大衆酒場ベスト1000

2015年05月08日

第17回「アニメーション」/ #17 “Animation”

アニメ or カートゥーン
Anime or Cartoons

久しぶりですー!
最近時間がなくて更新できずにすみませんでしたー。
コンピCDを出したり、久々にライブをやったりと大忙しでした!
忙しいということはつまり隙がないってことですよね。
暇があれば何がしたいかって言うとゲームとかやりたいですが、たまにはアニメ(とかカートゥーン)も見たいなって感じです。
ということで今回はアニメーションの文化についての違いを話したいと思います。
日本のアニメ、アメリカのカートゥーン、そしてアニメーションのローカライズに分けて話します。

Hey, it’s been a while!
I haven’t had a lot of time lately so I couldn’t really write any new entries, sorry.
I’ve been making CDs and doing music performances for the first time in a while, so it’s been crazy busy.
And of course being busy inherently means not having much downtime either.
Thinking about what I would want to do with downtime if I had it, the main thing is to play games,
but it would also be nice to have some time to watch cartoons/anime once in a while.
That said, let’s talk a little this time about cultural differences in the world of animation.
We’ll split it up between Japanese “anime”, American “cartoons”, and the localization of both into other countries!





日本のアニメ
Japanese “Anime”

初めに言うべきこととすれば日本とアメリカのアニメーションにはハッキリとした違いがあるということです。
どこが違うかといえばその対象になるお客さんの層が全く違うということ。
日本のアニメは高校生ぐらいの人向けに作られているイメージです。
もちろん子供向けのもありますが高校生向けほど多くないですよね。
そして完全に大人向けとか年取った人向けだけに作られたアニメは珍しいはずです。
もちろんその人達の中でもアニメを見る人がいると思いますが。

Probably the first thing that should be said is that there are definite differences between animation in Japan and America.
The biggest variations probably stem from a general difference in target audiences.
A big chunk of Japan’s anime is aimed at around the high school age range.
There’s also anime aimed a younger children, but it’s of fairly lower volume.
And anime aimed solely at adults or older people are even less common.
Obviously people outside the target age range also watch anime, but yeah.



またお客さんにより話のジャンルとか内容とかが代わりますよね。
アニメジャンルでいえば、魔法少女とかロボットものとかが日本的だと思います。
逆にドラマなしのコメディとか軽い話だけのアニメは少ないと感じます。
数話ぐらいの短編ものでも、長編ものでも、多くのアニメでは全話ずっと同じストーリーが続いている感じです。
なので途中から見始めると色々と分からないことが多いですよね。

Based on the target audience, the genre and content is of course going to vary as well.
Some of the most typically Japanese anime genres are things like magical girl shows and giant mecha anime.
On the other hand, pure comedies with no drama, and shows with generally light stories aren’t too numerous.
In shows with just a few episodes, and shows with episodes in the hundreds,
a sizable portion of anime have a single story being told continuously through every episode.
It’s usually pretty difficult to be able to start watching in the middle and understand what’s going on.





0508_01.jpg
これでも1/10ほどです。 / This gives you about 10% of the episodes released, so far.





カートゥーン(アメリカ側)
American “Cartoons”

アメリカのアニメーションは「カートゥーン (cartoon)」と呼ばれていますね。
調べたら語源はラテン語の「紙」という意味の「carte」らしいです。紙に書かれているみたいなものだからでしょうかね。
アメリカには、カートゥーンと呼ばれているものは伝統的に「子供のもの」だと思われています。
20年前ぐらいまでは本当に子供向けのものしかありませんでしたが最近では高校生とか大学生向けのもあって、ホームコメディからアダルトのカートゥーンまでも色々あったりします。

One of the common names for American animation is “cartoons”.
After looking it up, it seems that the origin of the word “cartoon” is from the Latin word “carte”, meaning “paper”.
In America, traditionally “cartoons” have been mostly thought of as a thing for kids.
Until about 20 years or so ago, that was pretty much the case, but recently cartoon sitcoms and adult cartoons have become more common.





0508_02.jpg
アメリカンカートゥーンといえば / The epitome of American cartoons.



おそらくアメリカで一番有名なカートゥーンといえば「The Simpsons」だと思います。
ホームコメディで子供も大人も誰でも楽しく観れるからでしょうね。
日本アニメではそのような番組はあまりないんですかね?
また、最近ではエロじゃない、大人向けのカートゥーンも増えてきています。
ほとんどはコメディですがシュールなやつもあったりします。
日本のアニメと違ってアメリカのカートゥーンにはストーリーものは珍しくて、どこから見ても内容的に分からないなんてところはほとんどありません。

Probably one of the most famous cartoons from the States is The Simpsons.
As it’s a sitcom, it’s something that kids and adults can both easily enjoy on their own.
There aren’t really many examples of sitcom-like shows in the world of Japanese anime.
Also, as mentioned, (non-pornographic) adult cartoons have also been on the rise recently.
Most of them are comedies, but there are also some with darker/more dramatic themes.
However, as opposed to many Japanese anime, there aren’t too many American cartoons with long continuing stories.
For most cartoons, you can jump in at any episode and not be worried about not understanding something.






アメリカの大人向けカートゥーン。下品な内容です。 / An adult-aimed American cartoon, lots of vulgarity.





アニメーションのローカライズ
Localization of animation

もちろんアメリカでも日本でも他の国のアニメーションを見ることは良くありますよね。
最近、アメリカでは本当に日本のアニメがめちゃくちゃ流行っています。
最初の大きなアニメブームはおそらく90年代後半に放送されていた「TOONAMI」。
「TOONAMI」はアメリカで一番人気のカートゥーンチャンネル「Cartoon Network」で放送されていた日本アニメの特別番組です。
それを見た多くの子供達はアニメを知って、未だアメリカではやり続けているんですよね。

Of course, in America and Japan, many people watch animation from other countries.
In America, Japanese anime has been extremely popular lately.
The biggest source of this recent boom is probably TOONAMI from the late 90s.
TOONAMI was a block on Cartoon Network which showed, among other things, a lot of Japanese anime.
This led to a lot of kids getting into anime, fueling the popularity that’s still going on.





0508_03.jpg
こういうTシャツが90年代のアメリカで大流行したんです。 / These shirts were really popular in the States in the ‘90s.



けど日本で知られているアメリカのカートゥーンってあまり無いですよね?
「The Simpsons」は多くの人が知っているとは思いますが、それ以外はおおよそアメコミものぐらいじゃないでしょうか?
つい最近、「アドベンチャータイム」が放送され始めましたが、それを見てちょっとビックリしました。
多分、最近のアメリカのカートゥーンのユーモアの感覚は日本語に翻訳しにくいのかもしれません。
例えばアドベンチャータイムのメインキャラのキャッチフレーズは意味の特に無い「Mathematical!」なんですが日本語だと「数学的!」になっていて更に意味が完全に失われています。おおむねそんな感じです。
それでもそこそこ人気になっているらしく、自分も「アドベンチャータイム」が好きなのでそればそれで良かったです。

That said, there aren’t a whole lot of American cartoons with popularity in Japan, are there?
Everyone is probably familiar with The Simpsons, but aside from maybe superhero cartoons that seems to be about it.
I was pretty surprised recently when I saw that Adventure Time was starting to be broadcast in Japan.
It may be that the style of humor in recent American cartoons is hard to adapt for a Japanese audience.
For example, in Adventure Time, one of the main character’s catch phrases is for whatever reason “Mathematical!”.
It’s already kind of meaningless, and translating it into Japanese it seems like it would lose it’s charm altogether.
It does seem like the show is doing well here, though, which is encouraging.





0508_04.jpg
こんなものが日本では売っています! / You can buy stuff like this in Japan too!





音楽コーナー
Music Corner



日本ではアニソンリミックスが多かったりしますがアメリカンカートゥーンがリミックスされるのは珍しです。けどやっぱりあるはあったりします。
これはDJ Sharpnelが作ってたパワーパフガールズリミックスで「Powerpuff Gabberz」です。日本人がアメリカカートゥーンをリミックスするのはかっこいいですよね!


Anime song remixes are relatively common, but there aren’t too many remixes of American cartoon themes. They do exist, though!
This is “Powerpuff Gabberz” from DJ Sharpnel, a remix of the Powerpuff Girls theme. A Japanese person remixing an American cartoon is pretty cool!



最近はあまりアニメを見てないですがもっと見たいと思います。
もしオススメのがあれば教えて下さい!
ではまた次回!

I haven’t watched too much anime lately,
but if you have any recommendations do let me know!
’Til next time!




posted by イアン at 09:14| Comment(1) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
「The Simpsons」に近いものは、日本では「サザエさん」じゃないでしょうか。「サザエさん」は日本では国民的アニメと言われています。次いで、「ドラえもん」その次あたりに「クレヨンしんちゃん」「ちびまる子ちゃん」が来ると思います。
私が小さい頃は、「Teenage Mutant Ninja Turtles」が放送してて、日本でもそこそこ人気がありました。
Posted by 名無し at 2017年07月06日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。