大衆酒場ベスト1000

2016年12月22日

第43回「ダイナマイト刑事」/ #43 “Die Hard Arcade”

イピカイエー
Yippie-ki-yay

2016年はもう残りわずかですね。今年は本当に色々あって 1年が超早かったです。
しかしまだ 2016年のクリスマスという大事なイベントが待ち構えています!
さてアメリカでは設定がクリスマスというだけで冗談半分ではありますが映画「ダイ・ハード」はクリスマス映画だということになっています。
ということで今回は映画「ダイ・ハード」のゲームを紹介します!
まぁ、こういう風に言っただけでもう一つ目の違いがバレていますが今回のゲームは日本の「ダイナマイト刑事」とその英語版である「Die Hard Arcade」です。

Hard to believe 2016 is almost over, huh? A whole lot happened this year, good and bad, and it's just flown by.
But there's still a big day left in 2016: Christmas!
As sort of a half-joke, Die Hard is touted as a popular Christmas movie in the US.
So to get in the spirit of the season, we're looking at a Die Hard game this time!
Specifically, the Sega Saturn game "Die Hard Arcade", and it's Japanese counterpart "ダイナマイト刑事" (dainamaito deka, "Dynamite Cop").
Whoops, guess that kinda spoils a big difference in the games already!





背景
Background

「ダイナマイト刑事>」は 1996年にセガのアーケードゲームとして発売されて、その後 1997年1月にセガ サターン(以後、SS)に移植されました。
そしてその 1ヶ月後にアメリカで「Die Hard Arcade」(ダイ・ハード アーケード)として発売されました。
「ダイ・ハード」は 1988年のアクション映画。知っている人は多いかと思いますけど映画の内容をすごく簡単でいうと・・・。
刑事が奥さんの会社のクリスマスパーティーに行くと強盗がやってきてみんなが人質になるも、刑事が 1人で頑張って強盗をやっつける、という感じ。

Die Hard Arcade was released in arcade form by Sega in late 1996, with the Japanese Saturn port following soon after in January 1997.
A month after that, the US Saturn port of Die Hard Arcade came out.
"Die Hard" itself is an action movie from 1998. I'm assuming most of you are familiar, but just in case, let's give a quick rundown of the plot.
It's basically about a cop visiting his wife's work for a Christmas party, which then gets taken over by a band of terrorists, and he has to take them on all by himself.





1222_01.jpg
「ダイナマイト刑事」のアーケード版 / The arcade version of ダイナマイト刑事





「ダイナマイト刑事」の内容は「ダイ・ハード」とストーリーとかなり近くて、参考にしているのは間違いないと思います。
というのも「ダイナマイト刑事」の開発中になんと本物の「ダイ・ハード」の版権が取得できてしまい、英語版では「ダイ・ハード」としては発売されてしまうのです。
ゲーム自体は 3D のベルトスクロールアクションゲームで、日本と海外それぞれでアーケード版と SS 版がほぼ同じ内容でリリースされています。
そして 1998年に続編の「ダイナマイト刑事2」がアーケード版とドリームキャスト版で発売されていて、アメリカで「Dynamite Cop」というタイトルになっています。

The story of ダイナマイト刑事 is close enough to Die Hard that you can tell it was taking heavy influence from it from the beginning.
Apparently, they weren't able to get the licensing for the movie until very late in development, leading to the Japanese version not having the Die Hard branding.
The game itself is a 3D beat-em-up, and the Japanese and US releases of both the arcade and Saturn versions are all essentially the same game.
In 1998 a sequel was released for the Sega Dreamcast, called ダイナマイト刑事2 (dainamaito deka 2, Dynamite Cop 2) in Japan and simply Dynamite Cop in the US.





ゲーム内について
Game contents

●タイトル画面 / Title screen
1222_02.png

他のゲームでもよくありますがタイトルのロゴが完全に違いますね。
個人的には日本版の方がゲームの雰囲気にあっているかとは思います。特に英語版の「Arcade」の部分のフォントはなんか違和感を感じます。
そして当然ですけど英語版では Fox のロゴや著作権詳細が追加されています。

As usual, the title logo is of course different.
Personally, I feel like the Japanese logo matches the feel of the game a little better - the weird cursive font for "Arcade" seems particularly out-of-place.
The US title screen also, of course, has Fox logos and copyright information for the Die Hard property added.





1222_03.png

最初のデモなどで登場するこのビルの形は全く違います。
英語版は映画「ダイ・ハード」のナカトミ・プラザをイメージしていますが、日本版は版権が利用できなかったのでビルのイメージですら使えなかったみたいです。

The building the game takes place in shows up during the opening demo and other points, and is completely different between the Japanese and US versions.
It seems that they couldn't even use an approximation of the Nakatomi Plaza building without the licensing rights for the movie!





●ストーリー / Story
ストーリーはゲーム内のイベントシーンで流れています。日本版も英語版も音声は全部英語で日本語版のみ字幕が日本語表示になっています。
まずはオープニングのストーリーから見てみましょう。

There are a few short cutscenes in the game to tell what little story there is. In both versions, the voices are in English, with Japanese subtitles in the Japanese version.
First, let's take a look at the game's opening.





1222_04.png

日本版英語版
目標のビルは複数のテロリストによって占拠されています。
人質はパーティーの出席者約30名、大統領の娘を含めてVIPばかり
繰り返す、人質は大統領の娘を含めてVIPばかり
Roger, we've got a bad situation down there.
We've got a band of terrorists that have seized control of the building.
They're holding 30 hostages inside, including the President's daughter.
I repeat, they have the President's daughter in there.
We'll have to get her out as soon as possible. Over.

話の内容は大体同じだけど微妙に違いがあります。
英語版だと大統領の娘以外の人質が VIP かどうか言及しておらず、パーティーがあったことすら説明されていないんです。
あと英語版の最後の行では「すぐ助けなきゃいけない」的なことを言っているけど、日本語版では何故かその部分については日本語の字幕が無かったりします。
ちなみに映画では大統領の娘なんて登場すらしていません。

It's basically the same setup, but there are a few small differences.
The Japanese version specifically says that all of the hostages are "VIPs", and specifies that they were having a party.
Interestingly, the last line of the opening doesn't have any subtitles for the Japanese version.
Also, in case you didn't know, there's nothing about a President's daughter in the original Die Hard movie.





1222_05.png

日本版英語版
ウルフ「一人や二人のSWATなどどうでもいい。それより大統領の娘はどうした?!
さっさと探せ!!わかったな!」
Fang: WI don't care about the SWAT members! Where is the President's daughter?!
Find her and bring her to me."

英語版は最後に「こちらに連れてこい」と言っていて、少しニュアンスが違います。

A tiny difference, but the Japanese subtitles simply say "Find her, got it?!", rather than specifically "bring her to me".




1222_06.png

日本版英語版
娘「誰か助けて!!社長室に隠れているの。誰か助けて!!」
ウルフ「小娘がぁ。」
Daughter: "Someone help me! I'm hiding in the president's office. Someone help me..."
Fang: "Aah, so the cat has found the mouse."

これは大統領の娘がトランシーバーを見つけちゃって、それが原因でウルフに居場所がバレちゃうんですが英語版ではウルフが「猫はようやくネズミを見つけたな」のような言い回しを使っているけど、そんな言い回しはので何を指しているかちょっと不明です。
まぁ、ウルフが猫でネズミの娘を見つけたという意味だとは思うんですが色々と分かり難いです。
日本語版の「小娘がぁ。」の方は的確で分かりやすい表現ですね。

This scene happens after the President's daughter finds a radio, and apparently gives her location away to the bad guys by using it.
"The cat has found the mouse" makes enough sense, but isn't a phrase I've ever heard before in English. Presumably Fang is the cat and the President's daughter is the mouse.
The Japanese is a lot simpler, with Fang basically just saying "That little brat...".





1222_07.png

日本版英語版
ウルフ「遅かったな、
後5分でここは爆破される。
だがおまえのケリはワシがつける。」
Fang: "So there you are. You got here just in time!
This whole building will explode in 5 minutes.
But you won't live to see it anyway! Ha-ha-ha."

日本語版の「遅かったな」と英語版の「You got here just in time!」(「ちょうどいいタイミングで着いた」)は言葉の意味は逆だけど同じニュアンスになっているところが結構面白いと感じました。
あと「ケリ」って言葉は初めて見ました!(笑)

There's an interesting thing going on here - the Japanese says "Took you a while!" instead of "You got here just in time!", which is essentially the opposite meaning but ends up carrying a pretty similar nuance.
Fang also uses the word "ケリ" (keri) in the Japanese version, which is apparently an uncommon way of saying "end" (as in, "But I'll be the one to put an end to you.").





●エンディング / Ending
1222_08.png

僕も最初のほうは気が付きませんでしたが英語版では「Sega AM R&D Dept.#1」というテキストが消えています。
これは本当にわけが分かりませんね。クレジットの他の部分は全部同じなので、そこだけを消しているのは本当に不思議です。

I didn't notice this at first myself, but the Japanese version has a little byline of "Sega AM R&D Dept.#1" on this screen.
None of the rest of the credits are any different, so it's quite strange that they removed this one bit of text.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●コンテンツ / Table of Contents
1222_09.png

日本語版の見出しは比較的ストレートな表現になっていますが英語版は「Take Control!」とか「On The Scene」などの工夫した表現になっています。
あと一つ言っておきたいんですが何故か日本語版の説明書はフルカラーなのに英語版のは白黒です。

The section headings in Japanese are pretty straightforward: "Controls", "Gameplay", etc. Nowhere near as creative as the English ones.
Also I just want to point out that the Japanese manual is in full color, while the English manual is black & white.





●プロローグ / Terror In The Nakatomi Building
1222_10.png

日本語版については完全オリジナルストーリーで映画「ダイ・ハード」と全く関係ない話になっています。
英語版のストーリーはほぼ映画「ダイ・ハード」の通りで、必要に合わせてゲーム用に変更している感じ。
特に大統領の娘の話は映画「ダイ・ハード」ではまったくない話なので全然原作と違う感じになっています。

The Japanese story is a completely original, and not really anything to do with Die Hard.
The English story is pretty close to the movie, with a few little changes to match the content of the game.
The biggest difference is, as I mentioned before, the addition of the President's daughter being one of the hostages.





1222_11.png

そして日本語版のストーリーはスゴく細かい部分まで書かれています。英語版の方は 1ページしかないんです。

The Japanese manual has a lot of extra background story flavor text!




●ディープスキャンについて / Deep Scan
1222_12.png

説明していませんでしたが本作ではゲーム内でセガの昔の作品「ディープスキャン」のプレイができたりします。
「ディープスキャン」はアメリカでも発売されましたがほとんど知られておらず、にもかかわらず英語版の説明書は日本語版の説明書のように詳細に説明する訳でもなく、ただ「この懐かしそうなゲームもプレイできます!」と記載されているのみ。

I didn't mention it before, but the game also includes a port of "Deep Scan", a very old Sega arcade game.
Deep Scan wasn't exactly a big hit in the US, so we just get a line about "memories of video games of years past", rather than the detailed retrospective in the Japanese manual.





●ゲームの遊び方 / On The Scene
1222_13.png

日本語版は色々と詳しく書かれています。でも英語版は日本語版にある「ゲームの進行」の部分がほとんど無かったりします。
あと同じ用途で使っている画像が全然違うものになっているのはちょっと気になりましたね。

This section is pretty bare-bones in the English version of the manual - just has the basics, and none of the details the Japanese manual has.
It's also interesting that they changed screenshots for the explanation image even though the explanations themselves are basically the same.





●各種の攻撃コマンド / Fighting Moves
1222_14.png

日本語版はボタンの文字がそのままで説明されていますが(例えば「A A A B」)英語版では略語っぽいことになっていて、パンチのボタンは「P」、蹴るのは「K」などになっています。

In the Japanese manual, it explains moves directly with the button names - "A A A B", etc. The English manual instead chooses to go by the moves themselves: P for punch, K for kick.




1222_15.png

ちなみに攻撃の名前は日本語版と英語版で共通なんですがその攻撃の細かい説明は日本語版にしか無いんです。

Incidentally, the move names themselves are pretty much the same between the versions, but the English manual doesn't have the detailed descriptions of the Japanese one.




●アイテム / Items
1222_16.png

英語版ではコショウが消えています。棒系やナイフ系の説明もなくなっていますね。

The コショウ (koshou, black pepper) weapon isn't listed in the English manual, and the stick and knife-type weapon sections are completely missing.




1222_17.png

こちらはおおむね英語版にも記載されていますが説明が簡単になっているところが結構ありますね。特に体力回復系のアイテムはそうですね。
右下のアイテムを落とすことについての注意枠も日本語版のみです。

Most of the descriptions are cut down significantly for the English manual - especially the section for healing items.
The Japanese manual also has an extra section warning you that if you take damage, you'll drop items.





●キャラクター紹介 / Characters
1222_18.png

日本語版のブルーノ=デリンジャーのブルーノって名前はブルース・ウィリスをオマージュしているのでしょうか。
シンディ=ホリデイもウルフ=ホンゴウも元々映画「ダイ・ハード」と関係のないキャラクターなのに、英語版になるとまた別の名前に変更しているとかちょっと謎ですね。
そして英語版では「White Fang」は仮名であることが説明されていないです。
大統領の娘についても英語版にはプロフィールすらないのに、なぜか彼女も英語版で名前が変更されています。(Missie Harringtonになっています。)
基本的には日本語版のキャラ紹介は英語版の 2倍程度の量があり、詳しく書かれています。
なんとなくですが英語版は、原作のストーリーと異なっているところを隠そうとしたのではないかと想像しますね。

In the Japanese version, the main character is named Bruno Dillinger; "Bruno" may be a reference to "Bruce" Willis.
The other characters, called Cindy Holiday and Wolf Hongou in the Japanese version, aren't related to Die Hard at all, so it's strange that they changed those names for the US version.
The Japanese manual also notes that White Fang/Wolf Hongou's name is actually an alias.
The Presiden't daughter doesn't get a character profile, but elsewhere in the manual she's called Missie Harrington - again changed from the Japanese's Caroline Yoko Powell.
Like previous sections, the Japanese character profiles are much more detailed than those in the English manual.
To be fair though, the English manual might be being sparse to avoid straying too much from the Die Hard story.





●マクガイア署長のアドバイス / Strategies
1222_19.png

ここはコンテンツのところと逆に、日本語版の方が面白い見出しになっています。英語版の方は誰かからのアドバイスという形ではなく、普通の攻略ヒントのような感じになっています。
そして、そのヒントの内容自体も違ってきています。どちらにも逮捕についてのヒントはが書いてはあるのですが、それ以外はそれぞれ別のヒントになっています。
英語版は「強い武器は残しておき、ボスキャラで使ったほうがいいよ!」とか「できるだけハンドガン意外の武器を使ったほうがいいよ!」程度のヒントになっています。

Interestingly, this section has a more interesting heading in Japanese ("Chief McGuire's Advice") than it does in English.
The tips themselves are different too - both of them do have a tip about arresting enemies, but the other tips are different for each.
In the Japanese manual, it tells you about a special dodge you can use when you're in a pinch by pressing A B and C at the same time, and warns you not to get too close to enemies when approaching head-on.





●パッケージ / Cover
1222_20.png

まぁ、違うのは当然だし、あまり説明するようなことはありませんが、ただただ皆さんにこのジャケットを見せたかったんです。
私から見ると日本語版のイラストのほうがブルース・ウィリスに似ているのではないかと思います。(笑)

There's not really a lot to say here, obviously they're going to be quite different, just wanted to show them both.
Personally, I feel like the guy on the Japanese cover looks a lot more like Bruce Willis than the one on the US cover, haha.




音楽コーナー
Music Corner



OZIGIRIさんによる、ブルース・ウィリスがダイ・ハード当時のセルフオマージュで演じている「エクスペンダブルズ2」のテーマ曲のリミックス!
ALLKORE FILM FESTIVAL 〜映画館レイブ〜は好評発売中です!

Here's an Expendables 2 remix from OZIGIRI - Bruce Willis's role in the movie pays tribute to his Die Hard days!
ALLKORE FILM FESTIVAL 〜映画館レイブ〜 is available on CD and digitally now!



みんなはどのクリスマス映画が好きですかね?
戦場のメリークリスマスとか多いかな?。
僕はやっぱりクリスマスの日にはダイ・ハードを見たくなってきます!
ではまた次回、そしてよいお年を!

What Christmas movies do you guys like?
I've been meaning to watch Merry Christmas, Mr. Lawrence, since it's pretty well-known here in Japan.
Writing this article has made me want to watch Die Hard again too, though!
Hope you all have a great holiday season, see you next time!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualInternet Archive



posted by イアン at 12:00| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。