大衆酒場ベスト1000

2016年06月22日

第37回「スペランカー(ファミコン)」/ #37 “Spelunker (NES)”

最弱のヒーロー
The weakest explorer

今までの連載ではほとんどが子供時代に好きだったゲームのローカライズについて書いてきましたが今回はわりと最近好きになったゲームです。そうは言っても大昔のゲームですが。(笑)
そのゲームとは「スペランカー」です。
当時、スペランカーは色々なハードに移植されましたが今回調べてみたのは日本のファミコン(FC)版とアメリカの NES 版です。

Up 'til now, I'd been mostly focusing on games I liked when I was a kid, but this time I decided to go with a game I got into a bit more recently.
That being said, it's still a pretty old game: Spelunker.
The original Spelunker was released on a number of different platforms, but this entry is focused on the most popular: the Famicom version and its NES counterpart.





背景
Background

スペランカーは 1983年に MicroGraphicImageTim Martin により Atari の 8ビット・コンピュータのソフトとして発売されました。
その後、1984〜1986年の間にコモドール64(C64)、アーケード、FC、そして MSX などに移植されました。(NES 版は 1987年)
それぞれのバージョンの違いはグラフィックとサウンドのクオリティぐらいでゲームの内容はほぼ同じなんですがアーケード版だけは開発元がアイレムになっていて完全に別のゲームってぐらいの違いがあります。
アーケード版以外の中では FC 版が一番クオリティが高いバージョンだったりします。

Spelunker was created by Tim Martin of MicroGraphicImage in 1983, originally for Atari's 8-bit computer systems.
Between 1984 and 1986, it was ported to a number of systems, including the Commodore 64, arcade, the Famicom, and the MSX. (The NES version released in 1987.)
Most of these versions only different in visual and audio quality, but the arcade version was actually developed by Irem and is essentially an entirely different game.
Apart from the arcade version, the Famicom/NES version had by far the best sound and graphics.





0622_01.png
アーケード版は特に見た目が全く違う / A totally different Spelunker



ゲームの内容は主人公のスペランカーが洞窟を探検し、宝物を探すといったもの。
アクションゲームなので、ジャンプやダイナマイトやフラッシュで障害物をクリアし、スコアを稼ぎつつ、アイテムを拾っていくゲームとなっています。
しかし、スペランカーは一つの特徴だけで有名(と言うか悪名)ですね。それは主人公が非常に脆弱で何をしてもすぐに死んでしまうことです。
少しの段差から落ちただけで死ぬ、1ピクセルの地面の隙間が渡れなくて死ぬ、コウモリの糞に当たって死ぬ、などなどとあまりな感じで難しいゲームなんです。
その「脆弱」な点において日本では人気となり、後々にスペランカーはコミックやアニメにもなったりしました。
当時はアーケード版も FC 版も続編が作られ、さらには 2009年に 22年ぶりの新作「みんなでスペランカー」が発売され、その後もスペランカーのゲームが色々と発売されました。

The story of the game is basically that you're a spelunker searching a deep system of caves for a fabulous treasure.
It's a pretty simple action-platformer: jumping, climbing vines, overcoming obstacles with flares and dynamite, and racking up your score by picking up items.
But there's one important thing that makes Spelunker very special: the player character is ridiculously weak.
Anything from falling a miniscule distance, to not jumping over a 1-pixel wide gap, to getting a bit of bat dung on your shoulder, it'll all kill you instantly, making for a surprisingly difficult game.
Thanks to how crazy weak the hero of the game is, Spelunker actually gained a fair bit of popularity in Japan, leading to a comic series and even an anime adaptation.
Both the Famicom game and the arcade version also got their own individual sequels, and in 2009 the first new Spelunker game in 22 years, Spelunker HD, was released, with more new entries to follow.






スペランカー先生」というアニメ。ゲーム好きなら見た方がいいですよ!
Check out the Spelunker Sensei anime - if you like the game, you should definitely enjoy it!





ゲーム内について
Game contents

細かいところまでゲーム内での違いを調べるのはいつものことなんですが、今回は細かいところしかないです。(笑)

I always try to cover all the localization differences, big or small, but this time there's really only small ones, haha.




●タイトル画面 / Title screen
0622_02.png

先ほど行った通りでスゴく細かいところですが画面の下にあるクレジットの部分が変わっていますね。
詳しくは分からないのですが多分、NES で発売されるゲームは「LICENSED BY NINTENDO OF AMERICA INC.」のテキストを表示する必要があるのではないかと思われます。
また「BRODERBUND」のところが NES 版では「LICENSED FROM」ではなく「COPYRIGHT」になっているのは謎です。読みやすいからでしょうか?

Like I said, it's a very small difference, but the credits on the title screen are changed up a bit.
This is just a guess, but maybe all licensed NES games required the "Licensed by Nintendo Of America Inc." text?
As far as why it was changed from "Licensed from Broderbund" to "Copyright", your guess is as good as mine, it might've even just been for readability.





●デモプレイ / Demo
0622_03.png

タイトル画面でしばらく待っているとよくあるデモプレイが始まります。
FC 版ではわりとすぐゆうれいが出てきて、その後ハシゴから降りたところでスペランカーがゆうれいに当たって死んでしまいデモが終了します。
それでは NES 版はどうなるでしょうか?同じようなものだと思いますか?

If you hang around on the title screen without doing anything, a short demo plays.
In the Famicom version, a ghost pops up pretty quickly, and takes out the spelunker as he gets off the ladder in the picture, ending the demo.
So, how would you expect the NES version's demo to go? The same, right?





0622_04.png

なんと NES 版のデモプレイではゆうれいが出ることはなく、ハシゴから降りた時点ではスペランカーは無事です。その後、青のカギの隣りにあるデカイ穴に落ちて死んでしまいます。
自分で試したり、他の人のプレイ動画を見たところ、どうやら NES 版ではゆうれいが出現する確率が低いんだそうです。
例えば自分でプレイした感じでは FC 版だとゲームスタートから 30〜40秒ぐらい経過するとゆうれいが出現することが多いのですが、NES 版だと 60〜70秒ぐらいかかっていました。
それ以外でゲームの動作に違いはないので、おそらく意図的に出現確率を変えたのではなく、どこが違うのか何なのかわかりませんが、ランダム値が FC 版と NES 版で異なっているんじゃないかと推測します。

It's actually significantly different: no ghost spawns, and the spelunker continues on from the ladder where he died before, eventually falling in a hole instead.
After doing a lot of testing myself, and watching other people's videos as well, it feels safe to say that for some reason, ghosts seem to spawn much less often in the NES version.
For example, when playing the Famicom version a ghost would almost always appear in the first 30-40 seconds, but for the NES version they rarely came out before the 1-minute mark.
Nothing else changed gameplay-wise between the two versions (even the demos are exactly the same until the ghost shows up), so it seems like rather than an intentional adjustment, it might be the case that some slight difference in the NES version coincidentally affected whatever random values the game uses when spawning ghosts.





●クリア画面 / Ending
0622_05.png

いや、違いはありませんし、英語もおかしくはありません!この画面が好きから貼りたかっただけです。

Nah, this is exactly the same in both versions, and the English is even mistake-free. I just wanted to include this bit because I like the ending, haha.




説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリー / Story
0622_06.png

基本的なストーリーは同じですが、FC 版の方が盛り上がっている様な文章になっていますね。また「探検旅行」という言葉は特に面白いなぁと思います。
あと、NES 版のストーリにおいては出現するゆうれいすべてが迷子になって死んでしまった他のスペランカーの霊ということになっています。まぁ、それはありえるでしょうね。

The general gist of the story is the same, but the Famicom version is a lot more lively about it. It even uses a phrase that combines 探検 (tanken, "expedition") with 旅行 (ryokou, "trip", but usually used in the context of vacation), which I thought was cute.
On the other hand, the idea of the ghosts being those of previous spelunkers is actually original to the NES manual! It does make sense though, when you think about it.





●操作の説明 / Controls
0622_07.png

どちらもそうなのですが、NES 版では特に pause の説明がおかしいんじゃないかと思うほど詳しく書かれています。
当時は当然ではなかったのかもしれませんが、START ボタン= pause するということは一言説明すれば十分ではないでしょか?
あと、NES 版には十字キーの説明にイラストが入っていないのは残念です。

This is true for both manuals, but especially in the NES version the explanation on how to pause the game feels a little too thorough.
Maybe it wasn't quite everyday knowledge yet back then, but I feel like "press Start to pause" pretty much covers it in four words already.
It's also a little bit of a bummer that the illustrations for the D-pad controls weren't brought over for the NES manual.





0622_08.png

FC 版では攻撃する時、その攻撃が何なのかまでは説明されていないのですが、NES 版では攻撃する時の武器が「Phantom Blaster」と説明されています。(「Phantom」はおそらく「ゆうれい」という意味だと思います)
ちなみにその武器は「みんなでスペランカー」では「ポータブルファン」と呼ばれています。
またダイナマイトなんですが、そもそもアメリカではダイナマイトといえば球状のものではなく、棒状のものと認識されていますね。
スペランカーで使っている球状のものは主に「bomb」(ボム)と呼ばれています。NES 版の説明書には「stick of dynamite」と書いてあります。(「stick」=「棒」)
日本だと「ダイナマイト」と「ボム」は同じようなものを指しているんでしょうか?軽く「ダイナマイト」で画像検索かけたら棒状のものが多かったのですが、球状も棒状のものも出てきました。
合わせて、NES 版の方だけですが「ダイナマイトが爆発する時には近くにいないでね」的な注意喚起が記載されています。FC 版だとプレイして自分で経験しないと分からないですね。
あと、FC 版で描かれているイラストがNES 版では一部省かれています。しかし敵やダイナマイトについてはちゃんと描かれているのでそれは良かったです。

The Famicom manual doesn't give any name to your weapon, and in fact it doesn't explain what it is you're using to attack ghosts at all.
Interestingly enough, starting with Spelunker HD the weapon is referred to as a "portable fan" (basically a hairdryer) rather than a "Phantom Blaster".
As far as "dynamite" is concerned, in the US "dynamite" pretty specifically refers to long, cylindrical explosives.
The spherical black explosives that show up in Spelunker, on the other hand, would by most people just be called "bombs" - certainly not "a stick of dynamite"!
It seems like "dynamite" in Japan might have a less specific connotation; I did a quick image search for "ダイナマイト", and while the cylindrical type was more prevalent, plenty of the spherical explosives we would call "bombs" showed up in the results as well.
Also, the Famicom manual doesn't have any hints about staying away from exploding dynamite - guess you just had to figure that one out for yourself.
A couple more illustrations exclusive to the Famicom manual on this page, but at least the ghost, bat, and bomb made it over (albeit in monochrome).





●遊び方 / How To Play
0622_09.png

NES 版では FC 版の最後にある「チャレンジしてください」の部分が省かれています。また、右側の「2回目からは●●●」のヒントも省かれていますね。スペース的には余裕がありそうなんですが。
また、FC 版の「プレイヤーが1人アウトになります」というところなのですが「アウト」のこんな使い方は初めて見ました。

The Famicom manual has an extra line encouraging players to challenge their way to the pyramid, as well as a blurb on the right teasing "round 2" of the game with invisible keys.
It seems like there would've been plenty of room to include both lines in the NES manual, so it's a mystery why they ended up left out.
One thing that caught my eye is the Famicom manual referring to losing a life as an アウト ("out"). The baseball terms "safe" and "out" are often used colloquially in Japanese in place of "alright" and "not alright", but this is the first time I've seen it used in the context of dying in a game.





●基本テクニック / Helpful Tips
0622_10.png

NES 版のほうがテクニックについての記載が一つ多いです。「色々な宝物があり、隠れているものもありますのでよく探して下さい」的なヒントとなります。

No section about treasure in the Japanese hints, and therefore no clue about some items being hidden.




●登場キャラクター / Characters and Items
0622_11.png

「フラッシュ」は NES 版では「flare」(フレアー)と呼ばれています。そのフラッシュの説明ではコウモリを「やっつける」的な説明ではなく「失明させる」的な記載になっています。
そもそもコウモリはあまり目を使って行動をしていないので失明させても効き目がないような。(笑)
あと、FC 版では「ほかにもいろいろあるみたい!?」と記載されているところに NES 版では明らかに「ダイヤモンド」と記載されています

Flares are called "flashes" in the Famicom version. It also simply says that they "drive off" bats rather than "blind" them (which doesn't make much sense considering bats don't use their eyesight much anyway).
It's also interesting to note that the Japanese manual has the little question mark "item", description basically "And more?!", whereas the US manual spoils that the "and more" is diamonds and only keeps their point value a secret.





●スコア / Score
0622_12.png

FC 版と NES 版の違いはあまりないのですが、FC 版で「ドル袋」になっているのは何だか面白いなと思います。ただたんまりお金が入っていそうなドル袋がその下にあるコイン一枚よりスコアが低いなんておかしいですね!

Nothing different here, but it caught my eye that even in the Famicom version the money sack item is specifically a "bag of dollars".
I also like how a big bag apparently full of money is worth half as many points as a single coin!





●パッケージ / Box art
0622_13.png

イラストはまぁ、違いますよね。ただ NES 版の方がよりゲームのイメージと一致しているんじゃないでしょうか?
しかし、NES 版のスペランカーは普通の拳銃を持っているのはすごく違和感があります。
加えて、タイトルロゴのフォントは同じっぽいですが、FC 版のロゴをそのまま使っても良かったのではないでしょうか。
あと、FC 版のパッケージにも記載されていますが昔のアイレムのファミコンカセットには LED ライトが付いています。NES 版だとソフトがハードの中にすっぽり入ってしまうので LED を付ける意味が無いですね。

It's not too surprising that the box arts are different. That said, I feel like the NES art actually reflects the tone of the game more effectively.
The one big problem with it is the main character holding a regular old gun, an item which doesn't show up in the game at all, so that feels a little out of place.
It looks like both boxes use the same font for the title of the game, but I feel like the NES box art would've looked better with the actual logo that's on the Famicom version.
Another cool thing about the Famicom version is that the cartridge actually comes with a build-in red LED light, intended to make it easier to tell if your Famicom is on or not.
Obviously something like that would be useless for the NES since you can't even see the cartridge while it's in the system.





0622_14.png
本当にかっこいいですね / That's pretty cool, yeah





音楽コーナー
Music Corner


ナードコアレジェンドであるスペランカーズの、「スペランカーズのテーマ」だ!
ゲームの SE なども使われていてスペランカーのテーマ曲がカッコよくリミックスされました!聴くしかない!

Nerdcore legends Spelunkers have their very own version of the Spelunker theme!
It makes great use of some of the game's sound effects as samples! Be sure to give it a listen!



自分は最近 PS4 の「みんなでスペランカーZ」にどハマり中。
オンラインで最大 6人と探険に行くのはすごく楽しい!
毎週開催されるタイムアタックも一生懸命頑張ってます
基本無料ゲームなんで PS4 か VITA を持っている人は一度体験してもらいたいです!
では、また次回〜!

Personally, a lot of my free time lately is consumed by Spelunker World for the PS4.
It sounds cheesy, but playing on line with a bunch of other people is actually really cute and fun!
Mainly though, I'm always trying to get a good score in the weekly time attacks.
The game is free, so if you have a PS4 (or Vita with a Japanese account) there's no reason not to check it out!
Anyway, 'til next time!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualThe NES Files
日本語版説明書/Japanese manualスペランカーブログ



posted by イアン at 10:47| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。