大衆酒場ベスト1000

2017年11月22日

第51回「入門ナードコア」/ #51 "Nerdcore 101"

ナードコアっていう特別なテクノ
What's "nerdcore"?

この連載を開始してからちょうど3年半が経ちました。
この 3年半でセックスやファーストフード、そしてたくさんのゲームなど、アメリカと日本の違いについて 50回ほど書いてきました。
皆さんからはどのような連載に見えましたかね?
少し見返したりしましたが、やっぱりというか、最初はちょっと慣れてなかったな、今と少し考え方が違かったな、なんてところもあります。
しかし、間違いないのは、ずっと自分が書きたいことを書いてきたということ。
そして、最近になって、これからの人生について色々と考えることがあり、やりたいことが少しはっきりしました。
その一部について、この連載やらせて頂きます。

It's been pretty much exactly three and a half years since this column started.
In those three and a half years, I've written about everything from sex, to fast food, to a healthy handful of video games, taking a look at the differences in them between Japan and the US over 50 entries.
I really hope all my readers have enjoyed some of what I've shared!
Taking a brief look back, it did take me a bit to get into the swing of things, and some of the entries might turn out a little differently if I were to rewrite them now.
That being said, I can absolutely say that I always chose topics I felt a real desire to write about.
Lately, I've been thinking a lot about what I want to focus my creative energy on going forward in life.
One thing I need to do has become clear, and I'll be using this column as part of it.



で、それは何なのか?
以前より音楽コーナーなどで何度も言ってはいるのですが、私は「ナードコア」という音楽が大好きなんです。
もう 5年も前のことになりましたが、実のところ、この音楽のために日本にやってきたぐらいなんです。
その後、ナードコア周りの人たちとたくさん知り合い、何度か音楽イベントを開催したり、コンピレーション CD を出したり、と色々な活動をして来ました。
しかし、今までやってきた活動をこのまま同じように続けるのはどうなんだろうかと感じできました。

So, what exactly is it that I'll be doing?
I've mentioned this a number of times in prior entries, and it was the impetus for the Music Corner feature: I love Japanese "nerdcore" music.
Nerdcore is the main reason I first came to Japan more than 5 years ago.
As a result of moving here, I was able to meet a plethora of musicians I admire, and have both held a number of events and put together a number of compilation CDs of my own.
But lately, I've begun to wonder if there's all that much more I can accomplish just putting out CDs and organizing parties.



私は何かしらの新しいものを作るのが好きではあるのですが、それよりも「情報を取得する」という行為が大好きだったりします。
好きなアーティストの過去の活動やリリース情報、誰がいつからいつまでバンドに所属していたとか、そういうのが気になってしまい、何やかんやと探し続けています。
(昔のイベントフライヤーは数百枚は集めていて、年別でバインダーに保存してます)
その上で私できる範囲で、かつ自分自身がやりたいこととは何だろうと考えた時、ナードコアの歴史をまとめて記録に残すことなのではないかと思いたったのです。

I certainly love making new things, but more than that, I have a huge drive to discover and gather information about things that already exist.
Things like discographies and details about artists I like, who joined or left what group when, etc. - I'm always trying to gather information like that any way I can.
(Just for one example, I have a binder over-stuffed with hundreds of flyers for past events, all sorted by year.)
Looking at the intersect between what I'm interested in, and what I love to do, it's become clear to me that my calling is to catalog and share the history of nerdcore in Japan.



この連載を使ってどうやって記録に残すのか?まぁ、割と簡単に思いつきました。
ナードコアに限らずですが、日本の同人文化には「サークル」というものがあります。
みんな活動の仕方は色々ですが、多くの人が何かしらのサークル(場合によっては「レーベル」とか「バンド」とか)に所属しているのではないでしょうか。
なのでこの連載ではそのナードコアムーブメントに大きく関わった各サークルの歴史を私が集めた様々な情報を元にまとめて行く予定です。
もちろん私が調べれる情報だけでは全然足りませんので、できる限り関わった本人らにインタビューなどを行い完成させていくつもりです。
まずはナードコアって何?どこが面白いの?何故好きなの?
そんな話から始めたいと思います。

So, how am I going to adapt this column to those ends? It was fairly easy to work that out, actually.
The "doujin" culture in Japan, and by association, nerdcore as well, has the concept of "circles" - basically like a club, a group of people that act as a unit to, in this case, produce creative output.
Certainly different artists have their own way of engaging with the community, but most belong to some circle (or label, or band, you get the picture).
With that in mind, what I plan to do going forward is to use each entry to look at the history and output of a different circle that's been a major part of the nerdcore movement.
Of course, the amount of information I can find on my own has a limit, so where possible I'll be making every effort to fill in the gaps with interviews and comments from the artists themselves.
But wait, I'm getting ahead of myself. What is nerdcore, and why is it so important to me?
Let's start by exploring that.





ナードコアの基本
Basics of nerdcore

●ルーツはどこか? / Where did it come from?
色々なメディアの特集やインタビュー等を読んだりすると、日本のナードコアムーブメントが起こるにあたり、一番大きな影響を与えたのは恐らく「電気グルーヴ」だったと思われます。
YMOKraftwerk(クラフトワーク)に影響を受け、1989年から活動を開始し、1990年代に大きな影響力を持った日本のテクノバンドです。
その電気グルーヴ自体のサウンドと、ラジオ番組「電気グルーヴのオールナイトニッポン」で紹介されたロッテルダムテクノが日本の 1990年代の若者の耳に届き、それらに大きな影響を受けた少数の人たちがナードコアの始まりを作ったようです。(もちろん全てではありませんが)

Like any musical movement, nerdcore's roots are many and varied. However, after reading a number of interviews and articles, I believe it's safe to say that the biggest influence on nerdcore's beginnings was Denki Groove.
Themselves inspired by the likes of YMO and Kraftwork, Denki Groove formed in 1989 and was a huge part of Japanese pop culture in the early 90s.
Along with their own sound, Denki Groove also gave a number of young Japanese people their introduction to Rotterdam Techno through the radio show "Denki Groove's All Night Nippon".
Those youngsters would go on to be some of the pioneers of what soon came to be known as "nerdcore techno".






電気グルーヴを知らないという人は少ないかもしれませんが、当時はこんな調子でした。 / If you're not familiar with Denki Groove, this should give you a good idea.





●どのような音楽なのか? / What kind of music is it?
ナードコアをものスゴく簡単に言えば、ネタをサンプリングしたテクノといったところでしょうか。
しかし、自分で言っておいてなんですが、そんな定義自体が的外れだったりします。
ですのでここからはメディアから得た情報ではなく、私が考えているナードコアとなります。
まず、ネタのサンプリングを入れた楽曲がナードコアかといえば全然違います。
逆に、何のネタも使っていない楽曲でもナードコアと呼ばれるものがたくさんあります。
私の考えでは、「何かのネタを入れ込む」のではなく、「自分の好みを入れ込む」のだと思っています。
また「ナード」の意味を「(何かが)好きすぎる」だと思っています。
ですので「ナードコア」というのは、その好きすぎるものへの愛情をテクノミュージックを通して見せつけたい気持ちで作られた音楽なのでしょう。
もちろん、ネタのサンプリングを主にして作られることが多いですが、そればかりではありません。
自分の好きなものを思って作ったインストの楽曲も、好きなものについての思いを歌詞に込めた楽曲も、オリジナルだろうが何だろうが、作った人がこれはナードコアと思っていれば間違いなくナードコアなのでしょう。
もちろんその「好きなもの」は何でもいいでしょう。アニメやゲームなどが多かったりしますが、ドリフだっていいじゃないですか!人の好みの種類がより沢山の「ナードコア」を作り上げるのです。
そういう意味ではナードコアの枠も寿命も果てしなく広がるのではないかと思います。

To put nerdcore very, very simply, it's techno music that incorporates sampling from pop culture.
But personally, I feel like trying to define nerdcore that way misses the point.
We're moving into personal opinion territory rather than anything I read in a magazine, but I'll explain what "nerdcore" means to me.
First of all, techno music having samples in it doesn't automatically make it nerdcore.
On the other side of the page, there's also plenty of nerdcore that doesn't make use of sampling at all.
My take on nerdcore is that it's not made by "adding samples to your music", but by "adding something you love to your music".
Let's take a step back and look at the word "nerd". It can have a few different connotations, but in essence it boils down to a "nerd" being someone who is much more passionate about something than the average person.
Would it not then be safe to say that "nerd core techno" is in essence, "techno music made by someone wanting to share their passion about something"?
It's certainly not surprising that a good majority of nerdcore makes liberal use of sampling, but again, it's far from a requirement.
An instrumental track you were inspired to make by your favorite show, a vocal track you wrote in tribute to a game you love - even when all the sonic elements are totally original, what makes it nerdcore is simply if the person making it wants it to be.
And of course, that "something you love" can be anything at all. Anime and games are quite common, but you don't have to dig very far at all to find music inspired by anything from The Drifters to family restaurants. If someone has a passion for something, anything, that passion can be channeled musically to create nerdcore.
In this way, in terms of both scope and longevity, nerdcore has boundless potential.





●「ナードコア」はジャンルなのか?もしくはムーブメントなのか?はたまた別の何かなのか? / What is "nerdcore", really? A genre, a movement, or something else entirely?
「ナードコア」という言葉が考えられる以前である初期の頃(おおよそ 1994年から 1997年ぐらい)、もしかしたら「ジャンル」だったことが一瞬あったかもしれません。
音楽の「ジャンル」は基本的に音と深く紐付けられていますよね。
「ナードコア」という言葉が出てきた頃、その界隈の人たちはそれぞれ幅広い音楽、幅広いパフォーマンスを行っていました。その全てをまとめて一つの「ジャンル」と考えるのは間違いではないかと考えます。
それも踏まえ、多くのミュージシャンが活発に活動をしていた頃(おおよそ 1998年から2002年ぐらい)にはすでに「ジャンル」ではなく「ムーブメント」となっていたと思います。
多くの人たちが同じような感覚で集まり、自分たちなりの方法やスタイルで活動しているというのは「ムーブメント」ではないでしょうか。
しかし、その「ムーブメント」が収まった、今の「ナードコア」は何なのでしょうか?
個人的な意見とすれば「考え方」だと思います。
「好きなものを使って、かっこいいテクノを作りたい」そういう考え方は、1994年の初期のインターネットにも、2000年のナードコアブームにも、現在の 2017年にも、それなりに存在しているのではないでしょうか。

In the very beginning, before the word "nerdcore" was coined (so from about 1994 to 1997), there was a period where it may have been apt to call nerdcore a "genre".
In music, divisions of genre tend to be tied fairly directly to the style, the sound of the music.
Around the time it began to be called "nerdcore", there were already a number of people in the community making many different styles of music, with live performances being even more varied. To condense all of this diverse musical output into a single genre seems too reductive.
When nerdcore was at its heights, with people getting involved from all over the country and events happening on a monthly basis (the period from 1998 to 2002), I think it's fair to say that nerdcore had become not a genre, but a movement.
A large group of people with similar influences and sensibilities, gathering as a community to express themselves each in their own unique way - does that not sound like a movement to you?
But over time, that movement has slowly dissolved, and little remains. So what is nerdcore today?
In my opinion, it is now what it's always been: a mindset.
"I want to make some cool techno from this thing I love" - this mindset was alive in the early days of the internet in 1994, at the height of the nerdcore movement in 2000, and it lives on strong to this day.





●海外の「nerdcore」/ Western "nerdcore"
一応、連載のタイトルが引き続き「謎の文化チガイ」なので、このことについても触れておきたいと思います。
海外(主にアメリカですが)にも「nerdcore」という音楽が存在しています。
まず最初に言いたいこととして、ネーミングについては偶然の一致です。割とどうでもいいのですが調べてみた所、言葉自体が出来上がったのは日本のほうが少しだけ早かったようです。
その海外の「nerdcore」はテクノではなく、概ねヒップホップなんです。
しかしながら、コンセプトは割りと似通っており、オタクっぽいひとが好きなゲームや映画などへの愛情を歌詞にこめたヒップホップといった感じです。
私もほとんど聞いたことがないので詳しいことは分からないのですが、結構大きなシーンを形成しており、今もなお盛り上がりを見せているようです。
まぁ、見分けが付けばいいと言ったレベルの話ですが、そちらも気になった方はチェックしてみて下さい!

This column is still called "Engimatic Cultural Differences", so I felt like I should touch on this for just a brief moment.
Outside of Japan, mainly in English-speaking countries, there's also music which is known as "nerdcore".
The first thing I want to make clear is that the naming is a complete coincidence - the term arose on both sides of the globe at pretty much the same time.
(Not that it's important, but from what I can tell, the term was coined in Japan about a year before it started to be used overseas.)
This western nerdcore isn't techno, but rather consists mainly of hip-hop and similar genres.
That being said, the basic concept behind it is rather similar - music made by "nerds" wanting to share their passions, in this case by rapping.
I'm not particularly well-versed in the western nerdcore scene, but it seems to have a very large community that remains alive and well.
Mostly I just wanted to call attention to the distinction between the two "nerdcores", but if western nerdcore sounds interesting to you, by all means check it out!





音楽コーナー
Music Corner


私自身の宣伝になりますが、先月リリースした、私とアメリカ人の友達で組んでいる DJ ユニット「POP CHASERS」初の Mix CD を先日サンクラで公開しましたので是非聴いてください。
ナードコアも入っているし、仲間達のテクノも混ざってますのでちょうどいいじゃないかと!

This is a bit of shameless self-promotion, but the DJ unit my friend and I formed, POP CHASERS, put our first mix CD up on Soundcloud, so check it out!
It's filled with both nerdcore and some of the techno that inspired it, so it's really a perfect fit for this month's entry!





今回はほぼ文字ばかりですみませんでした!
次回からはサークル・アーティスト別の紹介になりますので、
写真や曲をたくさん載せる予定です〜!
私の仕事がこれから始まるなので、皆さんの応援や期待を頂ければ嬉しいです!

Sorry for the big wall of text this time around!
When we start looking at specific artists and circles with the next entry,
there'll be plenty of pictures and music included!
This is the beginning of a long, daunting task for me, so I appreciate and and all support and encouragement!



最後の最後には、超参考になったこちらの特集をみんなにも読ませたいのでリンクを貼っておきます

Lastly, I wanted to specifically share this magazine feature, which was a huge help in writing this entry - give it a read if you know Japanese!

ナードコア・テクノ in QUICK JAPAN Vol. 23



posted by イアン at 11:00| Comment(0) | 第51回〜第75回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。