大衆酒場ベスト1000

2017年02月23日

第45回「MYST(ミスト)」/ #45 “Myst”

ここはどこだ
Where the hell am I?

前回はいつもとはちょっと違い、ゲーム内でさほどローカライズされていないゲームをご紹介しました。
今回もいつもとちょっと違う感じで、日本製のゲームではなく、アメリカ製のゲームが日本語にローカライズられたゲームをご紹介してみたいと思います。
スペランカーゴーストバスターズも日本製のゲームではありませんが、ほとんどテキストがなかったので)
今回のタイトルは僕が子供の時から変わらずずっと好きな「MYST」というゲームです。
色々なバージョンがありますが日本でも海外でも出てる、ほぼ PC 版と同じ内容であるセガサターン(以下、SS)版「MYST」との違いを調べてきました!

Last time we took a little bit of a different approach to things by looking at a game that was mostly unchanged between regions.
This time, we're going to look at yet another different type of game: one that was originally English and then localized into Japanese.
(Technically Spelunker and Ghostbusters were originally English games, but they didn't have much text in the first place so they don't really count.)
Today, let's take a look at a game I've loved since I was a wee lad: Myst.
Myst has had quite a number of ports and versions over the years, but for simplicity's sake I decided to take a look at the differences between the English and Japanese versions of the Saturn release of Myst.
Let's get right to it!







背景
Background

MYST は 1993年に「Cyan, Inc.」から Macintosh(以下、Mac)用に発売されたパズルアドベンチャーゲームです。
1994年には PC に移植されており、その後は多くのゲーム機にも移植されました。
日本では 1994年に Mac 版、PC 版、SS 版が発売されており、1995年以降も日本国内で色んな移植版が発売されました。
MYST シリーズは全部で 6タイトルあり、その内の 5タイトルは日本語版が発売されています。
そして MYST は小説も 3タイトル発売されており、今回の連載を書くにあたってたまたま見つけたんですが、その中の一つ「MYST アトラスの書」というのがあるらしいです!

Myst is a puzzle adventure game developed by Cyan, Inc. and released in 1993 for the Macintosh.
In 1994, a PC version was released, follow by ports and rereleases on a number of different platforms.
The Japanese version of Myst was released in 1994 on Mac, PC, and Saturn, with ports to other platforms coming later as well.
The Myst series has a total of six games, and as far as I can tell, five of those were localized into Japanese (Uru seems to not have had a Japanese version).
There was also a series of three books written to expand the Myst backstory, and amazingly enough the first of these - The Book of Atrus - was actually released in Japanese as well!





0223_01.jpg
それなりに有名な「MYST」のパッケージイラスト / The famous box artwork for Myst.



ゲームの内容は、3D ゲームではありますが、自由に移動できるものではなく、固定された場所にしか移動できないシステムです。
つまりゲーム空間が 3D なのではなく、画面に映し出されているのは 3D CG のプリレンダリング画像で、プレイヤーが移動すると、移動先の画像に切り替わるだけ。
ゲーム自体はパズルを解くと隠された本が入手でき、その本で別の世界(時代)に移動することができるようになると言うものです。
チュートリアルとかは無いのでゲームが始まってもどうすれば良いのかは自分で探索するしかないという謎の多いゲームです。
またプレイヤー以外のキャラクターが何人かゲーム中に登場しているんですがその全てが開発チームのメンバーで、登場シーンはそのメンバーが演じている動画となっており、それなりのリアル感があったりします。

The game at first glance appears to be 3D, but is in fact simply made up of a series of pre-rendered images the player can travel between.
Essentially, when you click the screen to travel, it appears as if you're moving within a 3D space, but all that is actually happening is a transition between still images.
The player progresses in the game by solving puzzles and finding hidden books which allow them to travel to other worlds, known as "Ages".
There's no tutorial or anything, and you're thrown right into the game without knowing what to do, so it has a significant air of mystery to it.
Other people do appear in the game, and they are all in the form of full-motion video sequences (with characters being portrayed by members of the development team), lending a sense of realism to the game.





ゲーム内について
Game contents

MYST はゲーム内のテキストがそれなりに多いため、今回はどんな風に訳されているかをメインに紹介しようと思います。
その前に、まずは大事な部分から見て行きましょう。

There's quite a lot of text in Myst, so this time, rather than looking at the translation itself, let's take a look at the methods used to communicate the translated content.
But before that, there's a slightly more important thing we should talk about!





●タイトル / The title
気づいている人もいるでしょうが「MYST」というタイトルは二つの意味があります。
まずは「mist」(霧)ですね。
ゲーム内では霧が多く、人里離れた感がすごくあります。
もう一つは「mystery」(謎)です。
ストーリーは最後まで明らかにならないのでピッタリなタイトルです。
日本語版ではタイトルを「ミスト」と表記することがまれにあるのですが、「MYST」の方をメインにしてるので良かったです。

You may have already noticed, but the title "Myst" actually has a couple different meanings.
Probably the most obvious is that it's a slightly altered spelling of the word "mist".
There's a lot of mist and fog in the game, giving it a lonely, isolated atmosphere, so this makes sense.
"Myst" is also likely short for "mystery", which is also extremely fitting for the content of the game.
In some places on the Japanese release it's written in katakana as ミスト, but I was pleased to see that for the most part they keep it in English as MYST.





●オープニングの語り / Opening narration


調べ初めの時、ゲーム内での動画はやっぱり字幕なのかなぁと思っていたのですが予想に反して全編吹き替えでした。
確かに当時のビックタイトルだったのでその程度は当たり前っちゃ当たり前ですね。
で、この日本語版のオープニングで語っている方ですが賢者か何かのような雰囲気を出していますが、これはちょっと違和感がありますね。
このキャラクターは賢者というより、若い歴史学者といった感じの人なんです。

When I started doing research for the article, I figured the Japanese version would just have subtitles for the video portions, but it's actually fully dubbed!
It probably shouldn't be all that surprising, given how big the game was when it came out.
Both the tone of voice and speaking style of the Japanese dub for this character (Atrus) give off a kind of "wise man" vibe, and it's close, but feels a little off.
Atrus as portrayed in the English version is more akin to a historian, and if anything is kind of like a fatherly figure rather than an older character.





●アトラスの手紙 / Atrus's note
0223_02.jpg

ゲームを始めると、ほぼすべての人が最初にこの手紙を見つけることになります。(僕が子供の頃やってた時は全く気が付きませんでしが・・・)
こちらも手紙の文面が全て日本語に翻訳されています。
内容は英語版も日本語版もほど同じですが、日本語版の「秘密の部屋」は英語版だと「控えの室」な感じです。
キャラクターの名前である「Atrus」と「Catherine」は英語版のまま。
ただ、手紙を書いた「Atrus」ですが英語で発音すると「エートラス」って感じなので、日本語版の「アトラス」だと地図という意味の「atlas」って感じになってしまい雰囲気がちょっと変わってしまうなぁと思っちゃいました。
あと、キャサリンですが、まぁ普通の名前ではあるのですがマリオのキャサリンを思い出しちゃう人、いますかね?(笑)

For most players, the first thing you'll come across after starting the game is this note. (That said, when I was a kid I never noticed it at all, whoops.)
It's no surprise to see that the note has been translate for the Japanese version.
It says pretty much the same thing, though the Japanese version uses the phrase "secret room" rather than "forechamber".
The character names are essentially unchanged from the English version, but...
Atrus's name is written as 「アトラス」, which (while close to the English pronunciation of "Atrus") actually equates to the word "atlas".
Also, Catherine is a pretty common name, and isn't changed in Japanese, but I couldn't help wonder if maybe the name reminded any Japanese players of Birdo from the Mario series, who is called Catherine in Japan.





●パネルの説明 / Imager panel instructions
0223_03.jpg

これは「イメージャー」という名前のホログラム再生装置の説明を書いたメモなんですが、何故かこちらは日本語版でも英語で表示されています。
そんなに大事な内容ではないけど、結構複雑な言葉を駆使したりしているので、翻訳しにくいのかもしれませんが、それこそ翻訳しないと訳がわからないですよね。
しかも SS の画面解像度が低いので英語が理解できてもかなり読みにくいです。

These are instructions for calling up certain things on a holo-imager, and for whatever reason they're left in English for the Japanese release.
It's not exactly important information, and while there are some complicated words that might be fairly difficult to translate, that in itself makes leaving it in English even worse!
Not only that, but thanks to the low resolution of the Saturn's graphics, it's hard to read even if you do know English, so I can't imagine how Japanese players must have reacted.





●書斎の本 / Books in the library
0223_04.jpg

ゲーム内のテキストはそれなりの量があると行ったのですが、その 90%以上はこの書斎に置いてある本だったりします。
日本語版をする上で想像していなかったのですが本の内容がきちんと翻訳されている上に全て縦書きになっているんです。
特に日本語で縦組みの本は左ページから右ページに読み進む英語とは逆なので画像だけではなくシステムの変更も必要だということです。
ちなみにゲーム内で行けるいくつかの「時代」という別の世界があります。その日本語版での「時代」は英語版の「Age」なんですがちょっと違和感を感じます・・・。
英語では固有名詞ではない言葉を固有名詞扱いにする場合、頭文字を大文字にします。なので「Age」は固有名詞化され雰囲気が変わる感じがしますが日本語版の「時代」はそういった固有名詞化された雰囲気が変わる感じがないのでそれが違和感になっているのかもしれません。

As I mentioned before, there's a loooot of text in Myst, but actually, over 90% of it is contained in the books in the library.
I assumed the books would be translated, but what I didn't expect was for them to be converted to the Japanese top-to-bottom, right-to-left style of writing!
It's an especially surprising length for them to go to, given that it required not only changing the content of the books, but the direction of the page-turning mechanic as well.
The other worlds you can visit in the game are known as "Ages", which gets a fairly direct translation in the Japanese version - 「時代」("jidai", age/time period), but the word choice feels a little strange to me...
I think what it is is that, in English we can arbitrarily capitalize regular nouns and turn them into proper nouns, giving them the feeling of a slightly changed meaning.
I'm not sure if there's a direct equivalent to this in Japanese, but if there is, it isn't being used here, so the naming ends up seeming just a bit off - as though you're actually traveling to different time periods, when in fact time doesn't actually have anything to do with it.





0223_05.jpg

ただ、本を棚から出す時は英語版と同じなので、日本語版だとこれが裏面ですね。(笑)

The one issue with changing the writing style is that they didn't change the image for when you pull a book off the shelf, meaning that for the Japanese version you're actually looking at the back of the book here, haha.




0223_06.jpg

確認したところ、PC 版は何故か横書きになっています。翻訳の内容は一緒なので理由がわかりません。

Oddly enough, I took a quick look at the Japanese PC version of Myst, and while the translation content is exactly the same, the books are presented in western writing style. Go figure!




●青と赤の本 / Red and blue books


ゲームの進行を簡単に説明すると、青と赤のページを探し出し、これらを本に入れていくのが目的となります。
これらのページは入れていくたびに本の中身に閉じ込められている人たち(青は「Achenar」(アクナー)、赤は「Sirrus」(シーラス))からのメッセージが再生されます。
この 2人の名前は英語版も日本語版も同じですね。
ただ日本語版の「アクナー」の発音は英語版とはちょっと違いますね。ただこのアクナーってキャラクターですが実は悪いヤツなので「悪」とかけているのかも(?)しれません。
ちなみに日本語版の音声はキャラクターの人物像とピッタシな感じだなと思います。

The basic flow of the game is that you visit the various Ages to find red and blue pages and restore them to these books.
Every time you add a new page, you receive a short message from the person trapped inside the book (Achenar is in the blue book, and Sirrus in the red).
Like Atrus and Catherine, these characters' names are unchanged for the Japanese version.
Achenar's name pronunciation 「アクナー」("akunaa") seems slightly off; however, this might be intentional - 悪 ("aku") means "evil", and Achenar is quite the bad dude, so there may be some wordplay going on here.
Incidentally, I felt like the Japanese dubs for both the brothers were pretty well done!





●エレベーターのラベル / Elevator display
0223_07.jpg

ここも日本語版と英語版で同じなのですが簡単な単語ですし可笑しくはないですかね。

The text here is in English in both versions, but it's pretty simple stuff so not that strange.




●ヒントの看板 / Hint plaque
0223_08.jpg

こちらはパズルのヒントなんですが、日付の表記が英語形式のままになっています。
これはヒントの内容をそのまま別のとある場所に入力することになっているので、変更するのが難しかったのかもしれません。
日本人でも何となくはわかると思いますが、ちょっと気になりますよね。

This is a hint for one of the puzzles, and the dates are left in English and western format for the Japanese release.
You pretty much have to enter this information as-is in another location to solve the puzzle, so changing the format may have caused issues with that.
Still, the date format should be pretty easy to figure out regardless - it just caught my eye that it was unchanged.





●割れたメモ / Torn note
0223_09.jpg

これは最後のパズルのヒントが書かれているメモ。(ネタバレすいません)
振り分けられているメモの紙がそれぞれ別の時代に隠されており、両方見つけないと答えが分からないようになっています。
当然ですが日本語版でも日本語にちゃんと訳してありつつ、片方だけじゃ答えが判断できないようになっているのは良くできていると思います。

This note provides the solution to one of the final puzzles. (Sorry for the spoilers!)
The two halves of the note are hidden in different Ages, so you have to find both to figure out the puzzle's answer.
It's not exactly surprising, but it is nice to see that they translated it into Japanese in such a way that the answer still wasn't understandable without finding both halves of the note!






●コードの本 / Code book
0223_10.jpg

これはあるパズルで必要になるコードがたくさん書いてある本になります。
他の本を見た後だったのでこの本がどうなっているか気になっていましたが、やっぱり日本語版でも英語版と同じく左ページから右ページに読み進むようになっていました。

This book contains a bunch of codes, one of which is necessary to solve a certain puzzle.
After looking at the other books, I wondered if this one would be right-to-left in the Japanese version like the others, but it ended up being left-to-right like in the original English release.





●セーブ画面 / Save screen
0223_11.jpg

スペルミスがありますね!

Typo alert!




●エンディング / Ending


特にこだわりがある訳ではないですが、せっかくなので英語と日本語のエンディングの動画を作ってみました。
完全ネタバレとなりますので、これからゲームをするかもって人は見ないほうが良いかもしれません。
ちなみに翻訳と関係ないんですが英語版ではクレジットが流れるタイミングが違っていて、ゲームを終了しないとクレジットが流れないようになっています。

I don't really have anything specific to say about it, but here's the ending and credits for the game in Japanese.
It's pretty spoilery (even in a different language), so if you haven't played the game yet and think you might, it's best not to watch it!
As an aside, the credits don't roll in the English Saturn version until you manually quit the game yourself.





●おまけのメッセージ / Bonus message
0223_12.jpg

ゲームをクリアするとこのメッセージが表示されます。
英語の PC 版と SS 版にはメイキング映像が付いていますが、まさかの日本語の SS 版にも!?

This little message pops up after clearing the game.
The Making-Of video was included in the English PC and Saturn versions, but it's in the Japanese release, too?!





●メイキング映像 / The Making of Myst


ゲームのキャラクターを演じていたのは開発チームのメンバーでしたが、日本語版は声優が声を当てているのでメイキング映像も同じ声優になるのでしょうか?
と思ったら、やっぱりそうではなく、普通に別の声優が全ての音声を担当していました。

At first, I thought that since the actors in the game were members of the development team, they might have the same voiceover actor in the making-of video.
It turns out that nope, it's just a female voice narrating for the entire thing.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリー / Story
0223_13.jpg

細かいところは微妙に違っていたりしていますが、この部分は日本語版も英語版もほぼ一緒です。
ちなみに英語版ではこの部分でしか記載はありませんが、日本語版のパッケージでは計 3ヶ所で同じ文章が記載されています。

There are some very tiny differences, but the translation here is pretty much spot-on.
Amusingly, this text appears in THREE different places on the Japanese packaging, whereas for the English version this is the only spot it shows up.





●操作方法 / Game Controls
0223_14.jpg

SS 版のシャトルマウスは日本でしか発売されてなかったため、英語版では未対応のため記載はありません。

Just a small interesting difference - the Saturn mouse wasn't released in the US, so it's not mentioned in the English manual.
(Also yes, I bought a Saturn mouse just to make getting the captures for this article a bit easier.)





●冒険の手引き / Guide to the World of Myst
0223_15.jpg

ほぼ一緒ですね。
日本語版の説明書はカラーで英語版の説明書はモノクロというのはよくあります。ただ気になったのは日本語版のスクリーンショットの画質が英語版とくらべてかなり悪いですね。

Not too many differences here. I did find it interesting that despite the Japanese manual being color and the English manual being black-and-white, the screenshots seems to be of higher quality in the English one.




●ミスト島の地図 / The World of Myst
0223_16.jpg

日本語版の「ガーデン」という名前が英語版だと「柱の道」という感じの名前になっています。
あと日本語版の方が「発電室」の説明が詳細だったりします。英語版では「ブレイクタワー」について記載が無いんです。

The "Pillar Walkway" is simply called the "Garden" in the Japanese manual.
The description for the generator is a little more detailed in the Japanese manual, also mentioning that there are two breaker towers nearby.





●道しるべ / Notes
0223_17.jpg

この「道しるべ」は日本語版にしか入っていません。
英語版はそのかわりに 10ページほどのメモが書ける空のページになっています。
自分でメモって困った時に見返すか、道しるべを確認するか、国によって違いがあるといったところでしょうか。

The Japanese manual has an entire extra section of hints and tips that's not present in the English one.
Instead, the English manual has ten whole blank pages for you to fill in your own notes while playing the game.
It's interesting to see the different approaches for each version at trying to help the player out!





●パッケージ / Box art
0223_18.jpg

ほとんど全ての移植作品はパッケージにこのイラストを使用していますね。
ただ英語版の SS のパッケージは縦が長いのでイラストがよく見れるようになっています。

Pretty much all the releases of Myst feature this same cover art.
The only real point of interest is that the tall style of English Saturn packaging means that more of the illustration is visible in that version





音楽コーナー
Music Corner

MYST のサントラは全部アンビエントだし、さすがにそれをサンプリングしたナードコアはないので今回は告知をさせてもらいます。

The Myst soundtrack is mostly mellow, ambient stuff, and unsurprisingly there not really anything even vaguely nerdcore-related that samples it.
Instead, I've got an announcement to share!



0223_19.jpg

3年ぶりに ALLKORE のネットラジオをやることが決定しました。
豪華なメンツに参加してもらっていますので是非聞いて下さい!
詳しい情報はこちらになります!

After a three year wait, the next Allkore radio event is here!
We've got a lot of great artists participating, so you won't want to miss this!
Check out the official site for all the details!





去年は同じ Cyan から MYST さながらの新作ゲーム「Obduction」がリリースされました。
僕は Obduction プレイできるほどの高スペック PC をもっていないのですが今年の夏に PSVR 対応の PS4 版がリリースされるとの発表があり超楽しみです。
あと、次回は久しぶりにゲーム以外のことを書こうかなと思っています。
それはそれで次回を楽しみにしていて下さい!

Last year Cyan released a spiritual successor to the Myst series, Obduction.
I don't have a computer quite powerful enough to play it, but they've announced that it's coming to PS4 with PSVR support, so I'm super excited for that!
Also, I'm planning on taking a short break from game localization and doing an article about something a little different next time.
Hope you're looking forward to it!





参考文献 / Thanks/sources
海外版説明書 / English manualInternet Archive



posted by イアン at 11:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。