大衆酒場ベスト1000

2016年08月23日

第39回「高橋名人の冒険島(ファミコン)」/ #39 “Adventure Island(NES)”

たーかはし!たーかはし!
Takahashi! Takahashi!

最近この連載ではよく「久しぶりに新作が出るレトロゲーム」をテーマに書いています。
今回は「モンスターワールドII ドラゴンの罠」のリメイク版でモンスターワールドシリーズの続編である「モンスターボーイ」が開発中でそのモンスターワールドシリーズの原点「ワンダーボーイ」のファミコン(FC)版である「高橋名人の冒険島」とそれの NES 版「Adventure Island」の違いについて説明します!
実のところゲーム自体の違いはそこまで多くないですがある点においてそこそこ面白いし、シリーズ周りの違いもありますので是非読んでもらえればと思います!

Lately I've been on kind of a roll of "doing old games that have new entries coming out".
Currently, both a remake of Wonder Boy III: The Dragon's Trap as well as a brand-new Monster World game are in development.
It's a bit roundabout, but this time I'll be covering, not the original Wonder Boy, but its Famicom version 「高橋名人の冒険島」 (Takahashi Meijin no Bouken-jima) and the NES counterpart "Adventure Island".
There aren't actually many difference in the games themselves, but what is there is quite interesting, and there are some cool tidbits about the series in general as well, so give it a read!





背景
Background

まずは「高橋名人の冒険島」(以下、「冒険島」)自体について説明しましょう。冒険島は 1986年に FC 版と MSX 版のソフトとして発売されました。
横スクロールのアクションゲームで設定が恋人を助けに冒険をするという感じで概ねスーパーマリオと似たような感じのゲームです。
1988年にはアメリカで「Hudson's Adventure Island」ってタイトルで NES 版も発売され、その後 1992年にヨーロッパにでもリリースされました。

First off, let's just talk about Adventure Island itself. The Japanese version (which I'll just refer to as "Bouken-jima" from here on out) was released for the Famicom and MSX in 1986.
To explain a little bit who Takahashi Meijin was, he was basically a Hudson executive who had a character created around him similar to Nintendo's Howard & Nester in the US.
His biggest "claim to fame" was being able to mash a controller button a whopping 16 times per second.
It's a side-scrolling action game, and you have to rescue a lady friend, so at the core it's the same style of game as Super Mario Bros.
In 1988 the game was released for the NES as "Hudson's Adventure Island" in the US, and then in Europe in 1992.







これが高橋名人だ! / Get a taste of the Takahashi Meijin craze





しかし、冒険島自体はアーケードゲーム「ワンダーボーイ」の移植版で主人公や敵などの一部に変更が加えられただけだったりします。
その後はワンダーボーイシリーズも冒険島シリーズもそれぞれ独自に続編がリリースされたことで源流は同じとするもののほとんど別シリーズという感じになっています。
日本語タイトルはローマ字でしか書いてないですけど、調べて出てきたこのシリーズ一覧をご覧ください。
結構複雑ですがちょっと面白いところを説明します。

That said, Adventure Island is actually a port of the arcade game "Wonder Boy", with some of the characters and enemies changed up.
Both the Wonder Boy series and Adventure Island series each got a number of sequels, in very distinct styles, so it's surprising to learn they originated with the same game.
In doing some research, I came across this handy chart, give it a look.
It's kinda complicated, but I'll break down some of the more interesting points:



・「ワンダーボーイ モンスターランド」(海外で「Wonder Boy in Monster Land」、セガ・マーク III 版のタイトルは「スーパーワンダーボーイ モンスターワールド」)は 2005年に海外のモバイル版で「新高橋名人の冒険島」(海外だと「Super Adventure Island」)として移植されました。スーファミの「高橋名人の大冒険島」も海外で「Super Adventure Island」というタイトルでリリースされています。
 そしてまた別ものである「高橋名人の新冒険島」というゲームもありました。

・「ワンダーボーイ モンスターランド」はワンダーボーイシリーズの第二作目。その続編「ワンダーボーイIII モンスター・レアー」もリリースされており、また海外でも「Wonder Boy III: Monster Lair」としてリリースされました。
 しかしながら「ワンダーボーイ モンスターランド」はモンスターワールドシリーズの第一作目だったりもするので、「ワンダーボーイ モンスターランド」の続編である「モンスターワールドII ドラゴンの罠」ってゲームもリリースされました。しかし何故か海外では「Wonder Boy III: The Dragon's Trap」というタイトルでリリース。こちらはワンダーボーイシリーズとして考えれば第四作目なのに第三作目にされてしまい、結果として「Wonder Boy III」ってゲームが二つ存在することになってしまいました。

・ちなみに「モンスターワールドII」の次に出たシリーズ作品は「ワンダーボーイV モンスターワールドIII」だったりします。こいつはマジで超複雑ですね。そのゲームはアメリカではナンバリングを捨て「Wonder Boy in Monster World」としてリリースされましたが「Wonder Boy in Monster Land」と勘違いしちゃいそうです。

・以上の「モンスターワールドII ドラゴンの罠」は日本で PC エンジンに移植され「アドベンチャーアイランド」というタイトルになります!(笑)

・"Wonder Boy in Monster Land" (「スーパーワンダーボーイ モンスターワールド」, "Super Wonder Boy in Monster World" on the SEGA Mark III in Japan) was ported to mobile phones in 2005 as "Super Adventure Island" (「新高橋名人の冒険島」, "Shin Takahashi Meijin no Bouken-jima" in Japan). This is not to be confused with the SNES game also titled "Super Adventure Island" (「高橋名人の大冒険島」, "Takahashi Meijin no Daibouken-jima" in Japan), nor the Japanese-only 「高橋名人の新冒険島」 ("Takahashi Meijin no Shin Bouken-jima").

・The above-mentioned "Wonder Boy in Monster Land" is the second game in the Wonder Boy series, and was followed up by "Wonder Boy III: Monster Lair" (similar title in Japan). However, "Wonder Boy in Monster Land" is also the FIRST game in the "Monster World" series, and had a direct sequel, called 「モンスターワールドII ドラゴンの罠」 ("Monster World II: Dragon no Wana") in Japan. For whatever reason, instead of just directly translating that title, the game was released as "Wonder Boy III: The Dragon's Trap" in the US, even though Wonder Boy III already existed, and this was the fourth Wonder Boy game.

・Speaking of the crazy numbering, the next game to come out after that was called 「ワンダーボーイV モンスターワールドIII」 ("Wonder Boy V: Monster World III") in Japan. To try to simplify things, the just called it "Wonder Boy in Monster World" in the US, but that name is confusingly close to "Wonder Boy in Monster Land", which you'll remember is the second game in the Wonder Boy series and first in the Monster World series.

・As if that wasn't bad enough, remember Wonder Boy III: The Dragon's Trap (which is actually Monster World II, and technically Wonder Boy IV)? That got ported to the PC Engine in Japan with the name...wait for it...「アドベンチャーアイランド」 ("Adventure Island"). At this point they just have to be purposefully trying to confuse everyone.





ゲーム内について
Game contents

そもそも UI 以外で単語が出る画面は二ヶ所しかないですが両方見ましょう!

There's actually only two screens in the entire game that even have text outside of the UI, but let's take a good look at both!




●タイトル画面 / Title screen
0822_01.png

いつものことですがゲームのタイトルが違いますよね。
良かったのは、NES 版でタイトルの文字の雰囲気をちゃんと残しつつ、さらに「Island」の「I」を椰子の形にしたところですね。
あと NES 版で年代表示が 1987年になっているけど、発売されたのは 1988年の 9月なのでちょっと気になりました。
そしてすごく細かい点ですが、FC 版の「PRESS START BUTTON」が NES 版で「PUSH START」に変更されています。
どちらでも可笑しくはないのですが分かりやすいのにわざわざ何で変更したのかちょっと不明ですね。まぁ、ただの好き嫌いだったりするかもしれません。

As usual, the game title itself is of course different.
It was nice to see that they preserved the font style of the title, and that they even went so far as to make the "I" look like a palm tree.
One thing that caught my eye is the copyright date on the NES version - it's 1987, but the game didn't actually come out until September of '88.
Also, it's a very small thing, but "PRESS START BUTTON" was changed to "PUSH START".
Neither is incorrect, and I don't feel like one is particularly easier to understand than the other, so I guess it was just a case of personal taste?





●エンディング / Ending
0822_02.png

キャラ名の違いとかはこの後に説明しますが、何にしろ「YATTANE TAKAHASHI!」をそのまま残すとちょっとまずいですね。しかし他の言葉にしたりせずに削除しただけってのはちょっと残念です。
あと FC 版も英語で表記されています。おそらくこの画面のためだけに日本語フォントを導入するのはちょっと手間が掛かり過ぎるとかの理由からこうなったのでは無いかと推測されます。

I'll go into details on the character name changes in the next section, but really there was no way they could leave "YATTANE TAKAHASHI!" in as-is.
It is little disappointing though that they resorted to removing the line entirely.
I was also a little surprised that the Famicom version ending is also all in English, but I suppose there's no real reason to cram in an entire Japanese font set for just one screen.



もう、それでゲーム内の違いは以上です。(笑)

For in-game differences, that's all she wrote!




説明書などについて
Manual, packaging, etc

冒険島の説明書も割りと簡単に短くまとめられていますが細かいところまで説明しますよ!

The manual for the game is actually pretty short as well, but that's just means we're going waaay in-depth!




●ストーリーと遊び方 / Story & Controls
0822_03.png

まず、左上にある「高橋名人のワンポイントアドバイス」については NES 版の説明書では省かれています。
もちろん高橋名人っていうキャラクターがアメリカでは全然知られていないのでしょうがないのですが完全にカットするのは勿体無いなぁと感じます。

First of all, the left-hand page in the Japanese manual contains a list of game-playing tips from Takahashi (don't play for too long, don't play a bunch of games at once because you'll never get good at and of them, etc.).
It's removed entirely for the English manual, which is kind of a shame.



次はストーリーのところを見ましょう。今まで説明していませんでしたが海外において高橋名人は「Master Higgins」という名前になっています。
ハドソンとの関係とかゲームの上手さ、16連射のことは一切説明されていません。また「Master」って呼び方はアメリカだと「名人」ってイメージではないのでマジで謎キャラになっています。
(「Master」は、「ご主人様」ってイメージが一番強い。「名人」みたいな意味は、スターウォーズぐらいでしか使われていないです。)
NES 版の説明書のストーリーにおいては恋人の名前が「Princess Leilani」となっているんですがゲーム内と他のシリーズ全作品では日本の名前である「ティナ」に合わせて「Tina」となっています。
説明書を作った人たちは開発チームと上手くコミュニケーション取れてなかったか、もしくは途中で考え直したとかそんな原因だろうとは思います。
最後に「キュラ大王」が NES 版で「Evil Witch Doctor」に変更されており、名前は無いものになっていて「悪の妖術師」的な意味だけになっています。
あと、よくあることなんですが NES 版の説明書では高橋名人の画像も消されちゃっていますね。

Now let's take a look at the story section. I held off on talking about it until now, but in the US, Takahashi is known as "Master Higgins".
There's no mention of his relation to Hudson or being good at games/the 16-button mash, and the use of "Master" is kind of strange as well.
("Meijin" means "master" in the sense of someone who has mastered something, i.e. a "Jedi master", but in the US calling someone "Master ____" is more commonly something you'd expect to hear from a butler to his employer, outside of fantasy settings.)
The English manual also refers to the lady you have to rescue as "Princess Leilani", but in-game and in all other entries of the series, she's called Tina (which is taken directly from the Japanese version).
Either whoever was doing the manual didn't have constant contact with the developers, or they changed their minds at some point in development and just didn't bother fixing the manual, I guess.
Lastly, the "Evil Witch Doctor" has a name in the Japanese version: 「大王キュラ」 ("Daiou Kyura", "Daiou" means "great king" and is the same title given to Bowser, "Kyura" is probably just a made-up name).
Oh, one other thing - as we often see in manual localizations, the image of Takahashi in the Japanese instructions is gone in the English version.



コントローラーの使い方では、NES 版で「START」と「SELECT」の説明が消えています。多分、普通に入らなかっただけじゃないですかね。
そして Bボタンの説明が英文法的に少し可笑しな感じになっています。
その下にある「Energy Level」のところは後で詳しく説明しますが「loosing」って完全にスペルが間違っています。(笑)

The Japanese manual also tells you what the START and SELECT buttons do, seems like there just wasn't room on the page to bring those over.
The grammar is a little awkward in the English manual for the B-button description.
Also, I'll go into a little more detail on the "Energy Level" section later, but "loosing" is just completely the wrong spelling here.





●高橋名人の必勝グッズ / Power up items
0822_04.png

FC 版の説明文がそのまま NES 版の説明文に英訳されていますが、NES 版ではその後、いきなりゲームの進行方法についての説明になっており多少違和感があります。
アイテムの説明は FC 版の方が2倍ぐらい詳しく説明されています。さらに NES 版は文法的に変なところがあります。「unfavorite」は英語の単語じゃないです!
FC 版の「ハニー」は NES 版では「Honeygirl」となってて、日本語そのままに「Honey」にしてしまうと可笑しな感じになってしまうのは分かるんですが「Honeygirl」は個人的にコレジャナイ感があります。(笑)

All the description text from the upper area of the Japanese manual is brought over, but then the English one launches into a description of the game cycle out of nowhere.
This bit is not in the Japanese manual at all and feels really out of place in the "items" section.
All of the items get more detailed descriptions in the Japanese manual, and there's some weird grammar again in a number of the English descriptions. "Unfavorite" is not a word.
"Honeygirl" is just called "Honey" in the Japanese manual, and I can see just "Honey" seeming strange in English, but "Honeygirl" feels just as weird to me personally...





●冒険島のキャラクター / Characters of Adventure Island

「ケロ」が「Kello」、「スネイル」が「Sneil」など、あまりちゃんとした翻訳じゃないですね。
ケロについては NES 版でも詳細説明を入れていますが「コヨーテ」については省略しているのは謎ですし、また下にある枠内にある隠れチャラとかについての説明が省かれていたりします。
そして NES 版の説明書で一番変な所として「キュラ大王」の説明が完全に別の敵キャラ「King Quiller」として説明されている所。
当時のプレイヤーはこのゲームのボスキャラは「Evil Witch Doctor」と説明をされているので「この「King Quiller」てマジで何なの?存在しないじゃん?」という混乱状態であったろうと思われます。

"Kello" (originally ケロ, kero, Japanese onomatopoeia for "ribbit") and "Sneil" (just a straight-up misspelling) just reinforce the fact that this manual was not translated very well.
It's also strange that they brought over the little extra text for Kello, but not for Coyote nor the information in the box at the bottom (which mentions that other enemies exist as well).
But probably the most interesting bits involve the boss information. The extra text underneath キュラ大王 is missing from the English manual, but is suspiciously similar to the out-of-place text from the items section.
Furthermore, whoever localized this portion for the English manual seems to have either forgotten or simply not realized that キュラ大王 is the "Evil Witch Doctor", a.k.a. the bosses, and has presented him as an entirely separate mystery enemy known as "King Quiller".
I'm sure many players back in the day wondered who the hell this "King Quiller" was, and why he never actually showed up in the game.





●その他 / Other manual pages
FC 版と NES 版の説明書はそれぞれ片方にしか入っていない内容も少しだけあります。

There are actually some bits in each manual that aren't in the other!


0822_06.png

この部分は FC 版のみに記載されています。下のバイタリティについての説明のみ NES 版のコントローラーの説明のところに入っていました。

The information in the upper area provides a detailed description of the game cycle - clear 4 areas, beat the boss, repeat - but is omitted entirely from the English manual.
The lower area, though, is the source of the "Energy Level" information from way back on the first page - with the added bonus of another screenshot for the Japanese manual.



0822_07.png

NES 版の他の部分についての説明が終わり、法的の内容の説明が 4ページほど続くとこのページになります。
コンティニューする方法は FC 版の説明書には入っていないし、最後の方に隠しページ的な位置に入っており、ちょっと面白い。

Just when you think the English manual is over, after like 4 pages of legalese, this pops up out of nowhere.
The fact that there's nothing about continues in the Japanese manual, and how it seems like they intentionally hid the page, make it especially interesting (to me, at least).





●パッケージ / Packaging
0822_08.png

使っているイラストは完全に同じものでそれはそれで面白い。また何故か NES 版にも「TAKAHASHI」のシールみたいなものが残っている
そして、さらに NES 版には「日本で売り上げ 100万本以上!」と記載されています。

The images are exactly the same - but there's actually something very interesting about that: they left the "TAKAHASHI" banner on the US art despite completely changing the character!
"OVER 1 MILLION SOLD IN JAPAN" is also a nice touch on the US box art.





音楽コーナー
Music Corner



実のところ冒険島のサンプリングは入っていませんが高橋名人関係のサンプリングはあったりしますのでちょっと無理はありますが紹介します!
DieTRAX の「Takahashi Attack 2006 (Cycheouts Ghost Remix)」を聞いてください!

Okay so this doesn't actually have any Adventure Island samples, but it has Takahashi Meijin-related samples, so heck it.
Give DieTRAX's "Takahashi Attack 2006 (Cycheouts Ghost Remix)" a listen!




自分は最近「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」の英語版を結構やり込んでいます。
ゲームの違いについてすごく説明したいけど、コンテンツ量が多くて長くなるそう...もしかしたら動画でやるかもしれない?!
まぁ、それは将来の話ということで次回はおそらく別のゲームを紹介することになるとは思います。
それでも次回お楽しみにということで!

Personally, I've been playing the heck out of the English version of Gal☆Gun Double Peace lately.
I'd love to cover all the localization changes in the game, but it would be a lot to do...maybe I'll make it a video series?!
That's a ways off regardless though, so the game next time will probably be something different.
Still, I hope you're looking forward to it!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualThe NES Files



posted by イアン at 05:36| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。