大衆酒場ベスト1000

2016年05月24日

第36回「星のカービィ 夢の泉の物語(ファミコン)」/ #36 “Kirby's Adventure (NES)”

まるかいて
First you draw a circle

先日、星のカービーの新作「星のカービィ ロボボプラネット」が発売されました。
カービィ好きなので購入してプレイしてみたら、相変わらずカービィはカービィだなぁと。
同じ任天堂のタイトルであるゼルダやメトロイドは時代に合わせて変化しているんですがカービィは見た目が新しくなってもゲームの内容は昔とほとんど変わりません。

A new Kirby game, Kirby: Planet Robobot, came out just a little while ago.
I'm a big Kirby fan myself, so I tried the game out, and it certainly is a Kirby game.
Nintendo's other franchises like Zelda and Metriod have seen a lot of changes over the years, but despite looking a little different, Kirby games have stayed relatively the same.



星のカービィシリーズの 1作目はゲームボーイで発売された「星のカービィ」でしたが、自分が初めてプレイしたのは次作のファミコン(FC)版「星のカービィ 夢の泉の物語」でした。
今回はその FC 版「星のカービィ 夢の泉の物語」と NES 版「Kirby's Adventure」のローカライズについて面白そうな所を詳しく調べてみました。

The first Kirby game was Kirby's Dream Land for the Game Boy,
but the first game in the series I played myself was the next one Kirby's Adventure for the NES.
I first played it in elementary school, and it quickly became probably my second favorite game at the time.
(Number 1 being The Goonies 2, of course.)
For this month, I took a closer look at the differences between Kirby's Adventure and the Famicon version, 「星のカービィ 夢の泉の物語」!





背景
Background

「星のカービィ 夢の泉の物語」は 1993年に HAL 研究所 で開発され、任天堂から発売されたカービィシリーズの 2作目となります。
2作目となるこのタイトルから、シリーズのメインシステムである「コピー能力」が初登場しました。
そしてシリーズ最初のカラー作品となり、それ以外にもミニゲームやワールドマップも初登場となりましたので実は 1作目よりも「星のカービィ 夢の泉の物語」の方が典型的な作品と言ってもいいでしょう。

Kirby's Adventure is the second game in the series, released by HAL in 1993.
Though it's the second game, the main feature of the series - the copy ability - was introduced in it.
Combined with it being the first color game in the series, and the first with mini-games and a world map,
Kirby's Adventure is really the quintessential Kirby game, moreso than Kirby's Dream Land.



日本とアメリカではシリーズの名称とタイトルが異なっています。
英語だと「星の」が省かれており、シリーズ名は「Kirby」で 1作目のタイトルは「Kirby's Dream Land」(カービィのドリームランド)となっています。
それに続いての 2作目である NES 版は「Kirby's Adventure」(カービィの冒険)となっています。
「夢の泉の物語」は「The Tale of the Fountain of Dreams」みたいな感じになってもいいと思うんですがちょっとタイトルが長くなりすぎるので変更したのかもしれません。もしくはタイトルがちょっと可愛くなりすぎているから変えたのかもなぁとも思えます。
ちなみに 2002年にはゲームボーイアドバンスでリメイク版「星のカービィ 夢の泉デラックス」が発売されましたが、アメリカでは「Kirby: Nightmare In Dreamland」(カービィ ドリームランドの悪夢)というタイトルになっており、ちょっとシリアスな雰囲気に変わってしまっています。

The name for the series, as well as names for the individual games, actually differ between Japan and America.
In Japan, the series is called 「星のカービィ」(hoshi no kaabii, "Kirby of the Stars"), which is also the Japanese name for Kirby's Dream Land.
Kirby's Adventure, on the other hand, is known as 「星のカービィ 夢の泉の物語」(hoshi no kaabii: yume no izumi no monogatari, "Kirby of the Stars: The Tale of the Fountain of Dreams") in Japan.
As to why they chose not to use the "Fountain of Dreams" title for America, perhaps it was simply too long, but it also may have been considered a bit too cutesy for American audiences.
In 2002, a remake of the game was released for the Game Boy Advance. The Japanese version was simply called 「星のカービィ 夢の泉デラックス」(the original Japanese title + "Deluxe"), but the American version was renamed to "Kirby: Nightmare In Dreamland", which is indeed a relatively more serious title.






ゲーム内について
Game contents

●イントロ / Intro
0524_01.png

ゲームを起動して最初に表示される画像です。ジングルの様な曲が流れてます。表示されている言葉は歌詞ですね。
歌詞の内容はどちらも「カービィを描く方法」になっていますが、NES 版では豆とおむすびの例えがなくなっています。
曲自体は変更がないため、英語の歌詞は曲のリズムに無理やり合わせている感じですが 1行目と 2行目が少しズレてしまっています。まぁ、気にする人もいないと思いますが。(笑)

This is the first thing that happens when you start up the game. The words are the lyrics to a little jingle that plays.
Both the English and Japanese songs are about how to draw Kirby, but the Japanese version is a little more playful: instead of "the eyes" it's "pair of beans", and "a great big smile" is "a ball of rice".
Of course, the music part of the song is the same in both games, and they did a pretty good job syncing up the English lyrics to the rhythm, but the first two lines are still a little bit off. Not that many people would pay that much mind, haha.





●タイトル画面 / Title screen
0524_02.png

タイトル部分が違うのは当然ですね。
しかし、その他にも変更されている場所があります。背景は形に変更はありませんが色合いがだいぶ違います。
タイトル部分を濃い紫色に変更するため、パレットを変更しなくてはいけなくなり、結果として背景の色合いを変えなくてはいけなくなったということで間違いないと思います。
あと、NES 版のタイトル部分に星を 2つを残したのは良い点ですね。

It should go without saying that the title screen is going to be different between the two versions.
Interestingly, though, it's not just the title itself that's different - the background is the same design, but radically different colors.
Most likely the main reason for this is simply the palette change for the main title area affecting the background as well, but I wouldn't be surprised if they purposely chose a darker palette to go along with the more serious name in the NES version.
Despite that, it's nice to see that they retained a couple of stars for the title area of the NES version.





●チュートリアル / Tutorial
タイトル画面でしばらく待っていると、このチュートリアルが表示されます。

If you wait for a bit on the title screen, a tutorial begins.




0524_03.png

どちらも「これはカービィです」という意味になっていますが、NES 版では「これがドリームランドで有名なカービィです」という感じになっていて、ゲームをやっている人がカービィを知らないのは普通といった感じに変わっています。

Rather than identifying Kirby as famous in Dream Land, it assumes the player is already familiar with Kirby, and says that this is his first Famicon appearance.




0524_04.png

こちらのは意味ぴったりあっているんですが、どちらもどうやってダッシュができるか説明をしていないことが気になりました。

Nothing's different here meaning-wise, I just found it interesting that neither version actually mentions how to dash.




0524_05.png

指摘している「たかいがけ」が超適当な感じで「stuff」(物)になっているのは面白いと思いました。
多分、表示スペースの関係だとは思います。

The Famicon version specifies that you can fly over "tall cliffs", rather than the extremely generic "stuff".
Possibly just an issue with lack of character space, but I still found it interesting.





0524_06.png

これも表示スペースの問題だとは思いますが「吐き出し」の説明が省かれています。

This might also simply have been a space issue, but the Famicon version also explains you can spit out enemies as projectiles.




0524_07.png

NES 版の「Yowch!」(痛っ!)は「ちょっとあついよ」と意味が違いますが、それはそれで良い翻訳だと思います。

The Japanese version says that the fire ability is "a little hot", but "Yowch!" actually feels like a pretty good way to translate that.




0524_08.png

勇気百倍じゃなくて、ただ「剣を持つと勇気がでる」みたいになっています。「百倍」を絡めれたら面白いのになぁと思うと残念です。

In the Famicon version, the wording is a little more colorful, saying Kirby gets "100 times braver". Bit of a shame that that got left out.




0524_09.png

このコピー能力だけは NES 版で名前が違います。他のコピー能力の名前は全て名刺なのでそれに合わせたのかもしれません。
でも他のカービィシリーズでは英語の表記が「Burning」になっているのでこの時だけなんで変更したのかはよく分かりません。

For whatever reason, this copy ability alone has a different name in the NES version. Perhaps they wanted all copy ability names to be nouns?
Regardless, later games in the series use the name "Burning" even in the English versions, so why it was changed here is a bit of a mystery.





0524_10.png

チュートリアルでは 6つのコピー能力について説明されていて、あとは「他にも色々あるよ!」的なメッセージが出ています。
NES 版では「他にも」じゃなく「コピー能力が色々ある!」的な感じになっており、説明された 6つのコピー能力しかないのかなと勘違いされるような気もします。
もちろんゲームを進めていけばそうじゃないことにすぐ気がつくんですけどね。

This comes up after 6 or so explanations of various copy abilities.
The Japanese version is a fair bit clearer on this screen, saying Kirby has many
other abilities to try out.
In the NES version, someone who hasn't played the game yet might take this screen to mean that the 6 copy abilities explained are all that exist.
Obviously you'd realize that's not the case upon playing the game, but it's still slightly misleading.





●ストーリー / Story
0524_11.png

ストーリーは FC 版も NES 版もほぼ一緒ですが、細かいところで色々と違いがあります。
まず、NES 版の「Dream Land」は FC 版でいうところの「プププランド」のことです。
その「プププ」という言葉が上手く通じるとは思えないのと、夢と関係が深いので「Dream Land」としているのだろうと思うのですがこれはこれでいい名前だなと。
後に発売されたカービィシリーズだと「夢の泉」は「Fountain of Dreams」と訳されているのですが、本作では「Dream Spring」と訳しています。
これはアメリカだと「spring」が「川」みたいなイメージが強く、「fountain」の方がゲームの内容とは合致しているために変更されたのかもしれません。
また、「お昼寝タイムを取り戻すために冒険に出た」的なところを NES 版だと「スターロッドを取り戻すための冒険に出た」的なことになっています。

The general gist of the story is the same between the Famicon and NES versions, but there are a few small differences.
Probably the biggest one is that "Dream Land" is known in Japan as 「プププランド」 ("Pupupu Land").
"Pupupu" is certainly tricky to translate, and dreams are an important part of the Kirby series, so "Dream Land" is really a pretty good name.
Additionally, what is in later games properly referred to as the "Fountain of Dreams" is here called the "Dream Spring".
In English, the word "spring" in this context evokes more of an image of a stream or river, so "fountain" is definitely a better choice.
Finally, while the NES version says Kirby's goal is to find the star rod, the Famicon version rather says he's hoping to "get back everyone's afternoon nap time".





●レベルカード / Level cards
0524_12.png

当然ながら画面右下のゲームタイトルの部分が変わっています。
また、FC 版のレベルの名前がすべて英語で、しかも韻を踏んだ随分といい感じの名前になっているのには関心しました。

As expected, the title logo is different between the versions.
The surprising thing to me is that the level names, with their excellent use of alliteration, actually originated in the Famicon version of the game!





●プレイ中のイベント / In-game events
0524_13.png

意味は合っているのですが気になったのは翻訳ではなく、コピー能力のアイコン。FC 版でも概ね英語表記になっているのですがココだけが何故か日本語になっています。

These all have their meaning properly translated;
what puzzles me is why these are presented in Japanese in the Famicon version when all the copy ability icons are in English.





0524_14.png

英語のゲームでキャラクターが死んじゃった時に「miss」って呼ぶことはほとんど無いですね。一般的には「die」と言うのが普通です。
ここでは表示スペースを考えて「Oops!」が適当ではないかと思います。

Using the term "miss" for dying is extremely rare in English-region games - various forms of "die" are probably the most common.
Keeping in mind the amount of space available here, I think something like "Oops!" would've been the best bet, rather than "Miss!".





●コピー能力の説明画面 / Copy ability info screen
0524_15.png

FC 版だと普通に使い方を説明しているのですが、NES 版だとただ「この能力の使い方は簡単です!」って感じになっています。
このビームは一番最初にコピーできる能力なので FC 版では使い方の説明をするだけではなく、普通にゲームを初めて人向けに念のため使い方を説明しているんだと思います。
あと、画面下部のところにある、このゲーム特有の言葉である「ドアからでる」は NES 版だと普通に「ステージを出る」になっています。

I just wanted to point out one thing with the description for this ability.
The second half of the Japanese text basically recaps that you can use copied abilities by pressing B.
The NES version seems to have misinterpreted this as a way to say that the ability is easy to use, but in actuality the explanation is there because Beam is the first copy ability you come across in the game.
Another interesting thing is that in the Famicon version, instead of simply "Exit Stage", the option is a more game-specific "Leave through the door".





●エンディング / Ending
0524_16.png

日本版英語版
ゆめのいずみを とりもどすためひとり たたかってきた ほしのカービィ
しかし デデデだいおうは わるぎがあって
ゆめのいずみに いたずらをした わけではありませんでした
それは、ゆめのいずみに「あくむ」があらわれたことから はじまりました
「ナイトメア」となのる あくむはゆめのいずみの ながれにのって
プププランドの すべてのいきものをくるしめようと したのです
デデデだいおうは、ゆめのいずみのちからの みなもとである
スターロッドを かくすことによってナイトメアを ふうじこめたのです
デデデだいおうの ちからをかりてカービィは「あくむ」を やっつけました
スターロッドを いずみにもどせばみんなのゆめが かえってくることでしょう
きょうからは まくらを たかくしてねむりにつくことが できそうです・・・
Kirby fought to find the Star Rod,
but King Dedede did not mean any harm...
Bad dreams had invaded Dream Land!
A Nightmare came to the Dream Spring
and tried to cause pain to the people!
Dedede foiled the Nightmare
by hiding the Star Rod from him!
Dedede helped Kirby beat the Nightmare!
Now, everyone's dreams will return.
Tonight Dream Land will sleep well!


「プププランド」が「Dream Land」とか「Fountain of Dreams」じゃなくて「Dream Spring」になっていること以外、全ての英語翻訳が日本語と一致しています!

Aside from the name changes to "Dream Land" and "Dream Spring", the ending matches up pretty perfectly between languages!




説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリー / Story
説明書にはゲーム内のストーリーより少し詳細に記載されています。
基本的には FC 版と NES 版でストーリーに違いはないですが気になった点がいくつかありました。

As expected, the story in the manual is a little more detailed than what's in-game.
The story content generally matches up here as well, but I did notice a few interesting things.





0524_17.png

「みんな食いしん坊」というところは NES 版ではあまり説明されていません。
またストーリーの順番もちょっと合っていないようです。それ以外にも NES 版の 2段落目で「カービィが夢を見ないで目覚めたので不安になり友達に尋ねたところ、誰も夢を見ていないことに気が付きました」といったところがあるのですが、FC 版ではそんな記載はありません。

The Japanese manual is a little more explicit about the Dream Land inhabitants, saying "they're all gluttons".
The order of the story is also slightly changed up in the English manual, but aside from that, the bit in the second paragraph about Kirby checking with his friends and finding out they didn't dream either is absent from the Japanese version of the story.





0524_18.png

ここの関しては FC 版と NES 版で内容が一致しています。ただ挿絵の部分にはちょっと違いがあるようです。
ストーリー説明の挿絵の内容はほぼ一緒なのですが FC 版は水彩画のようなタッチになっていますが、NES 版の方は普通のイラスト風といった感じです。
ストーリー以外の部分は FC 版も NES 版も全く同じイラスト風の絵を使っているのにこのストーリーの部分だけ違っており、さらにその水彩画タッチの絵は FC 版の説明書でしか使われていないのはすごく気になります。

This portion of the story is exactly the same in English and Japanese. However, I want to point out something about the pictures.
They're pictures of the same thing in both manuals, but in the Japanese manual they're drawn in a kind of watercolor-esque style.
All the other pictures are exactly the same between the two manuals, and none have the watercolor style, so it's interesting that it only appears in this one section of the Japanese manual.





0524_19.png

NES 版では最初のページに「友だちに聞いた」という記述がありましたが、FC 版ではその記載がなく、代わりに夢を見ない事件について NES 版より詳しく記載されています。
あと NES 版の説明書ではストーリー説明のページが螺旋綴じ風のデザインになっており、それなりに良い感じに仕上がっています。

In lieu of the bit on the first page about Kirby conferring with his friends, the Japanese manual simply mentions directly here that nobody in Dream Land could dream.
I also noticed the nice design touch in the English manual of making the story section appear like it's in a spiral-bound notebook.





0524_20.png

NES 版ではデデデ大王は子分にではなく「friends」(友達)にスターロッドを分けてあげたと記載されています。説明書の他の部分でもその様に記載されています。
それ以外は全て正しく翻訳されており、またデデデ大王の喋り方も上手いこと翻訳させていると思います。

Here and throughout the manual, the English version refers to King Dedede's "friends", whereas the Japanese manual refers to them as "henchmen" and "bosses".
Other than that, everything matches up nicely, and Dedede's speech patterns in particular are translated very well.





●コントローラーの使い方 / Controls
0524_21.png

NES 版の B ボタンの説明では何故か「特技を使う」が省かれています。他の部分は FC 版と同様の説明になっているのに何故そこだけ省いたかは不明です。

Just one thing here, the Japanese explanation includes "using copy ability powers" for the B button explanation, which is for some reason missing in the English.




●アクション説明 / Movement explanation
0524_22.png

FC 版では見出し部分に「口の中のものは……」とあり、それから「はき出す」、「のみこむ」の説明がされていますが、NES 版だと見出し部分に「口の中のものは何?」といった感じになっています。
「はき出す」ところの複数の敵を吸い込んだ場合の説明が FC 版では「続けてやっつけることのできる星」ですが、NES 版では「複数の星」という感じで記述されています。
(ゲーム内では見た目上、複数の星ですが弾としては 1つです。)

The heading in Japanese is "The things in Kirby's mouth [can be]...", a sentence to be completed by the sub-headings.
The English manual seems to have misinterpreted the ellipsis as representing ambiguity rather than a continuing sentence.
Also, for the "Puff Out" section, the Japanese manual is a bit more accurate in that it says you spit out "a star that can defeat multiple enemies".
(The object you spit
does have multiple stars in its sprite, but only acts as a single bullet.)




●コピー能力の説明 / Copy ability explanation
0524_23.png

ここで念を押したいのは、NES 版では「コピー」という単語が一切出てこないことです。
その後のタイトルでは「Copy Ability」を公式な名称にしましたが、このゲームがリリースされた時点ではまだそういう表記はされていませんでした。

What I want to call attention to here is that the NES manual doesn't once use the words "Copy Ability".
Later games made it clear that "Copy Ability" is indeed the official name for Kirby's power, but that must not have been decided at this point.





0524_24.png

4つ目の注意点に NES 版では「使える時間が限られている能力もある」と言った感じで記述されていますがそんな能力はありません。

The fourth item on the list has an error exclusive to the English manual - there are no time-limited copy abilities.




●ヒント / Hints
0524_25.png

NES 版ではバッテリーについての注意点がない代わりにヒントが一つ多く記載されています。
「敵にダメージを与えるとコピー能力が消えるので使用回数に限定のある能力はダメージを与える前に使うのが良い!」といった感じです。

The Japanese manual has an extra section at the bottom with some warnings about how to protect the battery.
However, it also doesn't include the tip about using limited-use copy abilities instead of getting hit by enemies.



このゲームの説明書は 30ページもありますが、ほとんどの説明がちゃんと翻訳されているんで今回は書くことが少なくなっています。すみません!

There's a whole 30 pages to this game's manual, but so much of it was properly translated that I don't have anything else to mention, sorry!




●パッケージデザイン / Box art
0524_26.png

去年の連載でも説明しましたが、カービィのパッケージデザインは日本と海外とで大きく違います。
基本的に日本版のカービィはいつも笑顔、海外版では真面目な顔とか怒ってる顔になっています。詳しくはこのサイトにまとめられています。
「夢の泉の物語」の顔についてはそこまで違いはないですが、FC 版の呑気な感じに比べると NES 版は確かに真面目な感じですね。

I touched on it briefly in an article last year, but Kirby game box arts are often radically different between regions.
Essentially, Japanese box arts usually feature a smiling, happy Kirby, while western boxes show a more determined, angry-looking Kirby. There's a good round-up here.
The differences for this game aren't quite as extreme, but compared to the happily waving Kirby on the Japanese box, the NES version is indeed a fair bit more serious.





音楽コーナー
Music Corner


最近は英語圏のネット界隈でゲーム音楽のマッシュアップがすごく流行っています。これはデデデ大王のテーマをベースにした一曲です。色んな音楽が混ざってて面白いと思いますので聞いてみてください!

Lately video game music mashups have been quite popular lately on the English side of the internet.
Here's a good example of one using King Dedede's theme as a base. There's tons of different songs mixed together, so give it a listen!





今回については異なっているところが意外と少なかったですがそれでも面白いところを説明できたのではと思います。
「星のカービィ 夢の泉の物語」をやったことない人は是非英語版でも日本語版でもプレイしてみてほしいです。
自分は特にこのゲームのデザインが好きで先日もヴィレッジバンガードで星のカービィのタンブラーグラスステッカーシートを買っちゃいました。
ちなみに紹介してほしいゲームあれば教えて下さい。調べてみますので!
ではまた次回!

There weren't as many differences to detail this time around as I expected, but I think I still managed to share some interesting information.
If you've never played Kirby's Adventure, you should definitely check it out, in English or Japanese.
I especially love the design of the game, and recently picked up a nice Kirby-branded drinking glass and sticker sheet.
By the way, if anyone has a game they'd like me to take a look at, feel free to drop me a line!
Well, until next time!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書 / English manualGamesdbase
日本語版説明書 / Japanese manualSomeRussianMarioDude



posted by イアン at 12:50| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。