大衆酒場ベスト1000

2016年01月07日

第30回「アクアティーン特集」/ #30 “Aqua Teen Special Report”

2016年になりました
It’s already 2016?

みんなさま、明けましておめでとうございます!年末年始はどのようにすごしましたか?
今年は最初からガッツリ書いていこうと思います!
という訳で 2016年最初の記事は自分が大好きなアメリカンアニメ「アクアティーン」についての特集にします!
先日、そのアクアティーンの DVD が日本でも発売されて、日本語吹き替え版もあるとのことで、その日本語吹き替え版 DVD を購入してみました。
どんな風にローカライズされているか、文化的な違いが色々とあり、面白く鑑賞させてもらいました。
そういった話の前にアクアティーンの内容を軽く説明したいと思います。

Happy new year everyone! How were your holidays?
I’m gonna try to go full throttle right from the start for this year’s entries.
In that spirit, let’s kick 2016 off with a special Aqua Teen report!
I recently found out that not only was Aqua Teen released here in Japan, it even got a dub.
So I ordered the DVDs and gave them a watch - and there’re a lot of interesting differences.
Before we get into that though, I should probably give a little background on the show itself!





アクアティーンとは?
What's “Aqua Teen”?

アメリカのケーブル TV で昔から人気があるカートゥーン専用チャンネルに「Cartoon Network」というのがあります。
その Cartoon Network には、2001年から深夜放送枠の「Adult Swim」があったりします。
Adult Swim はだいたい大人向けで、「エヴァンゲリオン」、「天元突破グレンラガン」、「犬夜叉」などの日本アニメと共にオリジナルアニメも放送しています。
そのオリジナル作品の代表作と言えるのが「Aqua Teen Hunger Force」(アクア・ティーン・ハンガー・フォース)なんです。

Cartoon Network has been a cable TV mainstay for cartoons for quite a while.
In 2001, Cartoon Network introduced a late-night programming block called “Adult Swim”.
Adult Swim shows a wide range of cartoons aimed at adults, from Japanese anime like Evangelion, Gurren Lagann, and Inuyasha, to its own original cartoons.
Probably the most quintessential of those original cartoons is Aqua Teen Hunger Force.



内容を説明するのがちょっと難しいのですが基本的には擬人化されたファーストフードの3人が同居しており、その隣に住んでいる人間と馬鹿馬鹿しいことになる感じです。

It’s a little difficult to actually summarise the show, but it’s basically about the antics of 3 anthropomorphised fast food characters and their next-door neighbour.




20160107_01.jpg
ミルクセーキ「マスターシェイク」、フライドポテト「フライロック」、肉団子「ミートワッド」、そしてスポーツファン「カール」/ “Master Shake”, “Frylock”, “Meatwad”, and sports fan Carl.



ストーリーの連続性はなく、毎回毎回違う内容で話が進みます。メインキャラが死んだりしても次の回では前の状態に戻っていたりします。
コメディなのであまりストーリーはなく、キャラクターの個性と相互の関係性によるユーモアの演出が主です。
まぁ、見てみないと分かりにくいとは思いますが概ねそんな感じです。
では、そのような内容を日本で発売するにあたり、その様に変更するのか?アメリカンなギャグが満載なのでそう言っところが気になりました。

There's no continuity between episodes, and each one puts the characters in an entirely new situation.
Even if a main character dies one episode, they'll be good as new for the next.
Being a comedy show without any real plot, the humour comes more from the characters and their interactions.
For example, Master Shake is always harassing Meatwad, and Carl is just a complete pervert.
You really have to watch it to get it, but that's the basic gist.
So how does a show like that get localized into Japanese? There are at lot of very American jokes, so my interest was piqued.





アクアティーンの日本語版
Aqua Teen in Japanese

最初に日本で発売された作品は 2007年に劇場版である「Aqua Teen Hunger Force Colon Movie Film for Theaters」です。
しかし、日本では劇場版としてではなく、その映画を 4つの DVD に編集して 1〜4話として発売されました。
DVD 毎に 1話 25分ぐらいで収録されています。日本のアニメでは良くある販売方法ですが、アメリカだと DVD 1枚につき 6話ぐらい収録されているのが普通なのでこんなに少なくなってしまっていてビックリしました。

First of all, what was released in Japan is actually the Aqua Teen movie, "Aqua Teen Hunger Force Colon Movie Film for Theaters".
However, it wasn't released as a movie but rather split across 4 DVDs with the parts treated as separate episodes.
One upshot of this is that each DVD only contains one 25-minute episode. That's not unheard of among anime DVD releases,
but seeing as how American DVDs of cartoons usually have 6+ episodes per disc it feels a little threadbare.



ストーリー自体はそんなに変わっていないのですが、細かな部分では色々と変更されているようです。
一番多かったのは日本だと面白さが全然伝わらないギャグに対してです。
そういったギャグがある時にはギャグを日本向けに変更するのではなく、ストーリー度外視で「ほら!これアメリカっぽいですよね!」なんてセリフを追加したりするんです。

I was surprised to find the story of the movie itself was mostly unchanged, but there definitely were a range of more subtle differences.
The biggest changes, of course, came from jokes that simply don't translate to Japanese well.
For a lot of these moments though, instead of inserting a more Japanese-centric joke, the dub breaks the fourth wall and characters comment on the movie itself.
Things like "Wow, this sure is American!"








また、普段は気にも止めないような変身シーンがあるのですが、日本語版だと変身シーンのたびに「出た!このパターン!」なんてツッコミが追加されていたりします。

There are also a few similar disguise-reveal scenes that leave the characters relatively unfazed in the original,
but in the dub they're all specifically called out, with characters saying "Hey, he's pulling this stuff again!".








また、時には日本語版のみのギャグが追加されていることもあります。
例えばマスターシェイクがミートワットのことを「ウンチくん」と呼んだりです。
あとこんなギャグもありました

That said, there are also some spots where Japanese gags have been added in as well!
For example, Shake frequently calls Meatwad “ウンチくん”, “Dookie” basically.
They also stuck in a reference to this old bit:








日本語版への自分の意見
My thoughts about the Japanese version

日本語版があることを知らなかった頃、アクアティーンは日本人には分かりにくそうだなと思っていました。
今でも何で日本語版が作られたのかはわかりませんが。(笑)
私は日本人じゃありませんが日本語版で見てみたら、まぁ面白かった。ただ大分変更されているなぁといった印象です。
そのままだとどうしても伝わらない部分があると思うのでしょうがないことだとは思います。

Before I knew there was a dubbed version, I always thought it would be pretty difficult for Japanese people to understand Aqua Teen.
Honestly I wonder what led to the creation of a Japanese version in the first place, haha.
Obviously I'm not Japanese, but in watching the dub I felt like it lacked a lot of the humor of the original.
It could just be that too much of it is just too difficult to localize, but still.



あと劇場版だけだとシリーズの雰囲気は伝わりきれないと思います。
他にもたくさんの話がありますし、話のたびに内容が変わっちゃう事とか伝わらないし、以前からいたキャラクターの紹介も出来ないですしね。
確かに日本のウィキペディアのページを読むと、劇場版の内容だけシリーズ固定だと書いてあります。

Furthermore, releasing the movie under the guise of regular episodes makes it easy to misunderstand the feel of the show.
There's no indication that other episodes have radically varying content (or indeed that there are other episodes at all),
and most of the characters in the movie originated in the show, so in the Japanese dub they have no proper introduction.
It's not surprising that the Japanese Wikipedia entry treats a lot of things specific to the movie as representative of the entire series.





音楽コーナー
Music Corner


劇場版アクアティーンのサントラから、「ガンダムロック」というアルバムを作った Andrew W.K. の「Party Party Party」です!
パーティーピーポーのパーティーアンセムだ PARTY PARTY PARTY

From the Aqua Teen movie soundtrack, here's Andrew W.K.'s "Party Party Party"!
It's a party anthem for party people so PARTY PARTY PARTY



いつもここまで読んでくれてありがとうございますー。
これからも色々書いていこうと思いますので今年もよろしくお願いします!
また次回!

Thanks always for reading to the end!
There's a lot more in store for this year,so keep checking back for new entries!
'Til next time!




posted by イアン at 15:53| Comment(0) | 第26回〜第50回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。