大衆酒場ベスト1000

2017年06月22日

第49回「テディーボーイ・ブルース」/ #49 “Teddy Boy”

一番好きな有名人は誰?
Who's your favorite celebrity?

ここ最近、私が好きなゲームやテレビ番組、小説などについてたくさんのことを書いてきました。
今回もまたゲームについて話したいのですが、今回はゲーム自体ではなく、そのゲームに関係する人物が好きなんです。
この後、色々とお話をさせてもらいますが、ズバリその人物とはいしのようこさんです。全世界の中で一番好きな有名人です。

The theme here lately has basically been "my favorite things", be it games, TV shows, books, or what have you.
This month's article takes us back into game territory, but my interest lies not quite in the game we'll be looking at, but rather a person involved with it.
I'll get into more detail as we go along, but that person is Yoko Ishino - my favorite person I've never met.





0622_01.jpg
最近、いしのようこさんをアイロンビーズで作りました / I made this recently - keep reading to find out more.






で、いしのようこさんについてだけ書くのは流石にやり過ぎかなと思ったのですが、ちょうどイイ感じで紹介にできるゲームがありました。
それは日本の「テディーボーイ・ブルース」と言うゲームで、アメリカ版では「Teddy Boy」です!
今回はこちらについて、色々な違いを紹介していきますので、是非読んで下さい!

Obviously for a number of reasons I can't really just write an article about her directly, but as luck would have it there's actually a video game she has ties to!
That game is Japan's 「テディボーイ・ブルース」 (Teddy Boy Blues), and the American version, "Teddy Boy".
There are a number of differences between the two versions to take a look at, so let's get to it!





背景
Background

「テディボーイ・ブルース」は、1985年にセガから発売されたアーケードゲームです。
1985年10月にはセガ・マークIII(SM3)のローンチ・タイトルとして移植版が発売されました。
こちらは当時の移植版でよくあったのですが、このゲームも基本的なゲームシステムやキャラクターは同じものの、画質が悪くなっており、またボーナスゲームの仕様が別物になっていたりします。
そしてその移植版として 1986年にアメリカの Sega Master System(SM3 のアメリカ版 / SMS)で「Teddy Boy」として発売されました。

"Teddy Boy Blues" was first released by Sega as an arcade title in 1985.
Later that same year, it was a launch title in Japan for the Sega Mark III (Japanese equivalent of the Master System).
As was common of arcade game console ports at the time, while the basic gameplay and design is the same, the home version had generally lower graphics and sound quality, and the bonus levels were entirely redesigned.
This console port was also released overseas for the Master System under the name "Teddy Boy" beginning in 1986.



「テディボーイ・ブルース」というのは元々、いしのようこさんがアイドル歌手としてデビューするにあたり、デビュー曲として発売されたもので、その曲をベースにセガがタイアップゲームとして開発したものです。
そんな、ゲームと曲ですがどのように関係しているでしょうか。
まずは当然ですが楽曲である「テディボーイ・ブルース」がゲームの BGM になっています。

"Teddy Boy Blues" was originally the title of Yoko Ishino's debut song as an idol singer, and Sega released the tie-in game soon after the song became popular.
As for how the game and song are related, the main link is that an instrumental version of the song is the main BGM for the game.






原曲はこちら / The original song "Teddy Boy Blues".





またアーケード版ではタイトル画面にいしのようこさんが登場し、またボーナスゲームでもキャラクターとして登場しています。
しかし、移植版ではタイトル画面自体がカットされ、ボーナスゲームも仕様変更されたため、いしのようこさんの姿が一切出てこなくなり、残っているのは BGM だけという有様です。

Not only that, but in the arcade version, Ishino shows up both on the title screen and as a character in the bonus rounds.
Unfortunately, for the home version, not only was the title screen changed, but the bonus rounds were too, with the end result being that Ishino doesn't actually appear in-game in the home version at all.





0622_02.gif
このかっこいい画面がアーケード版でしか見れないのは残念です / It's a shame that this great title screen didn't make it out of the arcades.

ここでちょっといしのようこさんについて説明を。
上述した通り、1985年に「テディボーイ・ブルース」という曲でアイドル歌手としてデビューし、同時に女優としても活動を開始。1986年にはデレビドラマ「セーラー服通り」で主役を演じます。
歌手活動は 1989年をもって終了しましたが、今も女優として活動をされています。
そして個人的に一番気に入っているいしのようこさんの出演番組が「志村けんのだいじょうぶだぁ」です。
1987年から 1992年までレギュラー出演しており、志村けんさんとのコンビで様々なコントを演じていました。

Let's talk a little more about Yoko Ishino herself as well.
As I mentioned above, she started off as an idol singer in 1985 with "Teddy Boy Blues".
Around the same time, she began working as an actress as well, and had her first starring role in a drama series in early 1986.
She left the idol world around 1989, but continues to work as an actress to this day.
My interest in her, on the other hand, came from her time on 「志村けんのだいじょうぶだぁ」 (Shimura Ken no daijoubudaa), a sketch comedy variety show starring Ken Shimura that ran from 1987 to 1992.
She was a main regular on the show, and performed opposite Shimura in a wide variety of memorable sketches.






私が大好きの「おはなぼう」のコント / One of my favorite characters from the show, 「おはなぼう」 (Ohanabou).





ゲーム内について
Game contents

●タイトル画面 / Title Screen
0622_03.jpg

まずはゲームタイトルの話からしていきましょう。
いしのようこさんですが、もちろん当時のアメリカではまったく知られていない人物です。(今でもマニアックな人しか知らないでしょうが)
そして「テディボーイ・ブルース」というのが、そもそも曲のタイトルとしか思えないフレーズなので、元からいしのようこさんが登場していないアメリカ版においてはタイトルを「Teddy Boy」に変更したのは悪くない考えだと思います。
ちなみに元の日本の移植版から主人公が「テディボーイ」と呼ばれるようになり、アメリカ版でも同様に「Teddy Boy」と呼ばれています。
すごく細かいところですが、日本版では「Teddy」と「boy」が「Teddyboy」として一つの言葉になっています。それは元々のカタカナ表記に合わせているんだとは思うのですが、ネイティブな英語では「Teddy Boy」の方が自然な感じがします。

The first thing to talk about, of course, is the title change.
Obviously, back in 1986, nobody in the US would have heard of Yoko Ishino. (Heck, the only reason people have today is because of this game.)
There's also the simple fact that "Teddy Boy Blues" sounds pretty strange as anything other than a song title.
Add on the fact that Ishino doesn't actually appear in the game, and it honestly makes sense that they changed the title for western consumers.
Incidentally, "Teddy Boy" is the name of the main player character in both the original Japanese version of the game, as well as the US version.
One tiny thing I noticed is that "Teddyboy" is written as one word on the Japanese title screen.
Most likely this was just to match it to the original title in katakana, where it is written as one word (as opposed to "Blues" being deliberately separated), but it still definitely looks less natural than "Teddy Boy" as two words.



また、タイトル画面下部の著作権表記も変わっていますね。
おそらくアメリカではアーケード版が発売されなかったので、アーケード版の関連表記である「Original Game」が不要になったらしいです。
ちなみにこの部分で「SEGA」の表記は一連のフォントではなく「SEGA」のロゴを再現しようとしているのはいいなーと思いました。
あと、どうでもいいところですが日本版の「Original Game」のところで「:」を入れてるのに「Reprogrammed Game」のところには「:」を入れていないのがちょっと気になりますね。

The copyright information is slightly different as well.
Since the arcade version wasn't released in the US, the "Original Game" text certainly wasn't necessary anymore.
I was impressed that they made an effort to recreate the Sega logo, rather than just using the same font as the rest of the text, despite it only being in one color.
Lastly, just a tiny nitpick, but it's weird that there's a colon in the "Original Game" line but not the "Reprogrammed Game" line. Go figure!





●ゲーム BGM / Game BGM
珍しいのですがこのゲーム、海外ローカライズであるアメリカ版を作るにあたって BGM を変更しています。
いしのようこさんが歌手として知られていないからタイトルを変更するのは分かるのですが、BGM は別にそのままでも良いのでは?
とは思ったものの、ライセンスとかの問題があったようです。
アメリカ版の BGM は日本版と同じ様な雰囲気の曲ですが、でもやはり完全に別の曲であるのは間違いありません。

Perhaps the most interesting change with this game's localization, though, is the fact that the music is entirely different.
Adjusting the title was understandable, but at first I wasn't really sure why they'd go to the bother of changing the music as well.
After some poking around, though, it seems like it was most likely a licensing issue with the original song.
The BGM for the US version is in a similar style to the Japanese version's, but it's still totally different music.






日本版の BGM(2:10〜)。 / The Japanese version's BGM (starts at 2:10).



アメリカ版の BGM。 / And here's the US version's music!





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●キャラクター紹介 / Characters
0622_04.jpg

この移植版にいしのようこさんがキャラとして登場しないことは説明しましたが、それでも日本版の説明書にはいしのようこさんについての記載があります。まぁ、ゲームに登場しない旨の説明ではありますが。
そして、当然ではありますがアメリカ版の説明書にはいしのようこさんの記載はまったくありません。それだけでなくアメリカ版の説明書にはそもそもキャラクター紹介ページがありません!

I found it interesting that despite Ishino not appearing in the game, they included her as a character in the Japanese manual.
(It does at least mention in her character description that she doesn't show up in-game.)
Obviously the US manual wouldn't mention Ishino, but it actually doesn't even have a character introduction page at all. Weird!





●操作方法 / Controls
0622_05.jpg

アメリカ版の説明書には通常のコントローラーでの操作方法しか記載されていませんが、日本版の説明書には 4種類の操作方法が記載されています。
アメリカ版の説明書に通常のコントローラーの説明しかないのは、アメリカの SMS ではジョイスティックなどが発売されなかったからです。

While the US manual only bothers to explain controls for the regular controller, the Japanese one has info for FOUR different types!
Most of those other controller styles didn't get released in the US anyway, so it makes sense that they wouldn't be in the manual, but still.





●キャラクター紹介 パートII / Who's Who
0622_06.jpg

「アオ・マスカラス」は最初、「マスク」と「カラス」の組み合わせかと思ってしまいましたが、これはスペイン語の「マスカラス」で、メキシコ人プロレスラーの「ミル・マスカラス」のオマージュのようです。
アメリカ版の「Blue Masked Monsters」は「青マスクの怪物」みたいな名前になっており、元々がオマージュであることが分からなくなっています。
「ダルマン」とか「オシシ」は日本の伝統的なものをイメージして作られているのに、アメリカ版でそのまま表現されているのは意外ですね。
「でんでん」とか「イモリン」も英語版ではそのまま「Denden」と「Imorin」で、アメリカ人的にはまったくもって謎の名前です。
ただ、その後の「のったり」(おそらく「のんびり」+「ゆったり」でしょうね?)が何故か「Slow Mover」にされていて、逆に同じじゃないのにはビックリさせられました。

The "Blue Masked Monsters" are actually called "Blue Máscaras" in Japanese - likely a reference to famous Mexican masked wrestler Mil Máscaras.
The Dharman and Oshishi are based on pretty traditional Japanese designs, and while it would be difficult to change them, I was a little surprised that they were left completely as-is.
"Denden" and "Imorin" are also just the Japanese names romanized, totally losing their original meanings ("denden mushi" means snail, and "imo mushi" means caterpillar).
After all that, it's actually kind of a shock that they bothered to change 「のったり」 ("nottari", most likely a combination of のんびり "nonbiri" and ゆったり "yuttari", both of which basically mean "leisurely") to something in English!





0622_07.jpg

「サイコロ」の英語版の名前が「Loaded Dice」というのはスゴくいい言葉遊びです。
「Loaded dice」ってのは本来、イカサマ用のサイコロという意味だったりします。
「loaded」は「たくさん入っている」という意味もあって、このキャラクターにはちょうどいい名前になっています。

I just wanted to point out that "Loaded Dice" is a great name.
In the Japanese manual they're just called plain old "dice".





●ブロックと壁 / Blocks & Walls
0622_08.jpg

「壊せるブロック」と「崩れる壁」の説明が日本版とアメリカ版でほぼ同じ意味になっています。
ただ、アメリカ版の説明書の画像では、ブロックと壁が間違って逆になってしまっています!

All the information about destructible blocks and disappearing walls is spot-on (though "floors" would be better than "walls").
Unfortunately, in the image, the US manual has the labels for blocks and walls swapped around!





●タイマー / Timer
0622_09.jpg

タイマーについてはアメリカ版の説明書には記載がありません。
(一番最初のキャラクター紹介パート I 以外)ほとんどの場所できちんと説明されているのに、この部分だけ記載がないのは気になるところです。

This is some extended explanations about the timer system, but none of it is in the US manual.
Apart from the character profiles, pretty much everything else from the Japanese manual was carried over into the US one, so it's fairly odd that this was omitted.





●ボーナスゲームとその点数 / Bonus Rounds & Points
0622_10.jpg

まずは、ボーナスゲームがいつ始まるかについて、日本版の「2、6、10、14・・・・・・」の「・・・・・・」がアメリカ版では伝わっておらず、完全に 2、6、10、14 でしかボーナスゲームが発生しないような説明になってしまっています。
加えて、このページを見ていて驚いたのは、当時のゲームとしても珍しく、アメリカ版でも「タバコ」と「ビール」がそのままに変更なしに記載されています!
多くのゲームで(特に子供向けのゲームでは)そういった酒タバコの類はアメリカ版では修正されており、このゲームのように修正されずそのままと言うのはなかなか無かったと思います。

There's a bit of a translation issue with the bit on when bonus rounds take place.
The Japanese manual lists them off "2, 6, 10, 14..." with the implication that they continue on with the same pattern, but the US manual ignores the "..." and makes it seem like you only get a bonus round after those four specific levels (which of course is not the case).
Another thing that shocked me here is the fact that cigarettes and tobacco were left as-is in the localization!
Pretty much any game back in the day, especially ones aimed at kids, would have that sort of thing edited to something more family friendly, so it's quite a rare sight to see that sort of content left intact.





●アソビン教授からのアドバイス / Helpful Hints
0622_11.jpg

当時の日本ではこのように、ゲームのアドバイスをするマスコットキャラクターが色々と活躍していたそうですね。
アソビン教授は最近、セガ・ハード・ガールズで復活しています!)
アメリカのゲームでも説明書にアドバイスが記載されることはありますが、このような普通にテキストだけでアドバイスするのが一般的です。

In the 80s and 90s, a lot of game companies had cute mascots like this to give advice in game manuals and the like.
(This guy, Professor Asobin, actually made a comeback recently as part of the Sega Hard Girls media line!)
You see them now and then in US manuals as well, but they're nowhere near as common, in my experience.





●スコアブック / Scorebook
0622_12.jpg

昔のゲームの説明書にはメモ用のページが数枚あったりするのをよく見かけましたが、このようなスコアブックは初めて見ました。
アーケードゲームだったらハイスコアが大事と言うのは分かるのですが、家庭用ゲーム機のスコアをこんな感じで記入する人っていたんでしょうか?

I've seen plenty of manuals with extra blank pages to take notes, but this is the first time I've ever seen a scorebook.
Certainly with arcade-style games getting a high score is the main goal, but I have to wonder how many people would've actually made use of this.





●パッケージ / Box Art
0622_13.jpg

アメリカにおける、SMS のソフトのパッケージは全て格子模様の背景になっており、シンプルなデザインのものが多かったです。
日本版のパッケージはゲームの雰囲気が伝わってきますが、気になるのはいしのようこさんがまったく写り込んでいないことです。
また、日米のパッケージ共にゲームカードの実物を表現しているのも面白いなぁと。

Pretty much all Master System games had this same style of packaging, with the blue grid background and very simple artwork.
The art on the Japanese game card certainly evokes the game itself well, but I was shocked that Yoko Ishino doesn't show up on the packaging at all.
It was also a little interesting to see that both boxes make a point of showing off the physical game card itself.





音楽コーナー
Music Corner



一昨年、はんだやレイブのコンピ用に作った、いしのようこさんと志村けんさんの声をサンプリングしてる曲というか、音声の組み合わせと言うかそんな感じのです。
全くもってしょうもないので是非この機会に聴かないで下さい。

I sampled Yoko Ishino and Ken Shimura to make this "track" (if you can call it that) for a Handaya Rave compilation a few years back.
You should definitely take this opportunity to keep scrolling and absolutely not listen to it.





いしのようこさんな本当に大好きで、いつの日か会いたいと願っています。
もし合わせて頂けるという方がいましたらご連絡をお待ちしています。
ではまた次回!

I would really, really love to meet Yoko Ishino someday.
If there's anyone out there who can help me with that, don't hesitate to drop me a line.
That's all for this time, see you next month!




posted by イアン at 11:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。