大衆酒場ベスト1000

2017年05月23日

第48回「ツイン・ピークス」/ #48 “Twin Peaks”

火よ、我と共に歩め
It Is Happening Again

今まで色々と僕の好きなゲームや小説について書いてきましたが、今回はまだ手を出していなかったテレビ番組について書きたいと思います。
僕の友達は知っている人もいるかもしれませんが、一番好きなテレビ番組と言ったら「ツイン・ピークス」です!
そして、その「ツイン・ピークス」の続編「ツイン・ピークス The Return」が 25年ぶりに開始されるとのことなので、タイミングもいいですし、今回は本家英語版と日本語吹き替え版の違いを見てみたいと思います!
ほぼネタバレもありませんので安心して読んでみて下さい。

I've written about a lot of my favorite games, and even one of my favorite book series, but one thing I haven't talked about yet is TV shows.
If you know me, you might already be aware, but one of my favorite shows is Twin Peaks.
Twin Peaks is returning after 25 years, so I felt like this was the perfect time to look at the differences between the English and Japanese dub of the show!
There aren't any spoilers, so feel free to read even if you haven't seen the show!





背景
Background

「ツイン・ピークス」は 1990年から 1991年までアメリカの ABC で放映されたテレビドラマです。
製作総指揮はエレファント・マンやブルーベルベットで有名のデヴィッド・リンチとヒルストリート・ブルースのマーク・フロストです。
ざっくりとストーリーを説明すると、ワシントン州のツイン・ピークスという街で高校生のローラ・パーマーが殺害され、FBI 特別捜査官のデイル・クーパーが事件の捜査を開始します。
しかし、メインとなるのは事件そのものの捜査ではなく、ツイン・ピークスの住民たちによる、一見変わった行動や人間関係です。
かなりの数の登場人物がおり、殺人事件とは一切関わっていない人物の話もたくさんあったりします。
このツイン・ピークスは 1991年にシーズン 2 の途中で打ち切りとなり、その最終話はクリフハンガーで終了してしまいました。

Twin Peaks is a drama series that was originally broadcast on ABC from 1990 to 1991.
It was created by David Lynch, then of The Elephant Man and Blue Velvet fame, and Mark Frost, otherwise best known for the show Hill Street Blues.
The basic gist of the story is that a high school girl named Laura Palmer is murdered in the small Washington town of Twin Peaks, and FBI Special Agent Dale Cooper is assigned to investigate.
That said, the main draw of the show is more the quirky characters and strange goings-on in the town of Twin Peaks, rather than just the murder investigation itself.
There are quite a few characters in the show, and many of their storylines don't actually tie in to the main mystery at all.
Twin Peaks was cancelled after its second season, and the show ended with an extremely shocking cliffhanger.



日本では 1991年 4月から WOWOW で日本語吹き替え版が初放送されました。
そのあと 1992年に TBS 系列でも放送されるようになりました。
また日本だけではなく、世界各国でも放送されるほどの大ヒット作品となっています。
ちなみにその当時、ツイン・ピークス関連の小説が 3つほど発売されて、その全てが日本語に翻訳され、発売されています。

In Japan, the show was first broadcast on premium network WOWOW starting in April of 1991.
In 1992 it began to be shown on local channels like TBS as well.
The show was also broadcast in a number of other countries, and was a huge hit across the globe.
Incidentally, there were three official Twin Peaks tie-in books released while the show was on, and all of them came out in Japan as well!





シリーズ内容について
Series details

ツイン・ピークスは全30話で構成されており、僕は英語版を何度も見ています。
ただ日本語吹き替え版を全て見比べるにはちょっと時間がかかり過ぎちゃいますので今回は第1〜3話、そして最終話に絞って見比べてみました。
その中で気がついた違いについて紹介していきます!

There are 30 episode of Twin Peaks total, and while I've seen them all in English plenty of times, understandably I didn't have time to watch them all in Japanese - and even if I did, there would probably be way too much to cover.
Instead, for the purposes of the article I watched the first three episodes as well as the finale in Japanese.
In doing so, I did find a lot of interesting differences, so let's take a look!





●音声 / Voices
英語版と日本語吹き替え版で最も大きな違いとなるとやはり音声となりますよね。
僕が見た限りにおいて、日本語吹き替え版の声優の演技は概ね、本家英語版の役者の雰囲気をいい感じに踏襲していると思いました。
特にセーラ・パーマーやルーシー・モランを演じている役者は結構ユニークな声をしているんですが、日本語吹き替え版では声優がそれを良く真似しており、スゴく良い印象を持ちました。

Obviously one of the biggest differences between the original show and the Japanese dub is going to be the voices.
From the episodes that I saw, most of the Japanese voice actors were fairly well-matched to their characters and delivered good performances.
I was especially impressed by the actors for Sarah Palmer and Lucy - they both have very distinctive voices that the Japanese VAs imitated quite well.



0523_01.jpg
セーラ・パーマー / Sarah Palmer





ただ、あまりキャラクターの雰囲気と違っているのも少々。
保安官であるハリー・S・トルーマンは日本語吹き替え版だと野太い声を当てており、保安官っぽくはあるんですが、キャラクターとしてはワリと穏やかな人物だったので少々違和感を感じました。

There were a few voice actors I found slightly less appealing as well, though.
Sheriff Harry S. Truman's Japanese voice actor has a very deep, commanding voice, which in general would be a good fit for a sheriff-type character.
However, Harry is actually quite soft-spoken, so the gruff voice felt a fair bit out of place.



0523_02.jpg
ハリー・S・トルーマン / Sheriff Harry S. Truman





あと吹き替えされている所とされていない所とで面白い所が色々とありました。
物語を通して何度かセーラ・パーマーが泣き喚くシーンがあるんですが、何故か泣き声が吹き替えされている時と吹き替えされていない時もあります。
恐らく、一連の台詞の途中で泣く時は吹き替えされており、泣くだけのシーンでは元の音声を使っているっぽいです。
他にも、役者が犬のように吠えるシーンとか、セリフではない音を口から鳴らしているシーンなどでは元の音声をそのまま使用しています。

There's also some interesting things to notice in regards to what is and isn't dubbed.
Sarah Palmer has quite a few scenes where she's in hysterics, and it varies from scene to scene whether or not her crying is dubbed by the Japanese VA.
From what I could tell, in scenes that transition between her talking normally and crying, the crying is dubbed, but in other scenes where it's only her briefly crying or screaming, they left the original English audio.
There's also a scene where a couple of characters bark at someone like dogs; this moment also retains the original audio track rather than being dubbed.




犬のように吠えるシーン / The barking scene





また、一連のシーンでノルウェー語と英語の両方を喋るキャラクターがいるんですが、ノルウェー語の時は元の音声を使っているけど、英語の時だけは吹き替えになり、ちょっと驚きました。(笑)
あと、可笑しくはないのですがロードハウスというバーでたまに歌を歌う事があるのですが、そういう時の歌は元の英語のままですね。(もちろん字幕は表示されます)

There's a character who speaks both Norwegian and English in the same scene, and in the Japanese version the audio isn't dubbed when he's speaking Norwegian, but suddenly switches to being dubbed into Japanese when he speaks English, which is quite jarring.
Also, it's not exactly strange, but there are a few scenes featuring live music in the Roadhouse (a bar), and the vocals for the songs are left in English for the Japanese version. (Though there are subtitles)



あと、英語版では特定のキャラクター達の声を「逆再生のモノマネを、さらに逆再生した」ように撮影(録音?)されており、元々のセリフというか言葉に聞こえはするのですがかなり歪んだ感じになっています。
日本語吹き替え版では恐らく英語版の様な録音はしておらず、ただ音声フィルターをかけただけになっている見たいです。
この特定のキャラクターは英語版でも日本語吹き替え版でも共通の字幕が入っているのですが、英語版ではセリフと字幕が一致しているのですが、日本語吹き替え版だとセリフと字幕の内容が微妙に異なっていところがあります。

A certain few character have their speech altered in a strange way - they were recorded as them imitating a reversed recording of their lines, and this recording is played back in reverse again.
Through this process, they are still speaking comprehendible English, but it makes their voices sound quite strange and warped.
I can't be 100% sure, but I don't think the Japanese dub for these characters was recorded in the same way.
Rather, it just sounds like they placed an audio filter over the voice recordings to make them sound weird.
Additionally, when these characters speak there are fixed subtitles in both languages.
Oddly, while these subtitles match up exactly to what the actors are saying in the English version, in Japanese they're actually rather different (though basically saying the same thing) from the dubbed speech.




歪んだ声があるシーンの英語版と日本語吹き替え版 / The backwards-speech scene in both English and Japanese.





●脚本の翻訳 / Script Translation
このようなテレビドラマを日本語に翻訳したりするとその内容が色々と変更されており、日本語吹き替え版で見ていると英語版とのニュアンスの違いに気が付きます。
例えば、英語版だとよく「God」「Oh god」「Oh my god」というセリフを使われるのですが日本語吹き替え版だとそれらが「なんてこと」とか「どういうこと」とかになっていることが多いですね。
まぁ、そういう風になるのは間違いないですし、どちらかと言えば英語の方が変わった慣用句ではあるなと感じてきています。
また面白いなと感じたのは英語版だと誰かを呼ぶ時に「Sweetie」とか「Sweetheart」とかの愛称で呼ばれたりすることがあるのですが、日本語吹き替え版だと愛称ではなく名前で呼ばれていて、またそうでない時、日本語吹き替え版だと名前すら呼ばれないことが多いんです。
何故かと考えると日本語では愛称を使うより、名前で呼ぶほうが愛情表現として深い印象になるのではないかと、そんな推測をします。

It's understandable that there will be some small changes here and there when localizing an American TV drama into Japanese, but watching Twin Peaks in Japanese actually helped me notice some interesting differences in nuance between the two languages.
For example, phrases like "God"/"Oh god"/"Oh my god" show up a lot in the English version, and in the Japanese dub the usually end up as some form of 「なんてこと」 (which literally means "What's happened?".
The conveyed meaning in the end is the same, and really thinking about it the English version is the one that's a rather out-of-the-ordinary set phrase.
Another interesting thing I noticed is that when characters call each other things like "Sweetie" or "Sweetheart", this is often replaced in the Japanese dub by the characters using each others' first names, and the opposite is often true as well.
It seems that in Japanese, calling someone by their name is actually a lot more personal and intimate than it is in English!









当然ですが英語の細かい表現が上手く伝わっていない所もたまにあったりします。

As can be expected, there are also moments now and then where the intended meaning of the original English doesn't entirely come across intact in Japanese.


例@:
マイク「なんかやばい」

Mike: "Something's up."

ボビー「どこ」

Bobby: "Where?"

「Something's up」は「What's up?」と同じ感じの慣用句で、ボビーがその「up」(直訳で「上」)に対して、上から目線の冷めた感じに「Where?」と言っていますが、日本語吹き替え版では「Where?」がそのまま直訳の「どこ」になっており、それだとちょっと意味が変わってきます。
例えばですけど、マイクが「相当やばい」と言ったところ、ボビーは「外がやばい」と聞こえたフリをし、それに対して「どこ」と返しているような感じだと、英語版と同じような表現になったのではないでしょうか。

Bobby gets a little sarcastic here by taking the "up" literally.
In the Japanese dub, his response is still "Where?", but Mike's simply essentially saying "Something bad's happened.", so some of the meaning is lost.



例A:
ベンジャミン・ホーン「楽に取得できるはずだ。面倒な手続きなしにな。」

Benjamin Horne: "We're gonna be able to get it for a song. One verse, no chorus."

英語では「for a song」という慣用句があって「二束三文」とか「捨て値」という意味です。(「ただ歌を歌うだけで」という感じです。)
この時、ベンジャミンはその言葉を元にさらに言葉遊びを足して「 One verse, no chorus.」。つまり「一節だけ、折り返しなし」と言ってます。
日本語で元の意味は伝わっているものの、遊び無しの普通の言葉で伝えちゃっているのがちょっと残念だなと思いました。

The expression "for a song" in English refers to being able to get something for very cheap, or without much effort.
(The origin being the idea of paying for something simply by singing a song for someone.)
Ben takes the same analogy even further with his little "One verse, no chorus quip."
The Japanese, unfortunately, is a much more straightforward "We should be able to get it easily, no trouble at all."



例B:
「未来の過去の暗黒を通して
魔術師は見たいと乞い願う
二つの世界の狭間の一つのチャンス
火よ、我と共に歩め」

"Through the darkness of future past,
the magician longs to see.
One chants out between two worlds,
fire walk with me."



英語は同音異義語や同音異字が多く、意味が曖昧になることが割りとよくあります。
上記の詩はストーリー中に何度も出てくるもので元から少々意味不明なんですが、それでも日本語吹き替え版とで気になる違いがあります。
まず、そもそもの英語の台本が間違っていたため、日本語についても 3行目が間違っています。
台本では「One chance out between two worlds」になっており、日本語吹き替え版でもその通りの翻訳がされています。
しかし本当のところは「One chants out between two worlds」なので日本語訳としては「二つの世界の狭間で一人が唱える」的な意味になるはずです。
「One chance」と「One chants」の違いで「One」の意味が大きく変わってきます。
もう一つは「火よ、我と共に歩め」の解釈でそれ自体は間違いのない解釈だと思いますが、元の英語からは「火を我と共に歩め」という解釈にも見えます。
「火よ」と「火を」は音が近く、「火よ」としたことは間違いなかったと思いますが、やはり文字にすると日本語では曖昧さがなくなってしまいますね。

Because English has things like homophones and homonyms, the intended meaning of a phrase can sometimes not be crystal clear.
The above is a poem that pops up now and then in the show.
It's pretty mysterious from the get-go in English, but I still noticed a couple things about the Japanese version.
First off, the Japanese version of the third line is translated based on an incorrect version of the script which reads "One chance" rather than "One chants".
It's pretty crazy how just by the change of "chants" to "chance", the meaning of "One" changes too!
Another though I had relates to the final line.
There a couple of ways to read it: "Fire, walk with me", with the line being directly addressed to fire; and "Fire walk with me", i.e. asking someone to "fire walk" with you.
The first version is the likely correct interpretation, and it's the one the Japanese dub goes with.
Interestingly enough, it's very easy to mishear 「火よ」 (hi yo) as 「火を」 (hi wo), and the latter would actually end up making the link similar to the second potential interpretation of the English that I mentioned above.
However, looking at the words themselves, there's no ambiguity in the Japanese version - I think it's cool in general how little ambiguity there can be in written Japanese.



最後は上述以外で気が付いた細かい違いについて。
ほとんどの場合、アメリカで使われているヤード・ポンド法からメートル法に変換されています。マイルがキロメートルになったり、華氏が摂氏になってたりする部分です。
ただ、日本語吹き替え版でもお金は元のドルを使っており、もちろん円にしたらおかしいんですがちょっとややこしい感じがしました。
あと「FBI」の話がよく出てきますが「FBI」って言う時、日本語吹き替え版でもそのまま「FBI」ですが、「Federal Bureau of Investigation」と略さず言う場合は日本語吹き替え版では「連邦捜査局」と言っており、なるほどなぁと関心しました。

I'll continue with just a few more stray observations from watching the show.
Most units have been converted from Standard to Metric, i.e. miles to kilometers, Fahrenheit to Celsius, etc.
However, the monetary unit was left as dollars, which certainly does make sense, but still stands out as slightly strange in light of all the other adjustments.
The FBI comes up a lot in the show, and whenever the acronym is used the Japanese dub also simply says "FBI".
However, when it's spoken out completely as "Federal Bureau of Investigation", the dub does use the Japanese name for the FBI, 「連邦捜査局」 (renpou sousa kyoku).



最終話でとあるキャラクターが聖書の一節を語るシーンがあって、日本語吹き替え版においても意味が正しく翻訳されているんですが、日本語版の聖書を調べた所、その翻訳とは全然あっていないんです。
もしかしたら翻訳した人はこの文章が聖書からの引用とは気が付かずに翻訳してしまったのかもしれません。
あと英語版の英語字幕はセリフとそのまま、まったく同じ事が書かれていますが、日本語吹き替え版は、上述の逆再生のところ以外も含め、字幕の内容自体は同じ意味なんですが、言っていることと字幕が全然あっていません。
例えば「未来の過去の暗黒を通して」が字幕で「来るべき過去の闇をー」になっていたり、「楽に取得できるはずだ。面倒な手続きなしにな」が「ただ同然で我々のものだよ」となっていたり。
日本語のドラマを字幕付きで見たことがないので分からないのですがこういうのって普通なんでしょうか?
最後にもう一つ、「a cup of coffee」が「コーヒー二杯」になってるところがあって「えっ?なんで増えてる?」と思いました。(笑)

There's a scene in the finale where a character recites a passage from the Bible.
While the Japanese dub script is an accurate translation of the words, it doesn't actually match up to the Japanese translation of the Bible at all.
I would hazard a guess that the translator wasn't aware of the origin of the passage being recited.
Another strange thing I noticed is that while the English closed captioning pretty much matches exactly with what the characters are saying, the same isn't true for the Japanese.
The subtitles convey basically the same information, but worded quite differently a good chunk of the time.
I haven't watched many other things with both Japanese voices and subtitles, so I'm not sure if this is a common thing, or if it's unique to Twin Peaks.
Lastly, just a tiny thing that caught my eye: there's a line where someone asks for "a cup of coffee"; for no apparent reason this is changed to "two cups of coffee" in the Japanese version. Weird, huh!






劇場版
The movie

「ツイン・ピークス」は 1992年に公開された劇場版もあって、そちらも日本語吹き替え版で見てみました!
内容としてはテレビ版の前日譚で、新しいキャラクターはいるにはいるんですが、ほぼテレビ版のキャラクターとなっています。
あと珍しいことに一般公開された最初の国が日本だったりします。アメリカでの公開より 3ヶ月も早いのです。

A Twin Peaks feature film was released in 1992 - I checked it out in Japanese as well.
The movie mostly serves as a prequel to the TV series, and features new characters as well as quite a few returning faces.
Surprisingly, the movie actually came out in Japan before anywhere else, and a whole three months ahead of the US release.
As you might know, usually the situation is the opposite.





●タイトル / Title
劇場版の英語のタイトルは「Twin Peaks: Fire Walk With Me」です。上述の「火よ、我と共に歩め」ですね。
しかし日本でのタイトルは全然違くて「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」になっています。
映画の(一部の)内容は間違いなくローラ・パーマー最期の7日間なんですが、なんで変えたのか気になります。
おそらく英語のタイトルがちょっと分かり難いところもあるからなんでしょう。テレビ版を見てない人にとっては特にそうかも知れません。
そして日本ではローラ・パーマーが人気キャラクターになっていることもあり、それを宣伝文句にしたかったのでしょう。

The English title of the movie is "Twin Peaks: Fire Walk With Me" - taken from the poem mentioned above.
In Japanese, though there's a different title: 「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」 ("Twin Peaks: The Last Seven Days of Laura Palmer").
That title certainly does describe what a good chunk of the movie is about, but I am curious what led to the change.
It's certainly true that "Fire Walk With Me" isn't the most informative of titles, especially if you haven't even seen the show.
Another factor may have been the fact that Laura Palmer was an incredibly popular character in Japan, moreso than she was even in the US, so the may have been taking advantage of that for marketing purposes.





0523_03.jpg
「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」のポスター / "Posters for the English and Japanese versions of the movie."





●声優 / Actors/Voice Actors
ドナ・ヘイワードというキャラクターがいて、テレビ版と劇場版の両方に登場しますけど、色んな理由でそれぞれ役者が違います。
それを知った上で日本語吹き替え版の声優はどうなっているのかなと確認したところ、声優も変わっていてわざわざ変えたのかなと思ったのですが。よくよく見てみるとその他の声優も何人か変わっていたりするのでわざと変えたということでもないみたいです。
というか一部の声優だけ何故変えるのか気になります。何ででしょうか?
映画シリーズとかだと大体同じキャラクターは同じ声優になると勝手に思い込んでいましたがそうじゃない場合もあるのかなと。
これから始まる 25年ぶりの新シリーズの声優がどうなるのか気になるところです。

There's a character named Donna Hayward, and for a few reasons she ended up being played by a different actor in the movie than she was in the TV series.
Knowing that, I got curious about how they handled the Japanese dub for the character.
For a moment I was quite excited, because Donna is indeed dubbed by a different person in the movie.
However, some other characters' voice actors also changed during the movie, so it's possible it was simply a happy coincidence.
I do assume that most movie series use the same VA for the same characters over the course of the series, but maybe that's not always the cast in Japan.
I'm also curious to see who's doing the dub for the new season, and if any actors return from the original dub.



あと上述した、吹き替えされている・されていない話ですが、劇場版にも逆再生のセリフがあるんですが、何故かテレビ版とは違い、そのシーンは元の英語の音声を使用しています。
再現しにくいから英語のままでという考えだったかもしれませんね。まぁ考えてみれば本当にそのまま英語で良いと思います。

Also, I mentioned that there are moments where dialogue is surprisingly not dubbed.
There's a scene in the movie with the backwards-talking characters I mentioned before, but this time around it's simply not dubbed at all.
Honestly I wonder if they found he voice recording/distortion process too difficult to emulate in Japanese, and so they decided to not even waste time trying.
Personally, I actually think that approach isn't the worst idea ever.






番組の影響
Cultural impact

「ツイン・ピークス」はアメリカの一般文化に最も偉大な影響を残したテレビドラマだと思います。
テレビ番組の形を変えたとまで言われ、影響を受けたテレビドラマがたくさんあったります。
当時、それまでになかった様な人気で、毎週放送された翌日には必ずとみんながウォーターサーバの周りに集まってドラマについて語り合う現象が生まれたほどです。
打ち切りになった後もファンの愛情は続き、今でも「Twin Peaks Festival」などのファンイベントが開催され続けています。

Twin Peaks had a huge impact on both US culture in general, and US television specifically.
There are dozens of shows which site Twin Peaks as an inspiration, and the show brought about an evolution in the type of content created for and broadcast on television.
The show was so popular during its time, that water-cooler discussions of the most recent episode became a common thing at many companies.
There's even a yearly gathering for Twin Peaks fans: the Twin Peaks Festival!





0523_04.jpg
Twin Peaks Festival はこんな感じらしいです / A photograph from the 2012 Twin Peaks Fest.



今でこそ日本ではその影響は残っていないかもしれませんが、当時アメリカに次ぐ人気を誇っていました。
ドラマを放送した WOWOW は登録者の 30%がツイン・ピークスを見るために入会したと言われています。
また「ピーカー」と呼ばれる熱心なファンがたくさんおり、多くの人がロケ地に訪れたそうです。
そして劇場版の公開当時、公開記念ローラ追悼集会まで行われたそうです。

While the show doesn't seem to have had a huge long-term impact on Japanese culture, it was hugely popular when it originally aired, the fanbase second only to that of the US.
Apparently over 30% of WOWOW subscribers at the time had subscribed solely to be able to see Twin Peaks.
Fans in Japan became known as "Peakers", and would travel in droves to the original filming locations in the US.
There were even "official memorials" for Laura Palmer held in public in Japan to commemorate the release of the film!





0523_05.jpg
当時の日本はこんな感じだったそうです / The Japanese fanbase was pretty dedicated back in the day.



0523_06.jpg
公開記念ローラ追悼集会 / One of the "official memorials" for Laura Palmer held in Japan.



そしてなぜかジョージアコーヒーとのコラボ CM までありました。(笑)

In a bizarre collaboration, there was even a series of Twin Peaks-themed commercials for Georgia Coffee!





見てみてください / Give it a watch!






音楽コーナー
Video Corner


僕の友人である Burning が作った、ツイン・ピークス劇場版をサンプリングしたノイズの曲です。
去年、ALLKORE で出した映画館レイブの CD に入っています!

This track from my good friend Burning was inspired by and features sampling from the Twin Peaks movie.
It's included on the Hollywood movie remix CD released last year on Allkore!





ツイン・ピークスの 25年ぶりの続編は 7月22日から WOWOW で放送始まります
ただ、今回の更新と同じタイミングになりますがアメリカではすでに始まっています。
早く見たいならもう見ちゃった方がいいと思いますよ!
ではまた次回ー!

Twin Peaks is happening again on Showtime. Please consider watching it.
I'll see you again in one month.




posted by イアン at 11:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。