大衆酒場ベスト1000

2015年09月24日

第25回「マンガ/コミックス」/ #25 “Manga/Comics”

どんなマンガが好きですか?
What kind of comics do you like?

小学生の時、地元の図書館に面白い本のチラシを見つけました。
その本を探しているとたまたまその本の隣に「ドラゴンボール」と書いてある本が目に入ったのです。
それが気なり、借りたのが日本の「マンガ」の存在を知ったきっかけでした。
それが今日の私を導いた最初の出来事でした。
ということで今回は日本の「マンガ」とアメリカの「コミック」の違いを見ていき、あわせてギャグ(コメディ)系とアクション系に分け、あと人気などについて説明していきます。

When I was in elementary school, I was at the local library and noticed an interesting flyer for a book.
I went looking for that book, and in the process, I came across a different book called “Dragon Ball”.
This also caught my eye, so I checked it out, and that's how I was introduced to Japanese “manga”.
That was the beginning of the path that's led me to where I am today.
So this time, let's take a look at differences between manga and America comics, separated into comedic comics and action comics, and some notes on popularity as well!





コメディー系
Comedic comics

日本のギャグ(コメディ)系マンガで最も多い形式は「4コママンガ」でしょうね。
4つのコマで全てを整えていく形式はギャグマンガにするのが最もシンプル方法でしょうね。逆に他のジャンルは珍しいそうです。
また毎回オチがある4コママンガなのにストーリーが長く続くモノよくあったりします。
4コママンガはマンガ雑誌で他のマンガとともに掲載されていますが、新聞とかにも掲載されていますよね?

The biggest representation of comedic comics in Japan is the 4koma style of manga.
When you have to fit everything into 4 panels, a simple gag is the easiest way to do it, so other genres are much less common.
That said, even with 4komas that have a punch line every strip, there can be a long continuing story.
4koma strips are often published alongside other manga in magazines and the like, and possibly newspapers as well?





0924_01.jpg
4コママンガの例 / An example of a 4koma comic



アメリカにも少ないコマ数形式のギャグ(コメディ)系マンガはありますが、コマ数は常に4つという訳ではありません。
こういうのは“Comic strip”と呼ばれており、新聞のコミック欄に1〜4コマぐらいで掲載されています。
そして日曜日には特別なコミック欄があり、フルカラーで多めのコマ数で掲載されます。
もう1つの違いとして、日本の4コママンガはほとんどが縦組のレイアウトですが、アメリカの“Comic strip”は横組のレイアウトになります。

America also has a style of short, panel-separated comics, but the number of panels isn't always 4.
They're called “comic strips”, and you can find them in the news paper daily, with as many as 4 but as little as 1 panel.
On top of that, there's always a special section in the Sunday paper with longer, full-color comic strips too.
Another main difference is that America's strips are usually laid out horizontally, while Japan's 4komas are almost always vertical.





0924_02.jpg
日曜日のコミック欄 / The sunday funnies





アクション系
Action comics

アメリカの名物の1つがスーパーヒーローコミックスですね。
日本だとアメコミなんて呼ばれているらしいですね。
アメリカの「コミックス」と言えばほとんどの人が思いつくんだと思います。
毎週もしくは毎月、一話分が単品で発売され、後にまとめられた形で発売することもあります。
スーパーヒーロー以外にも色々なジャンルがありますが、やはりアクション系が一番人気となります。

One of the quintessential “American” things is superhero action comics.
In Japan, they're referred to as “アメコミ” (“amekomi”, short for “american comics”).
The word “comics” by itself is most commonly associated with these kinds of comic books as well in the States.
Published a chapter at a time in individual weekly or monthly volumes, they're also later sold in collected book form.
There are of course other comic books outside of the superhero genre, but it's by far the most popular.





0924_03.jpg
単品だとどんどん増えますね。 / They sure pile up fast.



日本の一般書籍にもマンガが掲載されることはありますが、普通はマンガ雑誌に複数タイトルが掲載されます。
また、日本ではアクション系のマンガが人気ですが他の色々なジャンルのマンガも一般的ですね。
アメリカのコミックと比べてもジャンルが幅広いです。
日本のマンガ雑誌の値段もアメリカの単品マンガの一話分の本と同じ程度で安いですし、一回読んだら捨てちゃうことも普通ですよね。
日本とアメリカで共通していることとしてストーリーが長く続き、数百話とか普通で全然あったりしますよね。

Comics are also released chapter-by-chapter in Japan, but not in individual books - they're instead collected by genre into large magazines.
Furthermore, action comics are definitely popular in Japan, but many other genres are quite common as well.
There's certainly more of a variety than with America comic book selection.
One issue of these multi-title magazines generally costs as much as one volume of a comic does in the States, making them much cheaper by comparison.
Perhaps as a result of this, it's quite common to recycle or get rid of these magazines after having read them once.
One thing American and Japanese comic books have in common is stories that go on for quite a long time, eventually spanning many hundreds of chapters.





人気
Popularity

アメリカと日本のマンガの人気の違いを考えた時、おそらく年齢層が一番違ってくると思います。
アメリカでは10代を過ぎてコミックスに興味があったりするとナード(nerd=アメリカでいうオタク的な人のこと)だというステレオタイプで見られます。
日本でもマンガに夢中過ぎたりするとオタクだと思われたりしますが、カジュアルに読んだりするぐらいは一般的だったりします。
そのため、日本には物凄く一般的に「マンガ喫茶」があったりしますが、アメリカには全くと言っていいほど存在していません。
もう一つの違いとして日本にはエロマンガがその他のジャンルと同じように一般的ですが、アメリカでは非常に稀な存在です。

Thinking about differences in popularity between comics in Japan and America, probably the age demographics is where they differ most.
In America, the stereotype is to label anyone reading comics past their teens a “nerd”.
“Otaku” is a similar label in Japan for people over-obsessed with manga, but reading casually is fairly normal among all ages.
That's likely a large reason behind why manga cafes are so common in Japan, but America doesn't have similar establishments at all.
Another difference is that adult-oriented (erotic) comics are fairly widespread in Japan, but in America they're comparatively quite rare.





0924_04.jpg
マンガ喫茶はこんな感じですね。 / The look of an average manga cafe.



しかし最近はアメリカでもナードはそんなに悪い存在ではなくなってきています。
それと伴ってか、ウェブコミックなんかも増えてきています。
ウェブコミックはインターネット黎明期には存在していましたし、日本では珍しくもないけど、アメリカではいまウェブコミックブームが来ています。
おそらく誰にでも無料で好きなように配布できるの簡単な方法だから何でしょうね。

That being said, in recent years being “nerdy” has become not quite such a bad thing in the States.
Alongside that, the prevalence of webcomics has also been on the rise.
Of course webcomics have been a thing since the early days of the internet, but they seem to be experiencing a large boom at the moment.
Probably the main source of this boom is the combination of an easy way to reach an audience and the ability to tell a story freely, the way you want.











音楽コーナー
Music Corner


同人誌マンガを舞台にした「こみっくパーティ」というゲームのサンプリングが入ってるDJ Sharpnelの「PARTY TIME!」って曲です!!
あのゲーム自体はやったことないないですけど、曲はかっこいいので聴いてみてください!

Here's “PARTY TIME!” from DJ Sharpnel, featuring samples from “Comic Party”, a game about doujinshi manga.
I haven't played the game, but the track is great, so give it a listen!



最近、あまりマンガを読んでないですけどホラー系が一番好きな気がします。
また「うずまき」は読みたいな。
では、また次回に!

I haven't read a lot of manga lately, but I think horror might be my favorite genre.
I've especially been wanting to give Uzumaki a reread lately, maybe I will!
'Til next time!




posted by イアン at 08:27| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。