大衆酒場ベスト1000

2016年04月23日

第35回「ゴーストバスターズ(ファミコン)」/ #35 “Ghostbusters (NES)”

ややや けったいな
Who you gonna call?

ゴーストバスターズの新作が今年の夏に公開されます。
予告編を見て、個人的にはちょっと微妙だなぁと・・・。
昔やったやつほどの面白い映画になるんでしょうか?
こないだ友達とその昔のゴーストバスターズを見て、テーマ曲の「If there's something strange in your neighborhood」の字幕が
「ややや けったいな」
みたいなことになっていて大爆笑しました。
ただ、今回はそのローカライズではなく、ファミコン(FC)版「ゴーストバスターズ」のローカライズを調べてみました!

There's a new Ghostbusters movie coming out this summer;
I watched the trailer, but I'm feeling pretty apprehensive about it.
It'll definitely have a hard time living up to the legacy of the original.
I watched the first movie a little while back with some friends,
and the line "If there's something strange in your neighborhood" in the theme song coming out as
「ややや けったいな」(ya ya ya kettai na, something along the lines of like "Oh man oh man oh man, this is whack")
in the subtitles had everyone cracking up.
We're not gonna talk about that translation today,
but let's take a look at the localization of the NES Ghostbusters game!





背景
Background

ご存じの方も多いとは思いますが、映画「ゴーストバスターズ」は 1984年にアメリカで公開されたコメディー映画。
当時、公開後すぐに大ヒットし、続編やスピンオフ、はてはカートゥーンまで発表されていました。
特に映画のテーマ曲とロゴが大人気になり、いまだにアメリカのポップカルチャーに大きな影響を残しています。

I'm sure most of you are familiar with it, but just in case, Ghostbusters is an American comedy movie from 1984.
To put the story very simply, it's about three somewhat eccentric scientists who start up a ghost-catching business.
It was a huge hit as soon as it came out, spawning a sequel in 1989 and multiple animated spinoffs.
In particular, both the theme song and the Ghostbusters logo were very popular and have become ingrained in American popular culture.



FC 版「ゴーストバスターズ」は 1986年(NES 版は 1988年)に Activision(アクティビジョン)から発売されたアクションゲーム。
元々はコモドール64(C64)のソフトで、後に FC などのゲームコンソールに移植されました。
FC 版と C64 版で異なっている点としては難易度、グラフィッククオリティ、そしてエンディングとなります。
その FC 版は当時から多くのユーザーにクソゲー認定されていたようです。

The NES Ghostbusters game was released by Activision in 1988 (Famicom version in 1986).
It's actually a port of what was originally a Commodore 64 game.
The major differences in the NES version are the difficulty, quality of graphics, and ending.
The NES version of the game specifically is famous for being of very poor quality.





ゲーム内について
Game contents

そもそもゲーム内のテキストが少なく、また FC 版 も NES 版もゲーム内で表示されるテキストは英語になっています。
それでも少なくはあるのですが面白いところがいくつかあります。

To be honest, there's not all that much text in the game,
and all of the text in the Famicom version is in English as well,
but there are still a few interesting things to point out. Just a few.





●タイトル画面 / Title screen
0423_01.png

FC 版では他のゲームと同じようにゲームスタートの方法が書いてありますが、NES 版では何故か「Nintendo Of America」のクレジットが表示されています。
まぁ、スタートボタンでゲームを始めるのは常識ではあるのですが、何故この文章を変えたかは不明です。

In the Famicom version, there's a familiar prompt telling you how to begin the game.
For some reason, the NES version changes this to a licensing credit for Nintendo Of America.
While pressing Start to start the game is pretty much common sense, it's still a strange change to make.





●クレジット画面 / Credits screen
0423_02.png

タイトル画面でしばらく待っていると表示される画面です。
NES 版ではすごく細かい変更が入っています。この中に気になる点が 2つほどあります。
まずは「LICENSED BY NINTENDO OF AMERICA INC.」(ニンテンドーアメリカにライセンス供与)という文章。
この画面で表示されているのに何でタイトル画面に無理やり同じ文章を表示させたんでしょうか?
一番最後の「PROGRAMMED BY」の部分も気になります。
ネットで調べてみたら「Workss」と「Bits」は同じ会社でリリースを挟んで社名が変わったようです。

This screen pops up if you wait for a bit on the title screen without doing anything.
There are some very small differences between the versions, but a couple of these stand out as more interesting.
First off, this screen also has a "Licensed By Nintendo Of America Inc" line,
so I'm really at a loss as to why they felt the need to include it on the title screen as well.
Aside from that, take a look at the "Programmed By" credit.
Apparently "Workss" and "Bits" are actually the same company, and they just changed names between releases.





●ショップ画面 / Shop screen
0423_03.png

一つだけですが違うところがすぐ分かります。FC 版では一番最初の行に開発会社の「WORKSS」の名前が入っています。
ゴーストバスターズとは関係ないので PR なんかのために入れたんでしょうか?
NES 版で消しているのは謎ですが、会社の名前が変わったのと、そんな PR してもしょうがないとかそんな理由で消されたのかもしれません。
ちなみに、FC 版では「GHOST ALARM」というアイテムの売却価格が販売価格より高い価格になっており、売買を繰り返すことによりお金が無限にためれるという不具合がありました。

There's just one difference on this screen: the Famicom version slaps on the developer's name, "Workss".
Obviously it has nothing to do with Ghostbusters, so my best guess is they were going for some not-so-subtle marketing or something.
It's a bit of a mystery why it's gone from the NES version, but probably the aforementioned name change,
coupled with there being not much need to market themselves in America, led to its removal.
There's also a bug with the shop exclusive to the Famicom version:
items are only supposed to give half the sale price when you sell them back,
but the Ghost Alarm is actually worth more than its sale price, allowing you to repeatedly buy and re-sell it for infinite money.





●エンディング / Ending
実のところ、NES 版のエンディングを説明したいがためにこのゲームを紹介しているところがあります。
では御覧ください。

The ending of the NES version is actually the main reason I picked this game to write about.
Take a look.


0423_04.png

あまりにも変な英語なんですね。
アメリカではこんな酷さは面白いと思われて、レトロゲーム「engrish」の例としてゲーム界隈で割と有名になっています。
これを見て、FC 版ではどうなっているのか気になっていて調べてみたらこうなっていました。

Now that is some messed-up English.
This is one of the more famous examples of retro-game Engrish among western gamers.
With that in mind, I was very curious what the ending was like in the Famicom version. This is what I found:





















0423_05.png

あら?

Wait, what?




















0423_06.png

「りり」ですね、なるほど。
説明すると、FC 版でラズボスを倒すと画面が真っ黒になってテーマ曲が流れてきます。
しばらくすると(30秒ぐらい)「りり」という文字列がゆっくり画面の下から上にスクロールしていきます。
もちろんバグですがなんだかすごく面白い。知らずに見ていて何かしら日本語のメッセージが表示されると思っていたのでビックリしました。
こちらもネットで調べてみたら日本のゲーム界隈では割りと有名だそうです。

Hmm. Well. Yep, it just says 「りり」(riri, no, it doesn't mean anything).
To go into a bit more detail, when you defeat the final boss in the Famicom version,
the screen goes black and starts up the theme song again, and about 30 seconds later 「りり」 scrolls in slowly from the bottom of the screen.
It is, of course, a bug, but I looked up the ending knowing nothing about it and expecting some kind of message in Japanese,
so it definitely caught me off-guard.
According to a little Googling I did, not unlike the NES versions's in America, this ending is rather infamous in the Japanese gaming world.



しかしこのエンディングはバグのせいなので、本当のエンディングのメッセージはデータに残されています。

Then again, since it's just the fault of a bug, there is an ending message in the Famicom version.


0423_07.png

完全に同じメッセージかと思ったのですがよく見ると少し違いがあります。
さらに FC 版では「GREAT」じゃなくて「GRATE」というミスがあります。
日本人はそんなミスに気付きもしないとおもいますが NES 版の開発時、そこだけを直して他の部分はそのままほったらかしにしているのは謎です。

At first glance, it seems to be the exact same text, but there's actually one tiny difference.
The Famicom version has yet another English error: "grate" instead of "great".
Such English mistakes generally don't matter much to Japanese people,
but it's strange for that one error to be fixed for the NES version and the rest to be left untouched.





説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリーの説明 / Story
0423_08.png

FC 版の説明書に載っているストーリーは概ね原作映画のストーリーとなります。
映画の中では「ズール寺院」ではなく「ゴーザ寺院」でしたがゲーム内のマップ画面に「ZUUL」と記載されているのでそう書くしかなかったのでしょうね。
(ズールとはゴーザの子分なので、なんでそんな間違いをしてしまったかは気になるところです)
そしてプレイヤーはゴーストバスターズを手伝っている人って感じっぽいですね。

The story in the Japanese manual matches up pretty closely with that of the film.
It mentions the apartment building as being the "Temple of Zuul" rather than the "Temple of Gozer" like in the movie,
but since the building is labeled "ZUUL" in-game, there's not much to be done about that.
(Though it does make me wonder why it's labeled that in the first place, but I digress.)
One interesting note is that the player takes the part of not one of the film's Ghostbusters, but someone helping them.



その一方、NES 版の説明書のストーリーは全然違うんです。
発端についての説明は皆無、ただ「幽霊はいっぱい集まって来ちゃっているので倒せ!」ぐらいな感じになっています。
またプレイヤーとゲーム内のキャラは原作映画とは無関係で、どうも「ゴーストバスターズ」のフランチャイズをしている様です。
さらに説明書のなかで映画のセリフをそのまま出していたりと結構滅茶苦茶なストーリーになっています。

The English manual, on the other hand, has a completely different story.
It simply says there are "zillions of ghosts" attacking without mentioning why at all.
There's no mention of the characters from the movie, rather placing the player in the part of the owner of a Ghostbusters franchise.
With the actual content of the game matching up to the movie pretty well, this doesn't make a whole lot of sense.
And yet, they use a line straight out of the movie in the story description!






●操作の仕草 / Controls
0423_09.png

ほとんど同じですが、NES 版ではショップの操作説明が追加されています。
あと、道路面の説明部分で幽霊のことを「roamers」と表現しているのですが映画やゲーム内でそういう表現は一切登場しておらず、その理由は不明です。

These sections are basically the same, though the Japanese manual doesn't detail controls for the shop screen.
The English manual also occasionally refers to ghosts as "roamers" for some reason; it's not a word from the game or the movie.
(The Japanese manual consistently uses 「幽霊」(yuurei, "ghost"), with the nice touch of the furigana being "ghost" in katakana.)



0423_10.png

道路面の説明は「切り替え」についてではなく、「お金をいくら持っているか見ることができます」の様になっています。
つまりガソリンメーターの方に戻せることについては上手く説明されていません。
そしてビル面の説明についてはそもそも文法が間違っており意味不明となっています。

The road scene instructions are clearer in Japanese, explaining that the B button switches the display between money and gasoline.
In the English version, it's not clear at all that you can change the display back.
The English building scene instructions are pretty useless; the Japanese manual properly describes it as "moving the two Ghostbusters alternately".





●遊び方 / How to play
0423_11.png

NES 版の説明書には最初の$10,000は銀行のローンだと説明されています。
FC 版の様に「早くズール寺院に入って下さい。」のような目的は全く書かれていません。
NES 版のシティマップ面の説明には幽霊の止め方すら書かれていません。

In the Japanese manual, it's simply noted that the Ghostbusters have $1000 at the start of the game, with no mention of a loan.
However, it does include a line explaining that the goal is to get into the Zuul building as fast as possible.
It also mentions that you can delay ghosts on the map screen by moving into them.



0423_12.png

この説明も FC 版のみです。
(そもそも NES 版の説明書にはロゴ以外の絵はありません)

This little map overview page is exclusive to the Japanese version.
(In fact, aside from the Ghostbusters logo, there are no images in the English manual whatsoever.)



0423_13.png

この説明については FC 版と NES 版とで完全に一致しています。

No differences here at all!


0423_14.png

FC 版の説明書にはショップへの切り替え方法が書かれていません。(十字ボタン↓)
アイテムの説明は大体同じですが FC 版のほうが少し詳しく書かれています。
NES 版のアイテムの説明はゲーム内のショップと同じ並び順に書かれていますが FC 版の説明では少しだけ変わっているのが謎ですね。レイアウトの調整でしょうか?
あと、ここでも NES 版の説明書では幽霊のことを「ghosts」じゃなくて「roamers」とか「slimers」と記載しています。

The Japanese manual neglects to mention how to change pages in the shop.
The item descriptions are essentially the same, though they tend to be a little more detailed in Japanese.
In the English manual, the items are listed in the same order that they appear in the in-game shop,
but the Japanese manual mixes them up a bit for some reason. Maybe just a design decision?
Also, the English brings out more mentions of "roamers" and now "slimers" instead of just ghosts.



0423_15.png

幽霊を捕まえる方法については FC 版と NES 版とで変わりがありません。
ただ、またですが NES 版については幽霊のことを「roamers」や「slimers」って表記しています。
あと「マシュマロマン・アタック」については FC 版の説明書では書いてありますが NES 版の説明書では言及がありませんでした。が何故かここでは少しだけ説明がされています。

The Ghostbusting instructions are pretty much the same between languages,
though we do get a couple more instances of "roamers" and "slimers".
The Japanese manual has an entire extra section explaining the marshmallow man attack event on the map screen.



0423_16.png

FC 版の説明書で「ズール寺院に入れます」となっている部分は NES 版では「must」となっており「入らなくちゃいけない」みたいな表現になっています。
そして NES 版では「ゴーザを倒すには A ボタンでビームを打つ」みたいな表現になっていますが FC 版ではコーザの倒し方については言及されていません。

In Japanese, it says that you can, rather than "must" enter the Zuul building, which makes more sense.
However, it doesn't mention anything about attacking Gozer with your beam.



0423_17.png

ゲーム内のテキストが全て英語なので日本人には翻訳が必要でしょうね。
ここのテキストもまぁ、ちょっと変ですがエンディングの様な「engrish」にはなっていません。
なんでエンディングだけはあんなにおかしくなってしまったのでしょうか。

With all the in-game text being in English, it makes sense that the Japanese manual would have a translation of the game over screen.
What strikes me as interesting is that the game over message (as well as other in-game text) is nowhere near as bad of English as the ending.
I wonder why just that one part is so much worse than the rest?



NES 版には FC 版では説明されていないゲームオーバーの条件について書いてあります。
この見出し部分の「Out of Business」ですがゲームオーバーというより「店じまい」ぐらいな意味ですね。
ただそこに「ゴーザを倒す」事が含まれているのはおかしいのではないかと。
そしてここに何故か少しだけ「マシュマロマン・アタック」について説明されています。
あと最後の「Strategy Tips」にゲームのヒントが書かれてあるんですが、その1つに「連射付きコントローラーがオススメです」と書かれています。
正式に連射付きコントローラーをススメちゃうのは流石の激ムズゲームという感じです。

Obviously there's no need for a translation of English in the English manual, so instead of that it lists out the ways you can "end the game".
Despite the heading of this section being "Out of Business", it actually includes beating Gozer in the list!
There's also a small mention of the aforementioned marshmallow man attack scene.
Finally, there's some hints for the game. It figures that game this hard would just straight-up tell you to buy a turbo controller.





音楽コーナー
Music Corner


私が主催しているサークル「ALLKORE」の新作コンプレーション CD はハリウッド映画ネタのコンピになっています!
残念ながらゴーストバスターズネタは入っていませんが、ジャケットの方で映画のキャラクターを登場させました。
個人的には全曲最高の出来になっているので是非チェックして下さい!今週末の M3 で発売します!

My label ALLKORE has a new CD coming out: Hollywood movie remixes!
Unfortunately there aren't actually any Ghostbusters-related tracks on the CD, but there are a couple characters on the cover!
Personally, I think every track is excellent, so be sure to check it out! First release is at M3 this weekend!


AKND-03 “ALLKORE FILM FESTIVAL 〜映画館レイブ〜”
2016年4月24日 M3 2016春にて頒布
スペース:C-16a 3R2 Music
価格:1,000円




FC 版のゴーストバスターズは間違いなくクソゲーですがゲームの内容を考えると映画の改作としてはまあまあよく出来ているのではないでしょうか。
(NES 版の説明書のストーリーさえ読まなければ(笑))

次回は映画とかテレビ番組とかのゲーム版ではない、オリジナルのゲームを紹介しようかなと!?
お楽しみに〜!

Although the NES Ghostbusters definitely isn't a very good game,
taking a look back at the content, it's actually not that awful of an adaptation of the movie,
especially for the time. (Assuming you don't read the manual...)
Will I finally write about a game that's not based on a movie or TV show?
Come back next time to find out!





参考文献 / Thanks / sources
英語版説明書 / English manualGhostbusters Fans



posted by イアン at 16:42| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。