大衆酒場ベスト1000

2017年03月22日

第46回「世にも不幸なできごと」/ #46 “A Series of Unfortunate Events”

読まないほうがいい
Look away

前回、最後の方にちょっとだけほのめかしましたけど、今度は久しぶりにゲームではないお話です!
先月、前回の原稿を書いていた頃、クレイジータクシーの回で Ben さんという人からコメントを頂いており、その中でぜひ観てほしいというタイトルを教えてもらいました。
それは 15年ぐらい前のもので「世にも不幸なできごと」というシリーズ物の小説。
最近では Netflix でテレビドラマ化され、評判が良いということで話題になっています。
自分も当時から気になっている小説だったのと、全シリーズが日本語に翻訳されているとのことなのでローカライズについて、その違いを見てみたいと思います。

I teased this a bit last time, but this month we're stepping away from the world of games temporarily!
As I was writing last month's entry, I noticed that a reader, Ben, had left a comment on the Crazy Taxi article, recommending a topic to write about.
That topic? Popular children's series "A Series of Unfortunate Events" - AKA "世にも不幸なできごと" (yo ni mo fushiawase na dekigoto)!
The recent Netflix adaptation of the series was very well-received, and has been getting a lot of buzz.
I've actually been a huge fan of the series since like the eighth book came out, and the whole series was localized into Japanese, so I'm looking forward to taking a closer look!





背景
Background

「世にも不幸なできごと」は、1999年から 2006年にかけ、作家レモニー・スニケットによりアメリカで出版された全13巻のおよぶ子供向けのシリーズ小説。
子供向けとはいえ、読者は子供に限らず、ハリー・ポッターの様に世界的な人気作品となっています。
基本的なストーリーはボードレール家の三姉弟妹(ヴァイオレット(長女・14歳)、クラウス(長男、12歳)、サニー(次女、0歳))の両親が突然亡くなってしまいますが、その後、三姉弟妹を引き取ったオラフ伯爵がボードレール家の莫大な財産を横取りすべく、三姉弟妹をつけ狙う話です。
ほとんどの場合、1巻ごとに三姉弟妹の保護者が変わり、オラフ伯爵は何かしらの変装をして財産を横取りしようと三姉弟妹の保護者に成り代わろうとします。
ただ、シリーズ後半ではそのパターンがなくなり、その昔ボードレール家の両親やオラフ伯爵も関わっていた秘密結社を巡る、意味深い物語になっていきます。

"A Series of Unfortunate Events" is a 13-book children's series published from 1999 to 2006.
Though aimed at younger children, the series attracted readers of all ages around the globe, and enjoyed sales and popularity that almost rivaled those of Harry Potter.
To quickly touch on the main elements of the story, the three Baudelaire children, Violet, Klaus, and Sunny, are suddenly orphaned when their parents die in a fire that destroys their home.
They are sent to live with Count Olaf, supposedly a distant relative, who turns out to be an evil man who plots to steal their inheritance throughout the series.
The first half of the series follows a pattern of the children being sent to live with a new guardian, and Count Olaf inevitably showing up in disguise with a new scheme to get his hands on the Baudelaire fortune.
In the second half, the Baudelaires are forced to become more independent, and begin to learn a number of truths about their parents, Count Olaf, and the secret organization all three belonged to.



日本では第1巻が 2001年に、最終巻の第13巻が 2008年に出版されました。
ただ、メインストーリーでは無いもののストーリーに深く絡んでいる 2冊の本があるのですがそちらはどちらも日本では出版されていません。
一つ目は「レモニー・スニケットの無許可自伝」(Lemony Snicket: The Unauthorized Autobiography)という、物語の色々な秘密が少しだけ明らかになる本です。
写真や手紙、新聞記事などをイメージした内容が多く、完全にローカライズするのは中々難しそうな本です。
もう一つは、「ベアトリスの手紙」(The Beatrice Letters)という簡単に言えば手紙をまとめた感じの本でこちらは変わった形態の本で、こちらも翻訳しにくい部分が多いです。(ポスターが付いていたり、ページから文字が抜き出せたりできる)
こちらも物語の重要な内容が含まれるためローカライズされないのはちょっと残念ですね。

In Japan, the first book in the series was published in 2001, with the subsequent 12 volumes being released regularly and the final entry arriving in 2008.
However, there are also two companion books which, while not part of the main series, provide information necessary to get the whole picture of the series, and these were not published in Japan.
the first, "Lemony Snicket: The Unauthorized Autobiography", is a collection of documents which purport to shed light on some of the series' mysteries.
As it's made up of document facsimiles, photographs, and other similar items, it's certainly understandable that translation would be difficult.
The other book, "The Beatrice Letters", takes the form of a series of letters, but is presented in a slightly unusual form which would likely also make translation difficult. (The book comes in a fold-out pouch, and includes both a poster as well as pages in the main book which have letters that can be punched out of them.)
The latter work is quite integral in understanding some of the series' most important mysteries, so it certainly is a bit of a shame that it wasn't brought over.





0322_01.jpg
「レモニー・スニケットの無許可自伝」の内容はこんな感じ / This should give you an idea of the content in the Unauthorized Autobiography.






シリーズの内容について
Series details

13巻もありますので、全ての違いを見比べようとしたらいくら時間があっても足りません。なのでシリーズ全体からいくつかの特徴的な部分がそのようにローカライズされているか見て行きたいと思います。
まずは、全巻における英語と日本語のタイトルを比べてみましょう!

Since there's a whole 13 books in the series, I certainly don't have the time or space in one entry to look at every book in detail, so let's just take an overview of the series instead.
First things first, let's look at the books' titles!





●タイトル / Titles
日本語版タイトル英語版タイトル
シリーズ名「世にも不幸なできごと」Series name: A Series of Unfortunate Events
第1巻「最悪のはじまり」Book the First: The Bad Beginning
第2巻「爬虫類の部屋にきた」Book the Second: The Reptile Room
第3巻「大きな窓に気をつけろ」Book the Third: The Wide Window
第4巻「残酷な材木工場」Book the Fourth: The Miserable Mill
第5巻「おしおきの寄宿学校」Book the Fifth: The Austere Academy
第6巻「まやかしエレベーター」Book the Sixth: The Ersatz Elevator
第7巻「鼻持ちならない村」Book the Seventh: The Vile Village
第8巻「敵意ある病院」Book the Eighth: The Hostile Hospital
第9巻「肉食カーニバル」Book the Ninth: The Carnivorous Carnival
第10巻「つるつるスロープ」Book the Tenth: The Slippery Slope
第11巻「ぶきみな岩屋」Book the Eleventh: The Grim Grotto
第12巻「終わりから二番目の危機」Book the Twelfth: The Penultimate Peril
第13巻「終わり」Book the Thirteenth: The End


シリーズ名はほぼ同じ意味ですね。ただ、英語版ではシリーズ名そのものに「A Series of 〜」という言葉を使ってて、この物語がシリーズであることだけではなく、各巻で不幸なできごとが連続して起こるというダブル・ミーニングになっています。
日本語版はナンバリングに「第1巻」「第2巻」と一般的なものを使用していますが、英語版のナンバリングはちょっと珍しい形になっています。
一般的には「Book 1」とか「Volume 1」なんですが、物語の設定に合わせ、ゴシック的な雰囲気が出るよう「Book the First」、「Book the Second」という表記にしています。

"A Series of Unfortunate Events" is translated fairly closely into Japanese, but it drops the "Series" bit, which loses the double entendre of 1) it being a book series and 2) a number of bad things happening in short order.
The Japanese books are called "Book 1" or "Volume 1", but as you can see, the original English books used a slightly out of the ordinary numbering.
"Book the First", "Book the Second" and the like were mostly used to evoke the gothic atmosphere employed by the author in the story.



また、気づく方もいらっしゃるかもしれませんが英語版のタイトルは第13巻を除いて、全て頭韻を踏んでいます。
日本語版のタイトルの中だと「つるつるスロープ」が一番雰囲気が近い感じがしますが「つるつる」が子供っぽい感じですかね。
全体的に日本語版のタイトルは英語版とほぼ同じ意味ですが第2巻の「にきた」や第3巻の「に気をつけろ」の部分は英語版には無い表現でちょっと雰囲気が変わってきています。
あと、第6巻の「まやかし」や第7巻の「鼻持ちならない」など、日本語でさほど使われる言葉ではないところが、英語版のタイトルにある「Austere」や「Ersatz」の様にちょっと珍しく、このタイトルを読んで初めて知るような言葉なので丁度よい言葉選びだと思います。
第12巻の「終わりから二番目」は少々ぎこちない言葉まわしのような気がします。英語版の「Penultimate」と同じ意味で間違いはないんですが、もっと日本語で丁度よい言葉が存在するのではないかなぁと。

Also, you probably noticed, but apart from the final volume, every book in the English series has an alliterative title.
The Japanese title for Book the Tenth, "つるつるスロープ" (tsurutsuru slope, "Slippery Slope"), has a similar quality to it, but the rest of the books don't follow the same pattern.
It could be that the use of onomatopoeia in "つるつるスロープ" comes of as slightly childish in Japanese, leading the translator to bother thinking up a Japanese equivalent for the title naming scheme.
A could of the book titles do have slightly different meanings in Japanese: Book the Second is called "We've Come to the Reptile Room", and Book the Third's title is "Beware of the Wide Window".
Some of the words used in the titles, like "Austere" and "Ersatz", are quite uncommon, and for a large number of people are the first time they see them.
A couple of the Japanese titles use what seem to be similarly obscure words, like "まやかし" (mayakashi, "phony/fake") for Book the Sixth and "鼻持ちならない" (hanamochi naranai, "intolerable") for Book the Seventh.
The Japanese title for Book the Twelfth employs a pretty direct translation of "The Penultimate Peril", literally "The Peril Two Away From The End", but there doesn't seem to be a more fitting word for "penultimate", and it does get the idea across, so it's not really all that bad.





●レモニー・スニケットというキャラクター / Lemony Snicket as a character
この物語のユニークなポイントとしては、レモニー・スニケットが本作の作家と言うだけでなく、物語にキャラクターとして登場するところです。(レモニー・スニケット自体はペンネームで本名はダニエル・ハンドラー)
つまり、物語の中にレモニー・スニケットというキャラクターおり、そのキャラクターがケットボードレール家の歴史について調べていて、「世にも不幸なできごと」というノンフィクションシリーズを書いていると言う設定です。
レモニー・スニケットは話の途中で自分がいま何をしているかや自分の昔話、自分の物語への意見などを唐突に語りだします。
よくあるのは読者に対してその本を読まないことを強く勧めることです。
この辺は上手いこと日本語版でも伝わるように翻訳されており、よく出来ているなぁと感心します。

Perhaps the most unique aspect about the series is that Lemony Snicket isn't just the author, he's also a character within the story.
(In real life, Lemony Snicket is the pen name of author Daniel Handler.)
In other words, within the story itself, Lemony Snicket the character is the author of a nonfictional account of the Baudelaire orphans' lives.
At many points during the series, Lemony will interrupt the story to talk about what he's currently doing, offer his opinion on the story, or tell tidbits of his own past.
Another common occurrence is for him to recommend that the reader put the book down and read something else instead.
From what I could tell, most of this comes across quite well in the Japanese translation, which is fairly impressive.





0322_02a.jpg

0322_02b.jpg
シリーズの一番最初のページ / The first page of the entire series





●翻訳者あとがき / Translator's notes
全巻の最後には翻訳者のあとがきが収録されています。(シリーズを通しての翻訳を宇佐川晶子さんが担当されており、シリーズの一貫性がかなり保たれていると思います)
レモニー・スニケットは他の著書や文化的な言及を結構していて、その内容については割りと知られていないようなことも少なくありません。
このあとがきでは、著者のストーリーへの言及等のすべての部分について翻訳者がちゃんと説明してくれています。
英語で読んでも著者の言及については人によって分からないことが当然あるので日本語だと更に分からない場合もあると思いますがそれらについてちゃんと説明があるのはありがたいことです。

At the end of every book in the Japanese localization, there are a few pages of translator's notes. (Incidentally, the entire series was translated by the same person, Usagawa Akiko, so it's nice to know there was consistency throughout the whole thing.)
Lemony Snicket includes a lot of references to other works, literary and otherwise, and some can be rather obscure.
The translator's notes generally go over these references and explain their origins.
Even readers of the original English will come across references they're not familiar with, and that goes double for readers in other languages, so it's very nice to have them neatly laid out at the end of each book.





0322_03.jpg
第5巻のあとがきの一部 / A page of the translator's notes for Book the Fifth. Mentions the translator's thoughts about the introduction of the VFD mystery, and shares the origins of a few character names.





●親愛なる読者諸兄へ / Dear Reader
アメリカの本では結構あるんですが裏表紙にストーリーの概要が書かれていたりします。
日本の本でも裏表紙に概要の記載がある場合もありますが一般的には帯や表紙の見返しの方が多いですよね。
「世にも不幸なできごと」の場合、英語版では裏表紙にレモニー・スニケットから読者への手紙という形で記載があります。
割りと長めなので日本語版では帯や表紙の見返しには入りきらないこともあり、本の中にページを作って書かれています。

As is very common in American books, there's a brief summary of the story on the back of each volume.
For Japanese books, sometimes the summary is on the back cover, but more often it's on the obi strip or inside front cover.
For this series, each summary is fashioned as a letter from Lemony Snicket to the reader informing them of the contents of the book.
Something like that is a little long to squeeze onto a cover flap, so instead the Japanese localization gives these their own page in the book before the main story starts.





0322_04a.jpg

0322_04b.jpg





●献辞 / Dedications
全巻の巻頭には「ベアトリス」の献辞があります。
ベアトリスが誰なのか最後まで説明されておらず、シリーズ最大の謎の一つです。
明らかになっていることはベアトリスがレモニー・スニケットの亡くなった恋人ということです。献辞の全ては短いブラックジョークだったりします。
こちらも全てが日本語版に収録されており、流石というべきがいい感じで翻訳されています。

Every book in the series has a dedication to a woman named Beatrice.
The true identity of Beatrice is one of the biggest mysteries of the series, and isn't revealed until the very end.
What the dedications do make clear is that Beatrice is a former sweetheart of Lemony Snicket, and that she is dead. Most of the dedications are some sort of dark joke referencing both of those facts.
The Japanese localization includes all of the dedications, and all of them are translated quite well!





0322_05a.jpg 0322_05b.jpg

0322_05c.jpg 0322_05d.jpg





●わが編集者へ / To My Kind Editor
全巻の巻末にはレモニー・スニケットから担当編集者への手紙を模したページがあります。
基本的には次の巻のタイトルを発表しつつ、その内容を回りくどい言葉でちょっとだけ説明するような、次回予告みたいなものです。
第1巻では普通の手紙だったのですがシリーズが進むに連れてどんどん形を変えていきます。
例えば、第7巻だと電報の形をとったり、第11巻では引き裂かれた手紙の一部だけが数枚(数ページ)などで、物語の謎を隠すためでもあります。
日本語版では全ての内容だけではなく、その形についてもしっかりと再現されています!

At the end of every book is a message from Lemony Snicket to his editor.
Generally, the messages reveal the title of the next book in the series, and tease what the next installment is about.
For the first couple of books, they're normal letters on regular paper, but as the series goes on, the messages get more elaborate.
For example, in Book the Seventh, the message is in the form of a telegraph, and in Book the Eleventh, it's simply a few pages of scraps from a number of different letters.
The messages are all included in the Japanese localization, down to the style and presentation!





0322_06.jpg
第7巻の「わが編集者へ」 / The letter in Book the Seventh



0322_07.jpg
第10巻の「わが編集者へ」 / The letter in Book the Tenth



ちなみに日本語版の流れは

【タイトル(表紙)】
 ↓
【キャラクタープロフィール(日本語版のみ)】
 ↓
【親愛なる読者諸兄へ】
 ↓
【献辞】
 ↓
【本編】
 ↓
【翻訳者あとがき】
 ↓
【わが編集者へ】

となります。

Incidentally, the book layout order for Japan is

[ Title page ]
 ↓
[ Character profiles (exclusive to the Japanese version) ]
 ↓
[ Dear Reader ]
 ↓
[ Dedication ]
 ↓
[ Main story ]
 ↓
[ Translator's notes ]
 ↓
[ To My Kind Editor. ]



英語版の流れは

【タイトル(表紙)】
 ↓
【献辞】
 ↓
【本編】
 ↓
【わが編集者へ】
 ↓
【親愛なる読者諸兄(裏表紙)】

となります。

For the English editions, it goes

[ Title page ]
 ↓
[ Dedication ]
 ↓
[ Main ]
 ↓
[ To My Kind Editor ]
 ↓
[ Dear Reader (on the back cover) ]





●V・F・D / V.F.D.
上記で少しだけ触れた物語で出てくる秘密結社なんですけど「V・F・D」と言います。
この「V・F・D」は何の略語かはベアトリスに次ぐ謎であります。
日本語以外の他言語では、もちろんその言語によって言葉が違うので秘密結社の名前も変わっています。
例えばフランス語版では「V.D.C.」、ドイツ語版では「F.F.」になっています。
日本語版の場合は秘密結社の名前が(明らかになる時には)カタカナ表記ではあるものの英語そのままなので、略語の方もそのままで問題ありません。

また秘密結社の名前以外でも「V・F・D」というフレーズがよく出てきます。そういうところの多くは日本語に翻訳されつつも、素の英語をカタカナ表記したものをフリガナとして記載しています。
例えば「Very Fancy Doilies」という英語のフレーズがある場合、日本語版だと「とてもおしゃれなドイリー」と訳されつつ、フリガナで「ヴェリー・ファンシー・ドイリーズ」と記載してあります。
ただ違う場合もあって、英語の元のフレーズだと「Volunteers Fighting Disease」なんですが、日本語版では「闘病ボランティア」と訳されつつ、フリガナが「V・F・D」になっています。
単純に英語のフリガナを入れるスペースの問題かなとは思いますが。
そして「V・F・D」にはマークがあって、そのマークは「VFD」の文字で構成されている目のデザインなので名前を変えちゃうとマークと合わなくなってしまうため日本語版は「V・F・D」のままとなります。

The secret organization I mentioned briefly before is known as V.F.D.
The mystery of what "V.F.D." stands for is second only to that of the identity of Beatrice.
Obviously when translating into other languages, the words and alphabets are different, so the name of a secret organization is going to change as well.
In this case, V.F.D. is, for example, called "V.D.C." in French, and "F.F." in German.
For Japan, when the name of the organization is finally revealed in full, it's simply the English name in katakana, which allows the localization to retain "V.F.D." no problem.
There are a number of points in the story where other things with the initials V.F.D. pop up. In most of these cases, the Japanese localization shows the original English as katakana furigana for the translated phrase.
For example, "Very Fancy Doilies" becomes "とてもおしゃれなドイリー" (totemo oshare na doirii), with "Very Fancy Doilies written in katakana as furigana.
However, there are also some cases handled slightly differently. The English "Volunteers Fighting Disease" becomes "闘病ボランティア" (toubyou borantia, "illness-fighting volunteer"), but the furigana simply reads "V.F.D." rather than "Volunteers Fighting Disease".
My best guess is that the original English simply wouldn't fit space-wise, so they simplified some of the examples.
Interestinly, V.F.D. has an insignia, and that insignia is designed to look like the letters V, F, and D, in the shape of an eyeball. The Japanese release uses the same name as the English books, and so the insignia goes unchanged as well.





0322_08.jpg
V・F・D のマーク / The V.F.D. insignia



0322_09.jpg
フランス語の場合はマークは「V.D.C」に合わせて変更されています!(ドイツ語の方は英語のと同じ) / The French version actually changes the insignia up a bit to accommodate the changed name! (No such luck for the German version.)





●サニーの片言 / Sunny Speak
サニーは赤ちゃんなので普通に喋れないのは当然ですよね。
ただ喋る時には赤ちゃんっぽくない言葉を使っており、物語の中では姉や兄もしくはレモニー・スニケットがサニーが何を言っているのか説明します。
つまり物語において、特定のキャラクターはサニーの片言を概ね理解しています。
日本語版も同様で片言自体はほとんどの場合、英語をそのまま平仮名で表記しています。
たとえば「Gack!」だと、そのまま「がっく!」と表記しています。
ただ、シリーズが進むにつれ、サニーが成長し、少しずつ意味のある言葉を使い初めて、その結果、日本語に翻訳されるようになります。
例えば「Sunny Baudelaire please help.」だと「さにーぼーでれーるたすけ」になったりしています。

Sunny, the youngest Baudelaire, is a baby, and as such she speaks like a baby as well.
That said, while she uses nonsense words when she speaks, either one of her siblings or Snicket will explain to the reader what exactly she said.
In other words, for whatever reason some of the characters in the story can understand baby talk!
For the Japanese localization, in most cases the "Sunny speak" is simply the English nonsense word written in hiragana.
For instance, "Gack!" becomes simply "がっく!" (gakku).
As the series goes on, though, Sunny little by little begins to use real words more and more often, and in those cases, the words are translated into Japanese.
For example, "Sunny Baudelaire please help." becomes "さにーぼーでれーるたすけ" (sanii boodereeru tasuke).





●コード化されたメッセージ / Coded messages
「V・F・D」は秘密結社なのでメッセージを隠すためにコード化されたりしています。
ちょっとマニアックな話になりますが、V・F・D 特有のコードが色々あって、上記で説明した「レモニー・スニケットの無許可自伝」の中ではその一つである「Sebald code」について説明されています。
そのコードは

・ベルが鳴るとメッセージが始まる
・メッセージはベルが鳴る直後の言葉から開始し、それから 10個置きの言葉がメッセージ
・ベルが鳴るとメッセージが終わる

というものです。
シリーズ中、一回だけ Sebald code のメッセージがあります。
しかし「ここはコード化されたメッセージだ!」とかの説明なく、「レモニー・スニケットの無許可自伝」を読んで、コード化されたメッセージについて探している人しか気が付かないようなものです。
そんなものを日本語に翻訳するのはかなり無理があり、しかも「レモニー・スニケットの無許可自伝」が日本では出版されていないので気が付く読者がいる訳でもなく、翻訳者する気が付いていないと思われます。
なので当然のことではあるのですが日本語版ではその部分がコード化されたメッセージではなく、普通の会話になっています。

Befitting of a secret organization, V.F.D. has a number of secret codes used for concealing information.
This is getting into some hardcore-fan-only territory here but, the Unauthorized Autobiography I mentioned above details one such V.F.D. code: Sebald Code.
Sebald Code works as such:

・A bell ringing signifies the beginning of the message
・Starting with the first word after the ring, every 11th word is the next word of the message
・When a bell rings again, the message is over.

Within the main series, there's exactly one instance of Sebald Code being used.
The catch, though, is that the book doesn't call attention to it at all, so you have to have both read the Unauthorized Autobiography, and be specifically on the lookout for ringing bells, or you're likely to miss it.
Not only is something that complicated extremely tough to translate into Japanese, the Unauthorized Autobiography didn't even get released in Japan, so nobody would be looking for it in the first place - including the translator.
So, as you have probably guessed by this point, (as far as I can tell) the Sebald Code message is not carried over in the Japanese version, so that bit becomes just a normal conversation.





イラストなどについて
Illustrations and more

●イラスト / Illustrations
「世にも不幸なできごと」はいろんな言語に翻訳されていて、おおよそ言語ごとにイラストも違うものになっています。
その中から自分でセレクトした、英語版と日本語版のイラストをご覧になってください。

Most translated versions of "A Series of Unfortunate Events" also feature their own unique illustrations.
I've picked out a few from the English and Japanese versions to take a look at and see how each artist interpreted the story.





0322_10.jpg



0322_11a.jpg

0322_11b.jpg



0322_12.jpg
※このシーンは英語版ではイラストがない / There's actually no illustration of this scene in the English editions!



0322_13.jpg





●映画化 / Movie adaptation
0322_14.jpg

2004年に第1巻〜第3巻までの物語が「Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events」というタイトルで映画化されました。
日本では 2005年に「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」というタイトルで公開されました。
日本語版の映画はまだみていませんがちょっと気になった点としてタイトルが「できごと」ではなく「物語」に変更されているところ。
英語版のタイトルは小説シリーズそのものなので、何で日本語版のタイトルが変わっているのは不思議ですね。

In 2004, the first three books in the series received a film adaptation as "Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events".
The movie was released in Japan in 2005 with the title "レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語" (remonii suniketto no yo ni mo fushiawase na monogatari).
I haven't actually checked out the Japanese version of the movie yet, but one thing stuck out to me - the title has been slightly changed: from "できごと" (dekigoto, "events") to "物語" (monogatari, "stories").
The English version left the title unchanged from the book series, so it's strange that they differ in Japan!





映像コーナー
Video Corner


今回は音楽じゃなくて動画を紹介します!今年 1月に Netflix から公開された「世にも不幸なできごと」のテレビ化予告編です。
本当に超いいシリーズの超いい改作なので是非とも観て欲しいです!字幕版も吹替版もあるみたいですよ!
Netflix に加入していない場合は 1ヶ月無料体験できるよ!

This time I've got a video for you rather than music! Check out the trailer for Netflix's adaptation of "A Series of Unfortunate Events", the first season of which released this past January.
It's an extremely well-done adaptation, so if you haven't watched it yet I highly recommend it! (Don't forget, you get a month free when you sign up for a new Netflix account!)





来月は音楽関係で大きい告知があるはずなので次の記事はそれに合わせようかと思います!
さぁ、何になるのでしょうかね?
それは楽しみにしていてください!

Next month I'll have a pretty big music-related announcement, and I'll be tying the theme for the article into that too.
Anyone wanna guess what it'll be?
You'll just have to wait and see!




posted by イアン at 12:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。