superzeus と 2人の MC で結成されたユニット、マルチネからも EP をリリースしています)
特徴として、コンピレーションに関しては毎回ちゃんとしたテーマが設定されています。そのデータは様々でアニメから時代劇、メタルなど超幅広いネタで作られていました。
2000年から 2011年にかけて 20枚ほどのコンピレーションとともにサイケアウツのライブ DVD なども出していました。
過去の作品全てが激レアで結構なプレミアが付いており、何らかの形で復刻されるといいんですが・・・。

Though it was initially just a t-shirt line, beauty:burst quickly metamorphasized into a record label.
Alongside Cycheouts, Traffic Jammies, and God OD, artists such as DJ Sharpnel and KZS were mainstays of the compilation CDs released by the label, which also often featured a number of guest artists.
(KZS was a group made up of DJ Superzeus, who now goes by Koyas Production, and a pair of MCs. You may recognize them from theri EP released on Maltine Records.)
The most distinctive feature of beauty:burst was the practice of setting a unique and interesting theme for each compilation, with extremely diverse choices running the gamut from anime, to Japanese period dramas, all the way to mainstream metal music.
From 2000 to 2011, the label released almost 20 compilations, as well as other items including a Cycheouts live DVD.
All of these releases are now extremely rare and sought-after, and fetch a high price on the second-hand market. It would be quite nice if they became readily available again in some way, huh...





最後の最後にちょっとした告知をさせていただきまーす!
まだ詳しいことは決まってないですけど、私が超推し続けている Stereo Records が 2018年4月29日に開催される「M3」に出店する予定です!
前回と今回で紹介した様々のアーティストの新作などが出るかもしれないので、ツイッター(@stereo_records)でチェックしてみて下さい!
ちなみにブースは O-06b です!

I've got another little announcement for you to wrap things up!
Although details are still unannounced, that Stereo Records project I keep pushing will have a booth at this year's Spring M3 on April 29.
There may be new releases from a number of the artists I talked about in both this and the previous entry, so keep an eye on the Stereo Records Twitter(@stereo_records) to get the latest!
Most importantly, the booth number is O-06b.





今回は以上となります!
次は何になるのかな〜?ヒント:全
ではお楽しみに!!

That's all for this entry!
What's up next? Here's a hint: All.
See you then!





参考文献 / Thanks/sources
Quick Japan Vol.20



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。