大衆酒場ベスト1000

2015年09月08日

第24回「ゲームキャラクターについての補足」/ #24 “Game Character Supplement”

エクストラ!エクストラ!
Extra! Extra!

以前、ゲームキャラクターの名前などの違いについて説明しました。
ここのところゲームを沢山やっていることもあり、気になるキャラクターがまだいっぱいいますので今回はバンバン紹介していきます。
今、発売を控えるているスーパーマリオメーカーAA)にワクワクしているところなのでマリオのキャラから紹介していきます。

A while back I did an entry on game characters - about their names and such.
I've been doing a lot of gaming lately and some more characters jumped out on me so it's time for a revisit!
I'm pretty excited for Super Mario MakerAA), so there'll be a lot of Mario characters again.





0908_01.jpg
キャサリン (“Catherine) / Birdo

日本ではアメリカ名「Birdo」は「キャサリン」で、女の子になりたい男の子って設定だったりします。でもアメリカだとその設定を無視して、普通に女の子として登場します。
アメリカ名の「Birdo」自体はかなり奇妙な名前で、口から卵を吐き出す変な感じから来ているのでは?とそんな気がします。

In Japan, Birdo is called “Catherine”, and is characterized as a boy who wants to be a girl. In America and Europe Birdo is usually just considered a girl.
The name “Birdo” itself is pretty strange (it sure isn't a bird), but probably has something to do with it spitting eggs out of its mouth.





0908_02.jpg
カメック (“Kamekku”) / Kamek (a.k.a. Magikoopa)

日本の「カメック」は亀を意味する「カメ」から来ていますね。英語だとカメックは「Magikoopa」と呼ばれていますが、その「Magikoopa」のリーダーでクッパの側近のことを「Kamek」という名前にしてしまっているので日米では意味合いが違っています。
「Magikoopa」自体は「Magic」(魔法)と「Koopa」(カメ一族の総称)を組み合わせた感じですね。

In Japanese, “Kamek” is taken from the word “kame” which means “turtle”. In English, the creatures are called Magikoopa; however, Bowser’s lieutenant Magikoopa is named Kamek - the same name, but in English it doesn’t really have any meaning.
That said, in general カメック are called “Magikoopa”, combining “magic” with the common name for turtle enemies, “koopa”.





0908_03.jpg
ポケモン博士達 / The Pokemon Professors

日本だとポケモン博士は「オーキド博士」(蘭)や「ウツギ博士」(ウツギ)など植物からとった名前ですね。
英語だと似た感じですが「Professor Oak」(ナラ)や「Professor Elm」(ニレ)、「Professor Birch」(カバ)など全て樹木からとった名前となっています。

In Japanese, the Pokemon Professors are all names after plants, like オーキド博士 (orchid) and ウツギ博士 (deutzia).
English is similar, but they're all specifically named for tree varieties - Oak, Elm, Birch etc.





0908_04.jpg
フリーザー、サンダー、ファイヤー / The three Legendary Birds

伝説の鳥ポケモン3匹は日本ではちょっと退屈な名前ですね。「フリーザー」「サンダー」「ファイヤー」
英語ですとスペイン語の数字と元素の特徴を組み合わせた感じでもう少し創造的ですね。
「フリーザー」は「Articuno」(“Arctic” = 「北極圏」, “uno” = スペイン語の「1」)、「サンダー」は「Zapdos」 (“zap” = 「電撃」、”dos” = スペイン語の「2」)、「ファイヤー」は「Moltres」(“molt(en)” ~= 「溶」、”tres” = スペイン語の「3」)

The names for the three legendary birds are kinda boring in Japanese - “Freezer”, “Thunder”, and “Fire”.
The English pattern of combining their elemental traits with Spanish numbers is at least a little bit more creative.





0908_05.jpg
ビッグドンブリ / Burt the Bashful

こいつは人気のあるキャラクターではないのですが私は可愛いと思います。日本で彼は「ビッグドンブリ」(ドンブリ = rice bowl)と呼ばれています。
アメリカに大きなドンブリはありませんので、こいつは「Burt the Bashful」(恥ずかしがり屋のバード)と呼ばれています。“Burt”は人名で、“bashful”は「恥ずかしがり屋」という意味です。やられるとズボンが落っこちるのでマジ恥ずかしいです。

This guy's not exactly the most popular character, but I think he's pretty cute. In Japanese, he's called “big donburi (rice bowl)”.
“Rice bowls” aren't a huge thing in the States, so he's called Burt the Bashful - Burt is just a name, and I'd be bashful too if getting hit made my pants fall down.





0908_06.jpg
プクプク / Cheep Cheeps

日本語、英語共に名前が擬音語になってます。ただ日本語の「プクプク」(泡の音)は魚だからわかるのですが、英語の“cheep cheep”は日本語だとピヨピヨです。
鳥じゃないのに鳥っぽい名前。彼らは空を飛ぶことができからだと思うんですがちょっとヘンテコで面白いですね。

In both Japanese and English the name is an onomatopoeia - in Japanese, it's “プクプク” (pukupuku, a bubbling sound), which makes sense since it's a fish,
but in English it “Cheep Cheep”. Just like Birdo, it sounds like it should be the name for a bird enemy, but it isn't! It's probably because they can fly, but still.





音楽コーナー
Music Corner


前回はマリオのリミックスだったので今度はポケモンです!
お馴染みLBTのDJイオによるポケモンアニメテーマリミックス!
ちなみにそのLBTからつい最近、鼓膜シュレッダーのニューアルバム「モザイクOUT」が発売されましたのでよかったらチェックしてください!

Last time around we did Mario remixes, so let's go with Pokemon this time! It's a remix of the Japanese Pokemon anime opening from our good LBT friend DJイオ!
Speaking of which, LBT also just put out 鼓膜シュレッダー's new album, so give it a check!



今度は補足的な記事になりましたが、次回は新しいテーマで記事を書きたいと思います。
早くスーパーマリオメーカーやりたい〜
ではまた次回!

This time was just a supplement, but I'll be sure to think of a new theme for the next entry!
For now I'm just stoked for Super Mario Maker.
See you next time!




posted by イアン at 09:30| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。