大衆酒場ベスト1000

2016年07月26日

第38回「メトロイド(ファミコン)」/ #38 “METROID (NES)”

マザーブレインを倒せ!
Beat the Mother Brain!

カービィに続いて、メトロイドの新作ももうすぐ発売されますね。
6年ぶりの新作で、主人公がいつものサムスではないのでどんなゲームになるのか?どう受けられるか?は気になるところです。
しかしこちらの連載ではもちろんそちらの新作じゃなくて、昔のメトロイドとなります。そう、シリーズ 1作目である「メトロイド」です。
アメリカの NES 版と日本のファミコン(FC)版は色んな点で異なっていますので詳しく見てみましょう!

Hot on the heels of Kirby, a new Metroid game is coming out soon too.
It's the first new entry in 6 years, and the first Metroid game where the player character isn't Samus, so I'm definitely curious what it'll be like, and how it'll be recieved.
But of course, we're not here to talk about the new Metroid game. No, we're going all the way back to the beginning - to the very first game in the series, "Metroid".
There are some very interesting differences between the US and Japanese versions of the game, so let's take a closer look!





背景
Background

「メトロイド」は、1986年に発売されたアクションアドベンチャーゲームです。
日本ではファミコンディスクシステム(FDS)でリリースされたものの、アメリカで1年後にリリースされたのはディスクではなくカセットでした。
当然ではありますがメディアの違いが色々な違いの原因の一つになっています。
ゲームの内容は、迷宮のような異星の洞窟などで武器やアイテムを集めてボスを倒していくゲームです。
自分も小学生の時にメトロイドやり込みましたが、いつやってもすぐ迷子になっていました。(笑)

Metroid is an action-adventure game originally released in 1986.
In Japan, the game was released on the Famicom Disk System(FDS), but when it came out a year later in the US it was of course in the form of a cartridge rather than a disk.
Obviously, this change is the source of a number of differences within the game.
Gameplay-wise, Metroid places you in the labyrinthine caverns of an alien planet, within which you have to find items and weapons to open new paths and defeat bosses.
I played a lot of Metroid myself back in elementary school, but I got lost quickly pretty much every time, haha.





0726_01.jpg
FDS のディスクと NES のカセットはこんなに違う / The FDS's disks and the NES's cassettes are pretty radically different





「メトロイド」はそこそこ人気になりましたが、やっぱり 1994年にリリースされた「スーパーメトロイド」の大ヒットによってサムスは任天堂の代表的なキャラクターになりました。
その後もシリーズはどんどん続いて、現在はもう 10タイトル以上がリリースされています。
そしてメトロイドと悪魔城ドラキュラの「迷宮を回って新しいアイテムを取って、以前は行けなかった道を開く」的なプレイシステムは結構流行りまして「Metroidvania」と呼ばれるようになりました。
現在、多くのインディーズゲームが「Metroidvania」というプレイスタイルを真似しています。

Metroid itself was plenty popular, but 1994's Super Metroid is where the series really took off and became a staple of Nintendo's lineup.
Many more games in the series followed, and now there's over 10 entries.
On top of that, the gameplay of hunting items in a labyrinth to help you explore previously-closed paths, which originated in games like Metroid and Castlevania, has grown into its own genre of "Metroidvanias", with a wide variety of indie games following the same pattern being released in recent years.





ゲーム内について
Game contents

●タイトル画面 / Title screen
0726_02.jpg

まぁ当然なことだと思いますがタイトルの文字が変わってますね。
FC 版の方は影の部分に光ってるところがあるのに比べ、NES 版はちょっと地味だなーと思いました。

It really goes without saying, but of course the title logo is different.
That said, there's some nice shading in the drop shadow of the Japanese title that's missing in the English version, which is a shame.





●ストーリー / Story
0726_03.jpg

まず、こちらで「ゼーベス」は NES 版で「Zebeth」になっていますが、実はそれが間違っててこれ以後の作品では正しく「Zebes」になっています。
「機械生命体」は本来なら「mechanical life form」なので、なぜ「vein」(「血管」)なのは不明です。
そして「銀河連邦警察」は「Galaxy Federal Police」で意味は合っいておかしくはないのですが、他のタイトルでは「Galactic Federation」になっています。
間違いではないですがシリーズ固有の名詞などは 1作目の時点において決まっていなかったのが分かります。

This screen has a few unique translation choices that were changed for the rest of the series.
For one, the planet called "Zebeth" here is officially know as "Zebes" - essentially a reversal of the "Aeris"/"Aerith" situation.
Also, it's a small change, but the official terminology is "Galactic Federation", rather than "Galaxy Federal".
There's also just a straight-up translation error: "mechanical life vein" should be something along the lines of "mechanical life form" instead.





●ゲームセレクト画面 / Game select screen
0726_04.jpg

この辺は完全に間違っていますね
FC 版はディスクなので簡単にセーブできます。しかし NES のカセットでバッテリーバックアップ(S-RAM を使ったセーブ機能)がないとセーブができません。
昔のゲームでは価格をおさえるためにバッテリーバックアップではなく、パスワードシステムを使うことが多かったです。日本のゲームにもあると思いますが。
そのパスワード画面で適当なパスワードを入力してどうなるか試すという遊びも良くしていました。メトロイドの場合はそれに関係している面白い話があります。

Well, this is different.
Since the Famicom version is(rewritable)disk-based, implementing a save feature was no problem. For NES cartridges, on the other hand, saving required an additional battery to be added.
Cost-cutting was important, so a lot of games avoided including a save feature unless absolutely necessary(this was true for Japanese cartridge games as well).
Instead, a number of games implemented a password system, which could restore the most important parts of your progress with relative ease.
People would often mess around with these password entry screens, trying random combinations for the fun of it, and in Metroid's case this was the source of an interesting bit of trivia.



当時、発見されたものとして「JUSTIN BAILEY ------ ------」というパスワードを入力すると、パワースーツ無しのサムスでゲーム終盤からプレイが始まるものがありました。
そのスーツ無しサムス(スーツ無しサムスでプレイできるのは NES 版のみで通常、短時間クリアすると 2周目からそうなる)の存在を知らないと結構びっくりするし、パスワードは人の名前なのでかなり長い間、人為的に作られたパスワードなのではないかと思われていましたけど結局偶然ということだそうです。

At some point, someone discovered that inputting the code "JUSTIN BAILEY ------ ------" would start the player with a large arsenal near the end of the game, with suitless Samus.
Suitless Samus was a bonus feature of the game exclusive to the NES version, allowing the player to start a new game with Samus in a leotard after having completed the game normally under a certain amount of time.
The relative obscurity of the suitless Samus feature, combined with the(at the time)surprise of Samus being female and the fact that the password appears to be a person's name, caused a number of people to think it was a specially-created code, with various speculation about what "JUSTIN BAILEY" meant.
However, it was eventually confirmed that the whole thing was in fact a complete coincidence, and the code had no special meaning.





0726_05.jpg
NES 版ではこんな感じのサムスで普通にプレイできます / Suitless Samus in the NES version of Metroid





●マザーブレイン / Mother Brain
0726_06.jpg

細かいところなんですがマザーブレインのところで割られているガラスは FC 版のほうが多いですね。
NES 版が難しくなっているのはちょっと意外です。

This is a really tiny difference, but in the Famicom version the amount of glass that breaks on Mother Brain's enclosure is somewhat larger.
It's definitely a little strange to see a game where the US version is harder than the Japanese!





●エンディング / Ending
0726_07.jpg

全く同じかと思ったら NES 版では一つだけミスが直されていました。(「in the space」→「in space」)
ただ、それだけ直しても他のおかしな英語が直されていないのであまり意味が無いですね。(笑)
また、最初のところのストーリー説明において FC 版は日本語なのに、エンディングは両方とも英語なのは気になりました。

At first I thought these were exactly the same, but actually one small thing was fixed in the NES version: "in the space"→"in space".
It's still some pretty garbled English though, so one wonders what the point of fixing that one thing was.
Another extremely strange thing is the fact that the opening story text was in Japanese for the Famicom version, but the ending is in English for both.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリー / Story
0726_08.jpg

ここは綺麗に翻訳されています。一つだけ気になったところとして NES 版ではゲーム内のストーリー説明で使われていないシリーズ特有の"Galactic Federation"って言葉を使っています。
当然、説明書はゲームが完成したあとに作られるので単純に使いたい言葉に変更し、後に説明書の文言が公式なものになったのでしょうね。

Everything in the story is actually translated quite nicely. It did catch my eye that they are using the "Galactic Federation" terminology here.
Obviously manuals are made after the game is completed, so it seems like they decided on the official wording sometime between those two events.





0726_09.jpg

上記と同様に翻訳は良くできているんですが、ここでも NES 版は「Zebeth」じゃなくて「Zebes」になっています。

Like before, everything here is perfectly translated, and the planet is properly referred to as "Zebes" rather than "Zebeth".




0726_10.jpg

ここの面白い点は、FC 版で「彼」、NES 版で「he」って言葉が使われているところ。
ゲームをクリアするとサムスが女性ということが明らかになるため説明書ではそれを隠すために「彼」という言葉を使っているようですがアメリカでは多くの人は「he」になっているのは翻訳のミスなのではないかと思われています。

This is a somewhat well-known point of interest, but the manual refers to Samus has a "he".
Of course, when you clear the game it is revealed that Samus is actually female,and it seems that they wanted to preserve that surprise by using male pronouns.
It's a common misconception that the use of "he" in the English manual was a translation mistake, but the Japanese manual actually makes use of masculine pronouns as well!



あと細かいところですが、今調べたところ「eery」(「不気味」)は「eerie」の別スペルで間違いではないのですが「eery」ってスペルは非常に珍しい感じです。
(自分は人生で初めてみたので最初は普通のミスかと思いました。)

Another very small thing that caught my eye was the word "eery".
Upon looking it up, I found that "eery" is indeed an acceptable alternate spelling of "eerie", but is extremely uncommon(this is certainly the first time I'd ever seen it).





●ゲームの進め方とコントラーラーの使い方 / Tips and Controls
0726_11.jpg

ここも他のところと同じように「機械生命体」が英語でちゃんと「mechanical organism」に訳されています。
あと「アイテムを捜す」のところは NES 版で「無限に捜す」と言った感じの意味になっており、何を探しているかが不明です。

Again, the wording of the game's opening text is rendered more correction here, this time in the case of "mechanical organism".
Another small thing to note is that the Japanese manual specific mentions "searching for items", not just "searching endlessly".





0726_12.jpg

コントラーラーの使い方で、NES 版でも FC のコントローラアイコン的な「I」を使っているけど NES のコントローラはそんなアイコンが付いていないのであまり意味ないですね。
あと SELECT ボタン説明で NES 版では「ビームミサイルセレクト」って文言になっていて、本来の切り替えるという操作方法ではなく「ビームミサイル」という存在しないものを選択するようなことになっています。
これは FC 版の「ビーム/ミサイルセレクト」の「/」を見逃したのではないかと思われます。

The controller description retains the boxed "I" from the Japanese manual,
which is strange since that icon refers specifically to Famicom controllers and is really meaningless in regards to the NES.
There's also a small mistake on the control diagram: "Selects beam missile." for the Select button should read "Switch between beam and missile."
There's definitely no "beam missile" in the game, maybe they just missed the "/" on the Japanese text?





●ツーリアンの説明 / Tourian tips
0726_13.jpg

FC 版の説明書にある「あるアイテムがないと倒せない」という部分は NES 版では「アイスビームでメトロイドをフリーズしてミサイルで倒せる」と書いてあります。
詳しく説明しないと難しすぎると思われたなのかなと。

While the NES manual specifically describes how to kill Metroids, the Japanese version simply says you need "a certain item" to defeat them.
I guess they thought it might be to difficult if they didn't tell you how to do it?





●クレイドの説明 / Kraid
0726_14.jpg

ちょっと細かい点ですが NES 版の説明書では「子ボスの部屋I」の「I」が抜かれています。

Just a really tiny thing, but the NES manual should actually say "Mini-Boss hideout I", which is how it's written in the Japanese manual.




●ノルフェアの敵説明 / Norfair enemies
0726_15.jpg

スクウェプトのところで、NES 版では「ノーマルビームでは倒せない」じゃなくて「ノーマルビームの 1発では倒せない」という感じになっていて、まるで数発だと倒せるかのような間違った感じに変わっちゃっています。

The description for Squeepts says they take "more than one blast from the normal beam" to destroy.
This is actually a mistake, they actually cannot be destroyed with the normal beam, and the Japanese manual says as much.





●子ボス部屋IIの敵説明 / Mini-Boss Hideout II enemies
0726_16.jpg

ホルツのところで NES 版では「装甲型ゲルーダ」ではなく「ゲルーダと同様に装甲がある」みたいな意味に変わっちゃっています。

The NES manual describes Holtz as "armor-plated like the Geruta", but it should actually say that they are "an armored version of the Geruta".




0726_17.jpg

ビオラは青色でも黄色でもミサイルなら 1発で倒せるけど、おそらく文言の順番で勘違いされちゃって NES 版の説明書では黄色の方だけはミサイルで倒せるような説明になっています。

It seems the word ordering of the Japanese manual caused some confusion, but both blue and yellow Viola can be destroyed by a single missile,
despite the English manual only mentioning missiles in regards to the yellow variety.





0726_18.jpg

リドリーの説明部分で NES 版では「倒すとミサイルが 75個増える!!」って文が追加されています。他のところはだいたい FC 版と同じなので気になりました。

The line about getting 75 missiles for defeating Ridley doesn't appear in the Japanese manual at all,
which seemed especially strange considering the fact that virtually all of the rest of the manual is a pretty faithful translation.





●アイテムの説明 / Item descriptions
まず何故かは分からないのですが NES 版の説明書では内容の順番が変わっていてアイテムの説明が敵の説明より前になっています。

A small side note, in the NES version the item descriptions actually come before the enemy information, whereas the Japanese manual is the opposite.




0726_19.jpg

「バリア」は本来「barrier」って言葉を指していると思うのですが NES 版ではそのまま「Varia」になっています。
ここだけはなぜかメトロイドシリーズでずっと「Varia」と呼ばれている。(調べてみたらメトロイドIIの説明書のみに「barrier」になっているらしい。)
そんなに変な名前ではないので悪くはないと思います。

The Japanese 「バリア」("baria")is pretty definitely referring to the English word "barrier", but the entire Metroid series refers to the item as the "Varia Suit".
(Apparently it's called the "barrier suit" in one place - the Metroid II manual.)
"Varia" really isn't a bad name at all and doesn't sound strange, so I can understand keeping it as-is.





0726_20.jpg

この「丸まり」は NES 版でも「Maru Mari」となっていますが後のシリーズではずっと「Morph Ball」と呼ばれています。
ここについては説明書が作成された時点でシリーズ固有の言葉が定まっていなかったようですね。

This is the only time the ball powerup is referred to as the "Maru Mari", in all other Metroid games it's simply called the "Morph Ball".
I guess it just goes to show that not all of the official names for the series had been decided on yet.





あと爆弾の説明が NES 版の説明書ではスゴく詳しく書かれており、使うと「壁を壊せる」とか「メトロイドから逃げれる」などの説明も加えられています。

Also, the Japanese manual makes no mention of using bombs to break barriers or escape from Metroids.




0726_21.jpg

ここは珍しく FC 版の方が間違っています。本来はエネルギータンクの最大有効取得数は 6個です。NES 版の説明書では修正されていますね。
ちなみにゲーム内でエネルギータンク 8個取れますが、7個目以上のは無効だったりします。

In a rare turn of events, the Japanese manual actually has a mistake here: it says the maximum number of energy tanks you can use is 5, rather than the correct 6.
In fact, there are a total of 8 energy tanks to be collected in the game, but only the first 6 actually have any effect.



細かい違いは色々ありましたがこの 40ページ以上ある説明書については 95%に正確にローカライズされており本当に素晴らしいと思います。

Though there were a few small differences and mistakes, this 40+ page manually being translated with 95% perfect accuracy is extremely impressive, especially for the time.




音楽コーナー
Music Corner



全日本レコードの伝説のアーティスト TK&TROPHY からの「メトロイド」って曲です。
割と長い曲ですが途中でメトロイドの音が流れ出してかっこいい!

Here's 「メトロイド」 from All Japan Records' legendary TK&TROPHY!
It's a bit on the long side, but it really gets good when the Metroid music starts coming it partway through the track.





久しぶりにメトロイドの迷路をチャレンジしたくなってきました。
そして最近行われた SGDQ のSuper Metroid race(スーパーメトロイド競走)もかなりテンション上がりました。
3DS のメトロイドの新作が出たらそれもやってみたいですね!
あとサムスが主人公で 2D 横スクロールのメトロイドがまた出て欲しいです。(笑)
ではまた次回!

Now I feel like I want to give the original Metroid another shot, maybe make my own maps.
The Super Metroid race at SGDQ earlier this month was pretty fun to watch too, check it out if you haven't.
I probably will try out Federation Force when it comes out, but it'd also be nice to see another side-scrolling 2D Metroid sometime!
Well, that's all for now, see you next time!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English & Japanese manualsMetroid Database



posted by イアン at 09:17| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。