大衆酒場ベスト1000

2014年10月08日

第7回「卑語」/ #7 “Profanity”

ちくしょう!
God damnit!

怒った時、困った時、驚いた時など感情が高ぶると強い口調の言葉が口をついて出てくる時がありますよね
そういった普段は使わないような汚い言葉は日本語にも英語にも沢山ありますが、やはり日米では使い方が色々と異なります。
そんな怒る、困る、驚くの3つの感情に分けて説明していきます。

When we have strong feelings like being angry, frustrated, or taken aback, we tend to use some pretty strong words.
In Japanese and English alike there are a number of words that are generally saved for extreme circumstances,
but as usual there are some big differences between profanity use in the two languages.
Let’s take a look at the three situations I mentioned before - anger, frustration, and astonishment.



1008_01.png




怒った時
Anger

人に対してでも物に対してでも、それぞれ卑語もしくは卑罵語といわれる言葉があります。
日本語だと「てめぇ!」「このやろう!」「いい加減にしろ!」などの表現がありますが英語に比べるとトーンが弱いように思います。
主な英語の表現ですと

“Fuck you!” “Go fuck yourself.” “You piece of shit.”

とかで、これらは割りと強い表現です。

Whether it’s at a person or an inanimate object, we have a lot of choice language we can use when we’re angered.
In Japanese, there are some phrases like “てめぇ!” (“temē” - similar to “jackass”) “このやろう!” (“kono yarou” - like “douchebag”),
and “いい加減にしろ!” (“ii kagen ni shirou” - “get ahold of yourself”), but they don’t seem to be nearly as offensive as some people find English profanity.



そのほかには「bitch(売女)」や「asshole(けつの穴)」なんて悪口もかなり酷い表現ですね。
まぁ、日本人ではないのでニュアンスの違いがいまいち分かりませんが、例えば「やろう」と「asshole」ではレベルが違う様に思えます。

そんな英語の中でも表現が色々ありますので例を出して説明してみます。

Aside from just saying “Fuck you”, English has a lot of colorful insults like “bitch” and “asshole”.
Not being Japanese myself, I don’t quite have a full grasp on the nuances, but “やろう” doesn’t seem to be nearly as rude as calling someone an asshole.
Then again, there are various levels of profanity within English itself as well, let’s take a look.



弱いdamn
hell
shit
表現の強さasshole
bitch
fuck
強いcunt


上記のような卑語以外でも英語ではよく蔑称が使われることがあります。
良く聞くのは「faggot(ホモ)」とか「retard(精神薄弱児)」とかで、これは使う人が意外と多いです。
「nigger(ニガー=黒人)」なんか今となっては侮蔑的な意味しか無く、完全な蔑称と言っていいかもしれませんが例外的に「nigga」は仲間意識のあるもの同士では「友達」的な意味になったりもします。(それについては色々と議論はありますけど)

The list of English epithets doesn’t stop there, either!
We’ve also got more objectively offensive insults like “faggot” and “retard”, which are unfortunately surprisingly common.
“Nigger” is also a pretty awful word to use, but in spite of this the corruption “nigga” has come to essentially mean just “friend” or “person”.





困った時
Frustration

ゲームでミスったり、パソコンが重くなったりした時に言ったりする言葉に「ちくしょう!」「しまった!」なんかがあります。
日本語ではそういった時、短く一言で表現する事が多いですよね。
英語でももちろん短い言葉で表現したりしますが、それよりも怒った時で挙げたような卑語を目一杯使って、一気に吐き出す表現方法があったりします。

God damn motherfucking piece of shit this is so fucking awful I fucking hate it.

「fuck」を特に一杯使って表現します。「fuck」はかなり酷い言葉として挙げさせてもらいましたが実は色々な場面で使える、かなり便利な言葉だったりもします。
そんなに困っていないし、大した事でもないのに若い人たちは「fuck」を連発させています。

Messing up in a game, having your computer lock up, we have profanity to use when you’re frustrated, too.
In Japanese, there’s “ちくしょう!” (“chikushou!”) which is close to an “aw, shit.”, and “しまった!” (shimatta!), essentially a “god dammit!”.
English and Japanese alike have pretty easy ways to express frustration concisely!
On the other hand, in English we also tend to like stringing multiple profanities together.

God damn motherfucking piece of shit this is so fucking awful I fucking hate it.

“Fuck” specifically is an especially versatile word - it can be a noun, verb, adjective, gerund, you name it, and you can tack it onto another word with ease.
It’s really no wonder that using “fuck” as an everyday word is becoming more and more common! It’s quite useful in indicating a variety of emotions with just a few words.





驚いた時
Astonishment

日本語だと「何てこった!」「何言ってんの!」「何だこれは!?」ですが基本的に卑語ではない感じですね。
英語だと「WTF」とかありますが皆さんは覚えていますか?前々回の第5回「ネットスラング」で説明しました。
改めて説明しますと「WTF」は「What the fuck?」の略語で「何てこった!」といった意味です。(電子辞書で「何てこった」を調べるとはっきり「WTF」がでてきます(笑))
「Holy shit」もよく使いますね。便利な「fuck」を入れて「holy fucking shit」とかは一般的です。
あと疑問詞の後ろに「the fuck」を入れ込む方法があります。だいたい「いったい〜」な意味になります。
同様の意味を持つ「the hell」「the shit」などを使って自分の好きな表現をしてみましょう。

Japanese has a fair number of incredulous question phrases, like “何てこった!” (“nantekotta!” - “what the fuck?!”),
“何言ってんの!” (“nani kitten no!” - “what the hell did you say?”), and “何だこれは!?” (“nanda kore ha” - “wtf is this”/“what’s going on?”).
In English, “WTF” is definitely one of the most popular ways of expressing astonishment. (I talked more about acronyms like “WTF” in #5 “Internet slang”, so check that out as well!)
Anyway, “WTF” is such a popular phrase that when I looked up なんてこった on Denshi Jisho, “WTF” was part of one of the results.
“Holy shit” is a popular phrase as well, and you can toss a “fuck” in there if you like, and get phrases like “holy fucking shit”!
Just like the F-word itself, phrases like “the hell” and “the shit” can be used in a variety of situations;


「Where (the fuck) are you going?」=「(いったい)どこ行ってるの?」
「Who (the hell) are you?」「お前(いったい)誰なんだ??」
「What (the fucking shit) is that?!」「あれは(いったいいったい)なんなの?!?」




音楽コーナー
Music Corner




シャープネルサウンドのコンピにリリースされたTanigonさんの曲です。
英語の卑語をサンプリングされてるだけのガバ曲です。
親にバレないように聴きましょう!

Here’s a track by Tanigon from an old Sharpnelsound compilation.
I picked it out pretty much just because it’s filled with profanity.
Go ahead and have a listen, but make sure your parents don’t find out and get mad!





卑語を色々説明しましたが、やっぱりあまり使ってほしくないですね〜
みんな優しい言葉を使って相手の平穏を守りましょう!!
また次回!

While I did spend a lot of time talking about and using profanity, don’t forget that some of these words can actually be offensive!
Let’s all aim to have peaceful conversation and not be rude without reason!!
Anyway, see you next time!




posted by イアン at 12:16| Comment(1) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
bitchは「売女」とか「あばずれ」だよ。
尼僧は「びくに」だから勘違いしてない?


このブログ面白いよ!  
と言ってた坊主でひげの男より
Posted by hyu954 at 2014年10月19日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。