大衆酒場ベスト1000

2016年09月24日

第40回「ワリオの森(ファミコン)」/ #40 “Wario's Woods(NES)”

やい キノピオ
I'm warnin' you, Toad!

中学校の頃、任天堂のゲームキューブをゲットした当時、一番やり込んだゲームは多分「どうぶつの森+」(Animal Crossing)でした。
そのどうぶつの森のゲーム内では昔のファミコンゲームを入手し、遊ぶことができたんです。
自分はそのどうぶつの森でまた別の「森」に行きました。そう、それが「ワリオの森」です。
もちろん FC 版の「ワリオの森」と NES 版の「Wario's Woods」も他のゲームと同じように色んな面白い違いがあります!なんと操作方法までです!

When I first had access to a Gamecube back in middle school, the game I spent the most time playing was probably Animal Crossing.
One of the cool things about Animal Crossing was that included a number of old NES games you could get and actually play.
That's where I got my first taste of NES puzzler "Wario's Woods".
There are of course a good number of differences between Wario's Woods and the Famicom version 「ワリオの森」(wario no mori) - even in the controls!





背景
Background

「ワリオの森」は 1994年2月に日本で発売されたファミコンソフトです。
その後、1994年12月にアメリカでもリリースされました。すでに スーパーファミコン(SFC)および Super NES(SNES)は発売されていて(SFC:1990年、SNES:1991年)、海外版の 「Wario's Woods」は NES 版と Super NES(SNES)版が同時に発売されました。
NES 版については NES で正規販売された最後の一本となりました。
SNES 版は触ったことないので詳しいことは言えないですが基本システム以外は色々違ってたらしいです。(例えば BGM やグラフィックなど)
その SNES 版は日本では発売されていないのですが SFC の「サテラビュー」というゲーム配信サービスで SNES 版をベースとした「ワリオの森 爆笑バージョン」と「ワリオの森 再び」が配信されてました。
「爆笑バージョン」は登場するキャラが「爆笑問題」の二人に差し替えられたバージョンで、「再び」はほぼ SNES 版と同じでサテラビューのタイトルとして割と大人気だったらしいです。

Wario's Woods was originally released in February 1994 for the Famicom.
Soon after, it was brought to the US in December of '94.
However, at that point the Super NES had already been our for a while, and the game actually launched simultaneously on both consoles.
I haven't played the SNES version myself, but from what I know, the basic gameplay is the same but a lot of the particulars are very different, including visuals and music.
Interestingly, the SNES version wasn't released as a cartridge in Japan. It was instead available on the Super Famicom's "Sattellaview" digital distribution service.
There were two Sattellaview versions of the game: 「ワリオの森 爆笑バージョン」(wario no mori bakushou version) and 「ワリオの森 再び」 (wario no mori futatabi).
爆笑バージョン replaced some of the characters with members of the comedy duo 爆笑問題 (bakushou mondai), while 再び was a stripped down version of the SNES release, and was apparently very popular.





0924_01.png
「ワリオの森 爆笑バージョン」 / Wario's Woods: Bakushou Version



「ワリオの森」はパズルゲームで敵と爆弾を色合わせで並べ、敵を消していくゲームです。
ストーリーモードはゲームタイプによっては途中でボス戦があったりします。
そしてサックっとクリアできる人向けにはタイムアタックモードや友達と対戦できる VS モードもあります!

Gameplay-wise, Wario's Woods is a puzzle game where you line up enemies and bombs based on color to wipe them out.
There are two versions of the main game mode, one with bosses every 10 levels and one without.
Aside from that, there's also a time attack mode as well as a 2-player VS mode!





ゲーム内について
Game contents

●タイトル画面 / Title screen
0924_02.png

いつものことですがゲームの名前が違うのでタイトル画面も違いますね。
また、ロゴの部分だけではなくて道標の形が違うし、木の色も微妙に違いますね。
NES 版のロゴには FC 版のように葉っぱとか森っぽいものが付いていないのはちょっと残念です。

As usual, the title screen is rather different for the two versions.
That said, there's actually some changes not related to the game's title. The signpost has been redesigned for the NES version, as have the tree trunks (ever so slightly).
It's a bit of a bummer that they didn't find something equivalent to the little leaf on the 森 in the Japanese title for the NES title screen, though.



●オプション画面 / Options screen
0924_03.png

FC 版もテキストのほとんどか英語なんですけど、「LICENCE」(免許)は NES 版ではもうちょっと分かりやすい「RANKINGS」になっています。
ちなみに「LICENCE」ってスペルはアメリカでほとんど使われていないです。

Most of the text in the Famicom version's menus is in English and is the same in the NES version, but they did change "LICENCE" to "RANKINGS", which makes a bit more sense.
Incidentally, the "licence" spelling isn't incorrect, but it almost never used in American English.



●名前入力 / Name entry
0924_04.png

ひらがながアルファベットに変わっているのは当然ですが、FC 版のみデフォルトネームがあり「きのぴお」になっています。
NES 版は空なんです。

Of course the alphabets are different, but it's also interesting to note that the Famicom version has a default name - 「きのぴお」 (kinopio, the Japanese name for Toad).
The NES version has no default name whatsoever.



●ボス後会話 / Post-boss cutscenes
ゲームモードごとに 10個ずつの会話シーンがあって、合計 20個の中から例として 2つを紹介します。

There's a short cutscene every 10 levels in each game mode - 20 in all.
Let's take a quick look at a couple of them.


0924_05.png

分かるかもしれませんが、NES 版のワリオのセリフは本気で腹が立っている感じですね。
FC 版の方はもうちょっとのんびりな感じでワリオはちゃんと最初に自己紹介もしていますね。

Wario is definitely quite angry in the NES version, but in the Famicom version he's a little less serious, even introducing himself to Toad in this first cutscene.


0924_06.png

これは前のシーンと同様で正直なところ他の会話シーンもほとんど同じような感じです。
会話シーンで興味深いのは FC 版のワリオがゲームの秘密がわかっちゃうようなネタバレをバンバン言うことです。
(その秘密は会話シーンで毎回出てくるワリオがどんどん大きくなるんですが実は風船を膨らませているだけと言うもの。ワリオはよく「大きくなっている」とか「強くなっている」とかわざとらしく言うので何か怪しいなぁと。)

This is pretty similar to the previous cutscene, and honestly most of them share a pretty similar pattern.
Probably the most interesting difference between the two versions is that Wario kind of gives away the ending twist in the Famicom version.
In the NES version, he's a lot less obvious about whatever it is he's hiding.
(The secret is that the Wario in cutscenes who keeps getting bigger is actually just a fake balloon Wario the real one is inflating.
In the Famicom version, he talks a lot about "getting bigger" and "getting stronger", to the point that it becomes clear something fishy is going on.)



冒頭でも言いましたがゲーム内ではテキストだけでなくて操作方法まで大きな違いがあります。
自分は中学生の頃からワリオの森をやり込んでいるので割と腕に自信はありました。
しかし日本に来てからその自慢の腕を発揮しようとしても上手くできなかったのです。
その理由としては 2つあります。

@ NES 版ではモンスターや爆弾を持っている時に十字キーの[↑]を押すとそれらを離して即座に上へ移動します。
FC 版でも同様の事はできるのですが操作方法としては十字キーの[↑]ではなく[A]と[B]ボタンの同時押しなんです。
この操作方法に慣れていなかったのもあるんですが同時に押したつもりが[A]か[B]のどちらかしか認識されないことが多かったです。

A 説明書には書いていないので原因は不明ですが FC 版のみ何かの操作をきっかけに爆弾がモンスターに変化してしまうことがあります。
この不具合は NES 版では発生しなくて始めてみた時はビックリしたものです。

この2点だけで自分にとっては FC 版が 10倍ぐらい難しくなっていると感じます。

I mentioned it before, but in addition to text differences, there are some control and mechaincs differences between the two versions as well!
From playing a lot of the game back in middle school, I actually got rather good at it.
I thought I'd try to show off my skill on the Famicom version one day, but I actually ended up not doing very well at all.
There were two reasons for that:

@ In the NES version, you can just press up on the d-pad to drop a stack in place and jump up to the top of it.
You can do this in the Famicom version as well, but instead of up you have to press A and B simultaneously.
On top of just not being used to it, more often than not the game would only pick up one of the inputs, and end up doing the wrong thing entirely.

A It's not explained in the manual, so I'm not sure of the specifics, but sometimes in the Famicom version your actions can make bombs turn into monsters.
This feature isn't present in the NES version at all, and it caught me off guard when I first saw it.

They might seem link small differences, but these two things wind up making the Famicom version a heck of a lot harder.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

NES 版の説明書はあまり画質の良いものが見つけられませんでした。すいません。

Unfortunately, I couldn't find a good scan of the NES manual, so it may be a little hard to read, my apologies.


●ゲームルール / Game rules
0924_07.png

ここの[4]では先ほど説明した操作の違いが書いてありますね。

Just wanted to note that the difference in controls I mentioned above is detailed in section [4] here.


0924_08.png

このページでは2ヶ所の翻訳ミスがあります。
まずはダイアモンドのところの「ただし、1列で〜」の注意書きですが NES 版の方では例の画像に対して「例えば1列で〜」みたいな意味になっています。
そして天井押し上げのところの最後の注意書きでは NES 版には「連鎖消し」の説明が抜かれていて、ダイアモンド消しだけで押し上げると説明されています。

There're two small translation errors on this page.
First, in the diamond explanation, the caption which says "This example is..." should say "This is only the case when five monsters...(etc)".
In the "Raising the Roof" section, the text at the very bottom omits the fact that chain clears also raise the roof, as is mentioned in the Famicom manual.



●モンスターの消し方 / How to make monsters disappear
0924_09.png

消し方の説明自体は間違いなく合っているのですが気になったのはモンスターの名前です。
FC 版と NES 版は全てが違う名前になっていますが全部面白い名前になっており、それはそれで悪くないと思います。

The instructions are perfectly translated, but what caught my eye was the monsters' names.
Rather than trying to translate the Japanese names into English, they went for making up entirely new names, which I think actually works out well in this case.



●テクニックの一例 / Successful completions
0924_10.png

ここで指したいのは一つだけ、NES 版の説明が全体的に随分長いです。特に H〜Kのところですね。

All I wanted to point out here is that the NES explanations are a LOT longer than the ones in the Famicom manual, especially for H-K.


●ストーリー / Story
0924_11.png

ストーリーの内容は基本的に同じ感じですが NES 版の方がちょっと生真面目な雰囲気になっている気がします。
そして FC 版の最後の所でプレイヤー向けに書かれているところは NES 版では似たような説明が一切ないです。

The basic gist of the story is the same for both versions, but the Famicom manual isn't quite so serious about it, sounding more like a fairy tale/bedtime story.
There's also a line directly addressing the player at the end of the Famicom manual story, but there's nothing like that in the NES story.



●ラウンドゲーム / Round game
0924_12.png

ゲーム内の違いでは説明し忘れましたが NES 版ではコンテニューの上限が 9つとなっていて、そのことが説明されています。
FC 版だとコンテニューに上限はありませんので、それが難易度を補っているかもしれませんね。(笑)

I didn't mention this before in the in-game differences section, but the maximum number of continues you can get in the NES version is 9, as is mentioned here.
the Famicom version has no limit on the number of continues you can get, which I guess makes up a bit for it being more difficult, haha.



●登場するボス達 / Bosses
0924_13.png

モンスターとは違ってボスの名前に関してはほとんどが日本語の名前を英語にしたものです。
モンスターに比べてボスの名前は訳し易いのは間違いないですし、この辺に関しては良くできていると思います。

Unlike the regular monsters, these boss names all actually match up pretty well between languages rather than being completely different.
They definitely seem a lot easier to adapt into English than the monster names, so I can understand why they approached the two differently.



●VS 対戦 / VS battle
0924_14.png

攻撃する方法の説明の数が NES 版では 4個から 3個に減らされています。
なぜか最初の「モンスター 3個食並べ攻撃」の方が NES 版で抜かれています。
知っている限り、ゲーム内のこの辺の操作は FC 版と NES 版が一緒なはずです。

There Famicom manual lists 4 ways to attack, while the NES manual only has 3.
For some reason, the NES manual omitted the first one listed in the Famicom manual, which is simply "matching up a line of monsters and bombs".
As far as I know, the actual in-game mechanics for VS mode are the same between the two versions, though.



●レッスン / Lesson
0924_15.png

簡単ゲームの説明で「ゲームは 12ラウンドまであります。」の英訳がちょっとおかしな感じになっており、簡単ゲームが複数あるような意味になっていますが本当は 1つだけです。

There's a tiny mistake here, "Each game has 12 rounds." implies there are multiple Easy Games, but there's only one, so it should probably say something like "The Easy Game has 12 rounds."


●オプション / Options
0924_16.png

名前入力の画面は最初の方で見せましたが、なぜか NES 版の説明書では名前が空じゃなくて「MARO」が入力済みになっています。
おそらく「MARIO」なんでしょうが文字数制限で入らなかったようなんですがこのゲームにはマリオは登場しないし、主人公のキノピオの英語の公式名「TOAD」ならちょうど入るのでマジで何で「TOAD」にしなかったのでしょうか。

I talked about the name entry screen before, but it's interesting to notice that in the NES manual it shows "MARO" inputted into the name entry screen.
I think it's safe to assume this is supposed to be MARIO (and it just wouldn't fit in the 4-character limit), but Mario's not even in this game,
and the main character's official name "Toad" does fit in the 4-character limit, so it's very bizarre to me that they didn't go for that.



●パッケージ / Packaging
0924_17.png

イラストは同じものですが NES 版の方がイラストを前面に押し出しており、ちょっとかっこいいと思いました。
そして最初にちょっと説明した FC 版ロゴの「森」にくっついている葉っぱなんですが NES 版のロゴでは全部の「O」(オー)に爆弾がデザインされていますね。

Both boxes use the same illustration, but I feel like the NES version executes it a little better.
Also, I mentioned in the little leaf on the 森 for the Japanese title before,
but for the NES box art at least they did something interesting by putting bombs in all of the Os in the game's title.





音楽コーナー
Music Corner



今回、ワリオの森のリミックスとかは見つからなかったのですが、原曲自体がそこそこ好きなのでそれにしちゃいました!

I couldn't find any tracks remixing or sampling Wario's Woods, but honestly I really like this tune straight from the game, so let's go with that!


ワリオの森はユニークなシステムだし、本当にやりやすくて楽しいのでいつか続編出たら嬉しいですねー。
絶対出ないと思いますけど(笑)
ではまた次回!

Wario's Woods has pretty unique gameplay, and it's definitely a lot of fun,
so it sure would be cool to see a sequel someday!
...yeah, that's probably not going to happen.
Anyway, that's it for now, see you next time!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualGames Database



posted by イアン at 14:21| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。