大衆酒場ベスト1000

2017年09月25日

第50回「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」/ #50 “The Typing of the Dead”

武器がキーボード?!
A keyboard as a weapon?!

どうも久しぶりです!しばらく更新できていなくてすいません。
まぁ、リアルで色々あって遅くなりましたけどようやく帰ってきました!
最後のところで連載の今後について書いていますが、まずは今回の話に入らせて頂きます。
今回紹介するゲームは自分の中でずっと比較してみたいと思っていたビデオゲームトップ 10に入るタイトル「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」のドリームキャスト(DC)版です。
比較してみて、面白いと思った点が今までのとちょっと違ったりしますが早速見てみましょう!

Long time no see! Sorry for the big gap between entries.
I've had a bunch of stuff going on in real life that kept me from being able to update, but I'm back!
At the end of the entry I'll talk about my future plans for upcoming posts, but for now let's get to the main event.
This time around, we'll be taking a look at a game I've wanted to do a comparison on for a while, and one of my top 10 games of all time: "The Typing of the Dead" for the Dreamcast (DC).
There're some...different differences than usual this time, so it should be quite interesting!





背景
Background

「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」は 1999年に SEGA より発売された、アーケードゲームのタイトルです。
ゲーム内容は 1998年に発売されたアーケードガンシューティングゲーム「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」を元にしています。
ただ、武器が銃ではなく、キーボードとなっています。
ゾンビが画面に登場すると同時に言葉が記載された枠が表示され、その言葉をキーボードで入力していくとゾンビはダメージをくらい、全ての言葉を入力すると倒すことができます。
そんなタイピングとアクションを合体させたゲームシステムはこのタイトルが初めてではないかと思います。特にアーケードゲームの中では特異です。

The Typing of the Dead was released in 1999 by Sega as an arcade title in Japan.
The game is basically a confusion of the 1998 arcade game "The House of the Dead 2".
The main difference, of course, is that your weapon isn't a gun, but rather a computer keyboard.
As zombies show up in the game, corresponding words appear on the screen that you have to type in order to defeat them.
The idea of combining an action game with a typing tutor was quite a unique one, especially for an arcade game.



2000年には DC 版と PC 版が発売され、2001年には英語版も発売されました。
2004年には少しだけリマスターされた PlayStation 2 版が発売されたり、PC では定期的に色々なバージョンのものが発売されています。
たとえば「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 10周年記念版」とか「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド featuring 楽天 みんなの就職活動日記」なんてのまでありました。
その後、2008年にはニンテンドーDS でほぼ同じゲームをベースにした「ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD」なんてのも発売され、この「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」シリーズ(?)は両手では数え切れないほどの様々なバージョンが登場しています。

An arcade port of the game was released for the Dreamcast and PC in Japan in 2000, and an English version followed in 2001.
In 2004 a slightly updated version was released for the PlayStation 2 in Japan only with new features; and Japan also has had quite a number of updated and special versions of the game for PC.
For example, there's the 10th Anniversary Edition, a tie-in edition with Rakuten, and a whole lot more.
Not only that, but in 2008 a slightly retooled version of the game was released in Japan for the Nintendo DS as "English of the Dead"! There's more versions of this game than you can count on both hands.



さらに、2008年には「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 3」をベースにした続編である「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2」が日本で PC 版として発売されました。
そして、2013年には一切の告知無しに「The House Of The Dead: Overkill」をベースにした PC 版「The Typing Of The Dead: Overkill」が英語圏で発売されました。
誰もそんなタイトルが発売されるなど想像しておらず、当時はかなりバズりましたね。
日本と英語圏、それぞれでしか発売されてないバージョンがあるのは面白い点だと思います。

Also released in 2008 was the Japan-only PC sequel The Typing of the Dead 2, based on "The House of the Dead 3".
Furthermore, in 2013 there was a surprise out-of-nowhere English-only release of "The Typing Of The Dead: Overkill", this time of course based on "The House Of The Dead: Overkill".
Nobody had any idea a new Typing of the Dead game was coming out, so there was a lot of buzz when it was released.
It's kind of interesting that both Japan and English-speaking countries each have their own exclusive Typing of the Dead title!





ゲーム内について
Game contents

●ストーリー / Story
「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」(TTOD)のストーリーはほとんどの部分は元になっている「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2」(HOTD2)のままになっています。
日本語版でも音声は英語のみだったりするのは、おそらく B級映画の雰囲気を出すために敢えて英語のセリフの文言をおかしくしたり、声優の発音をものすごく下手にしているんじゃないでしょうか。
確実なことは言えませんが、私が見る限り、日本語の字幕もそんな風になっているんじゃないでしょうか。

The Typing of the Dead (TTOD)'s story is pretty much the same as that of The House of the Dead 2 (HOTD2).
In what was probably an attempt to create a B-movie-esque atmosphere, both the writing and the voice acting are extremely corny and not of very high caliber.
The Japanese version of both games opts to keep the English voiceovers, with Japanese subtitles.
I'm not an expert, but it seems like the Japanese subtitles did make an effort to preserve the campy feel.


0925_001.jpg


0925_002.jpg



ちなみに、元になった HOTD2 と違うところはエンディングだけです。
HOTD2 のエンディングは割りと真面目な作りなんですが、TTOD の方はセルフパロディの様に、HOTD2をすごくフザケた感じに再現しています。

The only difference story-wise between HOTD2 and TTOD is the ending.
HOTD2 had a (relatively) serious ending, while TTOD, being somewhat of a self-parody, has a few possible endings, all pretty silly.






●モード選択 / Mode Selection
言葉以外のゲーム内コンテンツは日本語版と英語版でほぼ一緒。
ただ何故か少しだけ違うところが 2ヶ所見つけました。

Aside, of course, from the words, most of the in-game content is identical between the English and Japanese versions.
However, there are a couple small-but-key differences.


0925_003.jpg

まずはこのチャプター選択画面ですけが日本語版では難易度を表す言葉(例えば「初心者用」など)と星が表示してあります。
しかし英語版では何故か星の表示をなくして言葉のみにしています。

First off, on the chapter select screen, the Japanese version has difficulty ratings for each stage both with a small tagline as well as a number of stars.
For some reason, the English version omits the stars entirely, keeping only the taglines.



0925_004.jpg

もう一つはさっぱり理由が分からないのですが、チュートリアルでのレッスンが英語版だと一つ多くなっています。
日本語版のレッスン3と英語版のレッスン4が同じものになっており、日本語版に存在しないレッスンが英語版ではレッスン3として追加されています。
また日本語版のレッスン4と英語版のレッスン5は同様なものなのに、日本語版のレッスン4で使用されている画像は英語版のレッスン3のものと同じだったりします。
加えて、英語版のレッスン5の画像は日本語版ではどこにも使用されていません。
英語版のレッスン3はレッスン1とレッスン2で学んだテクニックを使用したりするレッスンといった感じなんですが、そんなものを英語版にわざわざ加える理由が見当たりません。

This one's quite strange, and I can't really figure out why it is, but the English version has one extra lesson in Tutorial Mode.
Lesson 3 in the Japanese version is the same as the English version's Lesson 4, and the Lesson 3 in the English version doesn't exist in the Japanese version.
Interestingly, while Japan's Lesson 4 has the same content as the English release's Lesson 5, it instead uses the image from the English-exclusive Lesson 3.
This also means that the Lesson 5 image from the English version doesn't show up in the Japanese game at all.
The content of the newly-added Lesson 3 in the English version is basically a review of Lessons 1 and 2 - maybe they thought English players needed more chance to practice?



●出題ワード / Typing Words
もちろん言葉が違うので日本語版と英語版では出現する出題ワードがまったく違います。
TTOD のユニークなところは、ローカライズする際に日本フォ版の出題ワードをそのまま翻訳するのではなく、日本語版のワードをほぼ無視した、完全新規出題ワードが作られているんです。
普通のゲームの場合なら、元の日本語版の文章を無視して新しくするなんて絶対にダメですが、TTOD についてはむしろそのほうが良いですね。

Obviously since English and Japanese are different languages, the words you have to type in each version of the game are completely different.
The interesting part, though, is that rather than simply translating all of the Japanese versions's words and phrases into English, the words and phrases for the English version were all created completely from scratch.
For most games, ignoring the original Japanese text and making your own thing would be a huge no-no, but in this case it's actually the better choice!



膨大な出題ワードを一々見比べるのは難しいので今までプレイしてきた経験とワードリストをざっくり見た上では日本語版も英語版も「普通のワードやフレーズ」「ゲーム内容に関係するワードやフレーズ」「面白い(馬鹿馬鹿しい)ワードやフレーズ」をちょうどよく混ぜ込んだ感じになっています。

Comparing all of the thousands of words in each game would take forever, but from my experience playing both versions, they each seem to have a good mix of "everyday words", words/phrases related to the game (i.e. about zombies), and "silly words/phrases".


一番違うところはそれぞれの国でしか理解しずらいワードですね。
例えば日本語版だと「サイバーシティ幕張」や「関東大震災級」など、英語版だと「Badger State」(あなぐま州:ウイスコンシン州の愛称)とか「Vegas or Bust」(ポルノ映画のタイトル)などのワードがあります。
それ以上に気になる方は是非英語版日本語版の出題ワードリストをご覧ください!

Of course the biggest difference between the words and phrases chosen for each version of the game are those based on local culture.
Just as 「サイバーシティ幕張」 ("Cyber City Makuhari") or 「関東大震災級」 ("Great Kanto earthquake-level") would be unfamiliar phrases to western players, things like "Badger State" or "Vegas or Bust" would likely fly over the heads of a lot of Japanese players.
If you're interested in a closer look, check out the word lists for the English and Japanese versions of the game!


0925_005.jpg



●ボスバトル / Boss Battles
自分にとっては TTOD の一番楽しいところは何と言っても各ステージでのボスバトルですね。
ボスは普通の敵と違って、倒すには言葉の入力だけではなく、それぞれのボスで特殊な討伐方法があります。
ここでは 3つのステージについて説明します。それぞれステージ3の「TOWER」、ステージ4の「STRENGTH」、そしてファイナルステージの「EMPEROR」。

In my opinion, the funnest part of TTOD is the boss battles.
Taking down bosses is a little more complicated than just typing words - each one has their own unique play style.
We'll take a look at three of the game's bosses here: Stage 3's Tower, Stage 4's Strength, and the final boss Emperor.



・TOWER
TOWER を倒すには画面に出てきた質問に対して、3つの選択肢が出現するのでその内から正しい選択肢の言葉を入力しなくては行けません。
入力をミスるとダメージを受けてしまいます。
日本語版でも英語版でもバラエティのある質問がたくさんあり、またありえないような面白い言葉の選択肢やパッと見は正しそうだけど実は間違っている言葉の選択肢など様々。

For the Tower fight, a question will appear on screen, and you have to choose (and type!) the correct answer from three possibilities.
If you choose the wrong answer, you lose a life, even if you type the whole thing in.
Both the Japanese and English versions have a wide variety of questions, and the answer choices can range from silly and ridiculous, to trick answers designed to throw you off.


0925_006.jpg
こちらは「社長の椅子」を一瞬正しいと思ってしまいそう / The correct answer for "What can't you usuall buy with money?" is 「核兵器」 ("nuclear weapons"), but you might be fooled into thinking the answer is 「社長の椅子」 ("the president's seat").


0925_007.jpg
キリンは絶対に共食いとかしないですよね / For "Which of these applies to giraffes?", the answer certainly isn't 「共食いの習性」 ("they eat their own kind")!


0925_008.jpg
例えばこちらでは間違って「Wrench」を打ってしまう場合もあるかもけど / For this one, "Wrench" might seem like the correct answer at a brief glance.


0925_009.jpg
こちらは絶対に「Dead relatives」を選ぶことはないです(笑)/ Here, on the other hand, it'd be pretty worrying if you went for "Dead relatives", haha.



・STRENGTH
STRENGTH の倒し方は、今までのようにワードや短文のフレーズを入力するのではなく、長文のミニストーリーの全て入力しなくてはいけません。
全て 4行の長文となっていて、英語版の方はほとんどの場合、4行目でオチがあるギャグストーリーとなっています。
日本語版でもそういうのもあるんですが、ただただくだらない文章だったりもします。
いくつか見ていきましょう。

For Strength, instead of short words or phrases, you have to type out entire mini-short stories.
They're all four-line stories, and for the English version, almost all of them end with a gag on the last line.
The Japanese version has some with gag endings as well, but also just some regular sentences.
Let's take a look at a few!


 太郎君は千円もっていました / 120円のジュースと50円のアイス / 250円のたばこを買いました / その後、太郎君を見た人はいません
 Taro got a thousand yen. / He spent 120 yen on juice and 50 on ice cream / and 250 more on some smokes. / Nobody ever saw Taro again.

 阿部君、なぜお金返さないの? / いや、もうとっくに返しました / それに返すお金がありません / 第一、金なんて借りてません
 Abe, why haven't you paid me back? / I paid you back forever ago. / I don't have any money anyway. / Hell, I never lent you any in the first place.

 ああ、それは仕様ですね / え?それは裏技なんです / その機種はサポート外です / そっちはOSのせいですねぇ
 That's working as intended. / Oh, that's a hidden feature. / That device isn't supported. / That one's an OS issue.

 I don't have to go shopping anymore. / I've been eating all kinds of poultry. / I just keep my sliding doors clean. / And put the birdfeeder on the inside.
 もう買い物しなくていい / 鶏肉色々食べてます / ガラス障子を綺麗にして / 外で鳥餌を撒く

 Did you know that if you finish / Typing this entire block of lines / That you will be completely / Dateless for the rest of your life?
 知りましたか? / この4行を全て / 打ち終わりましたら / 一生デート無し

 It's a really really hot day today. / But nobody is swimming in the pool. / I don't know why they aren't swimming. / Maybe we should put water in the pool.
 今日は超暑い / しかしプールに誰も入ってない / なんで入らないだろう / 水を入れた方がのかな


・EMPEROR
EMPEROR は TOWER と同じような感じで質問に答えるんですが、答えは「正しい/正しくない」ではなく、自分らしい答えを選ぶという方法です。
どれを選んでも構いませんが、どれを選んだかによってエンディングが変わってきます。
日本語版と英語版とではもちろん質問と答えが違いますが、それぞれでの特徴といったものは無いようです。

Emperor is similar to Tower, in that you type answers to questions, but in this case there are no right answers - you just choose the one that best describes you.
You can choose any answer you like, but the ending you get will change based on your responses.
Obviously the questions and answers are different between the Japanese and English versions, but I didn't really see anything distinctive about the question or answer choices for either.


0925_010.jpg


0925_011.jpg



●入力モード / Typing Mode
日本語版と英語版において、出題ワードの次に違いがあるのは入力モードですね。
英語版は当然、一つの入力モードしかないですが、日本語版ではそもそもパソコンでの日本語入力方法がいくつかあり、TTOD もそれらに対応しています。
ローマ字入力とかな入力があり、そのまんまなんですが、ローマ字入力の場合はローマ字入力とかな入力の両方が表示されており、かな入力の場合はかな入力のみ表示されています。
「ち」が「ti」とか「つ」が「tu」なのはまだ分かるんですけど、「か / き / く / け / こ」が「CA / CI / CU / CE / CO」なんてのは見たことがなく、かなり分かりずらいなぁと感じます。
ちなみに、どうでもいいことですが試したところ、日本語版のソフトでは英語キーボードである場合、ローマ字入力でもかな入力でもどちらでも使えるようです。
ただ、「¥」のキーがないためその文字が出題ワードの場合、何もできなくなってしまいます。そしてかな入力の場合はキートップにかなが書かれていないため無理ゲーに近いです。(笑)

The biggest difference between the English and Japanese versions of the game, apart from the words, is the typing mode.
The English version of course only has one mode, while the Japanese version has multiple input modes - as do Japanese keyboards in general.
The two choices are romaji input and kana input - kind of self-explanatory, but for kana you're only shown the kana characters, while in romaji mode you're shown both kana and romaji.
The romaji used in the game are very strange, however - it doesn't use Hepburn or Kunrei style, instead using a style that I've never seen anywhere else.
「ち」 being "ti" and 「つ」 being "tu" are things I have run in to and can sort of understand, but this game romanizes 「か / き / く / け / こ」 as "ca/ci/cu/ce/co", and that just doesn't seem right at all.
Incidentally, I tested a few things you, and you can actually play the Japanese version of the game with an English Dreamcast Keyboard. However, the English keyboard doesn't have the "¥" key, so if that character comes up, you're kind of screwed.
You can even play it in kana input mode, though without the kana characters printed on your keys, it's damn near impossible to play, haha.


0925_012.jpg





説明書などについて
Manual, packaging, etc

もう普通だと思うようになってきてしまいましたが、説明書は日本語版はフルカラー、英語版は白黒です。

I'm pretty much used to this by now, but as usual, the Japanese manual is in full color, while the English one gets the monochrome treatment.


●操作方法 / Controls
0925_013.jpg

全て細かいところですが、いくつか気になっている点があります。
日本語版の説明書では右側の「Alt」キーには何故か指示線が無いです。
英語版の説明書では「Enter」キーを押すとデモがキャンセルされることについて触れられていません。
あと、操作自体で違うのは、英語版では入力切替がないため「F1」キーから「F4」キーまではゲーム中でしか使用されないのと、英語版ではドリルとチュートリアルの「戻る」ボタンが「F12」キーではなく、「Alt」キー+「F12」キーに変更されています。
多分ですが「F12」キーだと押し間違えてしまう事が多く、変更されたのではないでしょうか?

These are just some small points, but a few things about this page did catch my eye.
First off, for some reason the Japanese manual neglects to point out the right-Alt key. Not that strange, but I figured I'd mention it since the English manual does point it out.
The English manual, on the other hand, omits a line saying that the Enter key cancels the demo.
In the Japanese game, F1 through F4 toggle between kana and romaji input on the name entry screen; obviously this isn't relevant for the English version.
Interestingly, the shortcut for returning to the menu in Drill and Tutorial Mode is just F12 in the Japanese version.
My guess would be that people were accidentally hitting F12 and quitting when they didn't want to, so they added another key to the combo.



●基本的な遊び方 / The Basics
0925_014.jpg

まず見てほし良いところとして、英語版ではもちろんスクリーンショットが取り直されているんですが、よくよく見ると全てのスクリーンショットが日本語版と完全にピッタリ同じ位置で撮影されているんです。
そこまで細かく合わせるのはスゴい思います。
あと、英語版の説明書ではローマ字入力の方法についての説明がなくなっていて、そのかわり「Shift」キー関連文字のスクリーンショットが追加されています。

The biggest thing I want to call attention to is the fact that for the English manual, they went to the trouble of taking screenshots from the exact same spots as they're taken from in the Japanese manual.
Obviously they couldn't just use the same images, but they fact that they went that far in recreating them surprised me.
The Japanese manual has an extra little section about how romaji input works, but lacks the screenshot example of a Shift key character.



●画面の見方 / Game display
0925_015.jpg

英語版の説明書は白黒なため、たとえば「3」がどこを指しているのかかなり分かりづらいです。
あと、1P と 2P の色違いに関する画像が英語版では一つにされています。まぁ白黒なので 2つあっても見分けられないですし。
「ランク表示」の説明ですが英語版ではちょっとした翻訳ミスがありました。
「You must defeat high-ranking zombies」というところは、、「高いランク的を倒す」と翻訳すべきところを「高いランク敵を倒す」という感じに翻訳されてしまっています。
あと「ライフ」のところでは日本語版の「〜などで増やすことができます」の「など」が英語版では無くなっており、日本語版で書いてある、3つの方法でしか増やせないかのように説明されてしまっています。
本当はそれ以外でもライフを増やせる方法があるので混乱させてしまいますね。

Since the English manual is black-and-white, it's almost impossible to see what some of the indicators are pointing to, especially #3.
Another victim of the loss of color is the removal of separate images to show off differently-colored indicators for 1P and 2P.
There's a slight mistranslation in the "Rank Display" section: "you must defeat high-ranking zombies" should say something more like "you must get a high rank when defeating zombies".
Additionally, in the "Lives" section, "There are three ways..." implies that these are the only ways to regain lives, but there are other ways as well, as indicated by the 「など」 ("etc.") in the Japanese manual.



●モードの選択 / Mode Selection
0925_016.jpg

英語版の説明書にはオリジナルモードでもパスワードが入手可能なように書かれていますが、実際はそんなことはなく、本当はアーケードモードのみです。
そして同じところにアーケード版の TTOD について書かれていますが、TTOD 自体は日本でしか発売されていませんので、間違いではないのですが少しおかしな話になっています。

Both manuals mention finding passwords in the arcade version of TTOD, but since the arcade version never left Japan, it's strange to see it mentioned in the English manual.
It also notes that you can unlock passwords in Original Mode, which isn't mentioned in the Japanese manual.



●アーケードモード / Arcade Mode
0925_017.jpg

どうやら英語版のトレーニングモードの時間制限は日本語版より長いらしいです。
あと、ミッションの説明について英語版では色々と書かれています。
面白いところとしてはリザルト画面に「偏差値」というところは日本語版のみに書かれています。
偏差値については私も最初よく分からなかったのですが、海外で受け入れられなさそうだと思われ、外されたのでしょうか?

Apparently Training Mode gets a longer time limit in the English version of the game.
The Japanese manual goes into a little more detail about Missions.
One very interesting thing is that the results screen for the Japanese version of the game also shows you the standard deviation for your score.
This information isn't necessarily all that useful, and it might even be a little confusing, so that might be why it was removed from the English version.





●オリジナルモード / Original Mode
0925_018.jpg

ちょっとした違いですが「コインの獲得」ってところの最後の説明はなぜだか分かりませんが英語版の説明書では何か特別な枠内に書かれています。
この説明は特に目立たせる必要も無いので何でこんな変更をしたのかよく分かりません。

Just a tiny difference, but for whatever reason the English manual decided to give the last bit of the "Acquiring coins" section its own little box.
There's nothing too special about the text they separated, so I'm not really sure why they did it!



●チュートリアルモード / Tutorial Mode
0925_019.jpg

上述でに説明しましたが、レッスンの数と順番が 3以降完全に変わってしまっています。
日本語版にはレッスン4があるのに、そのことについて一切書かれていないのは気になります。

As mentioned before, the Tutorial Mode setup is very different from Lesson 3 onwards.
The Japanese manual also doesn't mention Lesson 4 at all, despite it existing, while the English manual details all 5 lessons in that version.



●ボスモード / Boss Mode
0925_020.jpg

日本語版でもボスの難易度を設定できますが、なぜかその説明は省かれています。

The Japanese manual omits the explanation about selecting the difficulty level for Boss Mode.


●オプション / Options
0925_021.jpg

こちらも上述でに説明しましたが、もちろん「Input Method」の設定は日本語版のみですね。
あと下に書いてある、パスワードエントリーのところで英語版の説明書ではオリジナルモードでパスワードをもらえると間違った説明が書かれています。

The "Input Method" option is, of course, only available in the Japanese version of the game.
Also, in the "Password Entry" section, the English manual again adds a mention of unlocking passwords in Original Mode.



●アイテム紹介 / Items
0925_022.jpg

日本語版の「土星語辞典」ただの「宇宙語時点」と翻訳されて言います。表紙に「Saturn」って書いてあるのに!!
あと興奮剤が飲み物ではなく、錠剤と翻訳されており、「ゴッドハンド」が「ゴルデンハンド」に変更されています。

The Japanese item name for the "Alien Dictionary" would actually more accurately be "Saturnian Dictionary", but they decided to simplify it for the English version - even though the item image says "Saturn" on the cover!
Another small mistake is that the "Excitement Pill" should probably be something along the lines of "Stimulant Drink" (it's clearly a beverage).
Also interesting to note is that the "Golden Hands" were originally the "Godhand" in Japanese.



●高得点を狙うために・・・ / Getting a Top Score...
0925_023.jpg

「街の人を助けよう!」のところで翻訳ミスがあります。
「...the zombies will gnaw on you」ってところの「敵にやられてしまいます」というのが、街の人がやられるのではなく、プレイヤーがやられると言う感じに間違って説明されています。

There's another small translation mistake here!
The line that says "...the zombies will gnaw on you" should say "on them" - the original Japanese is technically ambiguous about the subject, but from context it's clear that it's talking about the civilians.



●英語版クレジット / Credits
0925_024.jpg

このページはもちろん、英語版のみとなります。

This page is, of course, exclusive to the English manual.


●ジャケット / Cover
0925_025.jpg

ジャケットは割りと同じような雰囲気ですが、やっぱり英語版のほうがホラーテイストが高いですね。
ちなみに英語版のジャケットイラストは日本語版のトレーカードのところで使われていますね。

Both of the covers have a similar feel, but the English one does seem a little more grotesque.
A small note - the illustration for the English cover was actually originally used for the tray inlay on the Japanese version!



最後にちょっとしたトリビアですが、日本語版はキーボード同梱版が発売されましたが、英語版ではキーボード同梱版は発売されませんでした。

One final bit of trivia: the Japanese release of the game also had a Dreamcast Keyboard pack-in version, but no such luck for the English version.




音楽コーナー
Music Corner


なんとかオブ・ザ・デッドといえば、なんと言おうとゾンビということで、FQTQさんの「Zombie Strike」という曲です!
ポップで可愛いので、TTOD の雰囲気とはちょっと違うかもしれないけど、超かっこいい曲なので聴いてみてくださいね!

The main ingredient of any X of the Dead is zombies - so check out "Zombie Strike" from our friend FQTQさん!
It's a poppy tune, so it might not quite fit with the TTOD atmosphere, but it's worth a listen regardless!



今回はお待たせしてしまってすみませんでした!
しかし、これでもう 50回目ですし、その内 20回ぐらいはゲームについて書いてきましたので今後はまた別のテーマでやっていこうと思います。
いつか、ゲームに戻ることはあるかもしれませんけどね!
今後のテーマについては次回以降でお楽しみに!

Sorry again for the long wait on this one!
That being said, this is now my 50th entry, with almost half of them being about games, so I think it's about time to change things up, at least for a while.
I'm sure I'll come back to writing about games eventually, though!
What's in store for the future, then? Well, you'll just have to come back next time and see!




posted by イアン at 11:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。