大衆酒場ベスト1000

2016年03月23日

第34回「カトちゃんケンちゃん」/ #34 “J.J. & Jeff”

J.J. & Jeffって誰?
Who are Katō-chan & Ken-chan?

この連載で何回か書いているのでご存知の方は多いかもしれないですが私はザ・ドリフターズが大好きなんです。特にお笑い番組での活動ですね。
最近、ようやくドリフ関連のDVDセットを揃え、昔のドリフの映画のビデオも買ってみたりしています。
60年代の映画なので時代の違いを感じつつも、普通に面白かったりしました。

I've mentioned it a few times before, so some of you are probably already aware,
but I'm a huge fan of Japanese band/comedy troupe The Drifters, especially their TV shows.
Recently I finally completed my Drifters DVD collection,
and even picked up VHS tapes of a couple of their old movies.
Comedy movies have definitely changed a lot since the 60s, but the classics still have their own special charm.



80年台ぐらいからドリフのメンバーの中でも志村けんと加藤茶が人気ものになり「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(以下、「ごきげんテレビ」)という番組が始まり、その番組のテレビゲーム(PCエンジン)がハドソンより発売され、ついにはアメリカでも発売されたりしました。
今回はその「カトちゃんケンちゃん」と英語版の「J.J. & Jeff」の違いを説明します!

Starting in the 80s, two most popular members of The Drifters, Shimura Ken and Katō Cha,
starred in another variety show, "加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ" (Katō-chan Ken-chan Gokigen Terebi - usually translated as "Fun TV With Katō & Ken").
A game based on the show was made for the PC Engine (TurboGrafx-16 in the West), and even got released in America!
We'll be taking a look at that game this time - the Japanese version, "カトちゃんケンちゃん" (Katō-chan Ken-chan), and the American version, "J.J. & Jeff"!





背景
Background

まずはゲームの題材である「ごきげんテレビ」のことをもうちょっと詳しく説明したいと思います。
1986年〜1992年に放送されていたバラエティ番組で、「THE DETECTIVE STORY(探偵物語)」と「おもしろビデオコーナー」の2本をメインコーナーとしていました。
「おもしろビデオコーナー」は視聴者から投稿されたビデオを加藤茶と志村けんがゲストと共に紹介し、各種賞品をプレゼントするといった感じ。
このフォーマットは1989年にはアメリカに輸出され、「America's Funniest Home Videos」という番組になり、未だに放送され続けています。

First of all, let's go into a little more detail about the show the game is based on. I'll just call it "Fun TV" for short.
Fun TV was a variety show that aired from 1986 to 1992, with two main segments: "THE DETECTIVE STORY" and "おもしろビデオコーナー" (Omoshiro Video Corner, essentially "Interesting Video Corner").
おもしろビデオコーナー was a segment where amusing videos submitted by viewers would be aired and commented on by Katō and Shimura, with prizes going to the best ones.
If that sounds familiar, it's because the segment was the direct inspiration for America's Funniest Home Videos (a show which is on the air to this day).





0322_01.png



「America's Funniest Home Videos」には「ごきげんテレビ」のクレジットがずっと表示されています。いまだに TBS にフォーマット使用料を払っているそうです。

Fun TV is actually mentioned in the credits of every episode of AFV! They apparently also still pay royalties to TBS (Tokyo Broadcasting System).




「THE DETECTIVE STORY」は加藤茶と志村けんが探偵という設定の30分ほどのコントとなっています。
ただ設定は探偵なんですが探偵とは全然関係ないストーリーになることも多く、例えば加藤茶と志村けんが探偵とは別の仕事やアルバイトをしている回や日常生活の回など色々なシチュエーションがあります。
(そういえば、アクアティーンも最初の頃は探偵の設定でしたが、全然探偵とは関係ない感じでした。(笑))
そして「THE DETECTIVE STORY」の設定がゲームの「カトちゃんケンちゃん」のベースになっていたりします。

"THE DETECTIVE STORY", on the other hand, was a long-form comedy/drama sketch segment featuring Shimura and Katō as detectives.
Or at least, the set-up is that they're detectives, but a lot of the sketches end up being completely unrelated to detective work.
(Speaking of which, there's another comedy show featuring alleged detectives not doing much detecting...)
THE DETECTIVE STORY segments are what the Katō-chan Ken-chan game was based on.






よかったら見てみてください

If you have a bit of time check out an episode, this one's enjoyable even if you don't know much Japanese.




ただ、「おもしろビデオコーナー」のフォーマットは輸出されましましたが、元々の「ごきげんテレビ」自体は他のドリフの番組も含めて、日本以外では一切放送されておらず、ほとんど知られていません。
そんな状況の中、ゲームをローカライズするとなった場合、どのようにすればいいのでしょうか?
色々な方法があるとは思いますが「カトちゃんケンちゃん」の場合はほぼ知られていない「カトちゃん」と「ケンちゃん」を全く別の白人キャラクター「J.J.」と「Jeff」にしています。
この「J.J.」と「Jeff」はゲーム用に作られた全く新しいキャラクターなんです。
名前を日本語と同じように頭韻法を使っているのは良く出来ているなぁと思いますが「新しく作られたキャラクター」と「知られていないキャラクター」では認知度とかほとんど同じなので敢えて変える必要はないのではないか?という気持ちもあります。
まぁ、どうしても伝わらないギャグとかは買えなくてはいけないこともあるとは思いますが、おそらく内容が伝わるかどうかではなく、ゲームを売れやすくするためにキャラクターを変えたというのが本当のところではないでしょうか。

Although the おもしろビデオコーナー format got brought to America as AFV, Fun TV itself (and indeed any of The Drifters' shows) were and are all but unknown in the US.
So how do you localize a game based on a show nobody's heard of?
There're a few routes you can take, but with Katō-chan, they decided to go the route of changing the game to be about different characters.
New characters created specifically for the game, in fact: J.J. & Jeff.
I definitely like that they maintained the alliteration of the original's name with the new characters,
but personally I feel like "a newly created character" isn't any less obscure than "a character nobody knows about",
so is there really a need to go to the trouble of changing everything?
That being said, even if you leave there characters as-is there'll still be jokes and references that won't translate directly no matter what,
so maybe a total conversion is the best method after all.
It might also be the case that they simply felt the game would sell better with Westernized characters.





ゲーム内について
Game contents

●基本部分 / Basics
「カトちゃんケンちゃん」のゲームは横スクロールのアクションゲームで操作方法は同じは開発元であるハドソンの「高橋名人の冒険島」やセガの「ワンダーボーイ」みたいな感じですね。
キャラクターはジャンプし、キックで敵を倒し、隠れたアイテムなどを探したりします。
ゲーム開始時にプレイするキャラクターをカトちゃんかケンちゃんのどちらかから選びます。カトちゃんは移動速度が遅いがスリップしにくい、ケンちゃんは移動速度が早くスリップしやすいといった違いがあり、選ばれなかったキャラクターはゲームの進行を邪魔をしたり、ゲームのヒントを出したりします。

J.J. & Jeff is a side-scrolling action game, with controls similar to Hudson's Adventure Island or Sega's Wonder Boy.
The characters can jump, and use a kick to defeat enemies and uncover secrets and hidden items.
At the start of the game you can choose between J.J. and Jeff to play as; the only difference is their speed,
and the fact that the character you didn't pick will show up in-game to both give you hints and get in your way.





●タイトル画面 / Title screen
0322_02.png

当然ですがタイトルとキャラクターの顔が変わってます。
日本語版は他の場面では「カトちゃんケンちゃん」で統一されているのに、タイトル画面のみローマ字になっているのは気になります。
(そういえば何故かゲームでは「加トちゃん」ではなく「カトちゃん」になっているのも気になります。子供向けということなのでしょうか?)
ただ英語版と日本語版ではタイトルのフォントが全然違うのに「&」だけは何故か全く同じ形状になっていたりします。
ちなみに英語版のフォントは私のサークルのロゴにも使っていた「Babylon Industrial」らしいです。(笑)
また日本語版では「HISCORE」と表示されていますが、英語版で「HIGH SCORE」になっています。当時はどちらもよく使われていましたが「HIGH SCORE」のほうがよりちゃんとした表現っぽいです。
英語版では NEC のクレジットが追加されており、発売年に関しても 1990 になっています。これは英語版の発売年に合わせたものと思われます。
最後にすごく細かいところなんですが、背景のビル群の絵が少しだけ変わっているんですよね。例えば左から2つ目のビルを見てもらえれば分かります。
タイトルが変わったことによる影響なのかもしれませんが、タイトル以外の部分を変えた理由は謎ですね。

Obviously, the game title and character faces have been changed.
Interestingly, this is the only place in the Japanese version where the title appears in Romaji.
(Speaking of which, I'm curious why the game title uses just the hiragana "カト" rather than "加ト" from the show title. Maybe because it's aimed at younger kids?)
The fonts for the American and Japanese titles are completely different, but the "&" was actually re-used, just re-colored.
On a side note, it looks like the American title's font is Babylon Industrial, which I used for the logo for my music label, haha.
In the lower half, "HISCORE" has become "HIGH SCORE". Both were pretty common back in the day, but "high score" is definitely a little more accurate language-wise.
The American version also adds a credit for NEC for whatever reason. The copyright year being three years later is just a result of the hardware itself taking that long to make it to the US.
Lastly, and it's not something you'd normally notice, but some of the buildings in the background differ slightly between the two versions.
You can see it easily if you look at the roof area of the first building from the left.
It seems like it might be a result of the title graphic being changed, but some building areas nowhere near the title are different too, so who knows.





●オープニング / Opening
0322_03.png

日本版英語版
加藤「もしもし
どうしました?
え、さらわれた?
はい、すぐ助けにいきます。」

志村「おまえ、一人でいくの?
ずるいんでない?
おれ、へそまげちゃうよ」
J.J. "Hello?
Yes, this is the J.J. and Jeff Detective Agency.
What's that you say??? A very rich man has been kidnapped???
...Yes sir! I'll get on it right away.
Fear not my forlorn friend. I always solve the case!"

Jeff "Hey! You don't think you're going somewhere without me?!
But that's not fair! You always leave me here alone.
I want some fun and adventure too, ya know!"

会話の内容はキャラクター以外ほとんど意味は同じです。
しかしスクリーンショットを見てもらえばわかると思うのですが英語版のローマ字は日本語版のテキストサイズより随分と小さい。
前回のグーニーズ2と逆に英語の方が詳しく説明されています。
日本語版では「さらわれた」だけですが英語版では誰がさらわれたか説明されており、さらにカトちゃん/ J.J. が「助けにいきます」の後、英語版ではさらに「ご心配なく、失敗したことは一度もありません」みたいなことを言っています。
その後、英語版の Jeff は「へそまげちゃう」といった表現ではなく、少し悔しそうに「なんでいるも一人にさせるの、俺も冒険に行きたいよ!」といった表現をしています。
あと細かいところですが英語版ではテレビ画面が映っていません。まぁ、J.J. & Jeff なんて番組はないのでその通りなんですけどね。

Aside from the characters themselves being different, the openings are pretty similar on the face of things.
However, the font size in the American version is much smaller, allowing for much more text (quite the opposite of last time's The Goonies 2.
The Japanese version simply says there was "a kidnapping", but the American version goes into detail on who exactly was kidnapped.
J.J. also gets to throw in the "Fear not" bit, whereas Katō just leaves it at "I'm on the case."
Shimura in the Japanese version is just aggravated about Katō leaving him behind (and doesn't mention "fun and adventure"), while Jeff is a bit more pitiful about it.
Also, it's a small thing, but the television is blank in J.J. & Jeff, for obvious reasons.





●操作とキャラの仕草 / Controls and NPC actions
0322_04.png

日本語版では十字キーの下を押すとオナラ攻撃を後ろ向きに出すことができます。
アメリカではオナラを出すのは下品すぎるので英語版では謎のスプレー攻撃に変わっています。

In the Japanese version, by pressing Down you can attack behind you with a fart.
Apparently this was too immature for the American version, as it was changed to some kind of spray can.



0322_05.png

スプレーは当然前方に吹き出すものなので英語版だと前向きの攻撃になっており、操作方法まで違っています。
つまり日本語版だとオナラ攻撃をする際、まずは向いている方向を変えなくてはいけないのですが、英語版だと気にしないでいいので操作しやすくなっています。

On top of that, the spray can is of course used in front of you rather than behind, meaning the controls are actually slightly different between the two versions.
In other words, you have to turn around first if you want to use the fart attack in カトちゃんケンちゃん, but in J.J. & Jeff you don't have to worry about that (making the game a tiny bit easier in my opinion).



0322_06.png

これも下品すぎて検閲されたっぽいです。
日本語版では立ち小便をしているんですが英語版だとただそこに突っ立ってるだけになっています。よくよく見ると元々がどんなものが推測はできますが。
そして攻撃した後にパンツが見える様子もなくなっていますね。

Unsurprisingly this was also changed from the US version.
In the Japanese game you can find your partner peeing, but in J.J. & Jeff, he's just standing there (though most people can probably tell what was originally going on).
The sprite after you attack them is also changed - no fly down/visible underpants for the American version.



0322_07.png

立ち小便と同じく、検閲されたギャグです。
しかしこちらは面白く変更されています。何のために動物の被り物をしてスプレー缶を持っているかは不明ですが。
こちらも英語版ではズボンが下がっていることはなく、お尻も出ていません。

Yeah, the pooping-in-the-woods gag had to go too.
In this case though, they at least made it an interesting change, though I don't know exactly what the character is meant to be doing with an animal hood and a spray can.
And of course there's no buttcrack shot for the post-attack sprite this time either.



0322_08.png

自分でプレイしてて気がついたのですが、この炎が当たって死んじゃう時のスプライト画像ですがカトちゃん/ J.J. の場合は日本語版と英語版で全く同じものを使っており、ケンちゃん/ Jeff の場合も英語版でサングラスをかけているだけですね。
他のスプライト画像は全部書き換えられているのでこれだけ変わっていないのは何だか面白いと思います。

I noticed this myself while playing, but take a look at the sprites for when you die by touching fire.
J.J.'s is exactly the same as Katō's, and Jeff's is just Shimura's with some sunglasses slapped on.
All the other sprites are totally redrawn, which makes me wonder why they just left these as-is.



0322_09.png

このヤカンが頭に落ちてくるギャグですが英語版でも変更されていません。それはそれで面白いです。
ドタバタ喜劇などのギャグもアメリカではやりましたが「なんでヤカンなんだ?」と思われる気がします。

The kettles-falling-from-the-sky gag is the same in both game, which in itself is interesting.
Slapstick is of course popular in both the US and Japan, but the kettle thing is very specifically Japanese, so it might've looked a little odd to non-Japanese players.



0322_10.png

この空き缶を投げているのは変更ありませんが、日本語版では空き缶を投げる様の顔の画像が用意されているのに英語版ではいつもと同じ顔の画像になっているのはちょっと残念ですね。

I just wanted to point out here that in the Japanese version your partner gets a special face for this situation,
but the US version just uses their regular face, which is a bit of a letdown.



0322_11.png

上の下品なところが変更されているのに、この表現が残っているのは何故なんでしょうか。動物はOKなのでしょうか?

So someone pooping in the bushes is a no-no, but actual poop is totally fine? I'm guessing it made it past the censors because it comes from a bird rather than a human.




●パートナーからのヒント・メッセージ / Hints/messages from your partner
ゲーム内でドアに入ったり、上空に飛んだりすると、選ばれなかったパートナーからヒントやメッセージをもらえます。
数多く存在しているので今回は最初のフィールドだけ見ていきましょう。

In-game you can enter doors or ride fountains into the sky to get hints and messages from your partner.
There's way too many of these screens to look at all of them, but let's at least go through the first world's worth.



0322_12.png

これはフィールドに配置してある街灯やヤシの木をキックするば隠されたハンマーゴングが出てくるよということですね。
英語版では「時々、街灯やヤシの木に生き物がいる」みたいな意味になっていて、何だかよく分からないヒントになっています。
こんなヒントでもキックしてみたくなるとは思いますが、そうするとどうなるかは全然伝わってきません。

The Japanese hint is very straightforward: "There's hammer gongs (i.e. hit the hammer/ring the bell game) in the lampposts and palm trees."
The English version is a lot more abstract, making it sound more like there're animals or something in them.
Both will definitely make the player try kicking those objects, but the US version doesn't do much to say what will happen when you do.



0322_13.png

これは完全に日本のみで通用するギャグなのに、英語版でもほとんど同じ様な表現になっています。
言葉使いは違いますが「だいじょうぶだぁ」という雰囲気が伝わってくるし、最後の「ウィッ、ウワァ、ウォッ」も同じ様な「Wonk! Wonk! Wonk!」という表現になっています。
ただアメリカ人からすれば「この人は何を叩いているの?」と思われるのは間違いありません。(笑)

Despite this bit coming from a very Japanese joke, it's pretty much presented as-is in English.
To explain, Shimura had a bit on the TV show where people would come to him and tell him about their problems,
then he would hit this little hand-drum three times, say "だいじょうぶだぁ" (Daijoubu da, "it's alright"/"don't worry about it"),
hit it three more times then make some weird noises, and this would solve all their problems.
The English version here isn't exactly like that, but it's the same general vibe, even going so far as to end with a "Wonk! Wonk! Wonk!".
Not being familiar with the original joke probably left most people wondering what the whole hand-drum thing was about, haha.



0322_14.png

これは意味があっており、英語版の「けってみな」も同じ様な表現になっているのは良いと思います。

This is a really great translation - meaning is exactly the same, and the "chump" bit give it a similar feeling to the casual/slightly condescending "けってみな" of the original Japanese.


0322_15.png

これは格好が完全に変わっています。流石に海外で「殿」なんて分かる人はいないので仕方ないと思います。しかし英語版の格好は何なんでしょうか?意味が分かりません。
マントを着て、茶色い翼と尖った尻尾がついているんですがゴブリンとかそういうやつでしょうか?本当によく分かりませんね。
で英語版の方ですがこちらもコインについての話をしているんですが、随分と抽象的な言い回しになっています。

First off, the costume is completely changed here. In the Japanese version Shimura is supposed to be a 殿 (tono), a type of feudal lord.
Obviously that won't really come across well as-is, but I have no idea what they were going for here with the new costume.
He's got a cloak, bat-like wings, and a pointed tail, but I've got no idea if he's supposed to be like a goblin or a demon or what.
As far as the hint itself goes, the English version is really abstract and sounds like something you'd read from a fortune cookie,
whereas the Japanese just straight-up says "You can get coins if you kick stuff." Go figure.



0322_16.png

ほぼ変わりないですが、英語版はスペースがある分、スロットマシーンが「楽しくてエキサイティング!」といった感じに説明されています。

This one's pretty much the same, but the US version has some extra text space to work with so they embellished it with the "fun and excitement" bit.


0322_17.png

こちらも英語版はスペースが余っているせいか隠れたドアの説明の後にバンパイアっぽく「君の血が欲しい」などと言っています。
また英語版ではこのキャラクターに「Vampiro」という名前がつけられているます。

They took advantage of the extra space here, too. The Japanese version doesn't have the line about blood, and it doesn't have Shimura call himself "Vampiro".


0322_18.png

確かにアメリカ人は浴衣を着ないとは思いますがその代わりに何故か女装している。日本やイギリスのお笑いでは良くあるんですが、アメリカだと割りと珍しいので謎が深まります。
んで英語版は隠れたドアについてちゃんと話をしているんですがこれもまた随分と抽象的なヒントになっています。

I can understand changing the clothing from a yutaka, since that's not exactly a common garment in the US, but why change it to cross-dressing?
That shows up a fair bit in British (and Japanese) comedy, but not so much in the US so it seems like a strange choice.
The message itself is also more vague in the English version again - the Japanese just says "There's hidden doors where you wouldn't expect."



0322_19.png

先ほどの浴衣は女装に帰られているのに、こちらのババアは普通の浴衣に変わっているんですよね。まったく何だかよく分かりません。
さらに英語版では鍵の話に触れられておらず「俺はいつも優しいのになんで君はいつも荒っぽいの?」みたいな感じになっています。
おそらくここに入れるべきセリフを完全に間違えているような気がします。

First they change a yutaka outfit to a crossdressing outfit, and now they change an old lady costume to a yutaka! I don't know what to think anymore.
I also have no idea why the English hint is what it is, seeing as how the Japanese is "Hey, go find the key!"
I almost wonder if they didn't accidentally put a string here that was meant for somewhere else.



0322_20.png

日本語版では緑のスプリングでどうなるかは一切説明されていません。
英語版ははっきりと説明している訳ではないけど「まぁ、間違えたら緑のスプリングでやり直せる」みたいな感じが伝わるようになっています。日本語版は使ってみないと本当にどうなるか分かりませんよね。

The Japanese is a pretty useless hint: "The green spring is...". The English is a little better, at least giving you a vague idea of whether you should use the spring or not.
(The green spring sends you back to the previous area, which is necessary to do if you missed picking up the key.)



0322_21.png

前のと同じく殿ではなくなっています。
そして英語版は引き続き抽象的な表現になっており、「こしから(上を)」の部分が全く伝わりません。

Oh hey, the weird hooded dude is back.
The English hint is yet again more vague, and also less detailed: the Japanese version says "Come from behind and aim for the boss's head!"



全体的にみると、英語版は元の番組のことを説明していないので、何故探偵のはずである2人がさまさまなコスプレをしているのか分からないですよね。
ゲーム内で何らかの方法をつかって元の題材がお笑い番組であることを説明すればもう少し分かりやすくなるんじゃないのかなぁと思います。

In general, if you're not familiar with the source material it might seem a bit strange that your so-called partner is throwing garbage at you and giving you cryptic hints dressed in weird costumes.
I suppose the best way to try to deal with that would be to somehow make it more clear in-game that it's based on a comedy show, since it was originally designed for people who were already aware of that fact.





●エンディング / Ending
0322_22.png

日本版英語版
Millionaire「たすけてくれてありがとう。
これはおれいのきもちじゃ。」

加藤と志村「やったー!やったー!」
Millionaire "J.J., Jeff! You have rescued me! How can I ever thank you?!
You want all my money? OK! You can have everything! Wa Wa Wa!"

J.J. & Jeff "We did it! We did it! We did it!"

ほぼ同じ内容になっていますが英語版では誘拐された資産家どんなお礼が欲しいかと J.J. と Jeff に聞いたので、2人が「あなたのもっている全てのお金」と答え、資産家が「じゃぁ全部あげます!」といった感じで日本語版よりは馬鹿馬鹿しい雰囲気が漂っています。

The gag is pretty much the same, but the Japanese version doesn't have the millionaire asking what the detectives want,
he just offers up the money himself (and it's definitely not implied to be ALL of his money).



エンディングの後にゲーム内で登場した全ての敵について説明があります。
何故かよく分かりませんが日本語版でも説明の全てが英語になっている上にめちゃくちゃな英語だったりします。それを英語版だとさらに変えて、修正されています。
敵の数が多いので一部抜粋して説明します。

After the ending there's a cast roll of all the game's enemies.
Plus, for whatever reason, they all have (bad) English descriptions in the Japanese version, which were cleaned up for the US release.
There's a ton of them so I won't list them all out, but here's a few of the more interesting ones.



0322_23.png

英語版の名前が「Poopatross」で「Poop」(うんこ)+「Albatross」(アホウドリ)の合成語で、なんかすごいです。
日本語版の説明がちょっと変ですが、英語版では少しだけ変更することで随分いい感じになっています。

Poopatross is a great name. I'm not sure if Barbird (バーバード) has some kind of wordplay going on, it might just be a cute name.
It's also impressive that they fixed the Japanese description with such small changes.



0322_24.png

日本語版の名前が「Shindler」ってなってますが、オスカー・シンドラーとは全然関係なさそうなのでどういうことなのかな?と考えましたが、シンデレラではネズミが出てるのでそれを指しているのかもしれません。
あと日本語版の説明の「legee」も最初は意味が分かりませんでしたが「lazy(レージー)」(怠惰)なのかもしれません。

I can't imagine Shindler (シンドラ) is supposed to have anything to do with that Schindler; my guess is it's actually a reference to Cinderella (シンデレラ in Japanese).
"Legee" also had me stumped for a bit, but I think it's meant to be "lazy", which could feasibly be written as レージー and then romanized into "legee".



0322_25.png

日本語版の説明では「この石はラバー(ゴム)でできている」と書かれていますが元の番組なら本当にそういうこともあるのだろうなという気がします。
英語版は番組設定がないのでこの言い回しは使えませんが、代わりに名前を「Rolling Stones」にしたのはかなりいい感じです。

The rock being rubber is probably a joke about rubber rocks from the TV show.
The joke obviously won't work as-is in English, but they get a nice Rolling Stones pun in instead.



0322_26.png

これも英語版のほうがいい感じの語呂合わせになっています。「Crab」(カニ)と「Crabby」(機嫌が悪い)の合成後ですね。

"Kanibunke" basically means "crab clan"; crab certainly is delicious but personally I like the wordplay in English a little better.


0322_27.png

日本語版の名前「Unibow」は多分マリオに出てくる「クリボー」と同じで「ウニ」と「坊」でしょうね。
英語版ではそうではなく「糸くず」みたいなものに変えられていますが、何でそんな風に変えてしまったのか気になります。

"Unibow" is most likely a combination of ウニ (uni, "sea urchin") and 坊 (bou, basically a suffix meaning "little boy").
It's very similar to クリボー, the Japanese name for Mario's Goombas.
Why they made such a huge change to "lint imps" escapes me, especially since "urchin" already has multiple meanings in English.



0322_28.png

日本語版の説明に「小さいトルネード」と書かれているので「Talinado」はおそらく「足りない」+「トルネード」だと思います。
英語版の名前は別の言葉遊びになっていてそれはそれでいいのですが、「tiny」(小さい)+「tornado」(トルネード)で「Tynado」とかだったらいいと思う。

Since it's a "little" tornado, I'd bet that the Japanese name is a play on 足りない (tarinai, "lacking").
Windjammer is a nice name, and "torrid tornado" does sound great, but would "Tynado" not have been just as good?



0322_29.png

日本語版の名前「ヘロボイ」のヘロはヘリコプターの意味でしょうね。
英語版の名前「Julio Copter」は最初よく意味が分からなかったのですが発音して気が付きました。「フリオコプター」なんです。
そして説明の方はギャグのレベルが高く、「Draft dodger」というのは兵役逃れのことで、「draft」は風という意味もあって「風逃れ」って意味にもとれます。若い子たちには絶対に理解できないと思います。(笑)

"Hero" probably isn't the English word hero, but rather just referring to helicopters (ヘリコプター).
I didn't get what "Julio Copter" was supposed to mean at first, but then I said it out loud. Try it.
"Draft dodger" is another really great pun, though maybe a little too high-level for younger kids.



0322_30.png

画像は貼っていませんが英語版ではこの敵の親が「Nessy」となっています。ネス湖の怪獣の名前ですね。
で子供の方は「Ness Junior」となるはずなんですが何故か「Nes」になっています。関係ないのかもしれませんが任天堂の NES のことを考えてしまいます。
ちなみに英語版の説明はbarking school(吠える専門学校)に行ってると書いてあって、そんなbarking schoolなんてところは存在しなくて意味不明だし、
そもそも「犬みたい」という説明は日本語版にしか出ていないのでちょっと分かりぬくいですね。

I left out the image, but the big version of this guy is called Nessy in the US version. Makes sense.
So why isn't this little dude "Ness Junior"? The only thing "Nes" makes me think of is, y'know, a competitor's product.
I've never heard of "barking school" before; it's probably based on the Japanese description that he's "like a dog",
but since that description itself isn't actually in the US version it sounds a bit odd.



数が多いので画像は貼りませんが、下記はボスの名前のリストになります。
There's a bunch of these so I'll forgo the screenshots, but here's all the boss names:
日本語名英語名
MofeedBlockhead
Wriggle GongPumpkinhead
Heavy MelderAirhead
Yarman ZSkinhead
Great PapaCabbagehead
Double HeaderKnucklehead


日本語版の名前は何だか適当な感じになっていますが英語版のほうは面白いパターンがあります。日本語版の「Double Header」をベースにしているのかもしれません。
ちなみにボスをはじめ全ての敵は日本語版と英語版で見た目は全て同じものです。

The Japanese names are pretty odd and seem haphazardly chosen.
The US version, on the other hand, seems to have taken "Double Header" as an inspiration and came up with a nice naming pattern for the bosses.
Incidentally, the bosses themselves are the exact same between the Japan and US versions, as are all the enemies.





●エンディング画面 / Final screen
0322_31.png

まぁ当然違うんですがその違いが面白いので貼ってみました。

Of course they're going to be different; no specific comments but I wanted to include them with everything else.




説明書などについて
Manual, packaging, etc

●ストーリーの説明 / Story
0322_32.png

そもそもメインキャラクターが変更されているのであたりまえのことかもしれませんが説明書にあるストーリーなどが全然違います。
日本語版のほうがコメディタッチに書かれていますが、英語版の方は真面目な感じにかかれています。
「uproarious detective adventure」(騒々しい探偵アドベンチャー)とは書かれていますがそれだけです。
英語版のストーリーの説明が「探偵の J.J. と Jeff はさらわれた資産家を助けに行く」のような一文ぐらいしか書かれていなくて、残りは全てゲームの説明になっています。
そして英語版のボスのことを常に「Boss Kara」と読んでいるのですがこの「Kara」は英語ではなく「ボスキャラ」の誤訳ではないでしょうか。
あとストーリーとは関係ないですが、日本語版も英語版もプレイヤー選択時の説明はありますが英語版ではキャラクターの「動きに違いがある」ことは説明されておらず、代わりに「両方のキャラクターでハイスコア競いましょう」的なことが書いてあります。

Since the characters themselves have been changed, it kinda goes without saying,
but the story detailed in the manual is totally different between the two versions as well.
Essentially, the Japanese version is very obviously presented as a comedy,
whereas the US version is relatively more serious. It does call it an "uproarious detective adventure" at one point, but that's as whimsical as it gets.
Actually, the "story" in the English manual is pretty sparse, most of it being more about the gameplay.
The Japanese is a fair bit more verbose, giving some background to the characters and their personalities.
One interesting thing is the English manual makes repeated references to "Boss Kara".
I'm pretty positive this is a straight-up mistranslation of "ボスキャラ" (bosu kyara, which just means "boss character").
Also, it's not story-related, but the bit about choosing your player is a bit more detailed in Japanese,
mentioning that they control differently rather than suggesting a high score competition.





●操作方法 / Controls
0322_33.png

ほとんど違いはないですが英語版では十字ボタンの上を押しながらジャンプすると高く飛べることの説明がされていません。

They're pretty much the same, but the English version neglects to mention that holding the Up key can increase your jump height.




●ライフとスコアLives & score
0322_34.png

フードを取ることでバイタリティを回復できるのは日本語版にも英語版にも説明されていますが英語版ではちょっと色々と変なところがあります。
例えばフードでバイタリティを回復だけじゃなく攻撃力もアップと書いてあるんですが攻撃力はアップするはずがないんです。
1UP の説明はほぼ同じですが日本語版の「スコア以外〜」のところの説明が英語版では間違っていて、1UP じゃなくてバイタリティの説明になっています。

Both get the basic idea of food restoring your vitality down, but the English manual makes a few odd mistakes.
For one, it says that food also raises your attack power, which simply isn't true, there's no way to do so in the game.
It also mentions "shops", but the only place to use your coins is slot machines, not shops.
Finally, in the 1up section, the bit that says "you may also obtain additional vitality in other ways" should rather be about 1ups as it is in the Japanese manual.





●攻撃方法 / Attacks
0322_35.png

英語版の攻撃方法の説明で「スプレー攻撃の説明はこの画像をご覧ください」とあるのですが肝心なその画像がないんです。(笑)
日本語版ではオナラ攻撃の画像と説明があるんですが英語版では一切ありません。

The English manual tells you to look at an illustration to learn about the spray attack. There is no illustration. Whoops. (There is in the Japanese manual, though.)
There's also none of the descriptive text that accompanies said illustration, so really all the English manual has to say about the spray attack is "it exists"!





●フィールド、敵 / Field, enemies
0322_36.png

本来、「6フィールド24エリア」が正解なのですが英語版の説明書には「8フィールド32エリア」と書いてあり、完全に間違っています。
敵の説明はだいたい同じようなものですが、ただゲーム内で「Poopatross」と呼ばれている敵が説明書では「Poopbatross」と書かれています。単純なミスだと思いますけどね。あと「Boss Kara」も引き続き出ています。

"8 different stages and a total of 32 playing areas" is a bald-faced lie and I have no idea where it comes from. The Japanese manual gets it correct (6 stages/24 areas).
The enemies section is pretty on-point, though for some reason it's "Poopbatross" here rather than "Poopatross". Oh, "Boss Kara" shows up again, too.





●かくれ面その1、アイテム / Hidden areas part 1, items
0322_37.png

日本語版では「コインが出現したり、かくれ面の入り口が現れたり……」と説明されていますが英語版では「(必ず)コインが出現して、かくれ面の入り口が現れる」みたいな説明になっています。
アイテムではカレーの「1目盛ふえ」の説明が英語版ではなぜか抜かれています。
そしてハチ助が 1PU アイテムとして説明されておらず、「ボスキャラに合う時にあるとうれしいアイテム」みたいな説明になっているので「1PU キャラ」を「ボスキャラ」と勘違い(?)しているのかもしれません。
また「カレー」があまり聞かない「Curried Rice」になっているのはちょっと気になりました。当時だと「curry」だけより分かりやすかったのかなぁ。

"A coin will pop up and the entrance to a hidden screen will appear" is a mistranslation - the Japanese manual says "coins may pop up or hidden doors may appear."
Item-wise, the description for the curried rice omits the fact that it adds a point to your vitality bar in addition to refilling it.
The "Bee Keeper" description is also odd, as it's just a 1up and the Japanese description doesn't mention bosses at all.
Perhaps someone saw "1upキャラ" and got it confused with "ボスキャラ"?
Ah, speaking of "curried rice", does anyone call it that? Maybe it was more common back when the game came out, but I hardly ever hear it referred to that way.




●かくれ面その2 / Hidden areas part 2
0322_38.png

ほぼ100%合っています。ただ「ダイジョ〜ブ太鼓」が普通に「dram」に変わっていますが流石にしょうがないですね。
しかし、英語版の説明書は全般的にゲーム画面の画像が少ないですね。印刷料金を下げるためなのでしょうか?

This page is dang near spot-on! The "drum" is actually called the "ダイジョ〜ブ太鼓" (daijoubu daiko) in Japanese, but that kinda had to be simplified.
That being said, it's not limited to this page, but the English manual could really use more screenshots like the Japanese one had.
I can only imagine they were trying to save on printing costs.





●ジャケット / Cover art
0322_39.png

最後にジャケットを見てみましょう。当然ながら大分雰囲気が違いますね。
どちらもゲーム内のコンテンツと合っているところと合っていないところがあると思いますが、英語版のキャラクターのイラストはあまり探偵っぽくなく、何か芸能人か何かに近い感じです。
そして背景がビル群になっています。タイトル画面と似た感じですがゲーム自体にはビル群のフィールドはないのでゲームの雰囲気が上手く伝わっていないような気がします。

Finally, let's take a look at the cover illustrations. As expected, they're quite different.
Like many games of the era, both have a fair few things that show up in the game, as well as some that don't.
Probably the biggest thing that sticks out to me is that "J.J." and "Jeff" really don't look much like detectives - if anything, I would guess that they're talk show hosts!
Also, the background of the J.J. & Jeff cover does match up with the title screen nicely,
but there aren't any levels like that actually in the game, so it doesn't give as clear of an idea of what the game is like as it could.





音楽コーナー
Music Corner


「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の名作コント「だいじょうぶだぁ教」のDieTRAXによるのリミックスです!
だいじょうぶだぁ!ウィッ、ウワァ、ウォッ!
DieTRAX did a remix of the "Daijoubu da" skit I described earlier!
It's all good! Wonk! Wonk! Wonk!





ゲーム内ではちょっと色々変更されてしまっていますが、キャラクターが変わってしまっているのは別として割りとしっかりローカライズされています。
ただ説明書の方はもうちょっと頑張って欲しかったなぁという気持ちではあります。(笑)
さぁ、次はどのゲームにしようかな!
またその時に!

Though some of the content did get censored,
setting aside the fact that the characters had to be changed, J.J. & Jeff is actually a pretty solid localization on the whole, especially for its time.
I do wish they would have been a bit more rigorous in regards to the manual, though, haha.
Well, what game should I take a look at next?
Until then!





参考文献 / Thanks/sources
英語版説明書/English manualReplacementdocs



posted by イアン at 09:39| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。