大衆酒場ベスト1000

2017年04月20日

第47回「ディグダグ」/ #47 “Dig Dug”

ディグリましょう!
Yo, Dig Dug, man. Dig Dug, Dig Dug yo.

僕が一番好きなゲームは「スペランカー」なんですが、スペランカーに限らず、洞窟や地中を冒険するゲームって一杯ありますよね。
グーニーズ」はほぼ洞窟だし、「洞窟物語」や「ミスタードリラー」など一ジャンルを築いているぐらい多いのではないでしょうか。
今回はちょっと理由があるのですが、その中の一つである「ディグダグ」について見ていきたいと思います。
いつもと少し毛色が違いますが読んでみて下さい。

My favorite cave exploration game is Spelunker, but there are a lot of other games that take place underground and in caves.
Most of The Goonies is underground, for example, and with other games like Cave Story and Mr. Driller, you've basically got a whole genre going!
This time, we're going to take a look at another game from that genre: Dig Dug.
For various reasons, I had to take a little bit different approach than usual, but read on to find out more!





背景
Background

ディグダグは 1982年にナムコからリリースされたアーケードゲームです。
アーケード版は日本とアメリカでほぼ同時リリースだったようですがアメリカでのパブリッシャーはナムコではなく、アタリがおこっています。
その後、たくさんの移植版、続編、リメイク版などがリリースされ続けています。
最新作は 2009年にリリースされたモバイル版である「Dig Dug REMIX」ですね。

Dig Dug was first released by Namco in 1982 as an arcade game.
The arcade version was released in Japan and the US at about the same time, but in the US the publisher was Atari rather than Namco.
In the years since then, quite a large number of sequels, ports, and remakes have been released.
The most recent Dig Dug game is Dig Dug REMIX, released for smartphones in 2009.



ゲーム内容は地中を掘りながら移動しつつ、敵キャラを倒すゲームです。
倒す方法は岩を敵キャラに落として潰すか、ポンプの付いた銛を敵キャラに刺し、ポンプで膨らませて破裂させるかの 2つです。
ちょっと面白いポイントとして BGM があります。これは主人公であるディグダグを移動している時にしか BGM が再生されないというところ。
それをネタにしたアメリカ人のゲーム系コメディ軍団による動画がありますので見てみて下さい。

To summarize the game flow, you basically dig through the earth and defeat enemies to clear each stage.
To kill enemies, you can either inflate them with your pump until they explode, or cause a rock to fall on them.
Probably the most interesting thing about the original Dig Dug is that it does have a sort or background music, but it only plays while your character is in motion.
The boys over at Mega64 used that as the basis for a skit years ago, check it out!









ゲーム内について
Game contents

すでに分かっている人もいるとは思いますがディグダグにストーリーはありません。
ゲーム内で表示されるテキストは UI で使われているちょっとしたところのみ。日本語版ですら最初から全部英語で表記されています。
まぁ、そうは言ってもちょっとぐらい違いがあるのではないかと思い、今回は少し別方向から色々調べてみました。

Some of you might already be aware, but Dig Dug doesn't really have a story in-game.
There's also not really all that much text in the game in general, and the text that is there is already all in English, even in the Japanese version.
With that being said, I had to take a little bit of a different approach this time - but I still found some interesting differences!





●移植版それぞれ / Ports
当時、アーケード版がリリースされるとその後、たくさんの移植版がリリースされました。
しかし、当時は日本とアメリカで共通するゲームハードは非常に少なかったですよね。
もちろん一番人気はファミコン(FC)NES でしたが、FC でリリースされたディグダグは何故か NES ではリリースされませんでした。
また日本では多くの PC系ハードに移植され、アメリカではアタリのハードシリーズやコモドール 64 などに移植されています。
それぞれ同じゲームなのに見た目がだいぶ違いますね。はじめに日本でリリースされたものを見てみましょう。

As I mentioned, after the arcade version of Dig Dug came out, there were a ton of ports.
Well, one thing to keep in mind is that back in those days, there weren't too many game consoles or hardware being sold in both Japan and the US.
Of the ones that did exist, the Famicom/NES was certainly the most popular, and Dig Dug did get a release on the Famicom, but for some reason it never came to the NES at all.
Instead, the game got ported to various PC-based systems in Japan, and in the US it was released for consoles like the Commodore 64.
Most of these versions of the game played pretty much exactly the same, but the look of the game itself varies wildly based on the hardware.
First, let's take a look at some of the versions of the game released in Japan.




0422_01.jpg



続いて、アメリカでリリースされたもの。
And now, some of the different US Dig Dug versions.




0422_02.jpg



当時、一番アーケード版に近かったのが FC 版だったので、NES 版がリリースされなかったのは残念だなとおもいます。

When all these ports were first coming out, the Japanese Famicom version was one of the closest ports to the arcade version, so it's an even bigger bummer that an NES localization never got made.




●キャラの名前 / Character Names
調べた限り、敵キャラの名前は最初からずっと変わらず、ゴーグルをかけた赤い風船怪獣「プーカァ」(Pooka)と火を噴く緑の怪獣「ファイガー」(Fygar)になっています。
ずーっと同じキャラを使っているのは、いいなーと思います。

As far as I can tell, the enemy names have been consistently translated as Pooka (プーカァ, puukaa) and Fygar (ファイガー, faigaa).
Props to Namco for the impressive levels of consistency with that.



そして、主人公の名前は「ディグダグ」、英語版でも「Dig Dug」でした。
でも本当の名前はディグダグではなく「ホリ・タイゾウ」だそうです。
これはミスタードリラーシリーズの主人公「ホリ・ススム」というキャラがいて、その父親がディグダグのホリ・タイゾウという設定になっているから。
英語版ではそのまま「Susumu Hori」と「Taizo Hori」となっています。名前の意味が完全には伝わらないと思いますが、その父子の設定が残っているのは良かったです。

In the first few games, the protagonist is simply called Dig Dug in both Japanese and English.
However, that's not actually his real name - in Japanese, Dig Dug's real name is 「ホリ・タイゾウ」 (hori taizou).
Not only that, but the Mr. Driller series protagonist's real name is 「ホリ・ススム」 (hori susumu) - they're father and son!
The handful of US-localized games that mention these names leave them in the original Japanese: Taizou Hori and Taizou Susumu.
But the names are actually puns! 「掘りたいぞ」 (horitai zo) means "I wanna dig", and 「掘り進む」 means "keep on digging".
So not only is none of that carried across into English, switching the name order (an understandable necessity) makes the jokes incomprehensible even if you do know Japanese!





0422_03.jpg
名前が「同じ」だとしても「同じ意味を持っている」ということではないですね。 / Just because the names are the same doesn't mean the names are the same, if you know what I mean.



●続編 / Sequels
ディグダグを調べて初めて知りましたが、実はアメリカでしかリリースされなかったディグダグの続編があります!
2001年に「Infogrames」から PC でリリースされた「Dig Dug Deeper」というタイトル。
内容ほぼ同じで、ディグダグの 3D リメイク版といった感じです。

I never came across this before, but Dig Dug actually had a US-only sequel!
In 2001, Infogrames released Dig Dug Deeper for the PC.
The gameplay is pretty much the same, and it's essentially a 3D reimagining of the original Dig Dug.






ちょっとしょぼい感じがしますけどね。 / It doesn't look the greatest, though.



そしてその逆に日本のだけリリースされたディグダグもあります。「ディグダグアイランド 南の島のプクプクポン」は 2008年に PC でリリースされました。
内容は「ディグダグII」と同じシステムの 3D ゲームで完全オンラインゲーム。1年も経たずにサービスを終了してしまったらしいです。

There's also a Dig Dug game that was only released in Japan: 「ディグダグアイランド 南の島のプクプクポン」 (Dig Dug Island), released on PC in 2008.
It was an original online multiplayer game somewhat based on Dig Dug II. Unfortunately, it didn't even last a year before the service was ended, and now the game is no more.






こちらのはなんだか楽しそうでやってみたいです。 / This, on the other hand, looks like something I would've liked to have been able to play.





●ナムコのブランド / Namco(t)
直接ディグダグとは関係ないですがずっと気になっていたのでついでに調べて見ました。

This isn't specifically Dig Dug-related, but I've always wondered about it so I looked into it.




0422_04.jpg



株式会社ナムコの英語表記は「NAMCO」ですね。だけど何故かたまには「NAMCOT」になっていることがあります。ディグダグの FC 版がまさにそうです。
調べたところ、1980〜1990年代の家庭用ゲームソフトでのみ使われていたコナミの別ブランドとか。
その「ナムコット」の「コット」は、「マスコット」を指しているそうで、なんか家庭用ゲームがアーケード版のミニチュアなもの、つまりマスコットという意味だそうです。
1995年からは NAMCOT が廃止され、NAMCO に統一されました。

The name most of us are used to seeing for the company's products is "NAMCO" (short for Nakamura Manufacturing Company), yeah?
Some games from the 80s and early 90s, though, say "NAMCOT". Dig Dug's Famicom version is one of them.
I did some poking around, and apparently Namcot was a sub-brand used for Namco's home games division (as opposed to arcade games) in the 80s and 90s.
The name supposedly comes from a combination of "Namco" and "mascot" - the home versions of games being miniature "mascot" versions of their arcade counterparts.
They stopped using the Namcot brand in 1995, and from that point on everything's just been Namco.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

ディグダグは NES 版がないので見比べる説明書がないのですが、そのかわりにパッケージのイラストなどを見てみましょう!

Since there's no NES version of Dig Dug, there's no manual to directly compare, but that doesn't mean I have nothing to show you! Let's look at some box art and more:




●ディグダグのパッケージ / Dig Dug box art
0422_05.jpg

タイトルロゴは完全に同じで、イラストはほぼ同じような設定ですが、見た目が随分と違いますね。
FC 版の方はロゴと同じくスタイリッシュな雰囲気ですが、アタリ版はなんかちょっとリアルな感じがします。
アタリ版のファイガーがなんか怖がっている感じがしてちょっと笑えます。

They both use the same game logo, and the content of the illustrations is pretty similar, but the styles are totally distinct.
The Famicom box art kind of emulates the same style as the logo, while the Atari art goes for a more straightforward-looking style.
I couldn't help but chuckle at how distressed the Fygar looks on the Atari box, haha.





●ディグダグIIのパッケージ / Dig Dug II box art
0422_06.jpg

ディグダグと違って続編のディグダグII は FC 版も NES 版もあります。
タイトルロゴと主人公のイラストはほぼ一致(着色が一部違う)していますが、それ以外は色々と違いがあります。
NES 版はファイガーのみですが FC 版はプーカァのみです。アメリカ人にはドラゴンの方が面白そうじゃないかな?
あと FC 版は島が「ディグダグ」ロゴの形になっていますが、NES 版は全然関係なくなっていてちょっと残念です。

Interestingly, while the original Dig Dug didn't get an NES release, the sequel Dig Dug II did.
Once again the game logos are the same (aside from coloration), as are the illustrations of the main character, but other than that they're completely different.
The NES art only has a Fygar on it, while the Famicom art only has a Pooka. Maybe they felt like a menacing dragon would be more eye-catching to US consumers?
I do really like how the islands on the Famicom box art replicate the "Dig Dug" logo, it's a shame they did away with that for the NES version.





●CM / Commercials
今回は説明書を見比べられないので他に何かないかなぁと考えていたところ、CM がありました。(今まで当連載では CM について調べてこなかったのが自分のことながら何故だろうかと?)
ディグダグは日本でもアメリカでも CM が放送されていましたので見てみて下さい。

Since I couldn't do a manual comparison this time, I started thinking about other things to compare, and then it hit me: commercials.
(I'm actually surprised it's taken me this long to think of comparing game commercials in general!)
Dig Dug had commercials in both the US and Japan, so let's take a look.






日本の CM / Japanese Dig Dug commercial






アメリカの CM / American Dig Dug commercial




アメリカの方が少し長めで結構気合を入れて作っている感じ。オリジナル曲まである!
日本のは割りと不思議な感じの作りになっています。それはそれで面白いのですがこれでゲームを買いたくなるのでしょうか?

I was really surprised at the crazy level of effort put in to the US commercial. There's even an original song - which at one point was going to be sung by Chuck Berry!
The Japanese commercial, on the other hand, is just kind of bizarre, but maybe that in itself got people interested in checking out the game?





音楽コーナー
Music Corner



今月末の M3ALLKORE の新譜がリリースされます!
ディグダグ、スペランカー、グーニーズなどの洞窟ゲームリミックスはたくさん入っていますよ!

The new Allkore CD comes out at the end of this month!
There's tons of underground game remixes: Dig Dug, Spelunker, Goonies, and more!





0422_07.jpg
AKND-04 "UNDERGROUND TECHNO 〜洞窟レイブ〜"
2017年4月30日に「M3 2017春」にて頒布
スペース:I-09b ALLKORE
価格:1,000円
新譜特別セット:1,500円



詳しくはこちらをご覧ください!

Click here for more info!




ディグダグじゃないですけど、Nintendo Switch の新しいソフト「みんなでワイワイ!スペランカー」(SQUARE ENIX)が先日リリースされました!
これからやりまくる予定です!今まさにやりまくっているかも!オンラインもありますのでみんなでワイワイ!しましょう〜!
(英語版がまだなので見比べはまだ出来てません・・・)
そして次回はゲームじゃないものになりますがお楽しみにしていて下さい!

It's not Dig Dug, but the new Spelunker game for the Nintendo Switch just came out!
I'm going to be playing the heck out of it (I probably am as you're reading this). It has online multiplayer, too, so let's all go Spelunking!
(Unfortunately there's no English version yet, so no article on it for the time being...)
Also, next month is going to be a non-game article again, so look forward to that!



posted by イアン at 17:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。