大衆酒場ベスト1000

2016年11月22日

第42回「ヨッシーのロードハンティング」/ #42 “Yoshi's Safari”

 
スーパースコープとは?
Use the bazooka!

私はガンシューティング系のゲームが大好きすぎて、全てのガンコントローラとそれに対応したゲームを集めたいんです!
そんな訳で半年ぐらい前、スーパーファミコン専用ガンコントローラ「スーパースコープ」(Wikipedia)を購入!
しかし、忙しすぎて半年もゲームを放置してしまいまして、スーパースコープ(AA)を開封したのがつい先週だったりします。
感想を簡単に書くとしたら、スゴくデカくてスゴく重くちょっと使いにくい!
その時、プレイしたゲームはマリオシリーズなのに割りとマイナーなタイトルだったりする「ヨッシーのロードハンティング」(Wikipedia)でした。
という訳で今回は「ヨッシーのロードハンティング」(AA)(以下「ハンティング」)とその英語版である「Yoshi's Safari」(以下「Safari」)の違いを見ていきましょう!

I really love lightgun games (maybe a little too much), and I'm working on trying to get pretty much every type of console-compatible lightgun, as well as all the games that support them.
About half a year ago, I finally picked up a SNES Super Scope.
I'm sure some of you can sympathize, but a lot of the time when I buy games they end up going unplayed for months.
I never even pulled my Super Scope out of the box until just last weekend!
To put it simply, the thing is big, and it's pretty dang heavy, too.
The first game I tried out with it was (the Japanese version of) Yoshi's Safari.
It's a fairly straightforward game, but this month let's take a look at some of the differences between Yoshi's Safari, and its Japanese counterpart ヨッシーのロードハンティング (yosshii no roodo hantingu, "Yoshi's Road Hunting")!





背景
Background

はじめにスーパースコープの話から始めましょう。
まず発売に関してなんですが実はアメリカのほうが先でした。
アメリカとヨーロッパでは 1992年に発売され、その後の 1993年に日本で発売されましたが全然売れませんでした。
海外では 12タイトルほどの対応ソフトが発売されましたが日本ではたった 6タイトルしか発売されませんでした。
大きさや重さのせいで取り回しが悪いのもありましたが日本の住宅事情ではこんな大きなコントローラーを使ってプレイするのは難しかったのではないでしょうか。いまの自分の家もそうですし。

Let's start off by talking a little bit about the Super Scope itself.
You might be surprised to learn that the Super Scope was actually released in the US first!
It came out in both the North America and Europe regions in 1992, but didn't hit Japan until 1993 - and apparently didn't sell very well there, either.
Indeed, there were 12 games for the Super NES that had Super Scope support, but Japan only ended up getting half of those.
The thing is admittedly a little unwieldy to use, and presumably more so in the smaller rooms of Japanese houses. I know that was the case for me!





1122_01.jpg
スーパースコープ(9,800円 ※スーパースコープ6 同梱価格)



ハンティングは、1993年 7月に日本で発売されてその 2ヶ月後にアメリカでも発売されました。
もちろんガンシューティングゲームでプレイヤーがヨッシーに乗ったマリオという設定になっています。
説明書やゲーム内の画面を見る限り、マリオが使っている武器はスーパースコープそのものです。
プレイするにはスーパースコープが必須で通常コントローラを使うことでヨッシーを操作することはできたりします。
全 12面あり、割りと簡単で、1時間ぐらいで全クリアできるゲームです。レベルごとのハイスコアの登録ができますね。
ただゲームを全クリアすることで、難易度の高いハードモードのプレイが可能になります。

Yoshi's Safari, however, came to Japan first: it was released here in July of 1993, with a US release two months later.
Obviously it's a lightgun game, and you take the part of Mario riding on Yoshi's back.
It's not 100% explicit, but the manual and in-game images seem to indicate that Mario's weapon is in fact the Super Scope itself!
The Super Scope is required to play the game, but a second player can also join the fun by using a regular controller to perform all the non-shooting actions.
There's a total of 12 levels, and the game isn't very hard and can be beaten in about an hour. (There's also a high score list for each level when you beat it.)
There is, however, a bonus hard mode which can be unlocked by clearing the game once; it features a different color palette, harder bosses, and other small changes.





ゲーム内について
Game contents

●タイトル画面 / Title screen
1122_02.jpg



まずはそもそもゲームのタイトルが違いますね。
「ロードハンティング」ですが、まぁ意味は通じると思うけど英語で「road hunting」というフレーズはあまり使われないですね。
「Safari」はちょっと昔だとハンティングの旅という意味でしたが最近では野生生物を見に行く旅というイメージが強くなっていますので現代感覚だとちょっとだけおかしい感じの名前かなぁと思います。

The game's title is, of course, different in the US and Japan.
"Road Hunting" isn't exactly improper English, but it's not a phrase you hear too often, either.
"Safari", on the other hand, used to refer to a trip to go hunt wild animals, but modern safaris are just to see the animals, not hunt them, so it's a little bit strange of a title as well, really.



そして、タイトルのデザインもかなり違います。
ハンティングの方は木の板で出来ている立て札的なイメージではなかろうかと思います。
「ン」の点のところが「キラー」になっているのはちょっとかっこいいですね。
Safari は竹でデザインされていますが竹だとジャングルっぽいイメージですが「safari」はジャングルではなく、サバンナでやるものなので、ちょっと違和感があります。

The design of the titles are quite different as well.
「ロードハンティング」is made up of planks of wood; maybe they were going for a "signpost"-esque image?
Regardless, the Bullet Bills in the ンs are a nice touch.
"Yoshi's Safari" is made up of bamboo, but that's more of a jungle thing, and safaris generally happen in the savannah...eh, close enough, I guess?





●ストーリー / Story
1122_03.jpg



日本版英語版
あるひ、ピーチひめのところにあそびにきていた、マリオとヨッシーはピーチひめからジュエリーランドのことをききます・・・・・
ピーチ姫「わたしのともだちの、パインおうじとポットおうがおさめているジュエリーランドがたいへんなことになっているらしいの。おねがい、マリオ!!ジュエリーランドへいってかれらをたすけてあげてほしいの。ありがとう!さっそくいってあげて。いってらっしゃい。ふたりともきをつけてね。」
ピーチひめにたのまれた、マリオとヨッシーのふたりはさっそく、ジュエリーランドへとしゅっぱつしました。ピーチひめのはなしでは、ポットおうとパインおうじのふたりがゆくえふめいになり、さらにジュエリーランドのたからである、12コのほうせきもきえてしまったということです。これはもしかすると、またまたクッパのしわざでは?
One day, Mario and Yoshi came to see Princess Peach... She told them of a nearby kingdom, a place called Jewelry Land.
Princess Peach "You must go to Jewelry Land. Its rulers, Prince Pine and King Fret are in terrible danger. You must go there and save them. Please Mario, they are my friends!! Thank you! You must go at once. Good luck and take care, both of you!"
As a favor for the princess, Mario and Yoshi begin on their journey. The princess told them King Fret and Prince Pine had been kidnapped. And, the treasure of Jewelry Land, 12 gems, had been plundered!!! Who could be responsible? Could it be that evil Koopa clan?



ほとんど同じ内容ですが、微妙に違うところが幾つかあります。
まずは、「パイン王子」が英語でそのまま「Prince Pine」になっていますが「ポット王」が「King Fret」(フレット王)になっています。
「Fret」は「悩む」という意味と弦楽器関係の二つの意味がありますが、どちらも「ポット」と関係ないし、適当につけた名前じゃないか?と。ただ、そもそも「ポット」も「パイン」も適当そうな名前ですけどね。
「King Pot」か「King Pott」にしなかった理由はおそらく「pot」がマリファナのスラングだからではないかと思います。他の理由は思いつかないし、そもそも当時のニンテンドー・オブ・アメリカはドラッグなどに対してスゴく厳しかったりしたんです。

As usual for these older games, the general gist is the same, but there are some interesting small differences.
Prince Pine has the same name in Japanese, パイン王子 (pain ouji), but King Fett has a completely different name: ポット王 (potto ou, "King Pot").
"Fret" and "Pot" are completely unrelated words, so it seems like they kind of picked something at random. Then again, "Pot" and "Pine" don't have much to do with either jewelry or each other, so they're all rather frivolous names.
As for why they didn't call him "King Pot" or "King Pott", the only thing I can think of is that they were worried about the marijuana connection. Nintendo certainly were strict about their family-friendly image in those days, so it wouldn't be too surprising if that were the reason.



あと細かいところですが英語版では「ピーチ姫と遊びに行った」ではなく「ピーチ姫に会いに行った」的なニュアンスになっています。
また「行方不明になり」や「消えてしまった」ではなく「連れ去られた」と「盗まれた」という感じに明確な説明になっています。

It's a tiny discrepancy, but the Japanese story says that Mario and Yoshi went to "hang out with" Princess Peach, rather than just "see" her.
Also, it says that Prince Pine and King Fret "went missing" rather than that they were kidnapped, and similarly that the gems "disappeared", not "had been plundered".
I suppose the Japanese version was trying to make things seem a little more mysterious, basically.



ちなみに日本だとピーチ姫は最初からずっとピーチ姫ですが、アメリカだと最初は「Princess Peach」ではなく、「Princess Toadstool」(キノコ姫)だったりしました。
「ピーチ」って名前が「キノコ王国」と関係なさすぎて変更したみたいです。
そして初めて「Princess Peach」と呼ばれたのがこのゲームなんです!

Most people know a bit about the "Peach"/"Toadstool" naming confusion, but here's a little run-down of it:
She's always been called ピーチ姫 (piichi hime, "Princess Peach") in Japan. However, it was felt that "Peach" had too little to do with the "Mushroom Kingdom", and for the first few Mario games she was called "Princess Toadstool" in the US.
Eventually they clarified her name as "Peach Toadstool" and began referring to her as "Princess Peach" to match the Japanese version - and the first game to do so was Yoshi's Safari!





●コースの名前 / Level names
1122_04.jpg



ここでしか書かれていませんがコースの名前があります!

These level names only show up at the end-of-level high score list, but they do exist!

日本版英語版
そうげん コースGrass Land
キノコ コースMushroom Land
ドカン コースPipe Island
かいがん コースCrescent Coast
マウンテン コースSpirit Mountain
ブリッジ コースGrand Bridge
ふゆうじょうT コースFloat Castle I
どうくつ コースCornice Cave
おばけ コースGhost Mansion
ふゆうじょうU コースFloat Castle II
うらうみ コースDark Sea



日本語の名前はスゴく簡単で全部なんとかコースですね。
英語の方は日本語の名前をベースにちょっと面白くひねった感じの名前になっています。
特に気になったのは「Spirit Mountain」です。アメリカだと「spirit」ってことばは「聖霊」と深く関係あって、珍しく宗教的な名前になっています。
あと「Cornice」って言葉は初めて聞きましたが、調べてみた所「回り縁」って意味らしいですが、何を考えてこんな名前にしたかよく分かりません。

The Japanese level names are all named in the pattern of "[something] Course", and they're pretty generic, to be honest: "Grassy Course", "Mushroom Course", "Pipe Course", etc., you get the idea.
The English names are a fair bit more creative, perhaps too much so in a couple places.
One that really stuck out to me was "Spirit Mountain" - "spirit" usually has religious connotations (it's not referring to ghosts, there aren't any in the level), something which Nintendo was very quick to shy away from in those days, so it's a surprising choice.
I have to admit that I didn't even know what a "cornice" was, but apparently it refers either ornamental moulding, or a shelf of snow overhanging the edge of a mountain.
I uh, kinda feel like they could have come up with a slightly more suitable name - there's not even any snow in the level, it's actually full of fire enemies!





●間章 / Interlude
1122_05.jpg



これは、1〜7面までを全部クリアすると表示されるテキストです。

This small interlude plays after you clear all of levels 1-7.

日本版英語版
ポット王「いやいや、たすかった。ありがとう。しかし、そのほうせきはあと5つのこっているのじゃ。それに、ワシのむすこのパインおうじもやつらにとらえられておる。おうじとほうせきは、やみのせかいじゃ。どうか、おうじをたすけだしほうせきを12コあつめて、ふたたびこのくにをへいわにしてくだされ。おねがいしますぞ。」King Fret "Well now, you've saved me. Thanks! But, they still have five gems, as well as my son, Prince Pine. Now go to the Dark Realm to get them. To return peace to this land, finish collecting the gems and save the prince. I'm counting on you."



まぁ、基本的には同じ内容なんですが、このポット王の言い回しは本当に伝わりにくいと思います。
多分、こういった言い回しを伝える手立てはあるとは思いますが多くの人にはただおかしな話し方をしているんだと思われそうなので、普通の言い回しでもいいような気がします。

The King has a kind of "old-fashioned voice of kings of old" here, which can be difficult to express properly in English.
You could do something like have him talk in a kind of "Shakespearean" manner, with a bunch of "thou"s and "whence"s, but it might just seem really strange, so normalizing his speaking style isn't that bad of an idea, really.





●エンディング / Ending
1122_06.jpg



日本版英語版
パイン王子「たすけてくれてありがとう。あなたがマリオさんですね。あなたのことは、ピーチひめからおききしたことがあります。とてもゆうかんなひとですね。ところで、あなたがあつめてくれたそのほうせきで、さっそくこのくにをもとにもどさなければなりません。そのほうせきを、そらにかざせばあとは、ほうせきのもつちからによりせかいはふたたび、1つにもどることでしょう。」
ポット王「おお!よくぞこのくにをすくってくださった!なんておれいをいってよいのやら・・・」
パイン王子「ほんとうにありがとうごさいました。2つにわかれていたこのくにももとの1つのせかいに、もどりました。すべてあなたのおかげです。こんどこのくにへ、いらっしゃいるときはぜひ、ピーチひめとごいっしょにきてください。」
ポット王「それでは、おきをつけておかえりくだされ。」
ジュエリーランドのへいわをとりもどしたふたりは、ピーチひめのまつキノコワールドへかえっていきました。あのあと、クッパはどうしたかというと・・・・・コクッパとともに、じぶんたちのくにへかえったということです。こんかいのぼうけんは、これでおしまい。
Prince Pine "Thanks for saving me Mario! Princess Peach told me about you. You are such a brave man. Now, with the gems you collected, we can return peace to this land. Throw the gems above your head, and look up toward the sky. The secret power of the gems, will make the worlds one again."
King Fret "Oh! Thank you for saving this world. I don't know how to thank you..."
Prince Pine "Thank you so much. The two worlds, have become one. Everything I have, I owe to you. Next time you come to visit, please bring Princess Peach."
King Fret "Please be careful on your way home."
After restoring peace to Jewelry Land, Mario and Yoshi returned to the Mushroom World. There Princess Peach awaits. But, what has become of Bowser? He has taken the Koopalings and returned to whence they came. This story is now over.



本当に細かいところですがちょっとずつ違うところがあります。
英語版でパイン王子は最初に「助けてくれてありがとう、マリオさん」と会った事があるような感じで話していますがその後すぐに「あなたがマリオさんですね」といった感じで、何かちょっとニュアンスが違うなぁ思いましたね。
そして宝石は「空にかざせば」ではなく「空に投げれば」と言う感じになっていて、加えて「宝石の力」は「秘密の力」になっています。
また日本語版の「すべてあなたのおかげです」の英語版の文言がおかしくて何故か「私の今までの人生は全てあなたのおかげです」的な意味に変わっています。
あと後半部分はかなり古臭い言葉や文言があって、最後の方なんかは「この物語は今終わりました」的な超硬い言い回しで閉めています。

Alright, we're going to get really nitpicky here, but there are some tiny differences to point out.
In the Japanese, Prince Pine says something more along the lines of "Ah, you're Mario, aren't you? Princess Peach has mentioned you to me before." Just a slightly different nuance to their introduction.
Also, he only tells Mario to "hold the gems to the sky", rather than to actually throw them, and it also doesn't refer to their power as "secret".
"Everything I have, I owe to you." is a very strange translation - the original Japanese line is more just trying to say "Our land was saved, all thanks to you."
Finally, the phrasing in the last section is a little strange: the "whence" does indeed feel really old-fashioned and out of place, and "This story is now over." is just ridiculously blunt. The Japanese there is a little more normal, it basically says "Well, that's where this adventure ends."





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリー / Story
1122_07.jpg



英語版の説明書のストーリーはジュエリーランドの名前の由来はその 12個の宝石であると説明されています。
そして英語版ではポット王とパイン王子はクッパに連れ去られたとはっきり書かれています。
また、国が 2つに別れてしまった理由として宝石が奪われただけではなく、奪われたせいで地震が起こり、それが原因で別れてしまったという事になっています。
あとスゴく細かい文法のミスにケチを付けますが「an they save the King and the Prince?」のところでは「King」と「Prince」は全て小文字が正しい文法となります。
普段はそこまで突っ込まないんですが前のページではちゃんと「kidnapped both the king and the prince」と書いてあるのでちょっと気になりました。
ちなみにこのページの背景は日本語版の説明書ではゲーム内のワールドマップ画面、英語版の説明書ではパッケージにも使われているイラストになっています。個人的には英語版のほうが好きですが皆さんはどうでしょうか。

Right off the bat, I can mention that the Japanese manual doesn't specifically say that Jewelry Land got its name from the 12 gems (though you can infer as much pretty easily).
Also, similar to the in-game story, the Japanese doesn't come right out and say that Bowser kidnapped the king and prince, just that they were "imprisoned in the respective Realms".
There's also no mention of an earthquake being the cause of the world splitting, it's rather implied that it was simply a direct result of the gems being stolen.
For a really really tiny grammatical nitpick, in "Can they save the King and the Prince?", "king" and "prince" should not be capitalized.
Normally I wouldn't call out something like that, but on the previous page it's written correctly ("kidnapped both the king and the prince"), so I couldn't help myself.
It's also interesting that they use very different backgrounds for this page - the Japanese one is the in-game level select screen, while the English one is just the cover artwork. Personally, I like the English version better, but what do you think?





●ゲームを始まる前に / Starting the game
1122_08.jpg



任天堂のゲームとしてはかなり珍しいんですが単純なスペルミスがあります。「Adjest」

Now this is rare: "Adjest" is a straight-up typo in the manual for a Mario series Nintendo game!




●ゲーム説明 / Game play
1122_09.jpg



おそらく説明書のスペースが足らなかったのかもしれませんが「ヨッシーのストック」と「ヨッシーのライフゲージ」の説明が英語版では省略されています。
だけどコインについては英語版の説明の方がちょっと詳しくなっていて「コースアウトした時にコインの数が 3枚以下の場合はミスとなる」との追加説明があります。

It was probably just an issue of lack of space, but the Japanese manual also has descriptions for Yoshi's life count and life gauge here.
On the other hand, the Japanese version is missing the extra bit of explanation in the coin section about what happens if you miss a jump with less than three coins.





●1プレイヤーゲーム / 1-player mode
1122_10.jpg



一つ気になる点として日本語版の説明書で書かれている「ゲームはいたって簡単」の文章が英語版の説明書では省かれています。確かに英語でそんなこと書くと逆にちょっと良くない意味あいになってしまうかもしれません。
あと使用されているイラストが違いますね。日本語版の説明書で使われている、やられたようなマリオとヨッシーのイラストですが英語版の説明書では別ページで使われてはいますが、この英語版の説明書のヨッシーのイラストは日本語版の説明書では一切使われていません。

The Japanese manual has one extra sentence at the beginning of the lower section, which essentially says "Gameplay is very simple."
I guess they felt like that might sound a little condescending to western players, or something?
Also, it's interesting that the illustrations used are different. The picture in the Japanese manual of the blown-up Mario shows up later in the English manual, but these Yoshi drawings don't appear in the Japanese manual at all.





●アイテム / Items
1122_11.jpg



「木の実」の絵を見ると、おそらくナッツ系じゃなくての果物系の方なんですね。
日本語ではナッツ系も果物系も「実」に含まれるのは面白いんですが、ちょっと分かり難いですね。
あと日本語版も英語版もそうなんですが「スーパーキノコ」ではなく「パワーアップきのこ」になっています。確かにスーパーキノコとはちょっと違う感じですね。

The picture for the "Nuts" item isn't very...nutty, is it?
The Japanese name, 「木の実」(ki no mi), can actually mean both "nut" and "berry"/"fruit", but I feel like the item image should've made it clear that in this case it's the latter, rather than the former.
Also, this isn't an English/Japanese difference, but it's interesting to note that the "Power-Up Mushroom" item is not the same as the iconic Super Mushroom from the main series of Mario games, and it does indeed look rather different.





●敵キャラクター紹介 / Enemy characters
1122_12.jpg



他の敵キャラクターのイラストは全部一緒なのにクッパのイラストだけは全く違うんですよね。また英語版の説明書では「?」が消えていて、全てのボスがクッパなのではないかと勘違いされてしまいそうです。
「Flying Goomba」は「Safari」の前に発売されたゲームで、いつも「Koopa Paratroopa」と合わせて「Paragoomba」になっているんですが、ここではそうなっていないのがちょっと謎ではあります。
あと英語版にある「キラー」の見出しは他のページにもあるんですが、ここだけ爆発して背景の枠が割れちゃっているのは本当に良くできているなぁと思います。

All of the other illustrations are the same, so it seems strange to me that Bowser gets a totally different picture in the English manual - and they've removed the "?", too, almost making it seem like every boss is Bowser, or like Bowser is the only boss in the game.
Also, the name "Paragoomba" had been used before this game and would continue to be used in other games after this one, so it's a mystery why they went with "Flying Goomba" here.
Lastly, I just wanted to point out that the Bullet Bill explosion headers which are on most pages of the English manual are great, and this one actually blasting apart the background is an especially nice touch.





●パッケージ / Box art
1122_13.jpg



使われている背景のイラストはどちらも同じですが、英語版のパッケージではマリオの姿が消えています。
ゲームのジャンルはガンシューティングであってもニンテンドー・オブ・アメリカはピュアなイメージを守りたかったんだろうと思います。日本語版のパッケージに使用されているスーパースコープを持っているマリオは英語版のパッケージでは使いたくなかったんでしょうね。

The main visual is the same on both boxes, but for some reason Mario isn't present on the SNES box at all!
My best guess is that, even though it is a shooting game, Nintendo was being very conscious of their family-friendly image like I mentioned earlier, and didn't want to show Mario with a giant gun on the cover of one of their games.





音楽コーナー
Music Corner



エンディングテーマそのものです。
他の何かのサンプリングなんて入ってないよ?

This is just the ending theme to the game.
There's nothing strange going on here at all, nope.



英語がわかる人向けになってしまいますがちょっとお試し感覚で毎週ゲームの生放送をやろうかと考えています。
興味ある人は是非Twitchチャンネルを登録してください!
もちろん来月もまたこちらで会いましょう!

I've been thinking about trying out doing a weekly gaming stream, mostly lightgun games to start.
If you think you might be interested, give my Twitch channel a follow and maybe check it out when I start doing it!
Either way, I'll be back here next month with a new article, so see you then!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualGames Database



posted by イアン at 11:09| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。