大衆酒場ベスト1000

2016年02月27日

第33回「グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦」/ #33 “The Goonies 2”


新しい道に出よう
A new direction

今までこの連載を読んでくれていた人たちにまずは感謝を申し上げます。
ここまで 32個のテーマでアメリカと日本の文化の違いについて書いてきたことは本当に良い経験となりました。
ただ、今の自分で説明できることがそろそろ限界に近づいてきている感じだったりします。
そんなこんなで今後について悩んでいたんですが今後は自分の関心事の一つである「ゲームのローカライズ」を中心にして連載をしていこうと思います。
まぁ、ゲームのローカライズ以外の事について書くこともあるかもしれませんがその時はその時といった具合でお願いします。

First of all, huge thanks to all my readers thus far.
It's hard to believe I've written a whole 32 articles already.
That said, there's not a whole lot left I feel able to write about as far as general cultural differences go.
So I thought it over, and since I have a strong personal interest in game localization,
that's what I'm going to focus on from here on out!
I might come back to some more general topics every now and then, though.



それでは早速、ゲームのローカライズをテーマに話していきたいと思います!
もうタイトルでバレていますが子供の時、一番好きだった「グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦」について、日本のファミコン版とアメリカの NES 版でどう違うか詳しく説明していきます。

Well, let's get right to it!
The title already gave it away, but first up is one of my favorites from when I was a kid: The Goonies 2.
Let's take a detailed look at the differences between the Famicon and NES versions!





背景
Background

まずはグーニーズについて説明しないといけませんね。
グーニーズは 1985年に公開されたスティーヴン・スピルバーグによりファミリーアドベンチャー映画です。
アメリカでは大ヒットとなり、日本でも上映されました。
そして日本では1986年にコナミから MSX 版とファミコン版の「グーニーズ」が発売されました。
アメリカでは何故かアーケード版しかリリースされず、ゲーム自体はあまり知られていない存在となっています。

Before anything else, I should explain a little background about The Goonies in general.
If you don't know, The Goonies was a 1985 family adventure movie from Richard Donner and Steven Spielberg.
It did fairly well in the US, and was released in Japan as well.
In 1986, a video game adaptation (also called "The Goonies") was released by Konami in Japan for the MSX and later the Famicon.
However, despite being an adaptation of a Hollywood movie, the game only made it to the west in arcade form and was relatively obscure.




0224_01.jpg
アメリカのアーケード版「グーニーズ」 / The arcade version of The Goonies.





2年後の 1987年、映画自体は続編がある訳でもないのに、同じくコナミから「グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦」が発売されました。
今度はアメリカでも「The Goonies 2」として発売されたのですが当時、多くの人がタイトルを見てビックリしたそうです。
映画の続編もなく、ゲームの前作はアメリカでほとんど知られておらず「なんでいきなり『2』が出てくるんだ!?」と思われていたと思います。
私も子供の頃にファミコン版「グーニーズ」の存在を知らなかったので「グーニーズ2の前作」は伝説か何かだと思っていました。(笑)

Two years later, in 1987, without even talk of a sequel to the film, Konami released グーニーズ2 フラッテリー最後の挑戦 ("The Goonies 2: The Fratellis' Final Challenge") in Japan.
This time around the game did get a home release in America (as simply "The Goonies 2"), and the title caused a fair bit of confusion.
With no sequel to the movie in sight, and the original game virtually unknown, it left a lot of people wondering what all this "2" business was about.
I myself as a kid had no idea about the first Goonies game, and the idea of one existing was more like a myth to me, haha.





ゲーム内について
Within the game

「グーニーズ2」の内容は映画「グーニーズ」の続きではなく、ゲーム版「グーニーズ」の続きといった作りになっています。
映画もゲームも廃屋から洞窟へと舞台が変化していきます。
「グーニーズ2」も最初はそのパターンですが途中でいきなり崩された吊橋や火山の中といった、映画ではあり得無さそうな舞台になります。
キャラクターの武器がヨーヨーとか爆弾などですが映画ではそのような道具が出てきていないのも前作同様ですね。
敵のフラッテリー一家は映画にももちろん出てきますが、それ以外の敵はほぼ全てゲーム用に作られたものとなります。
こちらも前作を知らないアメリカ人が見るとかなりビックリするんじゃないでしょうか。

The Goonies 2 is definitely more of a sequel to the original Goonies game than it is one to the movie.
The first game does loosely follow the plot of the film, opening in an abandoned house and then descending into a system of caves.
The Goonies 2 starts out with that same pattern, but later on there's a huge ruined bridge and even the inside of a volcano - definitely not things you'd see in the movie.
The player's weapons being things like a yo-yo and various explosives are also carried forward from the first game, and don't have any basis in the film.
Enemy-wise, aside from the Fratellis of course being from the movie, everything else is newly created for the game.
This all added up to more confusion for America gamers who went from the movie straight into The Goonies 2!



しかし敵とか武器とかはファミコン版も NES 版も同じですね。
まぁ、ローカライズされているのはストーリーとかゲーム内テキストが中心なのでこちらを詳しく見ていきましょう・

But hang on a second, stuff like enemies and items are the same in the US and Japan versions of the game!
We're here to talk about the parts that underwent localization - mainly the story and dialogue.





●タイトル画面 / Title screen
0224_02.jpg

すぐに気付くと思いますが、NES 版では「フラッテリー最後の挑戦」のサブタイトルが省かれています。
どうしてかは分かりかねますが、ゲームのタイトルをシンプルにしたかったのでしょうかね。
また気になったのはファミコン版のパッケージデザインにはカタカナのグーニーズのロゴを使っているのにタイトル画面ではオリジナルのロゴを使っているんです。

You probably already noticed, but in the English version the game's subtitle is removed.
I can't really think of a good reason why, other than just to make the title more simplified maybe?
Another thing that caught my eye is that the box art of the Japanese version has a katakana version of the "The Goonies" logo, but here they just use the original one.





●ストーリー / Story
ファミコン時代のソフトはゲームのストーリーが無いものが多く「グーニーズ2」に関してもそんな感じです。
オープニングはこうなっています。

Most NES-era games didn't have the deepest of stories, and The Goonies 2 is no exception.
Here's the opening of the game.


0224_03.jpg

ファミコン版NES 版
フラッテリーママ「グーニーズショクン!!
オレタチ イッカヲ ヨクモ ロウヤニ
ホウリコンデ クレタナ!!
コノ オレイトシテ オマエタチノ ナカマ
アニーハ オレタチガ アズカッタ
カエシテ ホシケレバ オレタチノ
カクレガ マデ ヒトリヅツ コイ
ハッ、ハッ、ハッ、・・・」
Ma Fratelli「Hey you Goonies!
In revenge for putting us in jail,
we've taken Annie as hostage.
Come to our hideout if you want to help her.」

ファミコン版も NES 版も意味に違いはほとんどないですが、異なる点もあったりします。
ファミコン版は口語的な言い回しで NES 版は文語的な言い回しになっています。
最後の方にファミコン版では「一人ずつ来い」と言っていますが、 NES 版だと「一人ずつ」という言い回しがなくなっています。
そして最後の「ハッ、ハッ、ハッ、・・・」も NES 版ではなくなっています。

On the whole the English matches the Japanese pretty well, but there are a few discrepancies.
The Japanese has Ma Fratelli speaking very sarcastically - "Great job landing us in jail! As thanks for that, we've kidnapped your friend Annie!" - whereas in English it's more straightforward.
She also tells the Goonies to come to the hideout "one at a time", which is dropped in the English text, and her menacing chuckle at the very end is cut as well.





●アドベンチャー面のNPCなど / Adventure scene NPCs
0224_04.jpg

こいつはゲーム中で一番登場するであろう NPC です。
「こなさった」とか「でござる」とか丁寧な日本語表現になっていて、賢人ぽいですね。
英語の「Welcome here」は、文法的に間違いではないですが、間違っていると思われちゃうような古い言い回しですね。
ファミコン版、NES 版でちょっと違う雰囲気になっていると思います。

This is probably the most common NPC to meet in the game, he shows up every time there's an area change.
He uses extremely polite Japanese, as could be expected of an old wise man.
The use of "Welcome here" in English isn't exactly grammatically incorrect, but it's so old-fashioned it might as well be.
It basically seems like they went a bit overboard in trying to translate the polite Japanese, and it doesn't come across quite as well as it could.





●NPCを殴ると / Hitting an NPC
0224_05.jpg

(手の場合)
出た!アメリカでよく「Engrish」と呼ばれる変な英語!
日本語の「何をする」が、英語における「何してるの?」じゃなくて「これからどうするの?」みたいな意味になっています。
まぁ、この時代のゲームだとよくあることですね。
ゼロウィングはよくネタになったりしていました
このゲームでは文法的に割としっかりしているんですが、この NPC を殴るのが楽しくて、これもよく知られています。

(with your fist)
And here is probably the game's most (in)famous "Engrish" moment!
The tense of the original Japanese is a little ambiguous, it can mean "What do/will you do?", but in this case clearly means "What are you doing?".
Mistranslations like that were rampant in those days, though - Zero Wing for example got a little famous for it.
Most of the translations in The Goonies 2 are actually pretty well done grammar-wise, but hitting NPCs is rather irresistible so this line tends to show up much more often.



0224_08.jpg

(ハンマーの場合)
これも、直訳すぎて英語がおかしくなっている。
「キャーー!!(誰か)助けて!」の「(誰か)」の部分が伝わっておらず、殴ったのはプレイヤーなのに NPC がプレイヤーに「キャーー!!(誰か)助けて!」と言ってるみたいな感じになっています。(笑)
手で殴るのとハンマーで殴るの所がへんてこなもんだから、これのせいでゲーム全体の英語がおかしなイメージになっている可能性は否めません。

(with the hammer)
Here's an example of a translation being too direct and ending up sounding strange.
In the Japanese, they yell "助けて!" (Help!), with an implied "somebody" coming before it,
but the translation misses that and makes it seem like the NPC is asking the player (who just whacked them with a hammer) for help.
For most players the hammer-hit is the natural follow-up to the fist-hit, and from these two alone the game already has a bit of a bad-English-vibe going for it.



0224_06.jpg

(コナミマンを殴ったあと)
これもオープニングと同じように、ファミコン版が口語的な表現になっています。
あと、英語が「won't」じゃなくて「don't」になっててちょっと無機質な言い回しです。

(after hitting Konamiman)
Similar to the opening story, Konamiman's sarcastic tone in Japanese is dropped in the English version.
He also sounds a little robotic - "won't" would sound a little better than "don't", and a comma after "energy" wouldn't hurt.





●エスキモー / Eskimo
0224_07.jpg

ファミコン版の方はこのギャグが元ネタだそうです。
アメリカではそんなのは通じないので「エスキモーです。ここには何もありません。」みたいな文章になっています。(笑)
こういうのを見るとアメリカで有名なギャグとがに変えればいいのになぁとよく思います。

The text in the Famicon version is a reference to this gag from a popular Japanese comedian.
Obviously the gag as-is wouldn't make any sense in English, so they just have him say "There's nothing here."
Personally, I feel like changing it to some kind of famous American joke would've been better/less confusing than cutting it entirely.





●ヒント / Hints
0224_09.jpg

英語では「年寄りは」じゃなくて「私は」的な意味になっていますね。そして「無かったら困る」という感じじゃなくて「無くて困ってる」って感じの言い回しです。
さらに「便利だぞ!」が抜かれていて、「メガネをさがせ!」というより「こいつにメガネをあげて!」みたいになっているのに、あげることができないためプレイヤーが困ってしまいそうです。

A more accurate translation would be something like "Us old folk would be lost without our glasses. You should get some yourself Mikey, they're quite useful!"
In the Japanese, it's clear that the old lady is talking about elderly people in general rather than herself specifically, and that the situation is hypothetical.
Combined with the loss of the "they're useful" bit, the English version makes it sound like you're supposed to give the glasses TO this NPC; you can't, though, leaving a lot of players confused.



0224_10.jpg

「受信機」が「magic locator device」になっているのはおかしな感じなんですがそれは後で話します。
そして NES 版では「マップ画面で」の文章が省かれていてヒントとしてはちょっとどうかなと思います。

The "magic locator device" name is a weird choice, but we'll get to that later.
The English also omits the bit about how you can check it "on the map screen", making it a rather useless hint.



●ゲームオーバー / Game over
0224_11.jpg

ファミコン版NES 版
フラッテリーママ「マダマダミジュクジ
ヤメルナラ イマノウチダ
モウイチドチョウセンスルカ!!
チョウセンスルナラ スタートヲオセ
ヤメルナラ セレクトヲオセ」
Ma Fratelli「You'd better quit.
Try it again?
If yes, push Start.
If not, push Select.」


これは随分と変更されていますね。
「未熟児」という単語をこの文章で初めて聞きました。これを英語にするのは難しいでしょね。
なので NES 版では「やめた方がいい」みたいな言い回しになっていますね。
NES 版でもこの場面のフラッテリーママをもっと恐ろしげな感じにしたほうがいいんじゃないかと思いますよ。

This screen changed a lot in the localization.
First off, Ma Fratelli calls you a 「未熟児」; I hadn't heard this word before but apparently it means "premature baby",
which makes sense as an insult, but is definitely a bit dicey to put in an American game, so the line was dropped.
In general, the English version has Ma Fratelli being more terse, whereas in the Japanese she's a bit more verbose - "Wanna try my challenge again?!"



エンディング / Ending
0224_12.jpg
0224_13.jpg

ファミコン版NES 版
アニー「サンキュー マイキー
ワタシタチハ フラッテリーノ
チョウセンニ カッタノネ!!
ヤット ウミニカエレルノネ!
マイキー ホントウニ
アリガトウ!!
アイラブ マイキー
コナミ バンザイ!!
グーニーズ バンザイ!!」
記者「アニーハ ブジキュウシツ
サレ、フラッテリーイチミモ
タイホサレマシタ。
フタタビ
グーンダックノマチニ
ヘイワガモドリマシタ。
マイキー バンザイ!!
グーニーズ バンザイ!!
チュウケイハ
コナミ マンタロウ デシタ」
Annie「Thank you, Mikey♡
We beat the Fratellis.
Thank you, Mikey♡
At last I can go back to the sea.
I love you, Mikey.
Hurrah for Konami and the Goonies!」
Reporter「Annie was rescued and
the Fratellis were arrested.
Peace has arrived again
in the town of Goon Docks.
The end.」


アニーのセリフはほぼ一緒ですが、ファミコン版の「サンキューマイキー」と「マイキー本当にありがとう!!」が NES 版だとどちらも「Thank you, Mikey♡」になっているのはちょっと残念ですねぇ。
また細かい点ですがファミコン版だと「フラッテリーの挑戦に勝った」が NES 版だと「フラッテリー一家に勝った」みたいに変わっています。
あと記者のセリフを読んでいてずっと「キュウシツ」が何なのか分からず困っていたのですが、これ「救出」なんですね。おそらく一行に表示できる文字数制限のような気がしますがこういうのは昔のゲームでは良くあったのでしょうか?そして普通に通じるのか気になります。

Annie's lines are mostly the same, though in Japanese her thank yous aren't worded exactly the same as each other like they are in English. (one is in borrowed English, the other in Japanese).
Another small difference is that in Japanese she specifies that they "beat the Fratellis' challenge" - continuing the pattern of the American version dropping all references to the "written challenge" from Ma Fratelli.
When I was reading the Japanese version of the reporter's lines, I spent a long time trying to figure out what 「キュウシツ」 meant.
Turns out, it's supposed to be 「救出」(rescue), which would be 「キュウシュツ」in katakana.
It could be a typo, but my best guess is that it simply wouldn't fit on the line so they removed one of the less-important characters.
I'm curious how often that happened in games back then, and if the meaning would be more immediately obvious to a native Japanese speaker.



「フラッテリー一味」は英語で「the Fratellis」になっていますがファミコン版でも「一家」でなく「一味」に変わっているのは興味深いですね。
「グーンダックの街」と言う表現は、映画でグーニーズたちだけが使っている街のあだ名みたいなものでこの記者が使うようなセリフではないんですよね。

Another interesting thing in the Japanese version here is that the reporter calls the Fratellis the "Fratelli Gang" rather than the "Fratelli Family" like they're referred to everywhere else in the game; this distinction is lost in the English version.
There's also the odd situation of "The town of Goon Docks" - "Goon Docks" was just a nickname for their neighborhood in the movie, certainly not something a TV reporter would say.



NES版では「...が戻りました」以後はすべて抜かれて「The end.」だけになっています。これも文章の長さの問題でもあるけど、
「コナミ マンタロウ」は気になる。「コナミマン タロウ」だったら普通にコナミマン太郎ということだと思うけど、「コナミ マンタロウ」ではまた別のギャグになっちゃう気がしますがよく分からんです。

The Japanese version actually has a few more lines after the "peace has returned" bit.
It might just be another case of running out of text space, but the Japanese has the reporter echoing Annie with a "Hooray for Mikey and the Goonies!", followed by "This has been Konami Mantarou, singing off."
"Konamiman Tarou" is the full name of Konamiman (who shows up throughout the game and in other Konami titles), but the rearrangement of the name is definitely intentional and likely a reference to a real person, though I have no idea who it might be.



あと気になった点としてエンディングはゲーム内のテレビの中で起こっているということ。
テレビでのレポートシーンだからかなと思っていましたが、よくよく考えるとオープニングもゲームオーバー時のフラッテリー一家のシーンもテレビの中で起こっています。
おそらく第三者がテレビ番組を見ているという世界観のゲームということなんでしょうね。なんだか不思議な感じですが何かしらの意味があるんだと思います。

Another thing that caught my eye is the fact that the final scene takes place in-game on a TV.
I figured it was just because it's a TV report, but then I noticed the scenes of Ma Fratelli are shown on a TV as well.
Perhaps the game is actually supposed to be presented as a movie you're watching on TV or something?





説明書などについて
Manual, packaging, etc

ファミコン時代のゲームには説明書では凄く詳しく説明されているがゲーム内では全然説明されていないことが結構あります。
例えば詳しいストーリーが書いてあったり、アイテムの効果について書いてあるがゲーム内では全然説明されていなかったりしましたよね。
そんな説明書ですがグーニーズ2ではどんな感じでしょうか?ファミコン版と NES 版でどんな違いがあるんでしょうかね。
ちなみにファミコン版の説明書の画像がネットで見つからなかったのでこの記事を買うためにゲームソフトを買ってスキャンしちゃいました!

With NES-era games, a lot of the time there's more information in the manual than there is in the game itself.
Many games required you to read the manual to get the story or find out what items do.
So, how do the English and Japanese manuals for The Goonies 2 differ?
(I couldn't find scans of the Japanese manual online, so I had to buy a copy and scan it myself!)





●ストーリーと遊び方 / Story and How To Play
0224_14.jpg

ストーリーは基本的に同じですが、ゲームスタートまでの経緯がちょっと違っています。
ファミコン版ではフラッテリー一家からの挑戦状が届いて、グーニーズたちは一人ずつアニーを助けに行く感じですが、NES 版だとフラッテリー一家がマイキーとアニー以外のグーニーズたちを全員連れ去ってしまう感じになっています。
また全体的にファミコン版はのんびりした感じになっていますが、NES 版はかなり険悪な感じになっています。
ただ遊び方についてはどちらもほとんど変わらない感じです。

The basic gist of the story is the same, but the particulars change quite a bit.
In the Japanese story, the Fratellis capture Annie and then send the Goonies a challenge to rescue her, telling them to come one at a time (leading to all the other Goonies getting captured).
The English story simply has them kidnapping everyone other than Mikey at once.
In general, the Japanese story is presented a bit more as a fun adventure, while the English makes it out as more of a dangerous rescue mission.
The English "How To Play" section, on the other hand, is a pretty excellent translation of the Japanese!





●画面の説明 / Screen Description
0224_15.jpg

ここで気になったのは画面の名前ですね。
ファミコン版の「サブ画面」というのは分かりやすいなぁと思うんですが、NES 版だと「Sub scene」ではなく「Auxiliary scene」(補助画面)になっています。

I just wanted to point out one thing here - the screen name.
"Sub-screen", the Japanese name, is pretty straightforward, but instead of calling it the "Sub scene" in English, they use "Auxiliary scene", which seems quite a bit more unwieldy to me.





●キャラクター / Characters
0224_16.jpg

マイキーとアニーは同じなんですが、NES 版だとグーニーズが全員描かれています。
追加された4人のイラストは多分同じイラストレーターが書いたと思うのですが、ファミコン版では全く使われていないのが気になります。
あと、「リトルギャング」が NES 版ではフラッテリー一家の従兄弟に変更されています。

Mikey and Annie are the same, but for whatever reason only the US version has illustrations of all six Goonies.
The additional four not present in the Japanese manual seem to have been drawn by the same person, which makes me wonder why they weren't used for it.
Another thing to note is that "Cousin Pip Squeak Fratelli" is simply called "Little Gang" in Japanese, and not referred to as a Fratelli at all.





●武器 / Weapons
0224_17.jpg

NES 版ではブーメランが複数入手できるようなことが書いてありますが実際には一つしか入手できません。
あと水中銃が「Underwater Gun」になっていますが「Spear gun」とか「Harpoon gun」とかにしたほうがいいような気がします。

The wording for the description for the boomerang in English makes it sound like you can find them in multiple places, but there's actually only one in the game.
(In Japanese most nouns don't have plural forms, so it can be difficult to tell the difference at times.)
Also "Underwater Gun" isn't exactly wrong, but "Spear Gun" or "Harpoon Gun" would definitely sound more natural.





●アイテム / Items
0224_18.jpg

NES 版の方が説明が詳細で、かつ面白い感じに書かれています。

Generally the English descriptions are more detailed and have a bit of flair to them.

メガネ
NES 版の説明にはさらに「メガネでスーパーグーニーになれる」と書いてあります。

Glasses
The Japanese doesn't mention anything about being a "Super Goonie".



トランシーバー
これは NES 版でも「transceiver」(トランシーバー)と説明されています。ただ「walkie talkie」とか「radio」の方が分かりやすい気がします。

Transceiver
The word used in Japanese is indeed "transceiver", but something like "walkie talkie" or just "radio" would seem to make more sense.



受信機
後述すると書きましたが、NES 版では「magic locator device」と説明されており、完全に魔法のアイテムになってしまっています。
全然魔法と違うのに何でそんな感じになってしまってのでしょうか、「reciever」(レシーバー)とかだと「transciever」と勘違いされてしまうからでしょうか?
個人的には「Goonie radar」みたいな名前がいいと思います。

Magic locator device
I said we'd get to this one!
The Japanese word used (受信機) basically means "(radio signal) receiver", so I have no idea where the idea of it being "magic" came from.
Perhaps they thought "receiver" would sound too similar to "transceiver", but in that case I feel that something like "Goonie Radar" would sound a lot better.



ボンブボックス、ファイヤーボックス、キーホルダー
NES 版には何個まで増えるか説明されています。
あと、「key holder」(キーホルダー)ってありますがそのような表現はあまりしないので、「key ring」って感じにしたほうが一般的でいいかもしれません。

Bomb box/Fire box/Key holder
The Japanese manual doesn't say specifically how many more you can hold by getting one.
Also, like "transceiver", "key holder" is simply the English word they used in the Japanese version, but "key ring" is the more common term in English.



ジャンプシューズ
NES 版では「ハイパーカンガルーのようにジャンプできる!」みたいな感じで説明されています。なんだか気合入っている。

Jump shoes
No hyper-kangaroos for the Japanese manual unfortunately (it just says "Your jump power goes up."). :(





●敵 / Enemies
ファミコン版の説明書には敵の名前が書いてありますが NES 版だと説明書にもゲーム内にも一切言及がありません。
ファミコン版の説明書に敵の名前が書いてある事を知った時はかなりテンション上がりましたね。(笑)
この情報はアメリカでは全然知られていないんじゃないでしょうか。
せっかくなので英語の名前を付けてみたいと思います!

Wait, what?! The enemies in the game have NAMES? There's nothing about this in the English manual or in-game!
I honestly think hardly anyone with the American version knew they have names at all.
Well, let's go ahead and give them some English versions!



0224_19.jpg

日本語名イアンの考えた英語名
アーマ・ラウドArmor-Loud
アーマ・ゲッターArmor-Geddon
スケラーSkele
スケラー・ウイングSkele-Wing
スケラー・シールドSkele-Shield


0224_20.jpg

日本語名イアンの考えた英語名
ロッグラーRockler
スノーSno'
ホワイト・ボビWhite Bobby ※
コナゴンDrago-nami
ペギーPengy
※意味よくわらかないけど英語なのでそのままで
I have no idea what "White Bobby" is supposed to mean, but that's what he's called.


0224_21.jpg

日本語名イアンの考えた英語名
オックルOckle
チョッキニーClawcchini
キバラWaltusk
ジェラーJeller
ギャンビーGumby


0224_22.jpg

日本語名イアンの考えた英語名
キャピラPyrrhana
スコッピィーScorpy
ネットNett
ロブスLobs
バッピーFlappy


0224_23.jpg

日本語名イアンの考えた英語名
ゴーズティGhosty
クロウKrow
スネイキーSnakey
アイアン・マスクIron Mask



●速報! / Extra! Extra!
ここまで書いたあとに今まで見たことのなかったグーニーズ2の情報を見つけてしまいました!
アメリカで初期のNESと同梱された「NESゲーム 90本の攻略本」みたいなのかあって、その中でグーニーズ2の攻略も入っていました。
そしてなんとその方で敵の名前も入っていました!

After I wrote all that up there, I found some information about the game I'd never seen before!
Back in the early days of the NES, some systems came packed with "The Official Nintendo Player's Guide", with walkthroughs for over 90 games - including The Goonies 2.
And included with the walkthrough was the list of enemy names!


0224_25.jpg

自分が思いついた名前とほぼ合ってるけど、「キバラ」が日本語そのままになってるし「キャピラ」とか「スコッピィー」はただローマ字系にされただけですね。

These match up fairly well with what I came up with, though 「キバラ」 is left as Japanese, and things like 「キャピラ」 and 「スコッピィー」 are just romanized katakana.


この攻略本にストーリーやキャラ、アイテムなどの説明があるもののゲーム内・説明書と異なってるところが色々とあったります。

What's more, the walkthrough also included a story section and character/item descriptions, and they differ from both the manual and in-game information:


●ストーリー / Story
0224_26.jpg

攻略本ではグーニーズ達はフラッテリー一家から挑戦状が届き、アジトに救出にいったのが英語でちゃんと伝わっています。

As you can see, this version of the story does mention the challenge from the Fratellis as well as the Goonies going to the hideout one by one and getting captured.


●アイテム / Items
0224_27.jpg

ほとんどゲーム内と同じでしたが受信機は「magic locator device」じゃなくて「reciever」になってますね。
また「カッパ」はゲーム内だと「waterproof coat」ですが攻略本では「rainproof jacket」になっています。
実は「rainproof」って表現はあまり使わないんですよね。カッパは「raincoat」が一番あってると思うんですが「waterproof jacket」はアイテムの効果が分かりやすいなのでそれはそれで良いと思います。

Aha! Like I thought, there's no silly "magic locator device" here, it's simply called the "receiver".
The "waterproof coat" from the game also has a different name here - "rainproof jacket".
The Japanese word used, 「カッパ」, basically just means "raincoat", but "waterproof jacket" is more indicative of what the item does, so it's a pretty good name too.



●エスキモー / Eskimo
0224_28.jpg

ゲーム内で削除されているのに、攻略本ではまさかの「お呼びでないギャグ」がちゃんと記載されています。

Amazingly, they actually reference the gag in the Japanese version here, even though it was removed from the English game!


この攻略本を見る限り、おそらく編集した人はファミコン版を参考にしていますね。こういう違いこそローカライズの面白いところだと思います。

From reading this, it's clear that the people writing the walkthrough were working off of the Japanese version of the game.
The minute differences you can see between the Japanese game, English game, and now this walkthrough, are some of what I find the most interesting about localization.



最後に、パッケージ自体にも違いがありますよね!
グーニーズ2の場合はほとんど同じだけど、一つの面白い点を見つけました。

Lastly, let's take a look at the packaging for the game.
For The Goonies 2, the box art is mostly the same, but I did see one cool difference.


0224_29.jpg

気付きますかね?そう、オリジナルのロゴにもある頭骨の形になっている「i」の点がファミコン版では「ズ」の点々になっています!
こういう細かい所で表現するのはいいことだと思います。

Do you see it too? The skull that forms the dot on the "i" in the English logo got carried over as an accent mark for the 「ズ」 in the Japanese logo!
Attention to detail on little things like that is always great.






Music Corner


(ゲーム内にはチップチューン風になったおなじみの)映画「グーニーズ」のテーマ曲「The Goonies 'R' Good Enough」の、全日本レコードの山さんによるのリミックスです!
グーニーズ2のサントラからのリミックスは今まで聞いた記憶が無いので誰か作って〜!

From All Japan Records' Yama, here's a remix of the theme song from The Goonies, "The Goonies 'R' Good Enough" - which also got a chiptune version in The Goonies 2!
There definitely need to be more remixes from The Goonies 2 soundrack - someone get on that!



この記事を書くためにグーニーズ2のゲームソフトを買ったんですが説明書とともにこんなチラシも入っていました。

0224_24.jpg

これ超面白そう!ただネットとかを探しても全然出てこない!
誰か持っている人いたら連絡下さい!

Apparently Konami had a monthly magazine back in the late 80s, and one of the issues had a special Goonies 2 feature with official information about the game!
So far I haven't been able to find a copy, but I gotta get my hands on this, so if anyone has any leads, hit me up!


次回もまた別のゲームについて書いていきたいと思いますのでお楽しみに〜!

Next time I'll be delving into some other game's localization, so look forward to it!


参考文献 / Thanks/sources
NES版説明書 / NES manual: The NES Files
NES版攻略本 / NES strategy guide: Matt Majewski
posted by イアン at 22:14| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。