大衆酒場ベスト1000

2017年01月23日

第44回「クレイジータクシー」/ #44 “Crazy Taxi”

ヤーヤーヤーヤーヤー
YA YA YA YA YA

あけましておめでとうございます!
2016年は良いことも大変なことも色々ありましたが、2017年は良い年になりそうな気がします。

Happy new year to everyone!
2016 had more ups than downs, but I'm hoping 2017 will go a little better than last year did.



去年からこの連載でゲームのローカライズなどの違いについて書いてきましたが、どんなゲームでも日本語版と英語版ではどこかしらに大きな違いがありました。
もちろん何かしらの違いがあることで面白い記事になるのですが逆にほとんど違いがないのも面白いかもしれません。
そこで今回だけはほぼ違いがない ドリームキャスト(DC)版の「クレイジータクシー」について見ていきたいと思います。

For most of last year, I wrote about game localization here, but pretty much all of the games I looked at were significantly different between the Japanese and English versions.
Obviously that's a great source for interesting things to write about, but wouldn't it also be interesting to look at something without many differences?
With that in mind, this month's article is about Crazy Taxifor the Dreamcast(DC) - a game where the Japanese and English versions are nearly identical!





背景
Background

「クレイジータクシー」は 1999年にセガよりアーケードゲームとしてリリースされたドライビングゲームです。
そして 2000年には DC 移植版が発売、その後 DC版を基に PlayStation 2ゲームキューブ等々で移植版が発売されました。
それぞれの移植版では目的地の名前とデザイン、または BGM の変更がおこなわれています。
例えば、とあるステージでは「Pizza Hut」が目的地になっていましたが PSP 版ではただの「ピザ屋」に変更されており、またゲーム内の BGM がアーケード版とはまったく違うものになっています。
また後の 2001年に「クレイジータクシー2」、2002年に「クレイジータクシー3 ハイローラー」などの続編も発売されました。

Crazy Taxi is a driving simulation game released in 1999 by Sega.
The Dreamcast port was released in 2000, and after that subsequent ports were released for the PlayStation 2 and Gamecube
In many of the console ports, changes were made to the destination names and/or the soundtrack.
For example, what was originally a Pizza Hut in the arcade and Dreamcast versions became simple a "pizza parlor" in the PSP version, and the soundtrack is entirely different to the original game.
A number of sequels to the game have been released, including Crazy Taxi 2 in 2001, and Crazy Taxi 3: High Roller in 2002.





0123_01.jpg
クレイジータクシーのアーケード版 / Crazy Taxi's arcade version





ゲームの内容を簡単で説明すると、プレイヤーはタクシーの運転者となり、お客さんをタクシーに乗せ、目的地まで送り届けるゲームです。
ただ、乱暴な運転(逆走、体当たり、車道以外を走行等)をするとお客さんが喜んでチップをくれたりするシステムを採用している「クレイジー」なタクシーとなっています。
アーケード版のサントラは 1990年代に有名だったパンクロックばかりなのもゲームの特徴となります。(「ヤーヤーヤーヤーヤー」って見出しは、ゲーム起動時に最初に鳴る曲のフレーズです)

To give a brief overview of the gameplay, you basically play as a taxi driver, picking up customers and taking them to their destinations.
The main gimmick of the game is that you earn extra tips by driving "crazy" - doing jumps, drifting, etc. - which are key to getting a high score.
The original soundtrack is filled with punk rock from the 90s, namely from Bad Religion and The Offspring. (The "YA YA YA YA YA" from the opener to this article is the first thing you hear in the game.





ゲーム内について
Game contents

最初に言いましたが DC 版のクレイジータクシーにおいては日本語版と海外版にはほとんど違いはありません。
というかそもそもの日本語版がかなりの量のテキストが英語で表示しているんです。
この部分をちょって見ていきましょう。

As I said before, there are very few differences between the Japanese and English DC versions of Crazy Taxi.
Specifically, almost all of the text in the Japanese version is just in English.
Let's take a closer look at just how much of the game is like that.





●ほぼ英語だけのところ / English-only content
0123_02.jpg

まずはこのメインメニュー画面です。下の方にある操作説明は日本語ですがそれ以外は全部英語なんですよね。
まぁ、これぐらいはそこまで珍しい訳でもありませんが全然ここだけじゃないんです。

Let's start out with the main menu. As you can see, aside from the control instructions on the bottom, everything is English only.
This in itself isn't that out of the ordinary, but this is just the beginning!





0123_03.jpg

メインメニュー画面に限らず下の各画面も英語で表示されます。
・ゲームモード選択画面
・オプション画面
・セーブデータ管理画面
操作方法のところ以外、全部英語!
説明書にはもちろん日本語で説明されていますが、ここまで英語のみでってのはちょっと珍しいんじゃないでしょうか。
アメリカで発売されたゲームで、メニューが全て日本語なんてことは絶対にありえないじゃないですか。

Apart from the main menu, all of these menus are in English as well:
-Game mode selection
-The options menu
-The save data menu
There are of course explanations for all of these screens in the Japanese manual, but it's definitely surprising to see this much English in a Japanese game.
Certainly you would never see all-Japanese menus in a game released in the US!





0123_04.jpg

プレイ中の UI 等も全て英語のみ。
登場する街はサンフランシスコをイメージしているので、アメリカ感を出したかったのは分かるけど、目的地の名前が日本語に訳されていないせいでゲームは難しくなる事もあるじゃなかろうかと心配になります。
ちなみにゲーム中、アナウンサーやお客さんの声がでてくるんですが、それらも全て英語なんです。

The in-game UI is almost all English as well.
The city in the game is based on San Francisco, so I can understand wanting to give the game a very American feel, but not even having the destination names in Japanese could actually make the game a little harder if you don't know English.
Incidentally, the in-game announcer and customers all speak English in the Japanese version as well, with no subtitles or anything.





0123_05.jpg

リザルト画面はわりと分かりやすいので、日本語にしなかったのは何となく理解はできます。

The results screen is still in English as well, but it's pretty straightforward, so I can understand that.




0123_06.jpg

しかしながらクレジットも全て英語とローマ字での表示にしているのはどうなんでしょうか?
名前の表記もアメリカ等での順番(名前名字の順)になっていますが日本人はそういうのどう思っているのか気になります。

But then you get to the credits, and they're all in Japanese too!
Not only that, but all of the names are also written in western-style name order, with the given name first, which probably looks a little strange to Japanese people.





その一方、ちゃんと日本語に翻訳されているところもちょっとだけあったりします。

All that being said, there are a few spots that do have Japanese translation present.




0123_07.jpg

プレイ中のこの説明だけがなぜか日本語になっています。
確かに便利な情報なんですが、これを見るとなんで他のところも日本語で表示しないのかが気になります。

For some reason, this text alone is translated into Japanese for the JP release.
It's certainly very helpful text, but makes it even stranger that all of the rest was left in English.





0123_08.jpg

「クレイジーボックス」というミニゲームがあるんですが、このへんは日本語のテキストが必要ですね。
おそらく日本語が英語より多く表示されているところはこの画面だけではないでしょうか。

There's a minigame mode called Crazy Box, and all of the text for that is in Japanese as well, as you would expect.
This is probably the only place in the game where there's more Japanese on-screen than there is English!



以上、ゲーム内でテキストが表示される画面のほとんどを揃えたっぽいです。載ってないのはセーブデータ管理のメッセージぐらいだと思います。ちなみにそこは日本語です。
まぁ、こんな感じではありますが説明書を読まなくても楽しくプレイできるゲームだとは思います。ただ英語の表示が多いのを気にする人はいると思います。

And that's pretty much all of the places text shows up in the game! The only thing I didn't include are the messages that pop up when saving data - those are in Japanese as well.
It's not the most complex game ever, so you could most likely completely enjoy it without knowing any English, but it certainly does stick out as odd how much of it there is.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

もちろん言語は違うんですけど日本語と英語の説明の内容やデザインはほぼ一緒です。
ただ、なぜか日本語版の方はフルカラーで英語版の方は白黒のみです。

Obviously the languages are different, but the content and design of the Japanese and English manuals are almost exactly the same.
The biggest difference is that, as usual, the Japanese manual is in full color, while the English manual is black-and-white only.





●コマンド技について / Crazy Maneuvering
0123_09.jpg

最初に言った通り、デザインはほぼ同じです。色以外は見出しの背景がちょっとだけ違いますね。
コマンド技の説明は日本語と英語で同じような感じですが英語版のほうがちょっとカラフルな文字が使われています。

Like I said, the design/layout of the manuals are almost identical. The English manual does have more taxi-esque headers, though.
The descriptions for maneuvers are a little more colorful in the English manual, and more on the straightforward side in the Japanese.





●画面の見方 / Game Display
0123_10.jpg

テキストの内容は日本語と英語で全部合ってる感じです。気になったのはそこではなく、画像に入っている数字。
白黒の英語版では比較的に見やすいんですが、フルカラーの日本語版だと逆に見づらくなってしまっています。特に 3、4、6 なんかは分かり難いなぁと。
あと、下にある枠の「Point!」って見出しが消えかけているのもちょっと気になります。また「Point!」の使い方が英語話す人間からすると変に思われるかもしれません。

The thing that caught my eye here wasn't any of the text - all of that is perfectly translated - but rather the numbers in the images.
Oddly enough, the numbers are a lot harder to see in the full-color Japanese manual than in the monochrome English one - 3, 4, and 6 are especially hard to make out.
Also, the little "Point!" graphic in the box at the bottom wasn't carried over for the English version, which might be because the use of the word "point" is a little strange.





●ゲームオーバー / Game Over
0123_11.jpg

どちらの説明書もそうなんですが、ここを読む限り最高評価が「S」っぽく思われそうです。
けど実はそれ以上の評価があるんですが、どちらの説明書でもそこのことを隠しているのはちょっとおもしろいですね。
それとすっごく見えづらいですが「ランキング画面」の写真が同じなのに、「セーブ画面」の写真は別のものを使っているのは少々気になります。ただ、そこはゲーム内での言語が異なりますのでそれどれの写真にする必要があるんですね。

In both manuals, it's made to seem like S is the highest class of license you can get.
Actually, there are classes higher than S, and it's interesting that both manuals made it a point to keep that a secret.
At first it caught my eye that the screenshots for the ranking screen are the same but the save menu ones are different, but then I realized that they had to be because the languages are different, haha.





●客の色の違いについて / $ Icon Color Variations
0123_12.jpg

ここは意外と結構変わってます。
日本語版はフルカラーなので印刷の色で説明できますが、英語版は白黒なので日本語版が色で伝えていたところを言葉や記号で伝えるように変更されています。

There're some bigger differences here, for an interesting reason.
The Japanese manual uses color to show off icon color variations and time bonuses, but obviously the black-and-white English manual can't do that, so these sections had to be retooled quite a bit.





●ミニゲームについて / Crazy Box Mode
0123_13.jpg

英語版の説明書では「最初から選択できるゲーム部分のみの説明になっています」という感じの注意書きが追加されています。
最初から全てのゲームの要素を出さずに隠している部分もありますのでそういった注意文がないとミニゲームは最初に選択できるものだけだと思っちゃう人もいるかもしれません。

The Japanese version lacks the note about these stages being available from the get-go.
I could see this misleading people to think that the stages listed in the manual are all there is, when there are actually more stages to unlock.





●オプション / Options
0123_14.jpg

英語版の説明書には重大なミスがあります!
「Vibration」の一個上の「Time Setting」ってなっているところは正しくは「Controller Setting」のはずなんです。
日本語版の方は正しい表記になっていますので、これは単なる校正抜け、ケアレスミスでしょうね。

There's a pretty glaring mistake in the English manual here!
The header labeled "Time Setting" above "Vibration" should actually say "Controller Setting".
The Japanese manual gets it right, and there's a picture of the screen in question on this very page, so I don't know how they missed something that big!





●運転手 / Cabbies
0123_15.jpg

プロフィールは基本的に全員同じような内容なんですが、英語版の方は少しだけ詳しく書かれています。
また英語版では血液型の情報が抜かれていますがアメリカ人とかは血液型を気にしたりしていませんのでそんなもんかと。
あと「Axel」の「number plate」(ナンバープレート)のところですが、日本語版では「I'm no miss」と記載されています。これは英語版の「I no miss」より、文法的には正しいと思います。
まぁ、ナンバープレートの文字数の都合で「I no miss」になっているんでしょうが、日本語版のように略さないで説明したほうがより分かりやすいのではと思いました。
そして「Gena」のナンバープレート「Sexy sis」ですが英語版では意味の説明のところに「意味は分かるだろ!」的なメッセージになっています。

The cabbie profiles are all basically the same, with just a little extra embellishment in the English manual.
On the other hand, the Japanese manual also lists the cabbies' blood types, which is common in Japan, but not so much overseas.
The license plate explanations are handled slightly more different in Japanese; for example in Axel's case it shows the intended meaning of "I'm no miss" rather than just the direct "I no miss".
Obviously it was shortened to "I no miss" due to length limitations for license plates, but I think the Japanese version handles explaining it a little better.
Unsurprisingly, the Japanese manual also has an actual explanation for Gena's "Sexy sis", rather than a cheeky joke.





●お客さん / Customers
0123_16.jpg

このテキストの内容は日本語と英語の意味がピッタリあっている感じです。
気になるところとしては日本語の文章を英語で伝えるには 2倍の文字数は必要になってくるので、必要なスペースの違いからレイアウトが微妙に変わってくることですかね。

All the text here is perfectly matched between the Japanese and English.
This is a really tiny thing, but it was interesting to me that the differences in text length for the same sentence between English and Japanese influenced the layout of the text on the page a little bit.





●帯 / Obi strip
0123_17.jpg

「Super dooper taxi ride you'll ever get!!」という表現は文法が微妙に間違っていますし、言い方もちょっと違和感がありますね。ちなみにこのフレーズは英語版ではまったく使われていません。
そして、その下にある「こんなタクシー乗りたくない!!」って文章が上記の日本語訳なハズなんですが、実は意味が完全に逆になっています。(「Super dooper 〜」は、「人生最強のタクシーライド!!」と言った感じの意味です)
日本人自体はこんなことを気にはしないと思いますが、おおむねちゃんと翻訳されている説明書なのに、いきなりこんなの見たのでちょっとビックリしてしまい。(笑)

"Super dooper taxi ride you'll ever get!!" is not exactly the most grammatically correct phrase ever, and you don't really hear people using the phrase "super duper" much these days.
Interestingly, despite the entire manual being pretty perfectly translated, the Japanese here actually says something like "No way am I getting in a taxi like that!".
Most likely the English phrase here was thought up by the Japanese team designing the packaging, rather than someone closely involved with the game itself.





●パッケージ / Cover
0123_18.jpg

DC 版は日本とアメリカでほとんど同時に発売されましたが、パッケージが全く違います。
個人的にはアメリカ版のほうがゲームのイメージを上手く伝えていると思いますけど、日本人はこういう感じのイラストはあんまり好みじゃなかったりするのでしょうか?
ちなみにヨーロッパ版のジャケットは日本のものと同じでした。

The US and Japanese DC versions of the game came out within just a couple months of each other, but the covers are completely different.
Personally, I feel like the US cover captures the feel of the game a lot better, but maybe this kind of illustration wouldn't appeal as much to Japanese buyers?
Interestingly, the European release opted to use the same cover artwork as the Japanese version!





音楽コーナー
Music Corner




僕が大好きな HONDALADY の「Crazy Taxi」って曲です!ゲームと関係あるかどうかはちょっと分からないですけど聞いてください!
あとクレイジータクシーのサントラも最高でそれもおすすめです〜

Here's "Crazy Taxi" from one of my favorite bands, HONDALADY! I'm not quite sure what it has to do with the game, but check it out regardless!
The Crazy Taxi soundtrack itself rules as well, so don't forget to listen to that.




今回の原稿を書いている最中、思わずにクレイジータクシーをやり込んでしまいました。(笑)
勉強は大事ですけど集中も大事!?
にしてもクレイジータクシーは超楽しいゲームなので機会があれば是非一度はプレイしてほしいと思っています。
ではまた次回!

When I was preparing this article, I pulled out my copy of Crazy Taxi to do some research, and ended up spending a bit too much time just playing the game, haha.
"Research" is important, but so is keeping a focus on writing!
Still, Crazy Taxi is Crazy Fun, so if you've never played it you owe it to yourself to pick up a copy.
Anyway, see you next time!





参考文献 / Thanks/sources
海外版説明書/English manualgamesdatabase.org



posted by イアン at 11:00| Comment(2) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
I discovered this site through Legends of Localization, and I've been blazing through the archives!

Article suggestion: A Series Of Unfortunate Events, one of my favorite book series as a child, recently got a Netflix original series, and as I often do in recent years since I started learning Japanese I decided to check out if it's being promoted in Japan as well. Much to my surprise, not only is the show in Japan, the original books were as well, under the title 世にも不幸なできごと! These books (and show) have a very Western sense of dry humor, so I'm curious how the series was localized and how it went over - apparently all the books were released, so there was clearly something worth the trouble of localization.
Posted by Ben at 2017年02月20日 14:12
Hey Ben, thanks for checking the blog out, glad you're enjoying it!
I actually happen to be a HUGE Snicket fan, and checking out the Japanese editions has been on my mind for a while! Obviously doing an entire book would be a bit more daunting task than a simple NES game, but certainly now would be the time to do so, given the resurgence in popularity of the series thanks to the Netflix adaptation.
This month's topic is already decided (I'm actually a little late on submitting it, whoops), but I might just look into covering The Bad Beginning next month!
 
Posted by Ian at 2017年02月20日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。