大衆酒場ベスト1000

2017年12月26日

第52回「SHARPNELSOUND」/ #52 "SHARPNELSOUND"

「いまからひとりエッチします」
PRESENT DAY, PRESENT TIME

さて、本番を始めましょうかね。
で、何処の誰から始めれば良いのか?となればやっぱり分かりやすい方々、つまるところ一番良く知られている方々がいいですよね。
そうなるともちろん「シャープネル」こと「SHARPNELSOUND」と言うことになります。

Well, let's get started, shall we?
After spending a good while considering what to write about first, I ended up deciding that the best place to start would be something with a lower barrier of entry - in other words, the most well-known group.
With that in mind, I settled upon Sharpnel, or more properly SHARPNELSOUND, to be the subject of the first real entry in this series.



21年以上の歴史があり、さらにその名は全世界に広まっている SHARPNELSOUND の歴史などを色々な面からまとめて紹介しようかと思います。
しかしながら、その歴史はすでにまとめられ「SHARPNELSOUND CHRONICLE」という一冊の本となっていたりします。
ですので、これから私が書く SHARPNELSOUND の歴史と、上記の本の内容と詳細が被ることがあるります。ただ全体的に被ってしまうのはもったいないので、ちょっと違う方向の話をメインにします。
基本的には海外から見た SHARPNELSOUND の話が中心になると思います。
今回の文章を読んで SHARPNELSOUND の詳しいことを知りたくなった人は「SHARPNELSOUND CHRONICLE」を是非読んでみて下さい。

My goal is to take an in-depth look at SHARPNELSOUND's 21+ years of history, from a number of different perspectives.
However, before getting to far into that, I do want to call attention to the fact that the official book "SHARPNELSOUND CHRONICLE" itself presents a comprehensive history of the group.
A siginificant chunk of the content of this article, therefore, inevitably overlaps with some of the content of that book, but I've also made an effort to present it from a unique perspective, namely that of SHARPNELSOUND seen from overseas.
My secondary goal is, of course, making all of this information available in English, as both SHARPNELSOUND CHRONICLE as well as most information in general is available in Japanese only.
That being said, the book is still available for sale, so if you're interested I do strongly recommend you pick it up!





背景
Background

まずはご存じない方や詳しくは分からないと言う人のために SHARPNELSOUND の音楽とはなんぞやというところを説明しないといけませんね。
前回、「ナードコア」について書きましたが、その時に私が提案した「ナードコア」の範疇に SHARPNELSOUND が入るとしても、活動を初めた頃「ナードコア」という言葉自体存在していないし、彼ら自身も自分たちのことを「ナードコア」とは思っていなかったようです。
SHARPNELSOUND の音楽をすごく簡単に説明するとしたら、アニメのサンプリングを使用したガバ・ハードコアと言えばいいでしょうか。
ただ、ハウスからスピードコアまでの幅広いジャンルで楽曲を作っています。
これを聴いてもらえば大まかな雰囲気は伝わると思います。

To begin, I'll take a moment to introduce SHARPNELSOUND to those of you who are either somewhat or completely unfamiliar.
I also want to again stress that while both my previous article and this entire series use the umbrella term "nerdcore" to describe the artists being written about, for many of them that term did not exist when they began making music, and when the term did enter into widespread use, they may not have considered it to apply to them.
Regardless, to sum SHARPNELSOUND's music up very succinctly, it's mostly gabber and hardcore incorporating anime samples.
They have, of course, released a number of compositions in genres ranging from house to speedcore as well.
If you give a listen to this, it should provide a good overview:






海外のファンが作った SHARPNELSOUND の曲のメガミックス
A megamix of SHARPNELSOUND tracks from an overseas fan.






下記の「SHARPNELSOUND の歴史」で詳しく話をしますが「SHARPNELSOUND」はいわゆるサークル名であり、「JEA」と言う人物を中心にいくつかのグループが所属しています。
その中で一番歴史が長く、楽曲数も多いのが「DJ SHARPNEL」となります。
その DJ SHARPNEL などの名義で活動している JEA らは数十枚のアルバムと数か国でのライブ出演の実績を残しています。

"SHARPNELSOUND" refers specifically to the doujin music circle/label created and run primarily by a musician who goes by the alias JEA.
A number of acts have been associated with SHARPNELSOUND, the most prolific of which being "DJ SHARPNEL".
DJ SHARPNEL and the other acts fronted by JEA have released dozens of albums and performed in a number of countries around the world.





SHARPNELSOUND との出会い
My introduction to SHARPNELSOUND

今後、紹介するアーティストごとに出会いなどを書いていこうと思っていますが、まさに私と日本のテクノの入口となったのが SHARPNELSOUND でしたので詳細に説明したいと思います。
自分中心の話になりますが聞いて下さい。

I plan to spent a small amount of time in each article talking about my introduction to the artists I detail, but as SHARPNELSOUND was my introduction to Japanese electronic music, I'll go into a little more detail this time than I may in future entries.
Please excuse the brief self-focused interlude!



2005年に高校生になった私は 1年生からプログラミングの授業を取ることにしました。
ある日、教室に早く着いた私はガチャガチャとうるさくキーボードを叩いている先輩に気が付きました。
何をやっているのか覗いてみると、パソコン用のダンスダンスレボリューションのパクリゲームである「StepMania」で遊んでいました。
中学生の時からダンレボを家でよくやっていた私ですが、パソコン版があるのは知らなかったので初めて見たんですね。
気になって仕方がなかったので思い切ってその先輩に声をかけたら詳しいことを色々と教えてくれました。
StepMania は音源さえあれば誰でもダンスのパターン(「simfile」と呼ばれる)を組み合わせてゲームに追加できる仕様。
当時は色んな人が simfile を作り、それを集めたパックがたくさんありました。

I entered high school in 2005, and enrolled in a computer programming class beginning that same year.
One day, upon arriving early in class, I noticed an older student in the back of the room attacking a keyboard very frenetically.
Upon investigation, I discovered that he was playing a PC-based Dance Dance Revolution simulator called StepMania.
I had an avid DDR player since middle school, but this was the first time I'd ever seen its PC counterpart.
After asking the guy playing more about it, he explained the basic details to me.
StepMania allows anyone to create steps for a song, called a "simfile", and add it to the game.
Back in the heyday, tons of people were making simfiles, and they would often be released in collections called "simfile packs".



そんな話を聞いた私は早速ゲームといくつかのパックをダウンロードして、家に持ち帰りました。(当時私の家にはインターネット回線が引かれていなかったので)
そして持ち帰ったダウンロードしたパックの中に DJ SHARPNEL(とのアーティスト名になっていた)「鳥の歌(The Speedfreak's Noise Rave Mix)」が入っていたのです。

Learning all of this, I quickly downloaded the game and a few packs, and brought everything back home. (We didn't have the internet at home at this point.)
In one of these packs was a song (listed as being) by DJ SHARPNEL called "鳥の歌 (The Speedfreak's Noise Rave Mix)".






こちらです
This is the one.





ものすごく驚きましたね。こんな曲初めて聴いたし、すぐに好きになっちゃったんです。
実のところ、この曲は DJ SHARPNEL の楽曲ではなく、シャープネル の CD に入っていたドイツのミュージシャン「The Speed Freak」の曲だったんですけどね。
それはともかく、StepMania のパックにはシャープネル関連の楽曲が数曲入っていたので貪るように聴きまくったものです。

It changed my life. I had never heard any music like this before, and I was instantly hooked.
To be totally accurate, that first song wasn't actually by DJ SHARPNEL, but rather a track from a SHARPNELSOUND CD composed by Germany artist The Speed Freak.
At any rate, I discovered a number of other Sharpnel tracks in various StepMania packs, and I listened ravenously to anything I could find.



ちょっと長くなりましたが、後には通販をやっていたアメリカのレコード屋からシャープネルの CD を取り寄せたりして、しばらくしたら立派なシャープネルマニアになっていました。

Without getting any more long winded, I eventually bought a few Sharpnel CDs from a shop in the US selling them, and was a die-hard Sharpnel fan for quite a while.




1225_001.jpg
自作のTシャツも数枚作ったりしました
I even made my own t-shirts!





そしてシャープネルから他のいわゆる J-CORE アーティストの事も知るようになり、次回以降記事を載せつつもりですが、サイケアウツとかにも出会ったりして、私の人生に多大なる影響を与えたのでした。
本当に日本にいるのも、こういうことを書いているのも全てシャープネルのおかげです。
あと何人かのシャープネルファンとネットで知り合い、十数年続いている絆もできたりしました。

Through Sharpnel I discovered many other "J-Core" artists, including others I plan to write articles on such as Cycheouts, and it became (and still is) a huge part of my life.
More than anything else it's because of Sharpnel that I'm currently in Japan, writing these words.
Through Sharpnel I've also made many friends, some of whom I've been close with for 10+ years.





SHARPNELSOUND の歴史
History of SHARPNELSOUND

では、本題に入ります。
所々、Internet Archive や Discogs 等へのリンクが付いていますので、詳しく知りたい方はクリックして見て下さい。

But enough about me, let's get to the important bit.
Where relevant, I've included links to pages on the Internet Archive, Discogs, and more, for those who may want to dig even deeper.





●ガヴァンゲリオン計画時代 / Project Gabbangelion era
1996年8月4日(のちに「ハードコアの日」と呼ばれる 8月5日の一日前)に「ガヴァンゲリオン計画」(Project Gabbangelion)が発足されました。
名前の由来は「ガバ」+「エヴァンゲリオン」です。
JEATanigonVicson の三人で、tracker 系のソフトを使ったガバ・ハードコアのチームとして発足されました。
最初のリリースは発足同日にアップロードされた JEA の、「女の子の仕組み」というエロゲの「いまからひとりエッチします」ってセリフのサンプリングで始まる「LOL-IT-OUT」というガバでした。
JEA がこの楽曲を作るきっかけになったのは、1996年中頃に大阪のロケッツで開催された「ゲーマーズナイト vs ロッテルダムナイト」というイベントでアニメとガバがまぜこぜになっている楽曲を聴いたのがきっかけのようです。詳しくは GHz でのシャープネルのインタビューを読んでください!

On August 4, 1996 (one day before August 5, now known as The Day of Hardcore), ガヴァンゲリオン計画 (Gabbangelion Keikaku, AKA Project Gabbangelion) was founded.
The name, as you may have guessed, is a combination of "gabber" and "Evangelion".
Formed by JEA, Tanigon, andVicson, Project Gabbangelion was created as a team making gabber and hardcore music with tracker software.
The first track was released the same day the group was founded: a gabber track from JEA called "LOL-IT-OUT" which featured sampling from an eroge called "女の子の仕組み" (Onna no Ko no Shikumi).
JEA's interest in making music like this originated after attending GAMERS NIGHT vs ROTTERDAM NIGHT, a game-music-and-gabber event in Osaka where other artists were already playing anime-infused gabber and hardcore music. You can check out GHz's interview with JEA for more details!






シャープネルの始まり
The beginning of Sharpnel.





メンバーの 3人は精力的に曲を作ってはネットで公開しつづけ、1997年2月にはファーストアルバム「YONDER DOME -強制起動-」を発売しました。
すでにこの時点で海外にもリスナーがいたようです。
1997年9月19日には、のちにナードコアの聖地となったイベント「SPEEDKING」の第1回が難波の Cafe Blue で開催されて、ガヴァンゲリオン計画も出演したのです。(初ライブかは不明)

All three members continued making tracks at a rigorous pace, and in February of 1997, their first album "YONDER DOME -強制起動-" was released.
Even at this early stage, Project Gabbangelion already had listeners from outside of Japan.
On September 19, 1997, Project Gabbangelion performed at the first iteration of SPEEDKING, an event that would go onto become a cornerstone of the nerdcore movement. (It's not clear if this was their first live performance.)





1225_002.jpg






1998年5月29日には、メンバーの就職、進学等(JEA が大阪から東京へ進出)により、メンバーが各地に散ったため、ガヴァンゲリオン計画は解散しました。
Vicson はその後、音楽業界から離れたようですけど、Tanigon は未だに同じ名義で音楽活動を続けています。

Project Gabbangelion was disbanded on May 29, 1998, mainly due to the members growing apart both musically and location-wise (JEA moved from Osaka to Tokyo).
Vicson's further musical activities, if any, are unknown, but Tanigon is still an active producer under the same alias to this day.





●高速音楽隊シャープネル時代 / High Speed Music Team Sharpnel era
翌日の 5月30日には JEA が「シャープネル」という新プロジェクトを開始しました。(この時点ではまだ「SHARPNELSOUND」ではない)
「シャープネル」由来は、「レオパルドン」と同じようでロボットっぽい名前にしたいということで、トランスフォーマーに出てくるインセクトロンの「シャープネル」だとか。
英語のつづり「Sharpnel」(元々の「Shrapnel」ではなくて)はシャープという言葉を意識してつけられたようです。
そのあと 6月20日にラ・ケブラータが加入され、ユニット名が「高速音楽隊シャープネル」(High Speed Music Team Sharpnel)になりました。

The following day, May 30, JEA began a new project known at the time as simply "シャープネル" (Sharpnel) - not yet SHARPNELSOUND.
The name "Sharpnel", similar to that of Leopaldon, was taken from a giant robot, specifically the Insecticon "Shrapnel" from Transformers.
The changed spelling is intentional, to add the English word "sharp" into the mix.
Soon after, on June 20, another musician known as ラ・ケブラータ (La-Quebrata) joined and together with JEA formed the new unit "高速音楽隊シャープネル" (High Speed Music Team Sharpnel).



同年にファーストアルバム SRPC-0001「Sharpnel vs Project Gabbangelion」が、7月25日に開催された「第2回 SPEEDKING」(下北沢屋根裏)でジャケットだけ公開され、7月30日の「Sega Hardcore Generation」(新宿 CODE)でリリースされました。
1曲目の「イントロ」は、「Serial experiments lain」の「PRESENT DAY, PRESENT TIME」という楽曲のサンプリングで始まります。
その CD を SPEEDKING で見かけて、Sega Hardcore Generation で第1号のお客さんになったのが、後にメンバーとなる宮内レミイでした。

Later that year, the first Sharpnel CD, SRPC-0001 "Sharpnel vs Project Gabbangelion", had a preview display of its artwork at the second SPEEDKING event (held at 下北沢屋根裏 on July 25), and was released at Sega Hardcore Generation on July 30 at Shinjuku CODE.
The CD's first customer, having seen the artwork previously at SPEEDKING, was 宮内レミイ (Lemmy Miyauchi; not her real name).





1225_003.jpg





その宮内レミイと、ガバ DJ の綾小路準急そしてラ・ケブラータの双子の兄ケブラドーラが 8月9日に加入し、高速音楽隊シャープネルが全メンバー5人として完成されました。加えて、宮内レミイはリーダーに抜擢されました。
8月15日の「コミックマーケット 54」にて SRPC-0001 が委託販売された 100枚が「ほぼ」完売しました。
高速音楽隊シャープネルの初ライブは「WONDERLAND」(奈良 NEVERLAND)で、JEA とケブラドーラのみの出演となりました。
9月18日の「第2回 アーケードアタック」では初フルメンバーライブが行われました。
そして 10月16日の「第3回 アーケードアタック」では JEA と MC 綾小路準急のユニット である「GABBA-EATER」の初ライブもありました。

That same Lemmy Miyauchi, as well as gabber DJ 綾小路準急 (Junkyuu Ayanokouji) and La-Quebrata's twin brother, using the alias ケブラドーラ (Quebradora), joined High Speed Music Team Sharpnel on August 9, completing the full 5-member line up. Lemmy was named as the leader.
At Comic Market 54 on August 15, SRPC-0001 was sold and all 100 copies "nearly" sold out.
High Speed Music Team Sharpnel's first live was later that same month at an event called WONDERLAND, with only JEA and Quebradora appearing.
The second Arcade Attack event, on September 18, saw the first full-member High Speed Music Team Sharpnel performance.
At the follow-up third Arcade Attack on October 16, JEA and MC 綾小路準急's unit "GABBA-EATER" had their first live as well.



「コミックマーケット 54」からはほぼ毎回のように SRPC シリーズの新作をリリースし続けています。
SRPC-0002「ダブルダッチ」だけはコミックマーケットでのリリースはなく、1998年9月20日の「M3-1998 秋」にて発売されました。
しかしながら、販売会終了直後でメンバーによって「サウンド的な方向性が違う」という理由で廃盤となり、世の中に40枚しか存在せず、しかも原盤も存在しないかなりレアな1枚となっています。
私の長いナードコア人生でも、一度だけ写真を見たことがあるだけで、リアルでは見たことがないんです。

After sales of SRPC-0001 at Comic Market 54, a new SRPC series CD was released at almost every subsequent Comiket.
However, SRPC-0002 ダブルダッチ (Double Dutch) was released not at Comiket but rather at the Fall 1998 M3, held on September 20, 1998.
After the event ended, though, Sharpnel's members exchanged with each other dissastisfaction with the musical direction the release took, and agreed to strike the album from the catalog. As a result, there are only 40 copies of the album in existence - the original masters were even lost.
Even with all of the searching I've done and connections I've made, I've only ever seen a copy once, and that was just in a photograph.



「コミックマーケット 55」での「SPRC-0003」のリリース後、フルメンバーで出演した「第3回 SPEEDKING」(渋谷 屋根裏)が開催されました。

SPRC-0003 was released soon after at Comiket 55, which was then followed by a full-member Sharpnel performance at the third SPEEDKING event, held at 渋谷 屋根裏.




1225_004.jpg





そのイベントが元で前回の連載で紹介した「クイックジャパン Vol.23」のナードコア特集が掲載されナードコアブームが始まりました。
「コミックマーケット 56」で発売された SRPC-0004 では初の海外アーティストの参加(ベルギーの BHP により「Fabeltje」というガバ曲)がありました。
そして、SRPC-0004 のリリースからはほぼ毎回コミックマーケットで CD-R 版が発売されて、あとでプレス版が発売されるという形のリリースパターンとなりました。

That event was the basis for the nerdcore feature in Quick Japan Vol.23 which I mentioned in the previous entry.
SRPC-0004, released at Comiket 56, was the first of many CDs to feature a guest track from an overseas artist, specifically "Fabeltje" from Belgian artist BHP.
Additionally, beginning with SRPC-0004, almost all CDs in the SRPC series were sold as an initial CDr version at Comiket, with a pressed version (sometimes with tracklist adjustments) being released a few weeks or months later.



残念ながら生で見たことはないですけど、ここでは高速音楽隊シャープネルのライブの雰囲気を説明したいと思います。
ライブレポートや写真・動画を見た限り、メンバーのほぼ全員が何らかのコスプレし、曲を流しながら、バカな踊りやミニコントをやるというスタイルのライブだったようです。
何だかちょっとパンクみたいな感じだったとも言われていたようですね。確か「猛毒」とかも似たような雰囲気だったんじゃないかと思います。

Let's briefly talk about what High Speed Music Team Sharpnel's live performances were like, to the extent I can from secondhand information and videos.
Generally all of the members would be in some kind of costume (usually kigurumi for the twins), and would essentially play songs while going wild on stage or performing mini-skits.
Some people have compared it to almost being like a punk band, and I can certainly see some similarities to, for example, Moudoku.






1999年9月25日の「第4回 SPEEDKING」(下北沢 QUE)の高速音楽隊シャープネルのライブ映像
Footage of High Speed Music Team Sharpnel's performance from the fourth SPEEDKING event on September 25, 1999 at Shimokitazawa QUE.




1999年12月11日に開催された「Slammin' Vol.2」(六本木 LEONS BAR)で、偽スリップマット DJをやるために「DJ SHARPNEL」という名義が誕生しました。
2000年は大体同じ雰囲気で活動を続けており、ほぼ毎月、何回かのライブをこなし、「コミックマーケット 57」と「同 58」で SRPC-0005SRPC-0006 をリリースしました。
その年の 12月2日には渋谷の ASIA で「第3回 ユーマノイドタイフーン」が開催されました。

For a DJ set at Slammin' Vol.2, December 11, 1999 at Roppongi LEONS BAR, the new alias "DJ SHARPNEL" was created and used for the first time.
2000 continued as usual, with live appearances multiple times per month, and SRPC-0005 and SRPC-0006 being released at Comikets 57 and 58, respectively.
On December 2 of that year, the third and final ユーマノイドタイフーン (Humanoid Typhoon) event was held.





1225_005.jpg





このライブ後、高速音楽隊シャープネルは解散しました。

High Speed Music Team Sharpnel disbanded following their live performance at this event.





「川の流れのように」で終わる高速音楽隊シャープネル
To "川の流れのように" (Like A River Flowing), High Speed Music Team Sharpnel ends.




しかし...

But...





ガヴァンゲリオンの復活
The return of Gabbangelion.





綾小路準急は現在、DJ 急行として活動していますが、ラ・ケブラータとケブラドーラは音楽活動をしてないようです。

綾小路準急 now performs as DJ 急行 (DJ Q-Ko); La-Quebrata and Quebradora appear to no longer be active musically.




●SHARPNELSOUND 時代 / SHARPNELSOUND era
高速音楽隊シャープネルが解散しガヴァンゲリオンが復活した時点で、音楽ユニット「シャープネル」ではなく、レーベルとしての「SHARPNELSOUND」に変わっています。
しかし新世紀ガヴァンゲリオンの復活は「コミックマーケット 59」で発売された SRPC-0007「GENESIS:0」で一旦終了となり、SHARPNELSOUND で活発に活動することになったのは JEA と宮内レミイこと Lemmy で完成された「DJ SHARPNEL」でした。
「コミックマーケット 60」で発売された SRPC-0008「S.E.X. -Sound Of EXtreme-」からは SRPC リリースも(一部を除く)ほぼ全てが「DJ SHARPNEL」名義のアルバムとなりました。

Simultaneously with High Speed Music Team Sharpnel disbanding and Gabbangelion returning as Neon Genesis Gabbangelion, the label SHARPNELSOUND replaced the musical group Sharpnel.
However, Neon Genesis Gabbangelion only put out one album, SRPC-0007 GENESIS:0 at Comiket 59, before ending again, and the main unit of SHARPNELSOUND became DJ SHARPNEL, formed by just JEA and Lemmy.
Beginning with SRPC-0008 S.E.X. -Sound Of EXtreme-, released at Comiket 60, almost all future SRPC series releases would be under the DJ SHARPNEL name.



2001年6月9日の「HYPERRICH PULSE (LAST)」(下北沢 屋根裏)では JEA の新スピードコアプロジェクト「Killingscum」の初ライブがあって、その名義での楽曲制作も始まりました。
そして、2001年から 2003年の間には一部のイベントで「DJ SHARPNEL + アイドルスピリッツ」という、JEA と Lemmy の DJ SHARPNEL に女性アイドル3人を加えたライブ数回行っています。

HYPERRICH PULSE (LAST) at 下北沢 屋根裏 on June 9, 2001, was the first live appearance of JEA's solo speedcore project Killingscum, which he would continue to use sporadically for musical production as well.
Additionally, between 2001 and 2003, there were some live performances by "DJ SHARPNEL + iDollSpirits", a group formed by JEA & Lemmy's DJ SHARPNEL being joined by a team of three idols.






アイドルスピリットのライブ
A live show with iDollSpirits.





2001年11月1日にはシャープネルの初海外ライブが、香港で行われた「beauty:beast tour」(stix)で行われました。
そして 2002年3月1日にはシャープネル主催イベント「OTAKUSPEEDVIBE」が恵比寿の MILK 開催されました。
DJ JEA の DJ とアイドルスピリッツのライブの他、新世紀ガヴァンゲリオンのライブもありました。そしてシャープネルも大きな影響を受けた「The Speed Freak」も出演しました。

Sharpnel's first overseas performance was on November 1, 2001, in Hong Kong for the beauty:beast tour at stix.
On March 1, 2002, the Sharpnel-organized event OTAKUSPEEDVIBE was held at Ebisu MILK.
Alongside performances from DJ JEA and iDollSpirits, there was also a special appearance from Neon Genesis Gabbangelion. Not only that, but an artist who had been a big influence on Sharpnel, The Speed Freak, was a special guest DJ.





1225_006.jpg





M3-2002 春」には SHARPNELSOUND の SRPC-L」ライセンスシリーズが始まって、The Speed Freak のミックスCDが3枚発売されました。
そして 7月に「フリフリカンパニー」の個展「What A Happy Life And Death」の BGM 作成依頼をシャープネルは受けたことで、JEA と Lemmy によるの新ユニット「Cotton Pantie's」が生まれました。
その成果は「What A Happy Life And Death」という初のシャープネル完全オリジナル作品の CD となりました。内容はハードコアではなくてジャズロック調の作品となっています。
同年 9月には Cotton Pantie's によるビスケたんイメージミニアルバム「My Sweet Honey Biscuit」が発売されましたが、それをもって Cotton Pantie's 名義の活動は終了となりました。

The Spring 2002 M3saw the first releases of the SRPC-L license series: three mix CDs from The Speed Freak.
Later that year, in July, design company FuriFuri commissioned Sharpnel to create BGM for their exhibition "What A Happy Life And Death", for which they created a new alias: "Cotton Pantie's".
The result of that request, a CD also called What A Happy Life And Death, was Sharpnel's first 100% original production. Rather than hardcore, the music of Cotton Pantie's is a much more poppy, jazz-rock sound.
Two months later, in September, came the second and final Cotton Pantie's release: My Sweet Honey Biscuit, a mini-album dedicated to unofficial KFC mascot Bisuke-tan.


10月18日には「OTAKUSPEEDVIBE Vol.2」が同じく恵比寿の MILK で行われました。

On Ocotber 18, 2002, Sharpnel returned to Ebisu MILK for OTAKUSPEEDVIBE Vol.2.




1225_007.jpg




ここでは Project Gabbangelion の限定復活ライブとともに、「YONDER DOME -強制起動-」の複刻版である SRPC-0011「Early Style Of Otakuspeedvibe 1996→1998」が発売されました。
2002年末の「コミックマーケット 63」では SRPC-0012「PPPH!」と、SHARPNELSOUND の「SRPC-M」Mix CD シリーズも2枚同時に発売されました。
2003年8月の「コミックマーケット 64」でリリースされた SRPC-0013「アニメガバイト -Anime Gabba It!-」には、私におけるこの世界の入り口でもあった「Torinouta (The Speedfreak's Noise Rave Remix)」が収録されています。
その曲がヨーロッパで流通された結果様々な問題が発生してしまい、結果としてプレス版発売直後であった SRPC-0013 が販売中止、続けて SRPC-0001 から SRPC-0012 までの全ての作品が廃盤となってしまいました。
そして直後の「コミックマーケット 65」にて SHARPNELSOUND 初のアルバム解説本「5 YEARS OF THE SHARPNELSOUND 1998-2003」が発売となりました。本記事でもすごく役に立っています!

A limited reappearance of Project Gabbangelion accompanied the re-release of YONDER DOME -強制起動- as SRPC-0011 Early Style Of Otakuspeedvibe 1996→1998.
At Comiket 63, SRPC-0012 PPPH! and the first two entries in the SRPC-M mix CD series were released.
The following Comic Market is where SRPC-0013 アニメガバイト -Anime Gabba It!-came out, and one of the tracks on it was my introduction to the world of Japanese electronic music: Torinouta (The Speedfreak's Noise Rave Remix).
(Fun fact: that album title is actually a double entendre - it can be read as "Anime Gabba It", or "Animegabyte"!)
Soon after, that same track saw widespread release on a few European labels, which eventually became the cause of some legal trouble which led to SRPC-0013, as well as 0001~0012 being removed from sale permanantly.
Making the most of a difficult situation, at Comiket 65 Sharpnel took advantage of this break in music releases to put out their first comprehensive SHARPNELSOUND book: 5 YEARS OF THE SHARPNELSOUND 1998-2003. It was a great help in writing this article!



初期の 1996年頃には海外でもまぁまぁ知られている存在でしたが、2004年からは SHARPNELSOUND の知名度が一気に世界的になったと思います。
2003年末にはシャープネルの楽曲専門の24時間ストリーミングネットラジオ「HARDRAVE.JP」ができ、英語版 BBS なんかもありました。
2004年には、HARDRAVE.JP が英語圏最大のハードコアサイトHappyHardcore.comで取り上げられ、好評となったため、同サイトにて「M3-2004 春」で発売された DJ SHARPNEL ベスト版 SRPC-0015「Sharpnelsound Collection」の公式海外向けの通販が行われたりもしました。

While they did have a few overseas listeners beginning all the way back in 1996, from 2004 is when SHARPNELSOUND started gaining significant amounts of recognition outside of Japan.
At the end of 2003, they started HARDRAVE.JP, a 24-hour online radio playing only Sharpnel tracks, which also had its own English BBS.
The HARDRAVE.JP radio was promoted on major hardcore site HappyHardcore.com in early 2004, and the positive reaction led the site to hold the first official overseas sales of SHARPNELSOUND music: specically a preorder for the best-of CD SRPC-0015 Sharpnelsound Collection, released at Spring 2004 M3.



2003年から 2005年の間には定期的に HappyHardcore.com で SHARPNELSOUND の CD の入荷が続き、2006年から 2007年にはカリフォニア州の「Dr. Freeclouds」やオランダの「Sector-1」の通販でも SHARPNELSOUND の新旧の作品が入荷され、どこでも誰でも購入できるようになっていました。
そして 2005年からは「GUHROOVY」の「HARDRAVE STORE」という海外向け通販サービスが始まり、今でもそれは続いています。
上記で少し話した StepMania simfileFlashFlashRevolution においても、2005年頃よりシャープネルの楽曲使用はますます増えていて、そのおかげもあって海外のリスナーが大分増えたのではないかと思います。
もちろん人気者として、音ゲーの掲示板などでも話題になりましたし、YouTube で海外のファンが AMVダンス動画をアップロードしたりもしています。(自分も当時シャープネルの曲で踊ってる動画をアップしてたりします。もう 10年以上前に消しているので探さないでください!)

Preorders for new Sharpnel releases continued on HappyHardcore.com from 2003 through 2005, after which new CDs began to instead be stocked on sites like California's Dr. Freeclouds and Sector-1 in The Netherlands, making Sharpnel music available all around the world.
2005 also saw the establishment of the HARDRAVE STORE, a still-active, worldwide-aimed offshot of Japanese hardcore music shop GUHROOVY.
Returning to a topic I mentioned before, it's also around this time that Sharpnel began to appear frequently in StepMania simfile packs as well as in the sister Flash game FlashFlashRevolution. This was likely one of the biggest sources of new overseas listeners.
Of course, as a fairly popular artist, there were many Sharpnel-related message board discussions in English, as well as foreign fans making Sharpnel AMVs and dance videos.
(I also made a video of myself dancing to a Sharpnel song many years ago. It's long gone, so don't go looking for it.)



また、英語圏のシャープネルファンたちは日本語が理解できる人が非常に少ないため、色んな情報が面白可笑しく出回ったりしました。たとえばシャープネルは1人しかいないとか、JEA は女性だとか。あと SRPC-0004 のタイトルが自動翻訳ツールのせいで長いこと「Attack The Sharp Flannel」とされていたりもしました。
そして、SHARPNELSOUND の CD に入っている楽曲は全て DJ SHARPNEL が作曲したものだというのも多かったです。
一番印象に残っているのは、(「ワタシはメイド [洗脳調教 MIX]」の)「C-Type」の事をアーティスト名ではなくて、リミックススタイルの名前だと思っている人なんかもいました。

One interesting thing to examine is the garbled information and misunderstandings that arose as a result of little-to-no official English information about SHARPNELSOUND being available, and few of the non-Japanese fans being able to understand Japanese. There were often arguments about just how many people made up DJ SHARPNEL, or about whether JEA was the guy and Lemmy the girl, or the other way around. A personal favorite of mine is the long-standing mis-traslation of SRPC-0004 ("Attack The Sharpnel")'s title as "Attack The Sharp Flannel", presumably an auto-translation tool error.
Another common misconception was the tendency of many fans to simply label all songs on all SHARPNELSOUND CDs as being by "DJ Sharpnel".
One more fun thing I remember seeing is some people thinking the "C-Type" in "I'm A Maid (C-Type Remix)" referred to a certain style of remixing, rather than to the name of an artist.



さて、音楽活動の話に戻りますが、2005年にはライブ活動でリニューアルがありました。JEA が DJ で Lemmy が VJ 担当のライブ専門グループ「SHARPNEL.NET」という名義が作られ、「DJ SHARPNEL」は以降 JEA 個人のライブ用の名義となりました。
たまには「DJ DOLL'S RENAISSANCE」とか「男子十二楽坊」などの作曲用の別名義がまた作られましたけど、2017年までは概ね以上の様な形でライブ活動が続きました。

Returning back from that brief tangent, in 2005 Sharpnel made some significant adjustments to their live performance methods. A new name, SHARPNEL.NET, was created exclusively for live appearances with JEA as DJ and Lemmy as VJ. Gigs with JEA solo would continue to be done under the DJ SHARPNEL name.
They continued to create one-off aliases like "DJ DOLL'S RENAISSANCE" and "男子十二楽坊" (12 Male Musicians) for music production, but live appearances continued in the above-described manner until 2017.



2009年5月16日にロスアンゼルスで行われたクラブイベント「El SADISTICO ENTERTAINMENT Presents:SYSTeM HARDCORe」が DJ SHARPNEL 初のアメリカ公演でした。Lenny Dee なども共演。
そして 2010年にはシアトルで開催された「Sakura-con」やシカゴで開催された「Anime Central」などのアメリカのアニメコンベンションにも出演が続きます。

DJ SHARPNEL's first US appearance was on May 16, 2009, at El SADISTICO ENTERTAINMENT Presents:SYSTeM HARDCORe in Los Angeles, alongside other hardcore artists such as Lenny Dee.
The next year, DJ SHARPNEL played at both Sakura-con in Seattle as well as Anime Central in Chicago, the first of many anime convention bookings.






私が撮影した、「Anime Central 2010」でのライブの映像
A short video I recorded of DJ SHARPNEL at Anime Central 2010.





2004年8月の「コミックマーケット 66」で発売された SRPC-0016「悩殺ハート(トランプ) ハードブレイク」からは、廃盤となった SRPC-0013 以前と同じ雰囲気のアルバムをリリースします。
特別には、 SRPC-0015 の DJ SHARPNEL ベストの姉妹版として SRPC-0018 がガヴァンゲリオン企画のファーストアルバムのタイトルもじった「Yonderdome - The Megamixxx Of Sharpnelsound 1-7!」という名前を使い、名前通り SRPC-0001 から SRPC-0007 の楽曲を使った Mix CD となりました。

After some time away, SHARPNELSOUND returned to heavily anime-influenced CD releases in August of 2004 with SRPC-0016 悩殺ハート(トランプ) ハードブレイク (Bewitching Hardbreak) at Comiket 66.
As a companion to the DJ SHARPNEL best-of SRPC-0015, SRPC-0018 Yonderdome - The Megamixxx Of Sharpnelsound 1-7! borrowed its name from the very first Project Gabbangelion release, and as the title describes took the form of a nonstop mix of 30+ tracks from the first 7 SHARPNELSOUND CDs.



あとは、それぞれの CD ジャケットのイラスト等を描いた人の話もしなきゃいけないですね。
メインのイラストレーターが「null500」(SRPC-0008,9,12,13,15,17,24,26)、「BLADE」(SRPC-0016,18,19,20)、そして「Yam」(SRPC-0021,23,29)の 3人。現在では 3人共に著名なイラストレーターになっています。
後々記事にする予定ですが、当時の null500 は同人サークル「日本國民」の主催であって、現在は「コスパ」の副社長。
そして同じく当時ナードコアバンド「スマイルハンターズ」のメンバーでもあった Yam が最近ポケモンカードのパッケージデザインなどに携わっており、また BLADE も大人気の同人作家になっています。

Another important thing to mention is the various illustrators SHARPNELSOUND has recruited for their releases.
The three most common artists, null500 (SRPC-0008,9,12,13,15,17,24,26), BLADE (SRPC-0016,18,19,20), and Yam(SRPC-0021,23,29), have all since become very successful in their own right.
This will be covered more thoroughly in an upcoming article, but null500 was at the time the leader of doujin circle 日本國民 (Nihonkokumin), and is currently vice-president of extremely successful apparel brand Cospa.
Yam was also previously active in the nerdcore scene as a member of Smile Hunters, and is currently one of the official illustrators for the Pokemon Trading Card Game. BLADE has also become a very prolific doujin artist!



2011年以降には海外での出演も増えて、相変わらず毎回のコミックマーケットでは新作アルバムを出し続けました。2011年末には(Mix CDの)YONDERDOME の続編 SPRC-0028「Yonderdome Decade」がリリースされました。
そして 2013年8月の「コミックマーケット 84」で発売された SRPC-0030「OTAKUSPEEDVIBE」をもって SRPC シリーズは終了となりました。
その次の月に開催された OTAKUSPEEDVIBE 復活版「OTAKUSPEEDVIBE RELOADED」(渋谷 amate-raxi)で SHARPNELSOUND は最新鋭ジャンルであった「ハードテック」をメインに打ち出しました。
2014年からの販売会では SRPD シリーズとなったハードテックコンピレーション CD をメインで出す事になりましたが、それとともに購入特典 CD という形でネタモノ曲の SRPX シリーズのリリースもひっそりと続けていました。

From 2011 onward, Sharpnel's overseas appearances increased, and the usual CD release schedule continued. At the end of 2011, a sequel to the Yonderdome mix CD, SPRC-0028 Yonderdome Decade was released.
Soon after, in August of 2013, SRPC-0030 OTAKUSPEEDVIBE was released as the final entry in the SRPC series.
A month later, OTAKUSPEEDVIBE returned for the first time in 11 years, with OTAKUSPEEDVIBE RELOADED held at Shibuya amate-raxi. Beginning with this event, SHARPNELSOUND shifted its focus to a new up-and-coming genre: hardtek.
2014 saw the beginning of the SRPD series, which mainly featured hardtek compilation CDs. Not completely shedding their roots, however, SHARPNELSOUND also created the SRPX series: bonus CDr releases which continued to compile DJ SHARPNEL's anime-influenced tracks.



SRPC シリーズ終了にあたって、「M3-2015 春」にて SHARPNELSOUNDアルバム解説本第二戦「SHARPNELSOUND CHRONICLE」が発売されました。まだ販売中ですので是非お買い上げください。
同年の 8月29日には「OTAKUSPEEDVIBE RELOADED 2.0」が渋谷 GARRET/CYCLONE で開催されました。

With the SRPC series having concluded, the second SHARPNELSOUND book SHARPNELSOUND CHRONICLE was released at the Spring 2015 M3. As mentioned previously, it's still available for sale, so please check it out.
Also in 2015, on August 29, was a further OTAKUSPEEDVIBE event: OTAKUSPEEDVIBE RELOADED 2.0 at Shibuya GARRET/CYCLONE.



2014年からは少しずつですが販売会等で Virtual Reality(VR・仮想現実)を使った SHARPNELSOUND を披露します。
2016年8月6日(The Day Of Hardcore 2016 同日)には「「仮想化」のお知らせ」を発表。
この VR 化が何なのかといえば、同月 14日の「コミックマーケット 90」でリリースされた SRPD-0013「侍Speed Beats / Tanukichi」をもって SHARPNELSOUND の CD リリース及び販売会への参加を完全に終了するという宣言でした。
そして、その時点で決められていた現実世界でのイベントの出演が最後のライブ出演となる事になりました。

Beginning as far back as 2014, SHARPNELSOUND had begun introducing elements of virtual reality into their output and activities.
On August 6, 2016 (the day of the The Day Of Hardcore 2016 event), SHARPNELSOUND announced their forthcoming "virtualization" - a complete transfer to the virtual world.
In definite terms, this entailed the end of all SHARPNELSOUND CD releases, after the release of SRPD-0013 侍Speed Beats / Tanukichi at Comiket 90, as well as the cessation of all future real-world live performances, barring already-booked events.



最後となった海外ライブは、イギリスで開催された「Bangface Weekender 2017」。日本を含めて全世界のシャープネルファンが集まったのです。

DJ SHARPNEL's final overseas live appearance was at Bangface Weekender 2017 in Southport, England. Fans gathered from all over the world, including Japan, many of them seeing Sharpnel live for both the first and last time.





是非その時のライブ映像をご覧ください
Footage from DJ SHARPNEL's set at Bangface.





ただ、結局最後のライブとなったのは2017年4月23日に表参道で行われた「UPSHFT」への出演でした。
当日の最前列の雰囲気を伝えます。

The final official appearance of SHARPNELSOUND in the real world was SHARPNEL.NET at UPSHFT, April 23, 2017 in Omotesando.
I'll tell you what it was like being in the front row.





1225_008.jpg
最前列にいたわけだから
Because I was in the front row.





もちろんですが、シャープネルファンはみんなジワジワと前へ前へと集まります。いつものイントロのサイレンが鳴った瞬間はテンションが死ぬほど上がりました。
そして定番の「SPEED DISCO VOL.2」が始まるとほぼ全員がエミネムの声と一緒に叫び出します。
名曲ばかりが続くセットの中、私も、おそらく他の人もずっと泣きながら必死で踊っていました。特に私は Speedfreak の鳥の譜のリミックスが流れた時には死にそうでした。
最後はやっぱり名曲の中の名曲である「BLUE NOAH 2006」!恥ずかしいなんて事は全くなく、その場にいた沢山のファンが一緒になって歌ってました。
そして現実世界での SHARPNELSOUND が終わったかのようでした。

All of the fans were of course gathered near the front well in advance of SHARPNEL.NET's timeslot, enjoying the previous DJ in nervous anticipation. The moment the opening siren began, there was an explosion of movement.
Cue SPEED DISCO VOL.2, and the entire dancefloor shouting the Eminem chorus in unison.
Beloved classic flowing into beloved classic, I doubt I was the only one who couldn't stop crying. When The Speed Freak's Torinouta remix came on I thought I might die.
The last song was, of course, longtime set closer and fan favorite BLUE NOAH 2006. Everyone sang along, without a hint of embarrassment.
And with that, it seemed that SHARPNELSOUND had left the physical world behind.



しかし、まだ終わってなかったです。BLUE NOAH 2006 が終わってもしばらくしてから映像が流れ始めました。
こちらをご覧になって下さい。
それはまさに 2000年の高速音楽隊シャープネルの解散と完全に感じでした。

But it wasn't over, not quite yet. A few moments after BLUE NOAH 2006 ended, a video began playing.
I encourage you to see for yourself.
I didn't realize it at the time, but it mirrored the end of High Speed Music Team Sharpnel perfectly.



今現在は解散から約半年となりますが、SHARPNELSOUND の歴史はこれで一通りまとめられたかと思います。
今後の活動がどうなるかは、以下のミニインタビューで是非読んでください。

A little over half a year has passed, but for now, the SHARPNELSOUND story ends there.
Please read through to the end for more on what's coming next!





ミニインタビュー
Mini-interview

最初にも言った通り、アルバム解説本等のおかげで SHARPNELSOUND の具体的な歴史はリサーチだけで揃えられましたけど、個人的に聞きたい事もあったので、せっかくだからシャープネルの JEA さんにミニインタビューをさせて頂きました。

As I mentioned at the beginning, the SHARPNELSOUND books and other resources alone offered more than enough information to form a comprehensive outline of the label's history. Nevertheless, I wanted to take the opportunity to work directly with JEA of Sharpnelsound for this article, and he was kind enough to contribute to the following mini-interview.




― 当時(1996年から 2002年)のナードコアシーンを今振り帰って、どのような想いがありますか。

― What thoughts and feelings do you have now, looking back on the "nerdcore" scene (from 1996~2002)?



JEA
今振り返ると、とにかくあの頃は何をやっても楽しかったですね。みんな学生だったし、アイデアに時間を好きなだけかけて、発生する熱量をガンガン音楽活動につぎ込む感じで活動してました。
コミュニケーションツールの面でも、ISDNのおかげでネットの常時接続が少しづつ普及してきて、ICQ を使ってアニメをお互い実況しながら曲作りみたいなことが早めにできて楽しかったですね。

JEA
The first thing that comes to mind looking back on that period is that everything was simply a lot of fun. As most of us were still students, we had the freedom to explore any ideas we had as little or as much as we wanted, and to pour all of our energy into our musical output.
Thanks to ISDN making the internet an increasingly viable tool for communication, we also got an early taste of things like groupwatching anime with online friends and making music at the same time.



「ナードコアシーン」というのは思いかえしてもほとんど確立していなくて、私たちは主にハードコアシーンの一部として活動していたし、半年に1回の SPEEDKING が唯一ナードコアイベントでした。

I don't necessarily particularly have any feelings about the "nerdcore scene" - we more just thought of ourselves as one part of the hardcore scene, and "nerdcore" was just the SPEEDKING events held twice a year.


Quick Japan の特集で勝手にナードコアにカテゴライズされて違和感を持ってた人もいると思いますし、必ずしもすべてを表したベストなクラスタリングではなかったけれど、当時 SPEEDKING まわりにいた人たちの謎の熱量をうまくまとめたコトバだったと思います。さすが C-TYPE 校長ですね。
1998年当時、東西を超えネットを通じて集まった「オフ会的な集まり」の SPEEDKING クルーの何か得体の知れない、わくわくする、アンコントローラブルなカオスが爆発しそうな熱気がまさに「夜明け」だったんだと思います。

I'm sure there were a number of people who didn't quite feel right being categorized as "nerdcore" after the Quick Japan feature, and it was far from a be-all, end-all term. That being said, it was a useful way to describe the unique enthusiasm shared by in and around SPEEDKING. We've got Principal C-TYPE to thank for that.


1990年代後半の空気感として、機材からデスクトップへという表現を作る上での進化があり、ネットが常時接続できるようになってコミュニケーションの形も、箱主体のイベントから、場所貸しレンタルでの DJ イベントのパーソナライズ化、フリーペーパーの隆盛、秋葉原にゲーマーズができ、M3 がはじまるなどなど、ミレニアムを前にして世の中全体が何か面白いことに肯定的だった空気があって、そういう中でナードコアが生まれたんだと思いますね。

What went around in the late 90s was a shift from hardware to software, a shift to communication on the internet, a shift from club-sponsored events to parties thrown by people. Lots of people making zines, Gamers opening in Akihabara, the first M3 - at the turn of the millenium, the world was very open to free creativity, and I think "nerdcore" was born from that.


それまではステージとフロア、出演者と客の距離感って大きかったと思うんですが、ステージにいる人間もフロアにいる人間も同じアニメが好きでガバが好きで 1980年代アイドルが好きっていう、同じ目線で同じものを見て、場を共有して一緒に遊んでる感じがしました。

Before that point, I think there was a large, unspoken gap between the stage and the dancefloor, performers and partygoers, but with everyone on both sides liking the same anime, liking gabber and 80's pop stars, it made for a much more communal and welcoming environment.





― 自分にとって、今までの音楽活動で一番良かった出来事は何ですか。

― What is your personal proudest achievement through music?



JEA
いろんな土地に行っても、自分のことを知っている人と会えること。
国内でも海外でもそうですが、自分達のことを知っている人とは当然趣味が合うはずなので、そういう人と乾杯して、お話できるのは楽しいですね。
一番印象深かったのはフィンランドにライブに行ったときで、遠くロシアから十年来のファンという方が来てくれて、距離も時間も超えて会えた感じがしてすごくうれしかったです。
世界中の自分の知らない、思いがけない所で自分達の曲や活動を追ってくれてる人がいることはすごく心強いですね。

JEA
Being able to travel all over the world, and meet people familiar with our work.
This goes for both Japan and overseas, but if someone likes our music, chances are they're going to be someone we'll get along with, so it's great to be able to share a drink and chat with them.
One of my most memorable experiences was at a performance in Finland, where a fan of 10+ years had come all the way from Russia - getting to be a part of the culmination of so much time and distance traveled was wonderful.
The idea that my music can reach people in places I've never heard of and could never dream of is deeply inspiring.





― 今後の活動はどうしていくつもりでしょうか。

― What are SHARPNELSOUND's plans going forward?



JEA
2017年4月に現実世界のライブやレーベルのリリースを終了し、ネットなど時間と空間を意識しないメディアに活動を完全にシフトしました。
楽曲の制作などのクリエイティブ活動は今後も続けていく予定で、アウトプットの向き先をバーチャルなドメインにフォーカスして面白いことができればと思っています。
ネットで出演できるイベントがありましたら、ぜひお声がけください!

JEA
In April 2017, we ended activities in the real world, in favor of realms like the internet, where time and space have no meaning.
We're continuing music production and other creative efforts, and are excited for the fruits our work in the virtual realm will bear.
Don't hesitate to get in touch with us if you're planning any events online or in virtual reality!





1225_009.jpg
UPSHFT にて私とシャープネルの JEA さん。ありがとう SHARPNELSOUND
JEA and I at UPSHFT. Thank you, SHARPNELSOUND.





では、次回がヴァーチャコア前編でーす!お楽しみに!!

Stay tuned for next month: Virtuacore, Part 1!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。